UEFA、4月1日に日程や契約、移籍市場についてビデオ会議開催へ

2020.03.31 06:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
欧州サッカー連盟(UEFA)は30日、4月1日に日程や契約、移籍市場に関して55の国と地域の代表者を交えてビデオ会議を行うことを発表した。

UEFAは今月17日、6月30日までに2019-20シーズンを終わらせることを目標に設定したが、新型コロナウイルス(COVID-19)の終息が依然として見えない状況が続いている。

UEFAは声明にて「2週間前に作成されたワーキンググループの進捗状況を共有するため、ビデオ会議を開くことにした。スケジュールの見直しについて話し合う必要がある。また、欧州に在籍する選手の契約や移籍市場の期間についても話し合う予定だ」と発表。
なお、一部報道では今季を8月に終え、短い休暇を経て2020-21シーズンをスタートさせる案が出ているとのことだ。



関連ニュース
thumb

UEFAがFFP違反のPSGら8クラブに罰金処分…バルサら19クラブも注視リストに

欧州サッカー連盟(UEFA)は2日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規約に反した8クラブに罰金処分を科すと発表した。 処分対象のクラブはインテル、ミラン、ローマ、ユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)、モナコ、マルセイユ、ベシクタシュ。UEFAのクラブ財務管理組織(CFCB)が2018~2022年の会計を調査した結果、各クラブに収支均衡義務の怠りがわかったという。 罰金額の最高はPSGの1000万ユーロ(約13億9000万円)。8クラブの罰金合計額は2600万ユーロ(約36億2000万円)で、各クラブともに直接支払うか、UEFAの大会から得た収入が差し引かれる。 ただ、この先もルールを順守しなかった場合は罰金が増額され、全クラブが違反したら合計1億7200万ユーロ(約240億円)に。PSGであれば、罰金額は6500万ユーロ(約90億7000万円)になる。 また、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急措置の適用、および過去の損益分岐点実績からFFP違反とはならなかったが、今後も注視が必要なクラブも公表され、実に19クラブがリスト入りした。 そのクラブにはイングランドとスペイン、イタリアからマンチェスター・シティ、チェルシー、ウェストハム、レスター・シティ、バルセロナ、セビージャ、レアル・ベティス、ナポリ、ラツィオが入った。 ほかにも、ドルトムント、ヴォルフスブルク、ウニオン・ベルリン、リヨン、フェイエノールト、フェネルバフチェ、トラブゾンスポル、バーゼル、レンジャーズ、アントワープが含まれている。 2022.09.03 12:40 Sat
twitterfacebook
thumb

初のUEFAスーパーカップ優勝逃したフランクフルト、グラスナー監督「マドリーが勝利に値した」

フランクフルトのオリバー・グラスナー監督がUEFAスーパーカップでの完敗を認めた。『UEFA.com』が伝えている。 昨季にヨーロッパリーグ(EL)を制したフランクフルトは、10日に行われたUEFAスーパーカップでチャンピオンズリーグ(CL)王者のレアル・マドリーと対戦した。立ち上がりは拮抗した展開となり、日本代表MF鎌田大地に決定機も訪れたが、決め切ることができず。37分にCKから失点を許したチームは後半に何度かチャンスを作ったものの、65分にさらなる失点。その後は試合をコントロールされ、0-2で敗れたチームはクラブ史上初となるUEFAスーパーカップ優勝を逃している。 試合後、グラスナー監督は大敗を喫した先週末のバイエルン戦より改善されていたとしつつ、それでもマドリーが勝利に値したとコメント。相手のレベルの高さを認めつつ、チームはまだ改善の余地があると語った。 「この前の試合と比較すれば、チームは改善されていたと思う。とはいえ、マドリーは世界中のどの相手に対しても、2、3回の素晴らしいチャンスを作ってくる。そして我々は、CKから先制点を許してしまった」 「チームは自分たちのチャンスをものにできなかったね。今日の試合ではマドリーがより良いチームであり、勝利に値するものだった」 「何度かいい形でポゼッションできていたとは思う。だが、最後の部分、ゴールにまでは届かなかった。それが、このレベルでまだ取り組まなければならないことだろう。とても歯がゆいね。我々は[4-4-2]に布陣を変更したが、連携がうまくいかなかった」 2022.08.11 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

UEFAネーションズリーグ2022-23の組み合わせが決定! ユーロ王者イタリアはドイツ、イングランド、ハンガリーと対戦

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、2022年6月にスタートするUEFAネーションズリーグ2022-23のグループリーグ分け抽選会を行った。 2022年11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)の影響で、例年より早い6月~9月に開催されるUEFAネイションズリーグ。既に、レギュレーションや出場する55カ国のリーグ分けが発表されており、今回はリーグ内でのグループ分けが決められた。 最上位のリーグAでは、前回王者フランスがデンマークやクロアチア、オーストリアと同じグループ1に入り、グループ2には初代王者のポルトガル、スペイン、スイス、チェコが同居。 また、グループ3に入ったユーロ2020王者イタリアは、ユーロ準優勝のイングランドやドイツ、ハンガリーと同居。FIFAランク首位のベルギーは、オランダ、ポーランド、ウェールズと同じグループ4に入った。 試合は2022年6月から9月の間にホーム&アウェイで試合が6試合が開催される。また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格。 リーグCについてはリーグDから昇格するチームが2チームのため、リーグC最下位4チームによるホーム&アウェイの降格プレーオフを行ない降格2チームを決定する。各リーグ内のグループ分けは以下のとおり。 【リーグA】 ◆グループ1 フランス、デンマーク、クロアチア、オーストリア ◆グループ2 スペイン、ポルトガル、スイス、チェコ ◆グループ3 イタリア、ドイツ、イングランド、ハンガリー ◆グループ4 ベルギー、オランダ、ポーランド、ウェールズ 【リーグB】 ◆グループ1 ウクライナ、スコットランド、アイルランド、アルメニア ◆グループ2 アイスランド、ロシア、イスラエル、アルバニア ◆グループ3 ボスニア・ヘルツェゴビナ、フィンランド、ルーマニア、モンテネグロ ◆グループ4 スウェーデン、ノルウェー、セルビア、スロベニア 【リーグC】 ◆グループ1 トルコ、ルクセンブルク、リトアニア、フェロー諸島 ◆グループ2 北アイルランド、ギリシャ、コソボ、キプロスorエストニア ◆グループ3 スロバキア、ベラルーシ、アゼルバイジャン、カザフスタンorモルドバ ◆グループ4 ブルガリア、北マケドニア、ジョージア、ジブラルタル 【リーグD】 ◆グループ1 リヒテンシュタインカザフスタンorモルドバ、アンドラ、ラトビア、リヒテンシュタイン ◆グループ2 マルタ、キプロスorエストニア、サンマリノ ※2020-21シーズンでリーグCの最下位となったカザフスタン、モルドバ、キプロス、エストニアについては2022年3月に行われる降格プレーアウトでリーグC残留かリーグD降格かが決定する。 2021.12.17 02:52 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA、ユーロ決勝での暴動についてFAに無観客&罰金処分を科す

UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ユーロ2020決勝で観衆が騒動を起こした問題でイングランドサッカー協会(FA)に2試合の無観客試合と10万ユーロ(約1330万円)の罰金処分を下した。 問題が起きたのは、7月11日にウェンブリーで行われたユーロ2020決勝のイタリア代表vsイングランド代表で、試合前にチケットを持たない多くのサポーターが警備を突破して入場するトラブルが発生。さらに会場の内外で統制が取れておらず、ピッチへの乱入や物の投げ込みもあった。 UEFAは約3か月間の調査の末に、ウェンブリー周辺で「秩序と規律の欠如」があったとし、FAに対して前述の処分を下した。無観客の対象はUEFA主催大会の代表戦となり、うち1試合は2年間の猶予期間が設けられている。 なお、FAは今回の処分を受けて同日に「今季の決定には失望したが、この処分を受け入れます」との声明を発表している。 2021.10.19 01:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バロンドールへの憧れを語るベンゼマ「子供の頃からの夢」

今回のバロンドール候補者に選ばれたレアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、その憧れを語った。スペイン『アス』がコメントを伝えている。 8日、『フランス・フットボール』が2021年度のバロンドール候補者リスト30名を発表した。昨季のチャンピオンズリーグ(CL)ファイナリストのチェルシーとマンチェスター・シティから最多の5名が選ばれた中で、マドリーからはベンゼマとクロアチア代表MFルカ・モドリッチの2名が選出された。 これまで何度も候補者に選出されながらも受賞歴のないベンゼマ。最優先はチームであると述べつつも、子供の頃からの夢を叶えたいという強い気持ちは隠さなかった。 「バロンドールは子供の頃からの夢だ。サッカー選手なら誰だってそうだろう。確かに最も大切なのは常にチームだけど、チームの勝利に貢献した時、たくさんのゴールを決めた時、やっぱり頭にはバロンドールが浮かんでくる」 「もちろん、あの素晴らしいトロフィーを手に入れるために一生懸命努力をするつもりだ。いつか子供の頃からの夢を叶えられるといいね」 また、10日に行われるUEFAネーションズリーグ20-21決勝のスペイン戦についても言及。優勝すればバロンドールの選考に有利に影響するだろうが、厳しくも健全な試合になることを願っているようだ。 「僕たちが戦ったベルギー戦や、スペイン対イタリアのように、素晴らしい試合をしたい。きっと最高のゲームになるだろう」 「スペインはとても若いチームだけど、多くの才能ある選手を揃えている。見る人を幸せにするような、タフで美しい試合が見られることを願っているよ。それが僕たち選手が望むことだからね」 2021.10.09 21:35 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly