豊川雄太所属のオイペン、マケレレ監督が退任2019.06.14 21:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベルギーのオイペンは14日、クロード・マケレレ監督(46)が退任したことを発表した。2017年11月に就任したマケレレ監督。当時最下位に沈んでいたオイペンを命からがら残留に導いた昨季から続いて2シーズン目を迎えた今季。開幕4連敗というスタートとなったが、最終的に10勝を挙げて、16チーム中12位で残留を果たした。

今季限りで監督を退任するマケレレ氏だが、2022年のカタール・ワールドカップまでオイペンのアンバサダを務める模様。

今回の決定についてマケレレ氏は「もちろんオイペンを去るのは悲しいことだが、双方にとって正しい決断だと思う。オイペンは今、新しいアプローチをとろうとしている」と、前向きな姿勢だ。
コメント
関連ニュース
thumb

今季11ゴール目のMF鎌田大地、ゴールを振り返り「2点目、3点目もほしかった」

3日、ジュピラー・プロ・リーグ第24節のシント=トロイデンvsオイペンが行われ、4-1でシント=トロイデンが勝利した。 プレーオフ1進出を狙うシント=トロイデンは、MF鎌田大地が先発出場。MF関根貴大がベンチ入りし、今冬加入したFW木下康介もベンチ入りした。一方のオイペンは、FW豊川雄太が先発出場。鎌田との日本人対決が実現した。 試合は豊川のゴールでオイペンが先制するも、シント=トロイデンは鎌田のゴールで同点に。その後、ボリの2ゴール、終了間際のデ・サートのゴールなどで4-1と快勝し、リーグ戦の連勝を飾った。 この試合の同点ゴールを決め、今シーズンのリーグ戦11ゴール目を記録したMF鎌田大地が試合後にコメント。快勝にも内容面を反省した。 「結果的には4-1でしたけど、前半2-1で折り返して、後半はサッカー自体は良くなかったというか、戦い方自体はそんなによくなかったので改善しないといけない部分はあるかなと思います」 また、自身の6試合ぶりのゴールについては「(ゴールについては)良いところにこぼれてきましたし、浮かさずに下に叩きつけるっていうイメージで上手く入って良かったです。ただ、2点目、3点目もほしかったですし、得点できるチャンスもあったのでそこは残念かなと思います」と、ゴールへの貪欲な姿勢を見せた。 レギュラーシーズンの残り試合数が6試合となり、プレーオフ1への進出が懸かってくる状況に関しては、「まだ6試合ありますしPO1に入るのがうちのチームの目標なので、今の順位というよりも、ここから1試合1試合勝ち点3を積み重ねていくのが大事だと思っています」とコメントしている。 シント=トロイデンは、次節2月24日(日)の28時から、ホームでベベレンと対戦する。 シント=トロイデン 4-1 オイペン 【シント=トロイデン】 鎌田大地(前19) ボリ(前34) ボリ(後35) デ・サート(後45+1) 【オイペン】 豊川雄太(前9) 2019.02.04 10:11 Mon
twitterfacebook
thumb

オイペン豊川が先制弾も鎌田の今季11ゴール目などで逆転のシント=トロイデンが日本人対決を制す!《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグ第24節のシント=トロイデンvsオイペンが3日に行われ、3-1でシント=トロイデンが3-1した。 シント=トロイデンのMF鎌田大地は89分までプレー。新加入のFW木下康介、MF関根貴大はベンチ入りしたが出場せず、DF小池龍太と日本代表に招集されていたMF遠藤航とDF冨安健洋はベンチ外となった。一方、オイペンのFW豊川雄太はフル出場している。 前節のセルクル・ブルージュ戦でリーグ6試合ぶりの勝利を収めたシント=トロイデンと、前節リーグ戦3試合ぶりの黒星を喫したオイペンの対戦。試合は序盤に動きを見せる。オイペンは9分、味方のロングシュートが相手DFにディフレクトすると、これがクロスバーを直撃。このこぼれ球に素早く反応した豊川が、頭でゴールに押し込み、先制に成功した。 先手を許したシント=トロイデンだが、すぐに反撃に転じる。19分、味方のアーリークロスが相手DFのクリアミスを誘うと、ボックス中央にこぼれたボールを鎌田がダイレクトでゴール左隅に流し込み、試合を振り出しに戻した。 6試合ぶりの鎌田のゴールで追いついたシント=トロイデンは、36分にもデ・サートとのパス交換でボックス内に侵入したボリがゴールエリア左からボレーシュートを流し込み、逆転に成功した。 1点を追うオイペンが前掛かりになったことで後半は一進一退の攻防が展開される。そんな中、先にスコアを動かしたのはリードするシント=トロイデン。80分、右サイドを突破したアコラツェの折り返しをゴール前に走り込んだボリが冷静に流しこみ、3点目。 さらに試合終了間際には、サミュエル・アサモアの折り返しをボックス右手前で受けたデ・サートがミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、勝負あり。鎌田の今季11ゴール目などで逆転勝利のシント=トロイデンが、日本人対決を制した。 2019.02.04 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

オイペンで豊川雄太と同僚のイラン代表DFプーラリガンジがカタールに移籍

カタールのアル・アラビは31日、オイペンからイラン代表DFムルタザ・プーラリガンジ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。 プーラリガンジは、母国のナフト・テヘランでプロキャリアをスタート。2015年2月に中国スーパーリーグの天津泰達へと完全移籍。2016年1月にカタールのアル・サッドへと加入すると、2018年8月にオイペンへと移籍していた。 初の欧州挑戦となったオイペンでは、ジュピラー・プロ・リーグで6試合に出場し2ゴールを記録。しかし、メンバー外になる事が多く、出場機会に恵まれていなかった。 イラン代表としても2015年からプレーし、これまで34試合に出場。2015年のアジアカップや2018年のロシア・ワールドカップにも出場。ロシアW杯ではグループステージの3試合にフル出場していた。 また、今月UAEで行われているアジアカップにもイラン代表として出場。準決勝の日本代表戦を含む5試合にフル出場し、4試合の無失点に貢献していた。 アル・アラビはカタール・スターズリーグで現在15試合を終えて6位に位置している。 2019.01.31 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

鎌田大地2発! シント=トロイデンが豊川雄太のオイペンに快勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは10日、ジュピラー・プロ・リーグ第15節のオイペン戦に臨み、敵地で4-1の勝利を収めた。 ▽MF鎌田大地はDF冨安健洋と共に先発。87分までピッチに立ち、2得点をマークした。MF遠藤航、負傷離脱中のMF関根貴大、DF小池裕太はメンバー外。一方、オイペンのFW豊川雄太は87分までプレーしている。 ▽試合は13分、スルーパスに抜け出した鎌田がGKとの一対一を制して、シント=トロイデンが先制。44分に加点して迎えた55分、FKからボックス左のスペースでパスを受けた鎌田が右足シュートを決め、チーム3点目を記録した。 ▽セーフティリードのシント=トロイデンは、65分に1点を返されるが、80分に4点目。シーズン得点数を8ゴールに伸ばした鎌田の活躍もあり、敵地で快勝を収め、2連勝を飾った。 オイペン 1-4 シント=トロイデン 【オイペン】 ルイス・ガルシア(後20) 【シント=トロイデン】 鎌田大地(前13) デ・レノ(前44) 鎌田大地(後10) ボリ(後35) 2018.11.11 09:20 Sun
twitterfacebook
thumb

オイペン豊川、今季初ゴールも久保裕也無きヘントに逆転負けで開幕4連敗《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽オイペンは19日、ベルギーのジュピラー・プロ・リーグ第4節でヘントと対戦し、2-3で敗れた。豊川雄太は66分までプレーし1ゴールを挙げた。 ▽開幕3連敗と調子が上がらないオイペンは、2勝1分けのヘントとホームで対戦した。豊川はスタメン出場。なお、同日にニュルンベルクへのレンタル移籍が発表された久保裕也はベンチ入りしていない。 ▽試合は開始5分に動く。ルイス・ガルシアからの見事なスルーパスをボックス左で受けた豊川は、鋭い切り返しで相手のチェックを外すと、ゴール右上隅にシュートを突き刺し、今季初ゴールでオイペンに先制点をもたらした。 ▽しかし、喜びも束の間、先制からわずか2分後にCKから同点弾を許すと、さらにその2分後、再びCKから得点を許し、あっという間に逆転されてしまう。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、ヘントはこの試合1ゴールのオジジャ=オフォエが2枚目のイエローカードを受け、77分で退場となってしまう。数的有利となったオイペンは84分、ボックス外左からルイス・ガルシアが放ったシュートが相手の頭に当たり、GKの頭上を越える軌道でゴールイン。同点に追いついた。 ▽しかし、このまま終わるかに思われた後半アディショナルタイム。相手のクロスが味方の腕に当たりヘントにPKが与えられてしまう。これが決勝点となり、オイペンは2-3で敗北。豊川のゴールで先制するも、今季リーグ戦初勝利はお預けとなった。 2018.08.20 07:08 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース