破天荒過ぎたFCソウル、空のスタンドに何体ものラブドールが…!?

2020.05.18 17:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
韓国KリーグのFCソウルが行った“スタジアム盛況工作”が世界中で物議をかもしている。

今月8日に開幕したKリーグ。新型コロナウイルスの影響により、2月29日の開幕予定から2カ月余り遅れながらも開幕に漕ぎ着けた。

16日から17日にかけて第2節が行われ、FCソウルはホームで光州FCと激突。空のスタジアムを盛り上げようと工夫を企てたが、これがあらぬ方向に向かってしまった。

少しでも臨場感を与えようと、誰もいないスタンドにマネキンを設置。これがなぜか女性の姿のものばかりで、ファンや世界中のメディアからラブドールなのではないかと非難が殺到した。

イギリス『BBC』などによると、クラブはすぐに謝罪と否定の声明を発表。マネキンはDalkom社製のアパレルやファッション用のもので、決してラブドールではないと主張。それでも多くの人々に不快な思いをさせてしまったことを深く謝罪している。

しかし、Dalkomは一部で成人用のラブドールを制作しており、Dalkomでディレクターを務めるチョ・ヨンジュン氏によると、Dalkom社製とわかるロゴ等は削除することになっていたとのこと。

一方、FCソウルの関係者は同社がラブドールの制作に関わっていることを知らなかったと発言している模様。また、スタンドに用意されたマネキン30体のうち、28体が女性の姿をしていたことについての言及も避けているようだ。

今後、法的手続きに発展する可能性も指摘されており、FIFA(国際サッカー連盟)からの処分もあり得るかもしれない。

なお、同試合ではFCソウルが1-0で勝利を収めている。



関連ニュース
thumb

リース・ジェームズに悲劇…CL開催時に空き巣に入られ、CL優勝メダルなどが盗難…

チェルシーに所属するイングランド代表DFリース・ジェームズが14日に空き巣の被害に遭ったことを明かした。同選手が自身の公式『インスタグラム』で公表した。 ジェームズの説明によると、事件が発生したのは現地時間14日20時半過ぎ。当時、同選手はチェルシーの一員として、本拠地スタンフォード・ブリッジで行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第1節のゼニト戦(1-0で勝利)に参加していた。 その中で、ジェームズの不在を確認していた数人の強盗グループは、ロンドン市内の自宅に侵入し、同選手の私物が入っていた金庫をそのまま車に乗せて走り去ったという。 その金庫の中には宝飾品や現金などは入っていなかったが、2020-21シーズンのCL優勝メダルやUEFAスーパーカップ優勝メダル、ユーロ2020の準優勝メダルといった同選手にとって何よりも代えがたい思い出の品が入っていた。 そして、空き巣被害から2日後に自身の公式SNSを更新したジェームズは、自宅の監視カメラによる強盗グループの犯行の様子を映した幾つかの動画と共に、今回の被害を公表した。 「2021年9月14日の夜、僕が所属するクラブのためにチャンピオンズリーグの復帰戦を戦っていたとき、卑怯な強盗グループが僕の家に侵入しました」 「彼らは、僕の私物が入った重い金庫をまとめて車に乗せてしまいました。僕は宝飾品を家に置いていないので、金庫に入っていたのは、チャンピオンズリーグ優勝メダル、スーパーカップ優勝メダル、ユーロ2020の準優勝メダルだけでした」 「これらのメダルは、チェルシーとイングランドを代表して獲得したもので、それを証明する物理的なメダルがあるかどうかにかかわらず、僕から決して奪うことのできない名誉です」 「しかし、僕はチェルシーとイングランドのファンの皆さんに、このような低俗な人物を特定し、告発するための協力を呼びかけています。恐らく、彼らにとって不利な証拠が次々と出てくるはずで、彼らは決して平穏に過ごすことはできないはずです。警察、アドバイザー、チェルシー(その他多くの人々)が僕を支援してくれています。なぜなら、犯人を特定する確かな手がかりがあるからです。僕らは彼らに迫っています」 「幸いなことに、侵入時に自宅には誰もいませんでしたが、皆さんには僕が安全で元気であることをお伝えしたいと思います。このような不幸な出来事に関して、皆さんにお伝えするプラットフォームを持っていることに今は感謝しています。そして、皆さんと一緒に犯人を逮捕し、正義を実現したいと思います」 今回の空き巣被害の公表によって多くの情報が提供され、一刻も早い犯人の逮捕と共に、ジェームズの思い出の品々が無事手元に戻ることを心から願いたいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】犯行の一部始終を映した監視カメラの映像</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CT4iUXDofd4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CT4iUXDofd4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CT4iUXDofd4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Reece James(@reecejames)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2021.09.16 23:36 Thu
twitterfacebook
thumb

