このリーグ戦初戦で痛い目に合うと幸福が待っているの法則を見つけたぜ!? の巻/倉井史也のJリーグ

2020.02.21 18:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
だいたいさ、スタートダッシュって大切って言うでしょ? それってチームの状態が最初からいいってことじゃないですか。チームの状態がいいってことは、リーグ戦やカップ戦合わせて勝ってるってことですよね。ちゅうことは、きっと歴代優勝チームは、リーグ戦、カップ戦(リーグカップ、ACL含め)で最初の勝率がいいと思うんですよね。J1が18チーム構成になって1シーズン制のときを調べたら当てはまるはずなんですよ。これってトリビアになりませんか? ちなみにチーム名の後の(C)はカップ戦、他はリーグ戦です。2005年 G大阪 0●2大宮、2△2鹿島、4○2広島(C)
2006年 浦 和 1△1G大阪、3○1磐田、4○1広島、3○0C大阪、3○1横浜FM、2○0F東京(C)
2007年 鹿 島 0●1川崎、0●1G大阪、3△3千葉、1●3新潟(C)
2008年 鹿 島(ACL) 4○0札幌、9○1タイバンク(C)
2009年 鹿 島(ACL) 2○0浦和、1●4水原三星(C)
2010年 名古屋 2○1G大阪、2●3川崎、2○0磐田、2△2F東京(C)
2011年 柏 東日本大震災のためリーグカップ戦は変則開催に
2012年 広 島 1○0浦和、1●2清水、2○0鹿島、1○0F東京、1△1川崎(C)
2013年 広 島(ACL) 0●2プニョドコル(C)、1●2浦和
2014年 G大阪 0●1浦和、2○0新潟、0△0仙台、2○0神戸(C)
2017年 川 崎(ACL) 1△1水原三星(C)、2○0大宮
2018年 川 崎(ACL) 0●1上海上港(C)、1●2蔚山現代(C)、3○0磐田
2019年 横浜FM 3○2G大阪、2○1仙台、1△1札幌(C)

さぁ!! どうですか!! 法則が全然当てはまらない!! つーかバリエーションありすぎ!! で、このパターンの中で出現していないのが、カップ戦初戦を負けてリーグ戦初戦を分けるパターンと、カップ戦とリーグ戦の初戦をともに分けるパターン、カップ戦初戦を引き分けリーグ戦初戦を負けるパターン。

ってことは、そろそろこの3つのパターンのうち、どれかが来てもいいんじゃない? となると、ルヴァンカップ初戦で引き分けているのがどこもいない今、負けた清水、鹿島、仙台、横浜FC、鳥栖、大分、G大阪がリーグ戦初戦で引き分ければ、優勝のチャンスがあるかも!! ってことで正解はだいたい9カ月後に!!
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。
関連ニュース
thumb

五輪の中断期間ってJリーグにどんだけ影響があったっけ!? の巻/倉井史也のJリーグ

現在、一応は五輪の中断期間なワケですよ。一部のチームだけはしっかり試合があったとしても。で、ちょっと気になりません? この五輪でチームの波が変わっちゃうんじゃないかって。 ってことで、今週は過去の五輪で中断期間のあとってそれまで首位に立って他チームはどうなっちゃったか、調べてみるよ!! 【1996年】アトランタ五輪 7/19〜8/4 Jリーグ 5/18(第15節)-中断-8/28 データなし 【2000年】シドニー五輪 9/15〜10/1 J1リーグ 8/19(2nd第11節)-中断-11/8 ・8/19時点(2ndステージ) 1. G大阪 勝点26 2. 鹿 島 勝点24 3. 柏 勝点22 ・2ndステージ最終順位 1. 鹿 島 勝点33 2. 柏 勝点32 3. 磐 田 勝点30 【2004年】アテネ五輪 8/13〜8/29 J1リーグ 6/26(1st第15節)-中断-8/14 ・6/26(1st第15節) 1. 横浜FM 勝点36 2. 磐 田 勝点34 3. 浦 和 勝点25 ・2ndステージ最終順位 1. 浦 和 勝点37 2. 市 原 勝点28 3. G大阪 勝点27 【2008年】北京五輪 8/8〜8/24 J1リーグ 7/27(第19節)-中断-8/9 ・7/27時点 1. 鹿 島 勝点35 2. 浦 和 勝点33 3. 名古屋 勝点33 ・最終順位 1. 鹿 島 勝点63 2. 川 崎 勝点60 3. 名古屋 勝点59 【2012年】ロンドン五輪 7/27〜8/12 J1リーグ 7/14(第18節)-中断-7/28 ・7/14時点 1. 広 島 勝点36 2. 仙 台 勝点36 3. 浦 和 勝点31 ・最終順位 1. 広 島 勝点64 2. 仙 台 勝点57 3. 浦 和 勝点55 【2016年】リオ五輪 8/5〜8/21 J1リーグ 8/27(2nd第10節)-中断-9/10 ・8/27時点(2ndステージ) 1. 川 崎 勝点22 2. 浦 和 勝点22 3. 鳥 栖 勝点21 ・2ndステージ最終順位 1. 浦 和 勝点41 2. 神 戸 勝点35 3. 川 崎 勝点34 ってことで、まずビックリなのは1996年のデータって本当に一部しかオフィシャルにも残ってなくて、調べられませんでした。いや、これ残さなくていいのか、Jリーグ。 でもって2004年以降は五輪期間中もしっかりJリーグやってます!! でもって、中断期間と五輪は時期合わなくなってます。でも五輪に出場する選手は自分のチームでも当然主力なんだから、五輪でさらに躍進したか、疲労が溜まりまくったかって考えると、きっと最後の順位に響いているはず。 では調べられた5年のうち、中断前と中断後で首位が変わらないのは2回、変わったのは3回。これだけでは優位性が分からないので、詳しく見ると2008年の鹿島は2007年からリーグ3連覇を達成したやたらに強いチーム。2012年の広島も、2015年までの4年で3回リーグを制覇したチーム。ちなみにすべて監督は森保一監督。 ちゅうことで、連覇できるくらい強ければ五輪の中断はまったく関係ありません。おっと、去年から飛び抜けて強い川崎も、やっぱり影響を受けないかもしれないかもしれないですね。ってどっちやねん!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.07.31 17:40 Sat
twitterfacebook
thumb

五輪に注目が集まっている間にサブマリン効果が生まれるかもしれないってそれ何!? の巻/倉井史也のJリーグ

さあ、もう始まっちゃったけど、みんな忘れちゃうかもしれないから書いとくよ!! ・7月21日(水)【女子】 19:30:日本 vs カナダ(札幌) ※1 ・7月22日(木)【男子】 20:00:日本 vs 南アフリカ(東京) ・7月24日(土)【女子】 19:30:日本 vs イギリス(札幌) ※2 ・7月25日(日)【男子】 20:00:日本 vs メキシコ(埼玉) ・7月27日(火)【女子】 20:00:チリ vs 日本(宮城) ※3 ・7月28日(水)【男子】 20:30:フランス vs 日本(横浜) ・7月30日(金)【女子】 17:00:[準々決勝1]E組2位 vs F組2位(宮城) または 18:00:[準々決勝2]E組1位 vs ForG組3位(茨城) または 19:00:[準々決勝3]G組1位 vs EorF組3位(埼玉) ※4 ・7月31日(土)【男子】 18:00:[準々決勝2]A組1位 vs B組2位(茨城) または 20:00:[準々決勝4]B組1位 vs A組2位(横浜) ・8月2日(月)【女子】 17:00:[準決勝1]準々決勝4の勝者 vs 準々決勝1の勝者(茨城) または 20:00:[準決勝2]準々決勝2の勝者 vs 準々決勝3の勝者(横浜) ・8月3日(火)【男子】 17:00~20:00:[準決勝1]準々決勝4の勝者 vs 準々決勝3の勝者(茨城) または 20:00~23:00:[準決勝2]準々決勝2の勝者 vs 準々決勝1の勝者(埼玉) ※5 ※6 ・8月5日(木)【女子】 17:00:[3位決定戦]準決勝1の敗者 vs 準決勝2の敗者(茨城) ・8月6日(金)【女子】【男子】 11:00:[決勝]準決勝1の勝者 vs 準決勝2の勝者(国立) 20:00:[3位決定戦]準決勝1の敗者 vs 準決勝2の敗者(埼玉) ※7 ・8月7日(土)【男子】 20:30:[決勝]準決勝1の勝者 vs 準決勝2の勝者(横浜) いやいや、そんなの知ってるし!! とか言わないで!! 実はこんな試合もやってるんですから!! ※1 ・7月21日(水)【Jリーグ】 19:00:[J1] C大阪 3-3 FC東京(ヨドコウ) 19:00:[J1] G大阪 1-2 神戸(パナスタ) ・7月21日(水)【天皇杯】 19:00:[3回戦] 川崎 1(4PK3)1 千葉(フクアリ) ※2 ・7月24日(土)【Jリーグ】 19:00:[J1] G大阪 vs 鹿島(パナスタ) 19:00:[J1] 鳥栖 vs C大阪(駅スタ) ※3 ・7月27日(火)【Jリーグ】 19:00:[J1] G大阪 vs 大分(パナスタ) ※4 ・7月30日(金)【Jリーグ】 18:00:[J1] 札幌 vs G大阪(札幌厚別) ※5 ・8月3日(火)【Jリーグ】 19:00:[J1] 仙台 vs G大阪(札幌厚別) ※6 ・8月4日(水)【天皇杯】 18:00:[3回戦] C大阪 vs 新潟(ヨドコウ) ※7 ・8月6日(金)【Jリーグ】 19:00:[J1] G大阪 vs 横浜FM(パナスタ) どうですか、この怒濤のG大阪ラッシュ!! もしも24日からG大阪が連勝を続ければ勝点15上積みして、一気に優勝圏内……一気にACL圏内までやってくるわけですよ!! まるで潜水艦が急に浮上してくる感じじゃないですか。そんな大事な試合をやってるのに、みんな五輪に現を抜かしていいんですか!! いいんですかって聞いてるわけです!! いや、いいかもしんないんですけどね。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.07.24 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

五輪がその後のJリーグに影響するんじゃないのってすごく心配しているんじゃない!? の巻/倉井史也のJリーグ

来週からは五輪だよ!! ってことで、1996年以来、五輪の年に国内組はどのチームに選手が多かったのか、そしてその年の成績を調べてみたわけです。 【1996年】アトランタ五輪 ・横浜M(8位) 遠藤彰弘 松田直樹 川口能活 ・清水(10位) 伊東輝悦 白井博幸 松原良香 ・磐田(4位) 鈴木秀人 田中 誠 服部年宏 ・広島(14位) 上村健一 下田 崇 路木龍次 ・市原(9位) 秋葉忠宏 城 彰二 ・V川崎(7位) 廣長優志 ・横浜F(3位) 前園真聖 ・平塚(11位) 中田英寿 ・G大阪(12位) 森岡 茂 【2000年】シドニー五輪 ・鹿島(1位) 中田浩二 本山雅志 平瀬智行 柳沢 敦 ・横浜FM(2位) 松田直樹 三浦淳宏 中村俊輔 ・G大阪(6位) 都築龍太 宮本恒靖 稲本潤一 ・磐田(4位) 高原直泰 西 紀寛 ・市原(14位) 酒井友之 ・柏(3位) 明神智和 ・V川崎(10位) 中澤佑二 ・清水(8位) 森岡隆三 ・名古屋(9位) 楢崎正剛 【2004年】アテネ五輪 ・FC東京(8位) 茂庭照幸 今野泰幸 石川直宏 ・浦和(2位) 田中マルクス闘莉王 田中達也 ・広島(12位) 森崎浩司 駒野友一 ・鹿島(6位) 曽ケ端準 ・市原(4位) 阿部勇樹 ・横浜FM(1位) 那須大亮 ・清水(14位) 黒河貴矢 ・磐田(5位) 菊地直哉 ・京都(J2・5位) 松井大輔 ・C大阪(15位) 大久保嘉人 ・大分(13位) 高松大樹 【2008年】北京 ・清水(5位) 山本海人 岡崎慎司 本田拓也 ・FC東京(6位) 長友佑都 梶山陽平 ・大分(4位) 西川周作 森重真人 ・山形(J2・2位) 豊田陽平 ・鹿島(1位) 内田篤人 ・柏(11位) 李 忠成 ・浦和(7位) 細貝 萌 ・川崎(2位) 谷口博之 ・名古屋(3位) 吉田麻也 ・京都(14位) 水本裕貴 ・G大阪(8位) 安田理大 ・C大阪(J2・4位) 香川真司 【2012年】ロンドン五輪 ・FC東京(10位) 権田修一 徳永悠平 ・C大阪(14位) 山口 螢 扇原貴宏 ・鹿島(11位) 山村和也 ・大宮(13位) 東 慶悟 ・東京V(J2・7位) 杉本健勇 ・川崎(8位) 安藤駿介 ・横浜FM(4位) 齋藤 学 ・新潟(15位) 鈴木大輔 ・清水(9位) 村松大輔 ・名古屋(7位) 永井謙佑 【2016年】リオデジャネイロ五輪 ・鹿島(1位) 櫛引政敏 植田直通 ・FC東京(9位) 室屋 成 中島翔哉 ・浦和(2位) 遠藤 航 興梠慎三 ・川崎(3位) 原川 力 大島僚太 ・G大阪(4位) 藤春廣輝 井手口陽介 ・柏(8位) 中村航輔 ・新潟(15位) 鈴木武蔵 ・岡山(J2・6位) 矢島慎也 ・神戸(7位) 岩波拓也 ・広島(6位) 塩谷 司 ・福岡(18位) 亀川諒史 ね、五輪にメンバーだしても優勝してたりJ2から昇格したりしてるんだから、気にしなくて大丈夫!! それにしても、このデータに海外組を加えればカッチリしたデータになったんじゃない? と思ったアナタ!! そこはプロですから、このデータに切ったり貼ったりして使い回すわけですよ!! うっしっし。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.07.17 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

五輪代表合宿がスタートして国内サッカーが忘れられるんじゃないかと思ってる人へ!? の巻/倉井史也のJリーグ

いよいよ五輪に向けた合宿が5日からスタートして、これから先は決勝戦まで(希望的観測)選手たちは大忙しなわけですが。 まぁ当然その間は自分のチームでプレーできないわけですよ。え? どの選手がどれくらいまでプレーできないの? と思ってる方。自分が好きなチームのことだったら分かるけど、それ以外はきっと分かってないというか、22日から25日まで休みだったってことを知らない私なんかもいるもんですから、この際、影響を調べておきますよ。 まず五輪メンバーのJリーガーと今季の成績、それから8月6日までのチームのスケジュールは……えっと、三笘薫が入ってますけど、まだ正式発表前だからってことでね。 町田浩樹(鹿島) 20試合・1800分プレー・4得点 上田綺世(鹿島) 14試合・783分プレー・6得点 7月07日(天皇杯)栃木(カンセキ/3-0) 7月11日(第22節)柏(A) 7月24日(第02節)G大阪戦(A) 鈴木彩艶(浦和) 6試合・540分プレー 酒井宏樹(浦和) 0試合・0分プレー 7月07日(天皇杯)相模原(駒場/1-0) 7月10日(第22節)大分(A) 旗手怜央(川崎F) 16試合・1377分プレー・3得点 三笘薫(川崎F) 20試合・1232分プレー・8得点 7月05日(ACL)UCF(C・2-0) 7月09日(ACL)大邱(C・3-1) 7月11日(ACL)北京FC(C) 7月17日(第18節)清水(A) 7月21日(天皇杯)千葉(フクアリ) 前田大然(横浜FM) 19試合・1478分プレー・10得点 7月10日(第22節)福岡(H) 8月06日(第06節)G大阪(A) 谷晃生(湘南) 19試合・1710分プレー 7月07日(天皇杯)八戸(レモンS・2-1) 7月11日(第22節)FC東京(H) 相馬勇紀(名古屋) 19試合・1050分プレー・2得点 7月07日(ACL)浦項(C・1-1) 7月14日(天皇杯)岡山(名古屋港) 7月17日(第20節)鳥栖(A) 瀬古歩夢(C大阪) 11試合・914分プレー・0得点 7月06日(ACL)広州(C・5-0) 7月09日(ACL)傑志(C・0-0) 7月17日(第20節)神戸(H) 7月21日(第21節)FC東京(H) 7月24日(第22節)鳥栖(A) 8月04日(天皇杯)新潟(ヨドコウ) 大迫敬介(広島) 21試合・1890分プレー 7月11日(第22節)横浜FC(H) 林大地(鳥栖) 20試合・1353分プレー・4得点 7月07日(天皇杯)福岡(駅スタ・1-0) 7月17日(第20節)名古屋(H) 7月24日(第22節)C大阪(H) おっと、こうしてみると何気に名古屋、エグくないですか? というか、名古屋のファンは五輪もACLも天皇杯も楽しめる日程? しかも数日おきに? 的な? これだったら名古屋を追っていけば五輪期間中も国内サッカーのことを忘れずに済みますよ!! ということで、頑張れ名古屋!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.07.10 17:45 Sat
twitterfacebook
thumb

本気か? 五輪出てる場合なのか? てか移籍させちゃってる場合か!? の巻/倉井史也のJリーグ

発表されましたね、五輪代表!! ちなみにワタクシが最も気になっているのは田中碧!! とっくにA代表の中でプレーしていい選手だと思ってるんですけど、え? ブンデスリーガ2部のデュッセルドルフ移籍? そりゃ田中のことですからバッチリ通用するとは思うんですけど、問題は時期!! ブンデスリーガ1部の開幕は8月13日なんですけど、2部はなんと7月23日開幕。ってぇことは、壮行試合の 7月12日vsU-24ホンジュラス(ヨドコウ桜スタジアム) 7月17日vsU-24スペイン(ノエビアスタジアム神戸) っていう2試合はまだいいとして、 7月22日グループA第1戦vs南アフリカ(東京スタジアム) 7月25日グループA第2戦vsメキシコ(埼玉スタジアム2002) 7月28日グループA第3戦vsフランス(横浜国際総合競技場) 7月31日準々決勝(カシマスタジアムまたは横浜国際総合競技場) 8月03日準決勝(カシマスタジアムまたは埼玉スタジアム2002) 8月06日3位決定戦(埼玉スタジアム2002) 8月07日決勝(横浜国際総合競技場) とか、リーグともろかぶりじゃないですか? この際、田中を五輪から外してあげて海外挑戦に専念させたほうが、将来の日本代表にとってはいいと思うんですけどどうなんでしょ? もっと言うと、田中いなくて川崎大丈夫か? 田中が本格的に出場し始めた2019年から川崎のリーグ戦データを調べてみると、 (節:年月日/相手[出場] スコア) 3節:2019年3月10日/vs 横浜FM[○] 2△2 4節:2019年3月17日/vs G大阪[○] 0●1 6節:2019年4月5日/vs C大阪[○] 1△1 8節:2019年4月19日/vs 湘南[○] 2○0 9節:2019年4月28日/vs 神戸[○] 2○1 10節:2019年5月3日/vs 仙台[○] 3○1 17節:2019年6月30日/vs 磐田[○] 3○1 18節:2019年7月7日/vs 鳥栖[○] 0△0 19節:2019年7月14日/vs FC東京[○] 3○0 21節:2019年8月4日/vs 松本[○] 0△0 22節:2019年8月10日/vs 名古屋[○] 0●3 23節:2019年8月17日/vs 仙台[○] 2△2 28節:2019年10月6日/vs 湘南[○] 5○0 30節:2019年11月2日/vs 広島[○①] 2○1 32節:2019年11月5日/vs 浦和[○] 2○0 31節:2019年11月9日/vs 鹿島[○] 2○0 33節:2019年11月30日/vs 横浜FM[○] 1●4 34節:2019年12月7日/vs 札幌[○] 2○1 1節:2020年2月22日/vs 鳥栖[○] 0△0 2節:2020年7月4日/vs 鹿島[○] 2○1 3節:2020年7月8日/vs FC東京[○C] 4○0 5節:2020年7月18日/vs 横浜FC[○] 5○1 6節:2020年7月22日/vs 仙台[○] 3○2 8節:2020年8月1日/vs G大阪[○] 1○0 9節:2020年8月8日/vs 大分[○] 2○0 11節:2020年8月19日/vs C大阪[○] 5○2 19節:2020年9月27日/vs 湘南[○] 1○0 21節:2020年10月10日/vs 仙台[○] 1○0 22節:2020年10月14日/vs 広島[○] 2○0 23節:2020年10月18日/vs 名古屋[○] 3○0 25節:2020年10月31日/vs FC東京[○] 2○1 27節:2020年11月14日/vs 鹿島[○] 1△1 31節:2020年12月5日/vs 清水[○①] 2△2 34節:2020年12月19日/vs 柏[○] 3○2 1節:2021年2月26日/vs 横浜FM[○] 2○0 11節:2021年3月3日/vs C大阪[○] 3○2 3節:2021年3月10日/vs 徳島[○] 2○0 4節:2021年3月13日/vs 柏[○] 1○0 5節:2021年3月17日/vs 神戸[○C] 