AFCが5月、6月の主催試合の無期限延期を発表…

2020.04.15 02:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は14日、5月と6月に予定されていたAFC主催のアジアチャンピオンズリーグ(ACL)、カタールW杯アジア2次予選など全試合の無期限延期を発表した。中国で流行り、世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス(COVID-19)は、これまでに12万人以上命を奪っている。感染者もおよそ193万人と、未曽有の大災害としてサッカー界にも大きな影響を与えている。

依然として新型コロナウイルスの終息が見えない状況が続く中、AFCは公式サイトで以下のような声明を発表した。

「今回の決定は選手、参加チーム、役員、ファンなどすべての関係者の健康と安全基準を確保するというAFCの取り組みにより決定された」

また、3月、4月に続き再延期となったACLについては「AFCの加盟協会との交流と協議を継続し、ACLとAFCカップのグループステージを終わらせるために可能なあらゆるオプションを検討していく」と、大会再開に向けた意志を表明している。
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京とACL同組の上海申花、正守護神GKゾン・チョンが右手の指を骨折

上海申花の元中国代表GKゾン・チョンが右手の指を骨折。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を欠場する可能性が高いようだ。 上海申花は、ACLでFC東京、パース・グローリー、蔚山現代とグループFで同居。11月24日と27日にFC東京と対戦する。 河北建業から2013年1月に広州恒大へと加入。中国スーパーリーグで6度の優勝を誇る他、2013年と2015年のACL優勝も経験。今シーズンから上海申花へレンタル移籍で加入していた。 今シーズンは中国スーパーリーグで12試合に出場。プレーオフでも2試合に出場したが、23日に行われた上海上港との試合で負傷していたようだ。 ゾン・チョンは少なくとも3週間はプレーできないとのこと。11月18日に再開するACLではプレーできないとのこと。その後の試合も回復の度合いを見る必要があるようだ。 2020.10.27 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FMとACLで対戦する上海上港、正守護神の中国代表GKヤン・チュンリンが目を負傷で長期離脱

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で横浜F・マリノスと対戦する中国スーパーリーグの上海上港だが、正守護神を欠くことになるようだ。 中国代表でもあるGKヤン・チュンリンだが、中国スーパーリーグのプレーオフの試合で目を負傷したとのことだ。 ヤン・チュンリンは、18日に行われたプレーオフの上海申花戦に先発出場。試合は0-0の引き分けに終わったが、ヤン・チュンリンは前半で交代していた。 上海上港によると、ヤン・チュンリンは試合から2日後の20日に検査を実施。手術を受ける必要があり、長期間の欠場になると発表されている。 ACLは11月18日から再開。グループHに属しており、11月25日と28日に横浜FMと対戦するが、欠場する可能性が高いと見られている。 ヤン・チュンリンは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し4試合でクリーンシートを記録。通算ではリーグ戦215試合に出場している経験豊富なGK。ACLも36試合に出場経験がある。また、中国代表としてもこれまで29試合に出場していた。 2020.10.22 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL決勝開催地、カタールのドーハに決定 J1最終節と同じ日の12月19日に予定

アジアサッカー連盟(AFC)が16日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020決勝の開催地決定を発表した。 開催地はカタールのドーハ。カタールサッカー協会(QFA)との共同開催となる。AFCはQFAの主催能力や医療インフラなどが条件を満たすとして、ドーハでの開催を決定したという。 新型コロナウイルスの感染拡大でスケジュールが乱れた今季のACLだが、西地区は9月中旬からカタールで再開され、イランのペルセポリスがひと足先に決勝進出を果たしている。 東地区の戦いは11月18日からドーハで集中開催で再開。Jリーグ勢から横浜F・マリノス、FC東京、ヴィッセル神戸が出場する。 なお、決勝の開催日は12月19日。同日には明治安田生命J1リーグ最終節も予定されている。 2020.10.17 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ACLの残り試合はカタールで開催!Jリーグ3クラブが参戦《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は9日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の東地区に関して、カタールのドーハで実施されることを発表した。 今シーズンのACLは、新型コロナウイルス(CPVID-19)の影響で日程変更が2度行われていた。 特に東地区に関しては、中国で新型コロナウイルスが発生したこと、韓国や日本でも感染が拡大したことでグループステージの2試合までを実施した段階で中断。2度の日程変更で、Jリーグも2度日程を変更することとなった。 AFCはカタールサッカー協会(QFA)と合意。東地区に関しては、11月18日から12月13日までにかけてカタールのドーハで集中開催することとなる。 東地区はグループステージから再開し、ラウンド16、準々決勝、準決勝と開催。12月19日に決勝が予定されている。 2020.10.09 16:00 Fri
twitterfacebook
thumb

新型コロナの影響で前回王者アル・ヒラルが失格、ACLラウンド16進出決定も敗退に《ACL2020》

アジアサッカー連盟(AFC)は23日、サウジアラビアのアル・ヒラルがAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から強制敗退となることを発表した。 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、変則的に行われている今シーズンのACL。Jリーグ勢が出場する東地区は、開催地が決定していない状況で日程だけが何度も変更。この先も開催が不透明な状況が続いている。 一方、試合が行われている西地区だが、アル・ヒラルがUAEのアル・アハリとの試合で規則違反を起こしたとのこと。これにより、今大会からの敗退が決定した。 AFCの発表によると、アル・ヒラルはアル・アハリ戦に向けて11人(GK2人、FP9人)の選手のみで臨んだとのこと。競技規則では、「COVID-19に関連するかどうかに関わらず、試合に参加できる選手が13名(GK1名を含む)未満の場合、関連するチームは試合を行えない」とsあれ、「そのチームは行われない試合に対して責任を負うものとし、関連する大会から敗退したとみなされる」とされている。 アル・ヒラルは、35人が登録可能な中30人を登録。そのうち27人だけがドーハへと渡っていた。しかし、新型コロナウイルスの感染が確認されたとのこと。AFCは陽性反応を示したGKの代わりに2人のGKを追加することを許可。カタールサッカー協会と協力し、代わりのGK以外の2選手と2人のスタッフがドーハにすぐ来られるように手配したとのことだ。 しかし、アル・ヒラルとサウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は今回の状況を受けて試合の延期を要求。規則では、代替日程がすでに決定している日程に影響を与えない場合は、例外が認められ別日程で試合を行えるはずだが、AFCはすでに決まっている試合日程に大きな悪影響を与えると判断し、例外を認めなかった。 アル・ヒラルはグループBに属しており、5試合を終えて勝ち点11で首位。ラウンド16への進出が決定していた状況にも関わらず、今回の決定を受けて敗退となった。なお、パフタコール(ウズベキスタン)とシャバブ・アル・アハリ(UAE)がラウンド16に進出した。 アル・ヒラルは、2019シーズンのACLで浦和レッズを決勝で破り優勝していた。なお、2017シーズンはその浦和に決勝で敗れていた。 2020.09.24 10:20 Thu
twitterfacebook