イタリア、今季リーグ戦閉幕を8月20日に設定…新シーズンは9月1日に開幕!

2020.05.21 07:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)が20日、2019-20シーズンに関する声明を発表した。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、3月中旬から国内のサッカー活動が中断しているイタリア。イタリアのジュゼッペ・コンテ首相は18日、6月14日まで全てのスポーツイベント、大会を中止するという新たな法令を決議するなど、厳しい情勢は変わっていない。

そんな中、FIGCは20日にガブリエレ・グラビーナ会長やレガ・セリエAのパオロ・ダルピノ会長、セリエBおよびセリエCの責任者を含む、イタリアのサッカーの主要関係者、欧州サッカー連盟(UEFA)のミケーレ・ウーヴァ副会長などを集め、連邦評議会を開催。その席でセリエA、B、Cを再開することと、セリエD以下のアマチュアリーグとセリエA女子リーグの2019-20シーズンを終了させることを発表した。

なお、今シーズンのセリエA、B、Cは8月20日までに終了させる予定で、2020-21シーズンは9月1日からと閉幕から1カ月を待たずに開幕させる方針を明かしている。

また、FIGCは新たに中断期間が延長し残りリーグ戦の消化が難しい場合は、イタリア上位3リーグのリーグ形式を再構築することを誓約。現在計画している形式は「ショートプレーオフ及びプレーアウト」と呼ばれており、上位チームによるプレーオフで優勝を決め、残留を争うチームによるプレーアウトで降格チームを決めるとのことだ。

なお、5月28日に行われるイタリア内閣府スポーツ局のヴィンチェンツォ・スパダフォーラ大臣を交えた会議で2019-20シーズンの終了が決まった場合、FIGCは「試合数など様々な数字を考慮した、客観的な補正係数を適用することによって順位を決定。昇格と降格チームを決定する」と発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

冨安ボローニャのミハイロビッチと吉田サンプのラニエリが次節ベンチ入り禁止

セリエA懲戒委員会は9日、DF冨安健洋が所属するボローニャのシニシャ・ミハイロビッチ監督と、DF吉田麻也の所属するサンプドリアのクラウディオ・ラニエリ監督が次節ベンチ入り禁止となることを発表した。 ミハイロビッチ監督は8日に行われたセリエA第31節サッスオーロ戦で、82分にDFミシェル・ダイクスに対して出されたイエローカードを巡って主審に抗議し、一発レッドカードを提示されていた。退席する際に主審へ暴言を吐いていたミハイロビッチ監督には1万5000ユーロ(約180万円)の罰金も科されている。ボローニャは次節、パルマとの中位対決を戦う。 また、ラニエリ監督は8日に行われたセリエA第31節アタランタ戦で、66分に2枚目のイエローカードを受けて退席していた。サンプドリアは次節、ウディネーゼとの残留争いに臨むが、指揮官不在となる。 2020.07.10 01:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーベがアタランタの左WBゴセンズに注目か、今季のセリエAで9G6A

ユベントスがアタランタのドイツ人MFロビン・ゴセンズ(26)に注目しているようだ。イタリア『コリエレ・ディ・トリノ』が報じている。 今季のセリエAで28試合に出場して9ゴール6アシストと特筆すべきスタッツを残している左ウイングバックのゴセンズ。攻撃センスが開花している左サイドのスペシャリストに対してはインテルも関心を寄せているようだが、ユベントスは2000万ユーロ(約24億2000万円)の移籍金を準備する用意があると同メディアは主張している。 ユベントスでは現在、左サイドバックのレギュラーをDFアレックス・サンドロが務めているが、バックアッパーのDFマッティア・デ・シリオは負傷がちな上、移籍の可能性も報じられている。 そこでレフティーであり、年齢的にも今後キャリアのピークを迎えるであろうゴセンズに注目しているようだが、アタランタの躍進を支えるキーマンを引き抜くことはできるだろうか。 2020.07.09 23:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチのセリエA初のハットは全てがワールドクラス【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。 この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがユベントス時代に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラにとって初めてのセリエAでのハットトリック<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoYWRJNkpGayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2005年4月17日に行われたセリエA第31節のレッチェ戦。まずは1-1で迎えた34分、MFマウロ・カモラネージのロングフィードに抜け出し、ボックス内に侵入する。シュートフェイントで相手GKを騙しながらマークマンも剥がすと、ワンステップ置いて冷静にゴールへと流し込んだ。 さらに43分、カウンターのチャンスでMFパベル・ネドベドからのパスを受けると、ダイレクトで左足を一閃。簡単なシュートではなかったが、難なく2点目を決める。 極めつけは82分、またもカウンターからネドベドのパスを受ける。波に乗っているイブラヒモビッチはボックス左手前から、コントロールショットを放つ。美しいカーブがかかったシュートは枠外の軌道からゴール右へと吸い込まれていった。 3ゴールとも難なく決めているが、その全てがワールドクラスのゴール。勢いに乗った時のイブラヒモビッチは、誰にも止められないかもしれない。 2020.07.09 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