1△1 8節:2021年4月7日/vs 鳥栖[○C] 1○0 19節:2021年4月14日/vs 福岡[○] 3○1 10節:2021年4月18日/vs 広島[○] 1△1 12節:2021年5月4日/vs 名古屋[○] 3○2 13節:2021年5月8日/vs G大阪[○] 2○0 15節:2021年5月22日/vs 横浜FC[○①] 3○1 16節:2021年5月26日/vs 湘南[○] 1△1 17節:2021年5月30日/vs 鹿島[○] 2○1 5節:2019年3月31日/vs 松本[▽89] 2○0 12節:2019年5月17日/vs 名古屋[▽55] 1△1 20節:2019年7月27日/vs 大分[▽66] 3○1 27節:2019年9月28日/vs 神戸[▽75] 1●2 24節:2020年8月26日/vs 神戸[▽66] 2△2 16節:2020年9月13日/vs 広島[▽89②] 5○1 18節:2020年9月23日/vs 横浜FC[▽84①] 3○2 20節:2020年10月3日/vs C大阪[▽73] 3○1 30節:2020年11月18日/vs 横浜FM[▽45] 3○1 29節:2020年11月25日/vs G大阪[▽89] 5○0 32節:2020年12月12日/vs 鳥栖[▽89] 1△1 2節:2021年3月6日/vs 仙台[▽89] 5○1 6節:2021年3月21日/vs 浦和[▽73] 5○0 9節:2021年4月11日/vs FC東京[▽89] 4○2 22節:2021年4月29日/vs 名古屋[▽89] 4○0 20節:2021年5月12日/vs 仙台[▽78] 2△2 7節:2019年4月14日/vs 鳥栖[▲17] 1○0 29節:2019年10月19日/vs G大阪[▲45] 2△2 7節:2020年7月26日/vs 湘南[▲5①] 3○1 10節:2020年8月15日/vs 札幌[▲45] 6○1 12節:2020年8月23日/vs 名古屋[▲20] 0●1 14節:2020年9月5日/vs 横浜FM[▲1] 3○1 17節:2020年9月20日/vs 浦和[▲46] 3○0 26節:2020年11月3日/vs 札幌[▲45] 0●2 28節:2020年11月21日/vs 大分[▲45] 0●1 33節:2020年12月16日/vs 浦和[▲2] 3○1 7節:2021年4月3日/vs 大分[▲18] 2○0 14節:2021年5月16日/vs 札幌[▲45] 2○0 1節:2019年2月23日/vs FC東京[SUB] 0△0 2節:2019年3月1日/vs 鹿島[SUB] 1△1 11節:2019年5月12日/vs 清水[SUB] 4○0 13節:2019年5月26日/vs 大分[SUB] 1○0 16節:2019年7月31日/vs 広島[SUB] 2●3 25節:2019年9月1日/vs C大阪[SUB] 1●2 26節:2019年9月14日/vs 磐田[SUB] 2○0 4節:2020年7月11日/vs 柏[SUB] 3○1 13節:2020年8月29日/vs 清水[SUB] 5○0 15節:2020年9月9日/vs 神戸[SUB] 3○2 14節:2019年6月1日/vs 浦和[-] 1△1 15節:2019年6月14日/vs 札幌[-] 1△1 24節:2019年8月24日/vs 清水[-] 2△2 21節:2021年6月2日/vs 横浜FC[-] 2○0 いやいや、確かに川崎強いんだけど、田中フル出場の試合で3試合しか負けてないとかどういうこと? むむむ、これは他のチームに取ってみるとチャンス広がるかも。川崎がACLに行ってる間に差を縮めておいて……。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】<br/>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2021.06.26 12:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly