【4月17日のNo.1ニュース】G大阪のFWアデミウソンが語るコロナ禍の日本とJリーグ再開、自宅での過ごし方「ブラジル帰国を求めなかった」

2020.04.18 00:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ガンバ大阪のブラジル人FWアデミウソンがブラジル『Esporte Interativo』の独占インタビューに応えている。2015年にサンパウロから横浜F・マリノスへレンタル移籍で加入したアデミウソンは、2016年からG大阪でプレー。2017年には完全移籍しており、今シーズンが来日6年目となる。

今シーズンのJリーグは、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、開幕節以降の延期が決定。5月末までの試合開催がすでに延期となっているが、他国に比べ日本では感染拡大を抑えられている状況だ。

アデミウソンは日本での新型コロナウイルスの現状についてコメント。日本人の習慣が大きく影響しているとの見解を示した。

「最初は僕たちにとってすべてが初めての経験だった。日本はウイルスに感染した最初の国の一つであり、近くにあるため多くの中国人がやってきた。僕たちは何も知らず、最初はそれほど心配していなかった。ウイルスについては知っていたが、珍しいことではなかった」

「横浜にクルーズ船が到着したとき、すでに多くの人が感染していた。心配は増したが、日本人は病気でなくてもマスクを着用しており、それが大きな助けとなった。日本人は挨拶でハグしたり、キスしたり接触する機会が少ないので、それが助けとなり、他の国ほど感染は広がらなかったと思う」

「日本では特定の日付は決まっていないものの、僕が間違っていない限り彼らは6月第1週に再開することを試みるとリーグは言った。僕たちは家にいて、家ですべてのことを行っている」

「いくつかの都市は緊急事態宣言を受けている。すでに(リーグ再開は)3回延期しているけど、今回は2カ月延期した。6月上旬にすべてがうまくいくことを祈っている。最も重要なのは国が良くなり、健康も良くなり、サッカーを観られるようになることだ」

しかしながら、日本も事態が変化し大阪府は緊急事態宣言が発令(後に全国的に緊急事態宣言)。G大阪は、トップチームおよびU-23チームの活動を停止している状況だ。

アデミウソンは、ブラジルに帰国したいという願いではしなかったとのこと。Jリーグ再開に向けて準備を進めるという。

「クラブは4月30日をトレーニングに戻る日に設定した。しかし、少数の選手だけが戻ることになると思う。少数の選手だけでトレーニングし、5日間トレーニングしたら2日休むという感じだ。来週からはより多くの選手、そしてその繰り返しだ。うまくいけば改善が続き、チーム全体が戻ってくると思う・来月中旬か来月末に向けてみんなでトレーニングしていきたい」

「僕はブラジル帰国を求めることはしなかった。リーグが中断した時、20日間の間隔を置いた。日本ではそれほど深刻ではなかった。オリンピックもあり、世界に落ち着きを印象付けたかったのだと思う。10日経つと、さらに20日間の延期が決まり、その後も日付が確定しなかったので帰ることはできなくなった」

「この2カ月でフライトで帰国することは不可能だ。今戻ることはできない。僕たちは契約を結んでおり、クラブを離れることを求めなかった。僕たちはリーグが再開することを念頭に置いている。この国で待ち続け、求められていることを行い、戻ってくる時を待っている」

また、不要不急の外出を避けるため、在宅することが多くなった今、自宅での過ごし方についても明かしている。

「1番は映画を観ることだ。僕は一日中映画を観て過ごしている。一日に一度観ただけで格好いいと思った。今の僕は午後の間ずっと映画を観て、トレーニングを行い、また映画を観る。一番欲しかったものが手に入ったよ」

「料理の仕方は分からないけど、料理をしなくてはならない。料理は時間が経つのでいいね。料理は好きだけど、やり方は分からない。日本語を勉強することもある。3日続けて勉強することもあるけど、1カ月勉強しないこともある。最も時間を費やしているのは映画を観ることだ」
コメント
関連ニュース
thumb

今日は何の日!9月16日は、CSKAでピークを迎えていた本田圭佑が、1試合2ゴールの大活躍/2012年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日9月16日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2012年9月16日。当時CSKAモスクワのMF本田圭佑がアラニア・ウラジカフカス戦で2ゴールを決めた日だ。 <div id="cws_ad">◆ロシアで全盛期を迎えていた本田の2ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVUUxZUzFmSCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆ロシアで覚醒する侍 2005年に名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせた本田は、2008年にオランダのVVVフェンロへ移籍し、海外挑戦。2010年には活躍の場をロシアの強豪CSKAモスクワに移した。 ロシア・プレミアリーグでプレーする初めての日本人となった本田は、背番号「7」を背負いチームの主力としてすぐに活躍を始めた。 2010年のチャンピオンズリーグ(CL)、ラウンド16のセビージャ戦の2ndレグでは、1ゴール1アシストを記録するなど、中心的な活躍を見せ、チームの勝利に貢献。日本人初、クラブ史上初、ロシアリーグ史上初となるCLベスト8に導く活躍を見せている。 ◆1試合2ゴールの大暴れ 1年目からロシアで活躍を続けた本田は、主力として定着。チーム内での地位を確立して迎えた2012年9月16日のロシア・プレミアリーグ第8節アラニア・ウラジカフカス戦では、エース級の大活躍を見せている。 0-0で迎えた49分、カウンターからセンターサークル付近でボールを持った本田は、そのままドリブルで相手ボックス前まで独走。一旦味方にボールを預けて、ゴール正面でリターンパスをもらうと得意の左足を一閃。鋭いシュートをゴール右に突き刺し、見事な先制ゴールを決めた。 さらに85分、再びカウンターからCSKAがチャンスを作ると、ボックス左からの味方のクロスに、ファーサイドでフリーになっていた本田が合わせ、追加点。本田の2ゴールでチームは2-0の勝利を収めている。 ◆ブラジルでの新たな挑戦 ロシアでは4シーズンで公式戦127試合に出場し28ゴール29アシストを記録した本田。その後ミランやメルボルン・ビクトリー、パチューカなどでの活躍を経て、2020年1月からはブラジルのボタフォゴへと移籍している。 道なき道を切り拓くパイオニア、本田の活躍に今後も注目だ。 2020.09.16 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!9月12日は、イタリア最高峰のファンタジスタ、デル・ピエロがユベントスデビュー/1993年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日9月12日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、1993年9月12日。元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏がユベントスデビューを飾った日だ。 <div id="cws_ad">◆デル・ピエロのユベントスでのキャリアハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJjeGdaVGFUNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆若き天才がユベントスでデビュー 1991年にセリエBのパドヴァでプロキャリアをスタートさせたデル・ピエロ氏は、その才能を見出され、1993年にユベントスに加入した。そして同年9月12日のセリエA第4節のフォッジャ戦で、ユベントスデビューを飾っている。 1994-95シーズンから徐々にレギュラーに定着すると、ドリブル、シュート、パスとどれをとってもトップレベルの技術を持ったリーグ屈指のファンタジスタとして評価を得るようになり、翌シーズンからは、ロベルト・バッジョ氏やミシェル・プラティニ氏などが着けてきた背番号「10」を引き継いでいる。 ◆名実ともにクラブを象徴するアイコンに その後もエースとして活躍を続けたデル・ピエロ氏は、名実ともにクラブを代表する選手に成長し、数々のタイトルをクラブにもたらした。また、ユベントスに対する愛や厚い忠誠心も持っており、2006年のカルチョ・スキャンダルによってクラブがセリエBに降格した際も、真っ先にチーム残留を表明している。 2011-12シーズンを持って退団するまで19シーズンに渡ってユベントスでプレーしたデル・ピエロ氏は、公式戦706試合に出場し、290ゴールを記録。セリエA優勝6回や1995-96シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)優勝など、主要タイトル15個を獲得するなど、クラブの歴史に名を残すレジェンドとして今でもユベントスファンから愛されている。 2020.09.12 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!9月10日は、アーセナルの希望の光、アルテタがアーセナルデビューを飾る/2011年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日9月10日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2011年9月10日。アーセナルのミケル・アルテタ監督が、選手としてアーセナルデビューを飾った日だ。 <div id="cws_ad">◆救世主アルテタのアーセナルでのハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJWNk9QeHFleSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆経験豊富な堅実なMFとしてアーセナルに加入 バルセロナの下部組織で育ったアルテタは、フランスやスコットランドでのプレーを経て、エバートンでブレイクを果たす。2011年夏にバルセロナに移籍したMFセスク・ファブレガス(現モナコ)と入れ替わる形でアーセナルに加入した。 そして2011年9月10日に行われた、プレミアリーグ第4節のスウォンジー戦で先発出場を果たし、アーセナルデビュー。試合は1-0でアーセナルが勝利している。 中盤での安定感抜群のプレーと相手の脅威になるフリーキックを武器に活躍を続け、クラブキャプテンを務めるなど、2016年に現役引退するまで公式戦150試合に出場し、16ゴール11アシストを記録した。 ◆監督としてポスト・ベンゲル時代の希望の光に 現役引退後は、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督の下でアシスタントコーチとして師事し、サッカー哲学を学んだ。 そして2019年12月、アーセン・ベンゲル監督の退任以来、低迷していた古巣アーセナルに監督として復帰。シーズン途中の就任ながら、チームを立て直すと、FAカップで優勝を果たしている。これによりアルテタ氏は、キャプテンと監督の両方としてFAカップを優勝したというクラブ史上初の偉業を成し遂げている。 2020-21シーズンが監督として初めてフルシーズンを戦うシーズンとなるが、今後の活躍に期待だ。 2020.09.10 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!9月9日は、偉大な守護神ブッフォンの後継者、シュチェスニーがユベントスデビュー/2017年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日9月9日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2017年9月9日。ポーランド代表GKヴォイチェフ・シュチェスニーが、ユベントスデビューを飾った日だ。 <div id="cws_ad">◆シュチェスニーのユベントスでのキャリアハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJnSUNyT2dqWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆若くして頭角を現したポーランドの逸材 母国の強豪レギア・ワルシャワユースで育ったシュチェスニーは、若くしてアーセナルに引き抜かれると、2010年にファーストチームに定着。好セーブを連発して、正GKの座を掴んだ。 しかし、安定感を欠くパフォーマンスが散見されるようになると、素行の問題なども重なり、アーセナルでは徐々に出場機会を減らした。しかし、2015年ローマへのレンタル移籍を機に、素晴らしい活躍を見せ始めると、GKアリソン・ベッカー(現リバプール)を抑えてレギュラーを勝ち取るなど、リーグ屈指のGKとしての評価を受けるように。そして2017年夏に、セリエAの絶対王者、ユベントスに加入した。 ◆偉大な守護神から後を任される存在に そして迎えた2017年9月9日、セリエA第3節で、長年ユベントスの絶対的守護神を務めてきたGKジャンルイジ・ブッフォンに代わって先発出場を果たし、同クラブでのデビューを飾った。 このシーズンはブッフォンとローテーションを組んで出場していたが、2018年夏にブッフォンがパリ・サンジェルマン(PSG)に退団した際には(2019年夏にユベントス復帰)、同選手が長年着用してきた背番号「1」を受け継いでいる。 イングランド時代の自分とは決別し、イタリアでワールドクラスの活躍を続けるシュチェスニーの今後の活躍に益々期待だ。 2020.09.09 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

今日は何の日!9月8日は、今ではチームの絶対的な守備の要となった、セルヒオ・ラモスがレアル・マドリーの一員としてお披露目/2005年

世界中で休むことなく紡がれ続けてきたフットボールの歴史の中で今日何が起こったのか。本日9月8日の出来事を振り返ってみよう。 今回ピックアップするのは、2005年9月8日。スペイン代表DFセルヒオ・ラモスがレアル・マドリーの選手としてお披露目された日だ。 <div id="cws_ad">◆マドリーの生ける伝説、セルヒオ・ラモスのキャリアハイライト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOcU5tNGxJRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ◆偉大な背番号を受け継いだ若きタレント セビージャの下部組織で育ち、2004年2月にファーストチームデビューを飾ったラモスは、翌シーズン18歳ながらシーズンを通して公式戦37試合に出場するなど、ブレイク。2005年夏に当時スペイン人の10代の選手としては史上最高額となる移籍金2700万ユーロ(現レートで約34億円)でレアル・マドリーに加入した。 そして2005年9月8日、正式にマドリーの選手としてお披露目され、クラブの偉大なDFであったDFフェルナンド・イエロ氏が最後に着けていた背番号「4」を受け継いでいる。 ◆クラブを代表する存在へ 加入初シーズンから安定した出場機会を得たラモスは、主力DFとしてメキメキと頭角を現し、20代後半からはセンターバックを主戦場とした。2015-16シーズンからは、ポルトへ移籍したGKイケル・カシージャス氏の退団に伴い、クラブキャプテンに就任している。 抜群のリーダーシップを発揮し、チームを最終ラインから統率するラモスは、DFとしてのラ・リーガ史上最多ゴール数記録保持者であるとともに、ラ・リーガ、チャンピオンズリーグ(CL)、スペイン代表チームで最多退場数や警告数の記録も持っているなど、良い時も悪い時も存在感を示し続ける選手として知られている。 新シーズンでも、ラモスの益々の活躍に期待だ。 2020.09.08 17:00 Tue
twitterfacebook