冨安が得点&失点関与のボローニャ、サッスオーロに敗れてEL出場が遠のく《セリエA》

ボローニャは8日、セリエA第31節でサッスオーロをホームに迎え、1-2で敗れた。ボローニャのDF冨安健洋はフル出場している。 前節インテル戦を18歳の新星ジュワラの活躍で逆転勝利した9位ボローニャ(勝ち点41)は、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の7位ミランとの5ポイント差を維持した中、冨安が引き続き右サイドバックで先発となった。 10位サッスオーロ(勝ち点40)に対し、開始2分にパラシオのミドルシュートがバーに直撃したボローニャ。 だが、その後はサッスオーロに押し込まれる展開が続き、30分にはベラルディのミドルシュートでゴールを脅かされる。 守備に徹していた冨安はハラスリンと対面し仕事をさせずにいたが、41分に失点に絡んでしまう。右サイドからのクロスボールをファーサイドで受けたベラルディに対して冨安が対応したが、深い切り返しでスライディングタックルをかわされ右足でシュートを蹴り込まれた。 ボローニャが1点ビハインドで迎えた後半、57分に加点されてしまう。ボックス左に侵入してきたデフレルのシュートはGKスコルプスキが防いだものの、ルーズボールをハラスリンに蹴り込まれてしまった。 2点を追う展開となったボローニャはサンソーネとドミンゲスを投入するも、終盤にかけても目立った決定機を生み出せない。 そんな中、追加タイム1分に冨安がゴールを演出する。ボックス右深くでスルーパスを受けた冨安がマイナスに折り返し、DFにディフレクトしたルーズボールを拾ったバロウがゴールに蹴り込んだ。 しかし反撃はここまで。1-2で敗れ、7位ミランとの勝ち点差を8に広げられ、EL出場権獲得が遠のいた。 2020.07.09 06:53 Thu
twitterfacebook
thumb

アタランタが吉田フル出場のサンプを下して9連勝!次節はユーベ戦《セリエA》

セリエA第31節、アタランタvsサンプドリアが8日に行われ、2-0でアタランタが勝利した。サンプドリアのDF吉田麻也はフル出場している。 前節SPALとの残留争いを制して2連勝とし、残留に大きく近づいた14位サンプドリア(勝ち点33)は、吉田が4バックの右センターバックで3試合連続先発となった。 一方、前節カリアリに辛勝して8連勝とした4位アタランタ(勝ち点63)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ローマに15ポイント差を付けている中、アレハンドロ・ゴメスやD・サパタら主力が先発に戻った。 開始2分、ボックス左からムッルが際どいシュートを浴びせたサンプドリアだったが、地力に勝るアタランタがサンプドリア陣内で試合を進める。 すると29分にはD・サパタがミドルシュートでオンターゲットを記録。続く38分にはロングボールに抜け出して吉田の背後を取ったD・サパタがGKと一対一に。しかし、アウデーロの好守に阻まれ、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半も守備に徹するサンプドリアに対し、アタランタが攻撃を仕掛ける展開で推移していく。 すると75分にアタランタが先制した。マリノフスキーの右CKからファーサイドのトロイが頭で合わせた。 さらに85分、CKの流れからルーズボールを拾ったムリエルがペナルティアーク中央からコントロールシュートでゴール左に蹴り込み、アタランタが加点。 そのまま2-0で勝利したアタランタが9連勝を飾り、次節ユベントス戦に臨むこととなった。 2020.07.09 06:51 Thu
twitterfacebook