特別番組第3回、最後はアナログなんて誰が考えたのでしょう!? の巻/倉井史也のJリーグ

2020.04.17 18:20 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
やばい。本当はここに来るまでに「何だ、あのデータ分析は。全然おかしいぞ」というクレームが来て、泣く泣くシリーズを中止するという流れだったのに、誰もそんなこと言ってこないから、またまた適当な分析を続けなきゃいけなくなったじゃないですか。みなさん、反省するように。
ぐらいの理不尽な教育を僕たちって小さいころに受けた感じしない? 先生が怒って職員室に帰ったからこっちも家に帰ったら怒られるみたいな。ま、そんなことはどうでもいいんですけど、仕方がないから今週も理不尽な分析を続けるぞ!!で、先週までの数字をこの際、サッカーっぽくしちゃうよ。無理矢理だけど。どこが無理矢理かって、シュート成功率を攻撃力、FKとCKの数の合計を構成力、被シュート成功率を守備力って考えてみよう。いいかい、みんな。考えてみよう、だからね。
すると、

攻撃力は

1 大 分 15.8%
2 横浜FM 15.1%
3 鹿 島 15.1%
4 FC東京 15.1%
5 川崎F 14.9%
6 神 戸 14.8%
7 G大阪 14.2%
8 清 水 14.1%
9 札 幌 13.8%
10 広 島 12.9%
11 名古屋 12.2%
12 C大阪 11.4%
13 湘 南 11.3%
14 鳥 栖 11.1%
15 浦 和 10.9%
16 仙 台 10.1%
17 磐 田 8.7%
18 松 本 7.2%

構成力は

1 横浜FM 209+682=891
2 名古屋 189+549=738
3 磐 田 155+507=662
4 鹿 島 164+490=654
5 C大阪 168+480=648
6 FC東京 173+469=642
7 鳥 栖 182+455=637
8 広 島 146+483=629
9 浦 和 142+480=622
10 湘 南 156+457=613
11 川 崎 173+437=610
12 仙 台 172+436=608
13 札 幌 181+426=607
14 G大阪 187+417=604
15 神 戸 181+422=603
16 清 水 144+431=575
17 松 本 146+425=571
18 大 分 122+350=472

守備力は

1 C大阪 7.2%
2 鹿 島 8.9%
3 大 分 9.5%
4 FC東京 9.5%
5 広 島 10.8%
6 松 本 11.3%
7 仙 台 12.1%
8 G大阪 12.3%
9 横浜FM 12.6%
10 札 幌 13.1%
11 浦 和 13.2%
12 川 崎 14.4%
13 鳥 栖 14.8%
14 湘 南 14.9%
15 神 戸 14.9%
16 名古屋 15.4%
17 磐 田 15.6%
18 清 水 18.5%

になるわけですよ。で、これで順位にどう結びついたか考えるとf(攻撃力、構成力、守備力)ってことで、グラフをアナログでグリグリいじってたら、実はまぁだいたいこの攻撃力と構成力と守備力はほぼ同じぐらいの重要度というのが分かったわけですよ。構成力と守備力が攻撃力のだいたい1.1倍ぐらいのときに、その数値で並べた順位と実際が大体一致したんですね。

ただ、磐田と鳥栖だけはよくわからん。というかグラフから思い切りこの2つは外れてるわけですな。ということで、来週からは磐田、そして鳥栖がなんで明暗分かれたかに焦点を当てる予定です!!
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
コメント
関連ニュース
thumb

