ユナイテッド退団のバレンシア、母国LDUキトに移籍

2019.06.29 02:09 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
LDUキトは28日、マンチェスター・ユナイテッドとの契約を満了したエクアドル代表DFアントニオ・バレンシア(33)の加入を発表した。

2009年夏にウィガンからユナイテッドに加入したバレンシアは、右サイドを主戦場に活躍。一時はクラブの象徴的な背番号「7」を受け継ぐなど、ユナイテッドで公式戦通算339試合に出場して25ゴール62アシストを記録した。プレミアリーグ(2010-11、2012-13)を2度、ヨーロッパリーグ(2016-17)とFAカップ(2015-16)を1度、リーグカップ(2009-10、2016-17)を2度優勝するなど数々のタイトル獲得にも貢献した。

しかし今季はプレミアリーグで6試合、チャンピオンズリーグで3試合の出場に留まっていた。そのバレンシアに対してはインテルが獲得に名乗りを挙げている噂もあったが、母国エクアドルの昨季王者クラブに加入することになった。
コメント