【2022年カタールへ期待の選手㊳】AFC U-23選手権の数少ない希望。ゴールとアシストという結果で五輪本番を引き寄せる!/相馬勇紀(名古屋グランパス/MF)

2020.01.23 16:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
サウジアラビアとシリアに敗れ、ラストのカタールにも1-1で引き分けるのが精一杯だったAFC U-23選手権(タイ)のU-23日本代表。1次リーグ最下位という惨敗によって森保一監督の去就問題も浮上する中、3試合を通して最も気がかりだったのが、ゴール前をガムシャラにこじ開けようとするアグレッシブさが若い世代から見られないことだった。

引いて守る相手に対し、岡崎慎(清水)や渡辺剛(FC東京)らがゆっくりとボールを回すだけ。旗手怜央(順天堂大)や上田綺世(鹿島)ら攻撃陣には攻めの厚みが感じられない。前線の中で仕掛けの姿勢を押し出していたのは、唯一の海外組である食野亮太郎(ハーツ)くらい。その食野も3戦連続スタメンで最後の方は足が動かなかった。

停滞感が否めないチームで、数少ない希望になったのが、2戦目のシリア戦からスタメンで左ウイングバックに陣取った相馬勇紀(名古屋)だった。彼の積極的なドリブル突破と局面打開が膠着状態を打ち破るカギになっていたのは間違いない。最終的に負けてしまったものの、シリア戦で強引に決めた同点弾にも卓越した個人能力が色濃く出ていた。このゴールがなかったら、日本のムードはもっと早く敗退へと傾き、3戦連敗していた可能性もあっただろう。

昨年末のEAFF E-1選手権(釜山)でも、小柄なドリブラーは積極果敢なドリブル突破で日本に数多くのチャンスをもたらしていた。
「ずっとケガをしていて、鹿島でもプレーできていなかったんで、代表に呼ばれた時は『なんで呼ばれてるんだ』と思われたところはあったと思います。でもプレーで応えるのが選手。やっぱり大事なのは、最後の大きな大会で活躍できる実力をつけていること。誰が見ても『呼ばなきゃダメ』って見られるくらいの実力が必要だと思いながらやってます」

彼は自らに言い聞かせるようにこうコメントしていたが、「トゥーロン国際トーナメント以来の代表のチャンスを是が非でもモノにしてやろう」という意欲をみなぎらせていたのは確かだ。その姿勢でサバイバルに打ち勝ち、AFC U-23選手権の舞台に立てたのだから、千載一遇の好機をムダにしたくないという思いは強かったはずだ。

国内組の誰もがそう考えていたはずだが、実際、ピッチで堂々と表現したのは相馬ら何人かだけだった。この強靭なメンタルは評価に値する。森保監督も続投するならば、世界と強気で戦える人間を重視して五輪本大会メンバーを選ぶべきだ。

サイド要員にはE-1とAFC U-23選手権でフル稼働した橋岡大樹(浦和)、今季から鹿島へ新天地を求めた杉岡大暉ら何人かライバルがいるが、相馬が生き残ろうと思うなら、半年ぶりに復帰する名古屋で圧倒的な活躍を見せなければならない。

風間八宏監督体制だった昨季前半は16試合出場1ゴールにとどまり、出場機会を増やすために鹿島へのレンタル移籍に踏み切った。が、常勝軍団の一員になってからはケガもがなり、5試合出場1得点と思惑通りのパフォーマンスを示せなかった。だからこそ、今季の名古屋での出来が非常に重要になってくるのだ。昨季途中から指揮を執るマッシモ・フィッカデンディ監督は相馬のような個の力がある選手を重用する可能性が高いだけに、今季は期待が高まってくる。

「ここからが本当の勝負。一番目に見えるのは数字。数字がチームの勝利に直結する」と本人も合流した名古屋で語ったというが、この半年間は持てる力の全てを注いで、アシストやゴールという結果を残さなければならない。それが五輪出場はもちろんのこと、近未来のA代表入り、海外移籍という夢につながっていくはずだ。

「僕にアシストだったり、得点だったりっていう結果がついてこなかったのが世界の選手と僕の差。クロスを6回上げたら6回点が入るくらい点で合わせるような精度に引き上げていかなければいけない」とE-1選手権の時も話していたが、彼の見据える世界はより広くハイレベルだ。そこで戦い抜いていくだけのスピード、ドリブル技術、シュート精度、クロスの質というものを身に着けてこそ、厳しい競争を勝ち残っていける。今季の名古屋でそこまでのレベルに自らを高められるか否か…。そこは大いに注目すべき点だ。

「半年終わって帰ってきた時、2回りくらい逞しくなった姿になって帰ってこれるように頑張りたいと思います」

昨年8月に鹿島に赴く際、相馬はこう強調した。その言葉通り、12月と1月の代表活動を通して一回り大きくなった姿を示した。その勢いをさらに加速させて、有言実行を果たし、半年後の大舞台を勝ち取る……。そんな最高のシナリオを現実にしてほしい。

【文・元川悦子】
長野県松本市生まれ。千葉大学卒業後、夕刊紙記者などを経て、94年からフリーのサッカーライターとなる。Jリーグ、日本代表、海外まで幅広くフォローし、日本代表は特に精力的な取材を行い、アウェイでもほぼ毎試合足を運んでいる。積極的な選手とのコミュニケーションを活かして、選手の生の声を伝える。
コメント