ACL東地区の日程が再変更…新型コロナウイルスの影響を考慮しGS期間延長&決勝T後ろ倒し《ACL2020》

2020.03.02 19:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は2日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020の東地区のグループステージの期間を延長し、それに伴い決勝トーナメントの日程を遅らせることを発表した。日本からは、横浜F・マリノスと、FC東京、ヴィッセル神戸が出場している今年のACLだが、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、すでに東地区のグループステージ第1節から第3節の中国クラブが絡んだ試合の日程が変更になっていた。

今回の決定では、3月と4月に予定されているグループステージの試合が開催できない場合、その試合を第3節を5月19、20日、第4節を5月26、27日、第5節を6月16、17日、第6節を6月23、24日に開催するとのこと。正式な発表は3月16日になるとのことだ。

なお、現時点で日本勢以外のクラブについては、7月に試合を開催することが可能と発表。何れにしても、8月までに全試合を消化する必要があるとしている。

また、グループステージの延長に伴い、当初6月に予定されていた決勝トーナメント1回戦の1stレグは8月11、12日、2ndレグは8月25、26日に延期されることが決定。

加えて、準々決勝は1stレグが9月15、16日、2ndレグは9月29、30日、準決勝は1stレグが10月20、21日、2ndレグは10月27、28日に延期されることとなった。なお、決勝は、東地区での開催が11月22日、西地区での開催が11月28日のまま変更はない。

◆現時点の日本勢グループステージ日程※キックオフ日時は現地時間
【グループF】
・第4節
▽4月7日(火)
《18:00》
上海申花 vs FC東京
[上海虹口足球場]

・第5節
▽4月22日(水)
《19:00》
FC東京 vs 蔚山現代
[東京スタジアム]

・第6節
▽5月6日(水)
《19:05》
パース・グローリー vs FC東京
[パース・レクタンギュラースタジアム]

・第3節
▽5月27日(水)
《19:00》
FC東京 vs 上海申花
[東京スタジアム]

【グループF】
・第4節
▽4月7日(火)
《20:00》
広州恒大 vs ヴィッセル神戸
[広州天河体育中心]

・第5節
▽4月21日(火)
《20:45》
ジョホール・ダルル・タクジム vs ヴィッセル神戸
[スルタン・イブラヒムスタジアム]

・第6節
▽5月5日(火)
《19:00》
ヴィッセル神戸 vs 水原三星ブルーウィングス
[神戸市御崎公園球技場]

・第3節
▽5月26日(火)
《19:00》
ヴィッセル神戸 vs 広州恒大
[神戸市御崎公園球技場]

【グループH】
・第4節
▽4月8日(火)
《20:00》
上海上港 vs 横浜F・マリノス
[上海浦東源深体育場]

・第5節
▽4月21日(火)
《19:30》
横浜F・マリノス vs 全北現代
[横浜国際総合競技場]

・第6節
▽5月5日(火)
《19:35》
シドニーFC vs 横浜F・マリノス
[ジュビリースタジアム]

・第3節
▽5月27日(水)
《19:30》
横浜F・マリノス vs 上海上港
[横浜国際総合競技場]
コメント
関連ニュース
thumb

J1過密日程を改めて考える/六川亨の日本サッカーの歩み

J1リーグは16日に4試合を行い、2位のC大阪はFW都倉が神戸GK前川の顔面をヒットする“勇み足"で一発退場になったものの、柿谷のヘッドによる1点を守りきって首位・川崎Fとの勝点差5をキープした。 神戸GK前川の父親は元日本代表で、広島や大分で活躍した前川和也氏である(日本が初優勝した92年のアジア杯準決勝の中国戦で交代出場し、トンネルで失点したプレーはいまも忘れられない)。 前川だけでなく、9日の第15節、FC東京対横浜FC戦では、横浜FCのボランチ安永がJ1デビューを飾った。彼の父・聡太郞氏は95年に横浜Mのリーグ優勝や、99年の清水のセカンドステージ優勝に貢献したFWである。こうした二世選手の活躍は、今後も増えることだろう。 ところで、C大阪対神戸戦はJ1リーグ第25節、FC東京対大分戦(2-3)と横浜FM対清水戦(3-0)は第24節、そして鳥栖対札幌戦(0-2)は第12節だったことをご存じだろうか。 鳥栖対札幌戦が第12節だったのは、鳥栖に新型コロナのクラスターが発生したため4試合が延期されたからだった。残りの3試合は、いずれも横浜FM、FC東京、神戸の3チームがACLに出場しているからだ。 そのACLだが、いま現在も東地区のグループステージがどこの都市で開催されるのか詳細は決まっていない。9月11日にはFC東京の長谷川監督が、質疑応答で「正式にJリーグから(日程変更などの)通達は来ていない。JFA(日本サッカー協会)からもきちんと来たわけではないので、なんとも言えない。正式に決まったら話をしたい」と、現状では対処しようのないお手上げ状態であることを明かした。 ACLの日程変更に関してJリーグの担当者は、「新しい日程だとJリーグの最終節とACLの決勝がかぶる(12月19日)。出場3チームと折衝中だが、Jリーグの最終節を後ろ倒しするのは天皇杯があって難しい」と答えていた。 彼の言う通り、12月20日の日曜日は天皇杯5回戦の2試合が、23日の水曜日には準々決勝2試合が組まれている。今年の天皇杯は変則スタイルで行われ、Jリーグ勢は23日の準々決勝にJ2とJ3の1位が出場し、J1の2チームは27日(日曜日)の準決勝から登場する。 Jリーグ勢が19日のACL決勝に出場したら、20日に最終節を移すことはできない。そこで23日に移すことは物理的に可能だ。実際、9月16日はJ1の4試合とJ2の1試合に加え、天皇杯の1回戦16試合も開催された。しかし、いくら可能とはいえJ1リーグの最終節と天皇杯の準々決勝を同日開催することは、常識的に考えても回避すべきだろう。 となるとJ1リーグの日程を前倒しするしか方法はない。現状では毎週末にリーグ戦が組まれていて、空いているのは水曜しかない。それも限られていて、10月は21日と28日、11月は11日と18日、そして12月は2日と9日だ。 恐らくJリーグはコロナの影響や自然災害などを想定して予備日を取っていたのだろう。これらに加えて「金J」を復活させるのか。 一番簡単な解決方法は、AFC(アジアサッカー連盟)が、「今シーズンのACLは中止になりました」と一言アナウンスすることだ。そうすれば、ACLのスポンサーと放映権を持っているテレビ局、そして代理店以外は諸手を挙げて喜ぶに違いない。 最後に、連戦における選手起用で監督はどんな苦労をしているのか。FC東京の長谷川監督のコメントを紹介しよう。 「基本的に3試合、4試合連チャンで出るとパフォーマンスは顕著に落ちてくる。2試合で落ちる選手もいる。そこらへんをトラッキングシステムで把握し、顔色を見ながら、普段の仕事(サッカー)を見ながら判断したり、ドクターやスタッフと話したりしながら判断している。ちょっとしたシグナルをどうキャッチするかが大事になる。選手は、誰もが(試合に)出たがるので、聞けば誰もが『大丈夫です』と言う。19連戦の、次(第16節の神戸戦)は9連戦目(2-2)でやっと半分。さらにACLを入れれば連戦が増えてくる。全試合フル出場は不可能なこと。どこかで見切りながら使うしかない」 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.09.18 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

カソルラがACLデビューで初ゴール! 塩谷所属のアル・アインと壮絶ドロー

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループD第3節のアル・アインvsアル・サッドが15日に行われ、3-3のドローに終わった。 ビジャレアルから同胞チャビ・エルナンデス監督率いるカタールのアル・サッドに加入したMFサンティ・カソルラのACLデビューに注目が集まった中、その対戦相手はDF塩谷司を擁するアル・アインに。 試合は立ち上がりから激しい打ち合いの展開に。開始5分にホームのアル・アインがFWラバのゴールで早々に先制。35分にはFWアクラフ・アフィフのゴールで同点に追いつくも、その3分後にはMFイスラムハンの見事なミドルシュートでホームチームが勝ち越し。 迎えた後半、魅せたのがACLデビューのカソルラ。ペナルティアーク付近で左にいた味方から横パスを受けると、正確な右足のダイレクトシュートをゴール下隅に突き刺し、デビュー戦で早速ゴールを挙げた。 これで勢いに乗ったアル・サッドはFWブーンジャーのゴールで初めてリードを奪うことに成功したが、数分後にはオウンゴールで追いつかれてしまい、試合はこのまま3-3のドローで決着。 カソルラはこれで加入後4試合で5ゴール目と、さすがの存在感を放つ。一方、アル・アインでは塩谷がフル出場を飾っていた。 <div id="cws_ad">◆カソルラのゴールは1分50秒過ぎ!<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Video - AFC Champions League - A six-goal thriller - Akram Afif, Santi Cazorla &amp; Baghdad Bounedjah on target for Al Sadd, but an own goal from Boualem Khoukhi denied them victory over Al Ain <a href="https://t.co/vr1wTFb2LF">pic.twitter.com/vr1wTFb2LF</a></p>&mdash; Football Qatar (@FootballQatar) <a href="https://twitter.com/FootballQatar/status/1305928841152655360?ref_src=twsrc%5Etfw">September 15, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.16 13:52 Wed
twitterfacebook
thumb

今週はみんなで考えなきゃいけないことがたくさんあります。考えても駄目かもしれないけど?! の巻/倉井史也のJリーグ

みなさ〜ん、今週はいろいろ考えなきゃいけないことがたくさんあるから、しっかり覚えておきましょうね〜。 まず思い出しましょう。今年のJリーグの成立要件。全試合の75パーセントが開催され、すべてのチームの試合が50パーセント消化されることでしたね〜。で、今週はいよいよ、川崎、FC東京、鹿島、横浜FM、神戸の5チームが17試合を消化することになり、成立要件が少しずつ満たされることになるのです。 んでもって、来週水曜になるとC大阪、大分、清水も17試合消化ってことになりそうです。19日、20日で柏、浦和、札幌、横浜FCの4チーム、さらに23日の水曜日は、名古屋、G大阪、広島、仙台、湘南も17試合が終わるってことになるんじゃないかな〜。さてここまでの合計は17チーム。そうです、鳥栖はまだ残ってます。 ちなみに鳥栖が17試合を消化する予定なのは9月30日。ここまで行ってJリーグはやっと最初のハードルが跳べたことになるのでした。 では全試合の75パーセントが終わるって、普通だったらいつかっていうと、34節の75パーセントだから26節が終了すると今年のJリーグもちゃんとチャンピオンが決まるぞって感じになるんです。これって……。 まず鳥栖でいうと、11月8日のアウェイ仙台戦で未消化の11節分を戦えばミッション達成。ところがですよ。ここに来て、またややこしい問題が出てきました。 それはACL。ACLは当初、10月下旬にスタートする予定だったのが、何と東地区は11月15日から12月13日、決勝戦は12月19日ってことになったじゃないですか。 今年のJ1リーグ、最終節は12月19日です。ちゅうことは、日本勢が勝っていけば、最終節にいないわけですよ。まぁ当然Jリーグの日程を組み替えるんでしょうけど、12月19日の後に数節消化して終盤戦を盛り上げようと思ったら、もう12月20日から25日を使うしかない!! そうじゃないと天皇杯準決勝に引っかかっちゃうんです。 じゃあ11月15日までに試合を前倒ししようかと思うと、1カ月も早まるんでもう1週間3試合とか、ダブルヘッダーとか考えるしかない!! かもしれない!! ぐらいな感じなんです。 さらに恐ろしいことに10月と11月は日本代表戦がありそうです。ね、どうします、これ? 考えなきゃいけないこと……多すぎるでしょ? ちなみに、水曜(火曜)と土日だけのカレンダーを作ると、 【9月】 05日(土)J1 第14節 09日(水)J1 第15節 12日(土)J1 第16節 13日(日)J1 第16節 16日(水)J1 第12節・第24節・第25節 19日(土)J1 第17節 20日(日)J1 第17節 23日(水)J1 第18節 26日(土)J1 第19節 27日(日)J1 第19節 30日(水)J1 第25節・第29節 【10月】 03日(土)J1 第20節 04日(日)J1 第20節 07日(水)J1 第10節 10日(土)J1 第21節 14日(水)J1 第22節 17日(土)J1 第23節 18日(日)J1 第23節 21日(水)J1 第13節 24日(土)J1 第24節 25日(日)J1 第24節 28日(水) 31日(土)J1 第25節 【11月】 03日(火)J1 第26節 08日(日)J1 第11節 11日(水)J1 第07節・第25節・第26節 14日(土)J1 第27節 18日(水) 21日(土)J1 第28節 25日(水)J1 第29節 28日(土)J1 第30節 【12月】 02日(水) 05日(土)J1 第31節 09日(水) 12日(土)J1 第32節 16日(水)J1 第33節 19日(土)J1 第34節 ね、もうパンパンでしょ。しかもよりによってACLはJリーグのわずかに作っておいた揺らぎの日を潰すし。12月2日と9日、予備で明けといたんだろうなぁ……。 <hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2020.09.12 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

代表もACLも渡航には2週間の隔離措置?/六川亨の日本サッカー見聞録

「あらゆる可能性を探っています。10月、11月と活動したい!」 そう力説したのはJFA(日本サッカー協会)の須原専務理事だった。9月10日、JFAの定例理事会後の記者会見で、日本代表の活動について「まだ正式発表はできませんが、最終調整中で、近々に発表できる」とも話していた。 気になるのはその活動場所だ。 別の記者からは、ACLの残り試合が海外で開催される場合や、日本代表の活動が海外になった際の渡航について質問が出た。 須原専務理事の答は「現状は世の中の方々と同じです。国よって渡航できるかどうか。渡航してから2週間の隔離があるかどうか。スポーツ選手も例外は許されていません。ACLも代表も、制約を前提に考えています」とのことだった。 国内組の日本代表候補はGK大迫(広島)と中村(柏)に、有力なのは川崎Fの田中、旗手、三笘、FC東京のDF渡辺、浦和DF橋岡あたりだろう。しかし2週間も隔離されるなら、クラブが招集を認めるとは思えない。 となると以前も報道にあったように、海外組だけで、ヨーロッパでキャンプをする可能性の方が高いだろう。すでにヨーロッパ各国ではネーションズリーグも始まっていて、ポルトガル、フランス、ベルギーが2連勝と好スタートを切った。日程さえうまく合えば試合も可能かもしれないし、そうなったら是非ともテレビで中継して欲しいところ。久保や南野のプレーは誰もが見たがっているはずだ。 一方、いまだハッキリしないのがACLの開催場所だ。東地区の日程を変更し、グループステージの残り試合から決勝までを11月15日から12月13日に開催すると10日に発表された。しかし東地区の詳細な開催場所・スタジアムはいまだアナウンスがない。 そしてこの日程では、当然のことながらJリーグも佳境を迎えているわけで、これに2週間の隔離が伴うようであれば参加を辞退するのは当然だろう。なぜJFAを始め韓国や中国、オーストラリアが大会の中止を働きかけないのか不思議でならない。それとも棄権したらペナルティーなどが生じるから、AFCが自ら断念するのを待っているのだろうか。 いずれにしても、こちらは今後の状況を静観するしかなさそうだ。 さて話は変わり、今年の殿堂掲額者が決まった。例年ならもっと早くに掲額者が決まり、9月10日に掲額式が開催されるのだが、今年は新型コロナの影響で式次第そのものが中止になった影響もあったのだろう。 すでに報道されているように、投票選考で木村和司氏、特別選考で元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が選出された。 木村氏は1985年10月26日のメキシコW杯アジア最終予選、国立競技場で開催された韓国戦の直接FKが伝説となっている。しかしそのシュートも35年も前の出来事になった。彼を始め、日本サッカー界のレジェンドを紹介する際は、そのプレーも映像で流してほしいものだ(権利関係など細かいことは抜きにして)。 ちなみにこの殿堂入り、投票選考は75パーセント以上を獲得しなければならない。今年は碓井博行氏(藤枝東高、早大、日立でプレーした大型FW)、金田喜稔(天才的ドリブラー)、原博実氏(アジアの核弾頭と言われたFWで現Jリーグ副チェアマン)、木村氏に加え、水沼貴史氏(浦和南高、法大、日産、横浜Mで活躍したFW)が新たに加わった。 碓井氏、金田氏、原氏、木村氏の4氏は昨年も投票の対象だったものの、75パーセントの得票に届かなかったため、今年に持ち越しとなった。代わりに昨年は特別選考として西野朗氏、岡田武史氏、佐々木則夫氏の3氏が選出されたが、これはこれで誰も文句は言えない選考結果だろう。 この殿堂掲額、今年で17回目を迎え、2018年の加藤久氏、ラモス瑠偉氏からJリーガーが対象になった。今後は黎明期を支えたJリーガーが候補になるのだろう。どんな名前があがるのか、それはそれで楽しみである。 <hr>【文・六川亨】 1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた 2020.09.11 10:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL東地区が再び日程変更! 詳細未定も11月15日から12月13日の期間の開催に

アジアサッカー連盟(AFC)は10日、新型コロナウイルスの影響で中断しているAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2020に関して、東地区の日程変更を発表した。 新型コロナウイルスの影響で中断が続くACL。国またぎの戦いとなるだけに、先行きが不透明だったが、今年6月に本大会に参加する全加盟国の間で行ったオンライン会議で今大会を完了させる形で合意。そして同7月には、開催方式変更および新たな日程が発表されていた。 そして、FC東京、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノスのJリーグ所属3チーム(いずれも2試合を消化)が参戦している東地区のグループステージの残り試合は、開催地は未定も10月16日から11月1日にかけて集中開催することが決定。 さらに、決勝トーナメントはホーム&アウェイ形式から一発勝負の形に変更となり、集中開催地での開催となる。決勝トーナメント1回戦は11月3日、4日。準々決勝は同25日、準決勝は同28日に開催される予定だ。そして、12月5日に予定される決勝は西地区での開催となることも発表されていた。 しかし、AFCは新型コロナウイルスに関する各国の状況を鑑みて、今回開催された会合の場で、東地区に関するリスケジュールを決定。 新たな日程では、詳細は未定も決勝トーナメントを含む、残りの試合を11月15日から12月13日の期間に開催し、決勝戦は12月19日に西地区の会場でシングルマッチ形式で開催することになった。 なお、決勝戦が行われる12月19日は明治安田生命J1リーグの最終節の開催日と重なっており、ACL出場組に関して日程の再考を求められることになる。 2020.09.10 20:18 Thu
twitterfacebook