川崎優勝しちゃったけど実はその下の争いが激烈で面白くない?! の巻/倉井史也のJリーグ

何はともあれ、川崎が優勝して一段落した今年のJ1リーグなんですけど、こっから先は優勝よりも熾烈な上位争いがあるわけですよ。2位までに入れば天皇杯に出られるし、3今出だったら来年のACL出られるし(汗)。 ということで、今回は過去、2位と3位のチームがどれだけ勝点を稼いでいたかを検証しちゃいます。いつものとおりJ1リーグが18チーム、1シーズン制だったときのお話し。ただ、今年って川崎がぶっちぎっててみんなから勝点奪ってるけど結構上下の格差があるから、1位以外はちょっと高めなんだけどね〜〜。 ・2005年 2位浦和(勝点59)/3位鹿島(勝点59) ・2006年 2位川崎(勝点67)/3位G大阪(勝点66) ・2007年 2位浦和(勝点70)/3位G大阪(勝点67) ・2008年 2位川崎(勝点60)/3位名古屋(勝点59) ・2009年 2位川崎(勝点64)/3位G大阪(勝点60) ・2010年 2位G大阪(勝点62)/3位C大阪(勝点61) ・2011年 2位名古屋(勝点71)/3位G大阪(勝点70) ・2012年 2位仙台(勝点57)/3位浦和(勝点55) ・2013年 2位横浜FM(勝点62)/3位川崎(勝点60) ・2014年 2位浦和(勝点62)/3位鹿島(勝点60) ・2017年 2位鹿島(勝点72)/3位C大阪(勝点63) ・2018年 2位広島(勝点57)/3位鹿島(勝点56) ・2019年 2位FC東京(勝点64)/3位鹿島(勝点63) で、現状は、 2位がG大阪で勝点58残りが4試合、3位は名古屋で勝点55残りが4試合、4位はC大阪で勝点52残り5試合、5位鹿島勝点52残り3試合、6位FC東京勝点51残り2試合。 それにしても過去、勝点70奪っても3位だったときがあったりして、こうやって振り返ると毎年激戦繰り広げてますね……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.11.28 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

それじゃ過去どのチームが一番強かったか数字で考えてみるよ?! の巻/倉井史也のJリーグ

そりゃ川崎は本当に強いんだけど、これが定性的なことばかりで語られるってよくないと思うんですよね。どれくらい強かったのかが定量的に語られてこそ、年度間の比較ができるってもんでしょ? お、何か今日、いいこと言ってんですけど。 ってことで、過去1シーズン制で優勝したチームの成績、つまり1試合当たりに奪った勝点が多かった年の得失点率と今年を比べてみるよ!! まず、過去1試合当たりの勝点が一番多かったのは、1試合当たり2.12勝点を奪っていた2006年浦和、2007年鹿島、2010年名古屋、2011年柏、そして2017年川崎なんだけど、じゃあそれと比べてみますよ。もちろん2020年の川崎は28節終了時点です。 まずは得点関連 2006年浦 和 得点67、PK得点4、シュート数491、得点率14% 2007年鹿 島 得点60、PK得点2、シュート数448、得点率13% 2010年名古屋 得点54、PK得点3、シュート数426、得点率13% 2011年 柏 得点65、PK得点2、シュート数392、得点率17% 2017年川 崎 得点71、PK得点4、シュート数428、得点率17% 2020年川 崎 得点74、PK得点7、シュート数448、得点率17% 続いて失点関連 2006年浦 和 失点28、PK失点1、被シュート数365、失点率 8% 2007年鹿 島 失点36、PK失点2、被シュート数419、失点率 9% 2010年名古屋 失点37、PK失点0、被シュート数483、失点率 8% 2011年 柏 失点42、PK失点2、被シュート数328、失点率13% 2017年川 崎 失点32、PK失点1、被シュート数316、失点率10% 2020年川 崎 失点24、PK失点0、被シュート数216、失点率11% そしてその他のデータでは(退場に退席含む) 2006年浦 和 FK602、CK215、反則606、警告63、退場 4 2007年鹿 島 FK626、CK169、反則661、警告61、退場10 2010年名古屋 FK645、CK215、反則555、警告61、退場 4 2011年 柏 FK494、CK172、反則558、警告57、退場 3 2017年川 崎 FK464、CK177、反則466、警告41、退場 1 2020年川 崎 FK318、CK193、反則292、警告19、退場 0 今年の川崎はあと6試合も残してこの数字。すでに得点、PK得点は一番多いし、シュート数も1試合で8本ずつ打てば抜いちゃうし。失点は1試合に付き1失点しても最少失点、PKはまだ与えてません。被シュート数はほぼ最少間違いなくなってるし、そうすると失点率も下がりそう。 すごいことにもらったFKは少ないんですよ。つまり全部交わしてるってことで、これから1試合に付き4回CKがあったら、それも最多。対して反則数はほぼ最少間違いなしだし、警告も退場も、ものすごく立派な成績です。 やばい、こうしてみると川崎が過去最強ってことが明らかになってきた。果たして残りの6チームが意地を見せられるか。なんせマジックが勝点2だからね〜。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.11.21 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

また感染者が増えてきてるから、もしかしたら気を遣って?! の巻/倉井史也のJリーグ

11日にG大阪が頑張って勝利したから、今週末に川崎が勝ってG大阪が負けたとしても、川崎の勝点71に対してG大阪が55。今週末を終えたところでG大阪の残り試合が6試合、川崎が7試合なんだけど、G大阪と川崎の直接対決ガ残ってるから、勝点16の差は十分ひっくり返る可能性がある!! ……えっと、まぁ、ありますよ、ぐらいのテンションでしょうか。 ともかく、今週末に優勝が決まらないので何が良かったかというと、日本代表のオンライン取材が鹿島vs川崎に被っちゃってるもんで、今年の覇者が決まる瞬間を見逃さずにすんだってことなんですよ。スケジュール立て込んでるんで、JリーグもJFAもお互いのこと、構ってる暇なんてないのかもしれないんですけど。 ということで、ちょっとだけ安心して今週末のJリーグを楽しむことができるわけですが、そもそもJ1リーグの優勝って、1シーズン制のときは何節ぐらいで決まってましたっけ? ってことを今週は調べてみました。 ・2005年 優勝 G大阪 34節 ・2006年 優勝 浦 和 34節 ・2007年 優勝 鹿 島 34節 ・2008年 優勝 鹿 島 34節 ・2009年 優勝 鹿 島 34節 ・2010年 優勝 名古屋 31節 ・2011年 優勝 柏 34節 ・2012年 優勝 広 島 33節 ・2013年 優勝 広 島 34節 ・2014年 優勝 G大阪 34節 ・2017年 優勝 川 崎 34節 ・2018年 優勝 川 崎 32節 ・2019年 優勝 横浜FM 34節 どうです、例年に比べて今年の優勝決定は早いかもしれないじゃないですか。だったら今のうちですよ、今のうち。しっかりJリーグのタイトル争い、生で見ておきましょうね。あ、もしかしてまた感染者が増えてきたから、みんなが見られる間に優勝決めてあげようとか、そんな心優しいことを川崎は考えてくれてるわけでしょうか……違うだろうけど。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.11.14 13:13 Sat
twitterfacebook
thumb

この時期にそろそろ考えるもう一つのドラマを再現しちゃうぞ?! の巻/倉井史也のJリーグ

ホントだったら、この時期もうちょっとJリーグでハラハラしてると思うんですよ。ドキドキじゃなくてハラハラってのがミソで、つまり残留争いやってるからだと思うんですよね。 もちろん今年はこんな状況だから「降格なし」ってのに大賛成なんだけど、ドラマだけ考えると例年の半分じゃないですか。J2ではプレーオフがない分、昇格レースもより厳しいけど、いつもどおりのたくさんのチームが絡めなくなってるし。 ってことで、今回は「勝手に残留レース」!! 例年どおりのレギュレーションだったら、どのチームのサポーターはハラハラして夜寝られないのか考えてみよう!! まず現在の順位表は…… チーム/勝点/試合数/勝/分/負/得/失/差 12:大分/33/26/9/6/11/29/37/-8 13:札幌/30/27/8/6/13/35/49/-14 14:横浜FC/24/26/7/3/16/30/50/-20 15:鳥栖/22/25/4/10/11/24/34/-10 16:湘南/17/25/4/5/16/21/39/-18 17:清水/17/26/4/5/17/34/55/-21 18:仙台/14/25/2/8/15/23/49/-26 今年は試合数が結構違うから難しい。例年だとだいたい試合数34ってのが残留ラインで、そうかんがえると大分とか札幌はもうかなり脱出ラインに近いんです。でもとりあえず、それぞれの今後のチームの対戦相手を考えると…… 名前:末|水|末|水|末|水|末|水|末|水|末|水|末 大分:ー|ー|ー|ー|川|C|名|ー|仙|ー|札|湘|鳥 札幌:ー|東|鳥|ー|清|ー|広|ー|C|ー|大|ー|浦 横FC:神|ー|広|ー|ー|清|C|ー|鳥|ー|名|G|M 鳥栖:仙|ー|札|ー|柏|仙|G|ー|F|ー|川|C|大 湘南:ー|M|神|ー|名|広|清|ー|G|ー|浦|大|仙 清水:ー|ー|C|ー|札|F|湘|ー|川|ー|鹿|仙|G 仙台:鳥|ー|G|東|鹿|鳥|ー|ー|大|ー|ー|清|湘 (「ー」→試合なし、「C」→セレッソ大阪、「G」→ガンバ大阪、「M」→横浜F・マリノス) これって、かなりアツくないですか? 15位の鳥栖って仙台とホーム&アウェイ残ってるし、湘南も最後仙台戦だし、清水にしても最終節の前が仙台戦だし、仙台は直接対決で上に行けるかもしれないし。横浜FCで言えば、最終節の横浜FMって、ACLの決勝に進出しちゃってたら日程重なるんでチーム2つに分けてくるんで、どんなメンバーと戦うのか分かんないだろうし!! 「いやいや、今年は降格ないから最後まで来年のためのチーム作りするよ」と思ってる方!! この時期になると監督って自分が来年指揮を執れるかどうか考えるわけですよ。実際に清水なんか交代しちゃったし。だからホントはここにもドラマが埋もれてるので、注目って感じです!! <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.11.07 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

今年考えるべきはACL出場権争い? いやいやもっと違うのがあるでしょ?! の巻/倉井史也のJリーグ

今年のACLがドタバタになったもんだから、例年のACL出場圏内争い!! みたいなのが、だんだん「ACLに出ることになったら、どんだけ戦力いるんだよ」的な心配に変わっている気がする今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? でもね、今年はACL出場権よりも、もっと重要なことがあるんですよ。それは天皇杯出場権争い!! だって今年、J1リーグのチームの中で天皇杯に出られるのは、トップ2チームだけ!!(Jリーグ全体でもJ2・J3の首位チームを合わせた4チームのみ) 2位までのチームが27日の準決勝、そして勝てば1月1日の決勝に進出できるんです。 しかも今年の天皇杯は第100回!! こりゃいつまでも記録に残るじゃありませんか。「第100回を迎えた天皇杯は、新型コロナウイルスの影響で変則開催となり、J1リーグのチームは2チームだけが参加。そして見事に-●●●●が歴史に名を刻んだ」っていう文章が目に浮かびません? まぁ現時点で勝点65と2位チームに勝点17の差を付けてる川崎の優勝は決まりとして、こうなったら問題は2位争いですよ。現在は24試合消化したG大阪と25試合消化したC大阪が勝点48で並んでるんですけど、これは大阪熱い!! でもじゃあ、この2チームってこれまでどれくらい競ってたか、ちょっと考えてみましょうか。年間順位って考えるようになったのはJ2スタートを受けた1999年からなので、 1999年 C大阪(J1-6位)G大阪(J1-11位) 2000年 C大阪(J1-5位)G大阪(J1-6位) 2001年 G大阪(J1-7位)C大阪(J1-16位) 2002年 G大阪(J1-3位)C大阪(J2-2位) 2003年 C大阪(J1-9位)G大阪(J1-10位) 2004年 G大阪(J1-3位)C大阪(J1-15位) 2005年 G大阪(J1-1位)C大阪(J1-5位) 2006年 G大阪(J1-3位)C大阪(J1-17位) 2007年 G大阪(J1-3位)C大阪(J2-5位) 2008年 G大阪(J1-8位)C大阪(J2-4位) 2009年 G大阪(J1-3位)C大阪(J2-2位) 2010年 G大阪(J1-2位)C大阪(J1-3位) 2011年 G大阪(J1-3位)C大阪(J1-12位) 2012年 C大阪(J1-14位)G大阪(J1-17位) 2013年 C大阪(J1-4位)G大阪(J2-1位) 2014年 G大阪(J1-1位)C大阪(J1-17位) 2015年 G大阪(J1-2位)C大阪(J2-4位) 2016年 G大阪(J1-4位)C大阪(J2-4位) 2017年 C大阪(J1-3位)G大阪(J1-10位) 2018年 C大阪(J1-7位)G大阪(J1-9位) 2019年 C大阪(J1-5位)G大阪(J1-7位) こうしてみると通算ではG大阪有利だけど、最近の成績ではC大阪が上。こういう激しい争いを制して天皇杯に進出すると、その勢いってありますからね。さて、今年はどうなりますやら〜!! <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.10.31 11:15 Sat
twitterfacebook





NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly