監督交代が吉と出るか? バルサのDNAを受け継ぐ、逸材リキ・プッチの可能性

2020.01.22 22:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナと言えば、チャビ・エルナンデス(現アル・サッド監督)、アンドレス・イニエスタ(現ヴィッセル神戸)、そしてリオネル・メッシら、同クラブの育成組織“ラ・マシア"から数々の名選手を生み出したことで知られているが、“ラ・マシア"からの次なるビッグスター候補としてファンから期待されているのが、20歳の逸材と称されるリキ・プッチだ。

2018年12月に19歳の若さでトップチームデビューを飾るも、バルセロナの前監督、エルネスト・バルベルデの下ではリーグ戦2試合出場に留まったリキ・プッチ。しかし、新たに就任したキケ・セティエン監督の下では、トップチーム定着の大きなチャンスを手にする可能性がある。

セティエン監督の初陣となった19日のグラナダ戦では、ゴールレスで迎えた71分に投入。これがトップチームでの今シーズン公式戦初出場となった。敵陣深くでボールを奪取したプレーは、最終的にメッシの決勝点に繋がり、トップチームでも違いを生み出せることをいきなり見せつけた。

地元・カタルーニャのマタデペーラで生まれたリキ・プッチは、2013年に13歳でバルセロナの下部組織に入団。父である、カルレス・プッチ氏もバルセロナのローカルクラブで、現在は4部リーグに所属するタラサFCで左サイドバックとして長年プレーしており、幼い頃からフットボールに触れて育った。

順調にバルセロナのカンテラで結果を残したリキ・プッチは、2018年にバルセロナBのU-23 UEFAユースリーグ優勝に中心選手として貢献。その活躍もあり、同年の12月のコパ・デル・レイ、クルトゥアル・レオネッサ戦でトップチームデビューを果たすと、2019年にはクラブの最優秀若手選手に選出されるなど、才能が花開いている。

昨シーズンにはクラブと3年間のプロ契約を締結したリキ・プッチだが、その契約解除条項の金額が100万ユーロ(約122億円)に設定されていることからも、クラブの期待の高さがうかがえる。

中盤の3枚において、左インテリオールでのプレーを得意とするリキ・プッチは、自らの憧れの選手であり、同じ“ラ・マシア"出身のレジェンドでもある、アンドレス・イニエスタを彷彿とさせるエレガントなプレースタイルが特徴だ。

抜群のパスセンスと、状況把握能力に優れており、まさにバルセロナの選手といったタイプの選手。今シーズンのバルセロナBでは17試合で2ゴール3アシストを記録しており、パス成功率90.2%とドリブル成功率100%という驚異的なパフォーマンスを見せている。

現役時代にアヤックスやバルセロナで活躍したクラブのレジェンドで、現在は“ラ・マシア"の責任者を務めるパトリック・クライファート氏は「(カルレス)アレーニャが去ったことで空いたトップチームの席はリキ・プッチが掴むことになるだろう」と、彼のトップチームへの定着を予想。また、2018年にプレシーズンフレンドリーでACミランと対戦した際には、当時のACミラン監督で現ナポリ監督のジェンナーロ・ガットゥーゾ氏も「リキは圧巻だった。彼のことはしばらく前から聞いていたが、バルセロナの下部組織が羨ましいよ」とコメントしていた。

また、同じくミランのレジェンドであるダニエレ・マッサーロ氏も「彼のプレーには意図を感じるし、常に顔を上げてプレーしている。“ニュー・イニエスタ"を見ているのかもしれない」と絶賛するなど、彼の才能にはクラブ内外のレジェンドたちが賛辞を送っている。

実際に2019年にはジャパンツアーにも参加。ピッチ上では切れ味鋭いドリブルを披露し、日本のバルサファンを驚かせるプレーを見せ、多くの注目を集めて居た。

セティエン監督の下では、これまで以上に重宝される可能性があるリキ・プッチ。グラナダ戦で見せたような活躍を続ければ、トップチームのレギュラーポジションを掴む日もそう遠くないかも知れない。期待の新星の今後には、益々注目だ。
コメント