「私は死んだの?」目を開けたらC・ロナウド、ボール直撃の女性警備員が告白

一躍有名になってしまった警備員の女性が、その時のことを振り返った。スイス『Blick TV』が伝えた。 事件が起こったのは、14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)第1節のヤング・ボーイズvsマンチェスター・ユナイテッドの一戦のウォーミングアップ中だ。 今夏12年ぶりに古巣のユナイテッドへと復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。再デビューとなった11日のニューカッスル戦では、いきなり2ゴールを決める千両役者ぶりを見せ、チームの勝利に貢献していた。 C・ロナウドにとっては、ユナイテッド復帰後のCL初戦。試合前のウォーミングアップではFKの練習をしていたが、その際に放ったシュートがゴール裏にいた女性警備員の頭部に直撃。その場で倒れこんでしまった。 他の警備員やユナイテッドのメディカルスタッフが駆け寄る中、C・ロナウドもその女性の元に。言葉を掛けると問題はなかった様子。そのC・ロナウドは試合でも先制点を記録した。 ボールが直撃したのはマリサ・ノビレさん。お詫びの印としてC・ロナウドのユニフォームがプレゼントされたが、当時のことを証言。倒れた後に目を開けた際に、C・ロナウドが目の前にいたため、死んだのかと思ったと語った。 「ボールが私の頭に当たった時、それは完璧にヒットしたの!」 「私は頭の中が真っ白になり、そのまま地面に倒れたわ。そのあと、私の頭の上にロナウドがいたの。『あぁ、なんてこと…私は死んだの?』って」 「そうしたらロナウドは言ったの。『ごめんなさい!どうしました?大丈夫ですか?』って」 「私は酷い痛みを感じていたわ。なんてこと。私は多少なりともバラバラだったわ。でも、ロナウドを見て、頭痛は無くなったわ」 思わぬ災難に巻き込まれてしまったが、ケガもなく最終的には体験できないラッキーな事態に笑顔を見せていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ボールが直撃した警備員の女性に駆け寄り声を掛けるC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo checking on the steward he accidentally hit during shooting practise <br><br>(via xalobaba91/TikTok) <a href="https://t.co/9CyCZ1W2Kr">pic.twitter.com/9CyCZ1W2Kr</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1438166722977177600?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

C・ロナウド、東京ドーム約2個分の家からお引っ越し

12年ぶりにマンチェスター・ユナイテッドへと復帰したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、引っ越しをしたようだ。イギリス『サン』が報じた。 電撃的にユベントスからユナイテッドへと復帰を果たしたロナウド。12年前にマンチェスターを離れてから、マドリッド、トリノと過ごし、再びマンチェスターに戻った。 移籍が決定して数日後、C・ロナウドは23エーカー(約9万3077平方メートル/およそ東京ドーム2個分)の広さもある600万ポンド(約9億1000万円)の家に引っ越した。 しかし、C・ロナウドとパートナーであるジョルジーナ・ロドリゲスさん、そして4人の子供たちにとっては、羊の鳴き声や警備上の不安から、1週間もせずに引っ越していたようだ。 関係者によると「物件は美しいもので、なだらかな野原と森林に囲まれていた」と自然豊かな良いところだったそうだが、「早朝に羊がとても騒がしく、とても近かった」と、難しい条件があったようだ。 また、「その土地には公共の歩道があり、正面の道路からは門の中が見えるようになっていた」とのこと。「ロナウドは真のプロであり、試合後の休息や回復を重視する。そのため、家族とともに引っ越すことがベストだと判断した」とし、警備上の点からも引っ越しを決断したようだ。 新居はチェシャー州にあり、かつてユナイテッドで活躍したアンディ・コール氏が所ゆする物件とのこと。300万ポンド(約4億5500万円)の値段がついており、プールやシネマルーム、そしてC・ロナウドのスーパーカーコレクションも4台が止められるガレージがあるようだ。 また、CCTVカメラ(防犯カメラ)や電動の門、警備員のパトロームも行われるという。 不動産業者によれば、歓楽街から近いところにあるものの、「家を視界から遮る庭」があるために、独立した存在になっているようだ。 また、C・ロナウドはかつて近隣に住んでいたことがあるとのこと。「彼の子供達は私立学校に通い、ユナイテッド復帰の話題が落ち着いたら、ジョルジーナを連れ出して地元のお気に入りスポットを案内したいようだ」と関係者は語っているという。 <span class="paragraph-title">【写真】東京ドーム約2個分の自宅でくつろぐロナウドファミリー</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTcKWFQMoDB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTcKWFQMoDB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTcKWFQMoDB/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Georgina Rodríguez(@georginagio)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

これが47歳? 引退から4年が経過したゼ・ロベルトの衝撃的な肉体に11万いいね

かつてバイエルンでもプレーし、ブラジル代表としても活躍していたゼ・ロベルト。引退から4年が経過し、47歳となった今では、現役時代以上の肉体をキープしている。 ゼ・ロベルトは、レアル・マドリーやレバークーゼン、バイエルン、ハンブルガーSVなどヨーロッパでプレー。その他にも、ウルグアイのナシオナルや母国のポルトゥゲーザ、フラメンゴ、サントス、グレミオ、パウメイラスでもプレーした。 ブンデスリーガで336試合に出場し39ゴール97アシスト、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでも155試合に出場し9ゴール22アシストを記録。また、ブラジル代表としても84試合に出場し6ゴールを記録し、1998年、2006年と2度ワールドカップにも出場していたが、2017年11月に引退していた。 そのゼ・ロベルトは、現役引退後にフィットネスライフに専念。その肉体は鋼のようであり、現役時代よりも締まって見えるほど。インスタグラムでは度々その肉体を披露し、多くの「いいね!」をゲットしている。 ゼ・ロベルトは最近も自身の肉体を見せつける写真を投稿。11万5000以上の「いいね!」をゲットしているが、その肉体は見事な6パック、いや8パックにも近いもの。写真とともに「トップを目指した方が、目立ちやすくなる」と綴り、かつてはボディビルダーであり、元カリフォルニア州知事で入るっど俳優のアーノルド・シュワルツェネッガー氏をタグ付けしていた。 これには元チームメイトも反応。Jリーグでもプレーした元ブラジル代表のエジムンド氏は「どうした?」とメッセージがついていた。 <span class="paragraph-title">【写真】こんな47歳がいるのか…衝撃の肉体を披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="13" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;"> この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CTxDKWJrz2P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Zé Roberto(@zr11)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.09.16 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

「今日のハイライトだ」史上初の民間人のみの宇宙旅行、歴史的瞬間をMLSのカメラは捉えていた

現地時間15日、アメリカ航空宇宙局(NASA)のケネディ宇宙センターから、アメリカ『スペースX』の宇宙船『クルードラゴン』が打ち上げられた。4人の民間人が搭乗した宇宙船は、宇宙飛行士が搭乗せず、民間人だけで滞在する史上初の地球軌道周回旅行として大きな話題となっている。 そんな歴史の1ページを、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のカメラクルーは捉えていた。 エクスプロリア・スタジアムで行われたオーランド・シティvsCFモントリオールの26分を過ぎたころだ。プレーが続いているなか、中継カメラが突如上空へと向けられると、夜空には次第に船体の姿が。エンジンから噴射される炎もはっきりと確認することができる。 試合中であったものの、歴史的な瞬間を収めたカメラクルー。SNSで公開されたこの動画には「なんてクレイジー」、「今日のゲームのハイライトだ」、「アメリカはサッカーとロケットを同時に見られる」などの声が届いた。 なお、『CNN』などによれば、『クルードラゴン』は地球軌道を3日間にわたって周回するとのこと。乗組員は90分ごとに地球を1周する宇宙船の船内で浮遊しながら、窓外に広がる光景を観覧するとのことだ。 <span class="paragraph-title">【動画】歴史的瞬間!夜空へ旅立つ宇宙船『クルードラゴン』</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">During the Orlando City game, the first-ever all-civilian crew launched into orbit, and they could be seen outside the stadium <br><br>(via <a href="https://twitter.com/MLS?ref_src=twsrc%5Etfw">@MLS</a>) <a href="https://t.co/IYBhr8OIwm">pic.twitter.com/IYBhr8OIwm</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1438297630254280706?ref_src=twsrc%5Etfw">September 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.16 21:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly