4月は特別番組をお贈りいたします。今回は攻撃編!? の巻/倉井史也のJリーグ

2020.04.03 18:15 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
Jリーガーに感染者が出たって、そりゃ全世界的に流行ってるから当然なんだけど、感染の被害者が「申し訳ありません」って言ってるのはどうなの? すごい危険なことして罹患したならまだしも、日常生活送ってたのなら、もう仕方ないじゃん。だって無自覚の感染者がたくさんいるんだから。
と、ちょっと憤ってしまったので今週からコロナの話題を切り上げ、というか、コロナなんかないものとして、去年のチーム分析から今年の戦力どうなのよ、っていう4月一杯続く話題に切り替えることにしました!! 気持ちの持続力が続けばダケド!!
ではまず去年の成績はこんな感じ!!

まずは1試合平均の得点数で順位を付けると、

1 横浜FM 2.00
2 神 戸 1.79
3 川崎F 1.68
4 札 幌 1.59
5 鹿 島 1.59
6 G大阪 1.59
7 FC東京 1.35
8 清 水 1.32
9 名古屋 1.32
10 広 島 1.32
11 湘 南 1.18
12 C大阪 1.15
13 仙 台 1.12
14 大 分 1.03
15 浦 和 1.00
16 鳥 栖 0.94
17 磐 田 0.85
18 松 本 0.62

と、こういうことになるわけです。ではちょっと視点を変えて、シュートに対する得点率を見ると

1 大 分 15.8%
2 横浜FM 15.1%
3 鹿 島 15.1%
4 FC東京 15.1%
5 川崎F 14.9%
6 神 戸 14.8%
7 G大阪 14.2%
8 清 水 14.1%
9 札 幌 13.8%
10 広 島 12.9%
11 名古屋 12.2%
12 C大阪 11.4%
13 湘 南 11.3%
14 鳥 栖 11.1%
15 浦 和 10.9%
16 仙 台 10.1%
17 磐 田 8.7%
18 松 本 7.2%

ということに。この得点率が高いってのは、ペナルティエリアの中を攻略できてるってこと的な? で、これにCK数+FK数のセットプレー数で順位を付けると、

1 横浜FM 209+682=891
2 名古屋 189+549=738
3 磐 田 155+507=662
4 鹿 島 164+490=654
5 C大阪 168+480=648
6 FC東京 173+469=642
7 鳥 栖 182+455=637
8 広 島 146+483=629
9 浦 和 142+480=622
10 湘 南 156+457=613
11 川崎F 173+437=610
12 仙 台 172+436=608
13 札 幌 181+426=607
14 G大阪 187+417=604
15 神 戸 181+422=603
16 清 水 144+431=575
17 松 本 146+425=571
18 大 分 122+350=472

となって、これはもう攻め込んでる数の多さと同じでしょ。で、この得点率とセットプレー数の両方の順位を足してみると、

1 横浜FM
2 鹿 島
3 FC東京
4 名古屋
5 川崎F
6 C大阪
7 広 島
8 大 分
9 磐 田
10 G大阪
11 神 戸
12 鳥 栖
13 札 幌
14 湘 南
15 浦 和
16 清 水
17 仙 台
18 松 本

ってことに。でも、これって去年の順位表を考えると

1 横浜FM
2 FC東京
3 鹿 島
4 川崎F
5 C大阪
6 広 島
7 G大阪
8 神 戸
9 大 分
10 札 幌
11 仙 台
12 清 水
13 名古屋
14 浦 和
15 鳥 栖
16 湘 南
17 松 本
18 磐 田

で、ちょっと違う。とくに磐田とか名古屋とか仙台とか。じゃあ、そこが解明できないか、来週は守備をやってみましょう!!
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

コメント