SARSで揺れた2003年のサッカー界/六川亨の日本サッカーの歩み

2020.02.04 17:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
「Meeting on AFC Champions League Group Stage matches to be held」このタイトルのメールが届いたのは2月2日のこと。内容を簡単に紹介すると、「AFC(アジアサッカー連盟)は2日、今シーズンのACL東アジアゾーンについて、4日にマレーシアのクアラルンプールにあるAFC本部で緊急会議を行う。ACLに参加している東アジアゾーンの全ての主要な利害関係者(各サッカー協会、リーグ、クラブおよび代理店)を招集する。議題は、中国を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスについて」ということだ。

現在までのところ、その後どうなったのかAFCからアナウンスはないが、日に日に拡大する新型コロナウイルスは2003年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)による死者349人を上回り361人に膨れ上がった。感染者の数も依然として増え続けている。


そのACLには日本から横浜FMと神戸、FC東京の3チームが出場し、中国は上海申花、広州恒大、上海上港に加えて北京国安の4チームが本戦出場を決めている。さらにオーストラリアからはプレーオフで鹿島を下したメルボルン・ビクトリー、パース・グローリー、シドニーFCの3チームが出場するが、オーストラリア政府は2月1日、中国からの入国禁止を発表したため、中国チームの入国と試合開催が不可能になった。

果たしてAFCはどのような決断を下すのか注目したいが、03年の際は日本のサッカー界も揺れに揺れたので簡単に紹介しよう。

この年はSARSの流行だけでなく、イラクの保有する大量破壊兵器の破壊と武装解除のため、アメリカ、イギリス、オーストラリアの有志連合がいつイラクに侵攻するか緊張が高まっていた。行くべきか辞退するべきかで、JFA(日本サッカー協会)の発表も2転3転しながら迎えた3月17日、アメリカ遠征を実施すると決断し、遠征メンバーも発表された。

ところが3日後の20日、アメリカがイラクへの攻撃を開始。すると翌21日、JFAは「選手、スタッフ、サポーターをはじめ、この遠征に関わる全ての関係者の安全を第一に考えて」アメリカ遠征の中止を決定した。

6月には日本で第1回の東アジアサッカー選手権(現E-1選手権)の開催が決まっていたが、SARSの影響で12月に延期された(このため海外組を呼べず、国内組を中心に参加)。

3月にUAEで開催されるU-20W杯も11月末から12月上旬に日程を変更。アテネ五輪の出場を目指すU-22日本代表のアジア最終予選は翌年に延期された。

なでしこジャパンではアジア女子選手権大会が6月に延期され、さらに今大会は女子W杯のアジア予選も兼ねていたが、中国での開催からアメリカへと変更された(9月24日~10月11日)。

ざっと代表チームのスケジュールをメインに紹介したが、日本代表の親善試合の相手もコロコロ変わった記憶がある。それだけ慌ただしい1年だったわけだが、SARSを上回る新型コロナウイルスの拡大は、さらなる日程の変更を迫るかもしれない。とりわけ大きいのは7月22日に開幕(男女サッカー)する東京五輪への影響だろう。無事に開幕して世界各国からアスリートとファンを迎えることができるのか。1日も早い新型コロナウイルスの終息を祈らずにはいられない。
【文・六川亨】
1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。
関連ニュース
thumb

長谷川健太監督の意外な采配/六川亨の日本サッカーの歩み

2018年に長谷川健太氏を監督に迎えたFC東京は、翌19年に悲願のリーグ初優勝にまい進していた。残念ながら終盤の失速で横浜FMに優勝を譲ってしまったが、昨シーズンも優勝が期待された。 「ファスト・ブレイク」――前線からの守備によるショートカウンターを武器に、永井とディエゴ・オリベイラの2トップは多少アバウトなロングパスでもマイボールにしてくれる機動力があった。 それまで天敵だったアウェーの浦和戦では、20年9月30日の試合で1-0の勝利を収めた。実に17年ぶりに“鬼門”だった埼玉スタジアムで勝利したのだ。さらに、どのチームにとっても勝つのが難しいカシマスタジアムでも18年に勝利するなど、3シーズンで3勝1分け2敗と勝ち越している。 その一方で、苦手としているのが鳥栖戦だ。とくに昨シーズンはホームで2-3と競り負けると、アウェーでは0-3と完敗。「今日はすべての面で鳥栖が上回った。完敗です」と潔く敗北を認めた。シーズン途中には室屋に続き橋本も海外へ移籍するなどの戦力ダウンに加え、東京五輪の影響から夏場にアウェーの連戦が続くなど、6位と不本意な順位で終えた。 そして迎えた今シーズンの鳥栖戦も、前半に左サイドの攻撃から2失点し、1-2と4連敗を喫した。 鳥栖は左サイドの仙頭と小屋松の京都橘高コンビがFC東京の右SB岡崎とCB渡辺剛にプレスを掛けてビルドアップを封じると、奪ったボールを素早く右サイドに展開して2点を奪った。FC東京の左SB小川とFWアダイウトンはストロングポイントではあるが、小川の攻撃参加によって生まれたスペースを鳥栖は利用した。 そこで長谷川監督が取った采配は、ハーフタイムに岡崎に代え内田、渡辺剛に代えて青木という選択だった。本来、内田はドリブル突破を得意とする攻撃的な選手である。中村帆高が負傷により長期離脱中とはいえ、彼を右SBに起用したことは、守備よりも攻撃を優先するという指揮官からのメッセージだろう。 そしてケガをしたようにも見えない渡辺剛を下げてボランチの青木を起用し、アンカーの森重を右CBに戻した。このコンバートについて森重は「ビルドアップするため、センターバックからのフィードで1枚剥がしたりするとか。前半はスムーズにやれていなかった。落ち着いて回せれば攻撃の時間は増えるかなと意識した」と理由を語った。 反撃するために攻撃的な選手を増やすのは素人目にもわかりやすい。しかし長谷川監督はまず自陣からのビルドアップを優先する一手を打った(その後は三田やレアンドロ、田川ら攻撃的な選手を投入)。確かに渡辺剛はプレスを受けると近くにいる岡崎にボールを預けることが多かった。時折ロングパスを試みるが、その精度は森重とは比べようがない。そこで森重をCBに戻すことでDF陣からのビルドアップを優先した。 この起用を見て思い出したのが、長谷川監督が就任した18年の試合だった。サイドMFでのプレーが多く、「シュートよりもクロスの意識が強かった」(長谷川監督)という永井を2トップで起用し、「シュートで終われ」とアドバイスすることでFW永井を再生した。 そして劣勢になると長身FW前田遼一を起用してパワープレーに出た。その際に、左SB太田に代えて21歳の小川をピッチに送ることが多かった。その理由を聞くと、「太田のクロスはニアの壁を越えていない」というものだった。 確かに試合開始から上下動を繰り返し、セットプレーキッカーも務めれば、蓄積された疲労もかなりのものになるだろう。試合終盤は曲がって落ちるクロスの精度が落ちるのも当然だ。そこで長谷川監督はサイドからのキッカーも交代させたのだ。 似たような話はヨハン・クライフ監督がバルセロナ時代にフリオ・サリーナスを交代で起用するときは、クロスの精度の高いサイドアタッカーも同時に投入すると聞いたことがある。サリーナスに質の高いクロスを供給できなければ、彼を投入した意味がないからだ。 森重をCBに戻したことで後半はFC東京もゲームを支配する。8分にその森重が左CKからヘッドで1点を返すと、その後も永井や小川、さらにアディショナルタイムにはレアンドロが決定的なシュートを放つ。いずれもGK朴一圭のスーパーセーブに阻まれて同点に追いつけなかったが、選手交代の効果はあった長谷川監督の采配だった。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.27 20:50 Tue
twitterfacebook
thumb

東京V永井監督のコメント力。FC東京はミスから自滅/六川亨の日本サッカーの歩み

先週末の10日は久しぶりにJ2リーグの東京V対山口戦を取材した。昨シーズンまで山口の監督を務めた霜田氏(元JFA技術委員長)は、古くからの知人である。このため山口の監督に就任以来、機会があれば試合を見に行くようにしていた。 ただし昨シーズンも、この日の対戦相手である東京Vの永井監督が「非常にボールを大事にして、(ボールを)保持しながらいいサッカーをやられている。監督が代わっても同じ方向性の素晴らしいチーム」と言ったように、ポゼッションにこだわっていた。そして、そこを対戦相手に狙われてもいた。 DF陣でのパス交換からボランチを経由してサイドに展開しようとしても、ボランチが狙われてボールを失いショートカウンターを食らったり、DF陣がプレスを受けてミスから失点したりしていた。 しかし東京V戦ではベテランCB菊地が今シーズン初スタメンを飾り、柏や仙台、神戸でプレーした渡部とコンビを組んだことで、ピンチとみるや無理してパスをつながずロングキックで逃げるなどリスク管理を優先していた。 それでも東京Vの両サイドハーフの攻め上がりによる素早い攻撃を防ぎきれず、1-3の逆転負け。渡邉監督も「内容もフラストレーションのたまる試合で申し訳ない」とファン・サポーターに謝っていた。 一方、勝った東京Vで興味深かったのが、永井監督の次のコメントだ。誰かに質問されたのではなく、会見の最後の方で自ら発言した。 「あえて反省と言うと、後半に3対1で山下が運んで行って、最終的に山下がシュートを打った。我々の目的は崩すのではなく、最終的にはゴール。もう1度真剣に考えたい。今後につなげるためにも大事なプレーだった」 問題のシーンは後半36分、山口陣内でCB菊地にFW佐藤凌とFW山下がプレスをかけてボールを奪い、山下がドリブルで突進してGKと1対1からシュートを放った場面だ。シュートはゴールの枠を捕らえることができず、右上に大きく外れた。 ドリブルで突進する山下の右側にはプレスをかけた佐藤凌と、後半から出場したMF石浦の2人がフリーでいたため、山下はGKを引きつけてから2人にパスを出すという選択肢もあった。その際に注意するのはオフサイドだけ。そうすればダメ押しの4点目を奪うことができた。 もしも山下がシュートを決めていれば、永井監督もあえて指摘しなかっただろう。それでも3-1と快勝しながら、決定的な1プレーにこだわった。 かつて日本代表の監督を務めていた岡田武史氏は「勝負の神様は細部に宿る」と言ったことがある。永井監督も、勝敗はもちろんのこと、1プレー1プレーのディテールにこだわるタイプの“勝負師"かもしれない。 そして翌日のJ1リーグでは、首位の川崎FがFC東京を4-2と退けた。堅守速攻を武器にするFC東京なら、破壊的な攻撃力を誇る川崎Fに一矢報いることはできるのではないか。ディエゴ・オリベイラとアダイウトンならゴールをこじ開けられるのではないかと期待したが、残念ながら開始早々のミスによる失点でFC東京は大敗した。 FC東京はCB渡辺剛が札幌戦でのレッドカードから出場停止。右SBの中村帆高も負傷と台所事情の苦しさはあった。このためアンカーで存在感を発揮していた森重をCBに下げ、ボランチに青木と安部を置き、永井を今シーズン初スタメンに起用する4-4-2を採用した。この2トップは優勝争いを演じた一昨シーズンの布陣である。 しかし永井は肩の負傷から当時の輝きを取り戻してはいないし、移籍したばかりの青木と、夜の会食が発覚して謹慎処分の解けた安部(前節の札幌戦ではイージーなパスミスが目立った)のコンビは、やはり急造の感は否めなかった。せめてもの救いは今シーズン出番の少ない高萩のクロスから内田がJ1初ゴールを決めたこと。 それにしても、川崎Fの強さは別格と感じないではいられない。5月2日は現在2位の名古屋と対戦するが、この1戦の勝敗にかかわらず独走の予感が早くも漂っている。あまりにも強すぎるチームの出現は、個人的にはリーグをつまらなくすると思っている。 そういう意味では圧倒的な強さを誇るバイエルンやパリSG、ユベントス(今シーズンは例外)などヨーロッパのリーグに近い存在になりつつあるのかもしれない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.12 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーグは抗原検査の実施を承認/六川亨の日本サッカーの歩み

先週末の4月3日と4日、J1リーグは久しぶりに9試合を実施した。新型コロナの影響でクラスターの発生したG大阪は6試合が中止となっていたが、3日の第7節は開幕戦以来となるアウェーの広島戦に臨み結果は0-0のドローに終わったものの35日ぶりに試合ができた。待ち望んだ試合ができたことで、選手はもちろんチーム関係者も胸をなで下ろしたことだろう。 しかしながら最近も浦和やC大阪、福岡、岐阜に感染者が出るなど新型コロナの脅威は変わらない。そうした状況で4月5日に第29回となるJリーグとNPB(日本野球機構)と専門家による対策連絡会議が開催された。 会見の冒頭で挨拶に立った村井チェアマンがG大阪の感染者のゲノム解析を行った結果、感染源はバスの車中ではなく、ロッカーの可能性が高いことを報告した。 賀来満夫ドクター(東北医科薬科大学)によると、バスの車中での会話や狭いトイレは感染の危険が高いものの、G大阪の陽性の選手5名のゲノムを解析したところ、感染経路の調査によりウイルスの種類が違うことが判明。試合後のロッカーでの会話が感染経路となった可能性が高いと報告した。 試合後、勝ったチームの選手はつい大声を出してしまうかもしれないし、距離も近くなってしまう可能性がある。このため愛知医科大学の三鴨廣繁ドクターも「ロッカー内での会話でもマスクが必要ということ」と警鐘を鳴らした。 G大阪に関しては、6日に開催されたJリーグの実行委員会後、中止となった6試合の新たな開催日程が発表された。第11節のアウェー名古屋戦(3月3日開催予定)は4月22日で、その後の第2節から6節の5試合は7月24日、27日、30日と8月3日、6日の東京五輪期間中に開催される(J1リーグは7月11日の第22節終了後、8月9日まで試合はない)。 いくらナイトゲームとはいえ、夏場の暑い時期に中2日(1試合だけ中3日)の連戦が5試合も続くかなりハードな日程となっている。しかし試合を開催できなければ0-3の負けという『みなし開催』のルールがあるだけに、チーム一丸となって乗り切るしかないだろう。 5日の対策連絡会議では、プロ野球のヤクルトが出入り業者から選手が感染した事例も報告され、今後は出入り業者に加えてマッサーなどもPCR検査の実施や体温表の提出などを義務づけた方がいいというアドバイスもあった。 そしてJリーグは独自に『オンサイト検査(抗原検査)』を実施することを発表。ただし詳細は6日の実行委員会で説明してからということで、5日の対策連絡会議では具体的な話はなかった。なお、オンサイト検査はJリーグだけが実施予定で、NPBは従来通り月1回のPCR検査で対応する体制に変わりはない。 そのオンサイト検査である。村井チェアマンは「変異株が増えて感染力が増している。従前以上に厳しくする環境にある。機動的な対応が望まれている。専門家の意見を踏まえて今回の判断に踏み切った」と危機感を強めていた。 具体的には、『3名以上の陽性反応者か判定保留者』、あるいは『5名以上の濃厚接触と濃厚接触疑い者』が出たら実施する。検査は試合のキックオフ3時間30分前に、鼻咽頭と鼻腔から献体を採取し、15分ほどの判定時間の結果、陰性になったら試合出場が可能になるというシステムだ。 この抗原検査は『疑陽性』の可能性があるものの、PCR検査での陽性と陰性の全体の一致率は97・8%とかなり高い精度を誇っている。現在は自主隔離中の新規外国人選手も毎日の抗原検査と3日に1回のPCR検査を受けているが、肉体的にも精神的にも負担にはなっていないそうだ。ネックは1回2万円ほどかかる費用負担だが、安心・安全なリーグ戦を実施するためには仕方のないところ。 実施は「詳細な規約を作ってから」ということだが、それほど規約作りに時間はかからないだろう。 6日の実行委員会では、宮城県、大阪府、兵庫県に出された『まん延防止等重点措置区域』によりガイドラインを改定したことも報告された。すでに観客数について発表しているクラブもあるが、5000人か50%の少ない方で、ビジター席の設置は当該チームと対戦相手の自治体の見解を確認するか協議して有無を決める。キックオフ時間とアルコール販売は自治体の要請に準拠することとなっている。 緊急事態宣言が解除されたものの、第4波の到来も予想されるだけに、賀来氏と三鴨氏の両ドクターは、体調不良だったらスタジアム行きを諦めることと、試合後はどこにも寄らずに自宅へ帰ることを推奨していた。 余談ではあるが、実行委員会では現在15チームが参加しているJ3リーグが、将来20チームになったらJリーグ全体で60チームになる。その後はJFL(日本フットボールリーグ)との入替え戦の実施を、検討するかどうかの検討を始めた。そして木村専務は新聞等に出ていた「スパーリーグの構想は一切ない!」と断言した。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.04.06 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンとモンゴル戦でのゴールラッシュの要因/六川亨の日本サッカーの歩み

3月29日、U-24日本は親善試合でU-24アルゼンチンを3-0と撃破。翌30日は日本が22年カタールW杯アジア2次予選で、モンゴルを14-0の記録的大差で圧勝した。 新型コロナの影響で、海外から呼べない選手もいた。それでも日本代表では山根、守田、稲垣、古橋が代表初ゴールを決めるなど収穫があった。 そしてU-24日本である。3月26日のアルゼンチンとの第1戦は0-1で敗れたが、しっかりと反省点を修正するリカバリー能力の高さを見せた。1対1の球際での競り合い、いわゆるフィジカルコンタクトで互角に渡りあったのだ。 ともすれば目前のボールに先にコンタクトしたくなるところ、相手が寄せて来ている(体をぶつけに来ている)ことを察知して、ボールにアプローチしつつ自分から体をぶつけに行くことで互角の勝負に持ち込んだ。ボールを失えば奪いに行くのは当然の責任だし、FWもプレスバックで味方をフォローした。 アルゼンチンがスピードのあるレフティーのフェルナンド・バレンスエラ(背番号7)と、ドリブラーのマティアス・バルガス(背番号10)をベンチスタートにしたのにも助けられたが、日本は町田と瀬古のCBコンビが第1戦で決勝点を決めた192センチの長身FWアドルフォ・ガイチを完封。相手にほとんど決定機を作らせず完勝した。 だからと言って、東京五輪で「金メダルが獲得できる」と断言はできない。しかし、「可能性がないわけではないよね」と言えるくらいまでにはなった。 これが1年前なら、まず間違いなく「絶対に無理!」と言っていただろう。なにしろ昨年1月にタイで開催されたAFC U-23選手権では、2連敗であっけなくグループステージでの敗退(1分2敗)を目の当たりにしていたからだ。 東京五輪のアジア予選を兼ねていたため、他チームは完成度が高い。それに比べて日本は、いま思い返すと代表メンバーすら固まっていなかった。いくら地元開催とはいえ、メダルなんて口にすること自体おこがましいと思っていた。ところが……。 新型コロナは忌むべき人類の敵だが、東京五輪の延期はU-24日本にとって「プラスに作用した」と小声で囁きたい。それほどアルゼンチン戦のパフォーマンスは素晴らしく、チームの完成度も高まっていた。OA枠も含めて、選手選考は熾烈を極めるに違いない。 そしてA代表である。モンゴル戦は5-0で終えた前半から、もしかしたら二桁得点の可能性があるかもしれないと思った。なぜなら前回対戦した19年10月10日の試合でも、前半を4-0とリードして終了し、後半も猛攻を仕掛けたからだ。 遠藤と鎌田が代表初ゴールを決めた試合でもあり、吉田が「決めきるところで決めていれば8-0にはできたんじゃないかと思います」と振り返ったものの、結果的に後半は7度の決定機のうち2回しか決められず試合は6-0で終了した。このためチャンスを確実に決められれば二桁得点は不可能ではないと思った。 そしてフクアリでの試合は後半の20分過ぎから日本のゴールラッシュが始まり、伊東のこの試合2ゴール目で日本は二桁得点を記録。しかし、日本の猛攻はここで終わらなかった。 もしも森保監督がメンバー交代をせずにレギュラー組で戦っていたら、選手は負傷を避けるため無理はしなかったかもしれない。ワンタッチ、ツータッチでパスをつないで時間を稼ぐなど、負傷の可能性がある相手ゴール前でのプレーは避けただろう。 しかし指揮官は積極的に交代カードを使った。そして起用された国内組の選手は、年齢的に代表入りをアピールする数少ない機会のため貪欲にゴールを狙った。その結果、残り5分からアディショナルタイムでの6分間で4ゴールを奪い、W杯予選における最多ゴールを記録した。 モンゴルとは明らかに実力差がある。それを差し引いても後半に起用された選手は、肩の力を抜けたプレーをしつつ結果でアピールしたのはさすがだった。国内組が意地を見せたモンゴル戦の完勝劇。これも3月にインターナショナルマッチを開催した収穫と言える。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.31 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

U-24日本代表は覚醒した田川に期待したい/六川亨の日本サッカーの歩み

いよいよ今日からサムライブルーとU-24日本代表のキャンプがスタートした。 といったところで、堂安律は脳しんとうで代表を辞退し、週末のJリーグでも日本代表初選出の原川力(鳥栖)と坂元達裕(C大阪)が負傷のため辞退を余儀なくされたのは残念だった。 そして、さらに残念だったのが、今シーズンは第2節の広島戦で2ゴールを決めると、その後は4試合連続得点で得点ランクのトップに立つ前田大然(横浜FM)が、17日の徳島戦で負傷し65分に交代したことだ。 19日のU-24日本代表のメンバー発表の際に横内昭展監督は、前田を招集しない理由について「今朝の段階でいろいろな情報を集めて判断している。それ以上は個人のことになるのでケガかどうかも含めノーコメント」と明言を避けたが、その後精密検査の結果、左外閉鎖筋肉離れおよび両側腸腰筋肉離れで全治 2~3週間と発表された。 昨シーズンの前田は23試合に出場したものの3得点にとどまっていた。それが今シーズンはすでに6ゴール。このままいけばJ2水戸時代の二桁得点(13ゴール)の更新は間違いない。 ストライカーとして覚醒している最中だけに、U-24アルゼンチン代表との試合も楽しみにしていただけに残念でならない。 というのも、今回招集された田川亨介(FC東京)も今シーズンはストライカーとして覚醒しつつあるからだ。昨シーズンはケガなどもあり21試合出場で2ゴールと不完全燃焼だった。 それが今シーズンはすでに3ゴール。しかも、その3得点とも0-1のビハインドから1-1のタイスコアに戻して逆転勝利につなげる貴重なゴールだ。 21日の仙台戦は森重真人とのパス交換からドリブルで突進し、強烈な左足ミドルを右ポストぎりぎりにたたき込んだ。 スピードがあり、フィジカルコンタクトに強く、さらに豊富な走力でプレスバックから守備でも貢献する。そんな田川と前田の2トップなら、いやが上にも期待は高まる。さらに右MFに久保建英(ヘタフェ)、左MFに三笘薫(川崎F)を配置する4-4-2ならどんなサッカーを演じるのか、ワクワク感が高まるのは間違いない。 そんな好調を維持している2人にはある共通項があった。 前田は自身の好調について「勝手に体が動くのは乗っているから。楽しくサッカーがやれている」と話していた。田川は仙台戦でのゴールについて「ドリブルで自分で運んでいって(左足を)振り切ろうと考えて、あとはフカさないようインパクトの瞬間に力を入れた。あまり足に当たった感覚がなくて、まれに見るいいシュートだった」と振り返った。 2人とも、いわゆる『ゾーンに入っている』状態だったのだろう。 田川が「足に当たった感覚がない」のは、スイートスポットでボールの芯をミートしたからで、そう何度も蹴れるシュートではない。 昨年末のU-24日本代表のキャンプには前田と上田綺世(鹿島)、浅野雄也(広島)が招集され、田川はメンバー外だった。 今回のアルゼンチン戦は、田川にとって東京五輪への試金石になる。ここで結果を残せば7月の試合に再度呼ばれるだろうし、メンバー入りにも大きく近づくはずだ。前田は負傷が癒えたらJリーグで結果を残すことが生き残りへの条件になる。そして負傷で出遅れていた上田も、21日の名古屋戦では途中出場からドリブル突破で「違い」を見せた。 この3人が高いレベルで競い合えば、東京五輪でFW陣にオーバーエイジを使う必要はなくなるかもしれない。それでも五輪は18名という人数制限から、FWの登録枠は2人になるケースが多い。誰か1人はバックアップに回るというシビアな戦いだ。 それでも田川と前田の覚醒は、U-24日本代表はもちろんサムライブルーにとっても好材料なのは間違いない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.03.23 11:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly