プレミア、初のウィンターブレイクは少し変則2019.06.13 18:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグは13日、2019-20シーズンの日程を発表した。開幕からマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシーが組まれ注目を浴びている新シーズンのプレミアリーグ。注目となっているのはそれだけでなく、来季からはその他の5大リーグに続いてついにVARの利用が始まるほか、プレミアリーグ初のウィンターブレイクが導入される。

そのウィンターブレイクは2月に食い込まれることとなったが、その日程が少し変則。まず、全20チームが2020年2月1日の第25節を終えた後、第26節は2月8日と、2月15日の2週に分けて5試合ずつ開催される。第27節は2月22日に行われるため、日程は違えど全チームに2週間の休暇が与えられるという仕組みだ。

なお、プレミアリーグによると、第26節の日程は今年の12月14日に発表となる予定だ。

◆プレミアリーグ第26節の対戦カード
アーセナル vs ニューカッスル
アストン・ビラ vs トッテナム
ブライトン vs ワトフォード
チェルシー vs マンチェスター・ユナイテッド
エバートン vs クリスタル・パレス
マンチェスター・シティ vs ウェストハム
ノリッジ vs リバプール
シェフィールド・ユナイテッド vs ボーンマス
サウサンプトン vs バーンリー
ウォルバーハンプトン vs レスター・シティ
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーに不安…ヒザ治療中のリュディガーが開幕戦間に合わず?

チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、新シーズンの開幕までにケガが治らない可能性が浮上した。イギリス『テレグラフ』が伝えている。 同選手は4月末に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦で左ヒザを負傷。手術を施し、現在はリハビリ中だが開幕戦に間に合うかどうか微妙なところだという。伝えられるところによると、リュディガーは回復を焦ってリスクを負うよりも、時間をかけて完治に専念することを考慮している様子だ。 チェルシーのプレミアリーグ開幕戦は8月11日のプレミアリーグ初戦。相手はいきなりマンチェスター・ユナイテッドだ。さらにその3日後には、スーパーカップでリバプールとの対戦が控えている。 なお、チェルシーではほかにもFWカラム・ハドソン=オドイとMFルベン・ロフタス=チークが負傷中。新監督も決まらない中、2カ月を切った開幕までクラブはどのような動きを見せるのだろうか。 2019.06.20 13:14 Thu
twitterfacebook
thumb

アーセナル、コーチングスタッフの配置転換発表! ユングベリがエメリ副官に

アーセナルは17日、トップチームとアカデミーチームにおけるコーチングスタッフの配置転換を発表した。 今回の発表によれば、U-23チームの監督を務める元スウェーデン代表MFのフレドリック・ユングベリ氏(42)が来シーズンからウナイ・エメリ監督率いるトップチームのアシスタントコーチに就任し、アーセン・ヴェンゲル前体制からトップチームのディフェンス面の指導を主に行っていたスティーブ・ボールド氏が、代わってU-23チームの監督に就任することが決定した。 なお、今回の配置転換は7月1日から行われる。 昨年7月からアーセナルのU-23チームの監督を務めていたユングベリ氏は、今後アカデミー部門を統括するペア・メルテザッカー氏と連携しながら、アカデミーの若手のトップチーム登用に向けた繋ぎ役としての役割を果たすことになるようだ。 2019.06.18 02:19 Tue
twitterfacebook
thumb

ポグバが『アディダス』のイベントに降臨! エキシビジョンマッチで圧巻のスキルを披露《TANGO LEAGUE TOKYO FINAL》

世界的スポーツブランド『アディダス』が16日、主催する『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』を東京都内で開催した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>『TANGO LEAGUE』はロンドンや、ベルリン、パリ、ミラノから始まったクリエイティブなリーグで、東京でも2017-18シーズンから活動。若きフットボーラーを対象にしたフットボールリーグだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>2018-19シーズンの覇者を決める『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』開催に伴い、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバがスペシャルゲストとして来場した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>記念すべき初来日のポグバは、愛用するフットウェア『プレデター』の特徴であるマスターコントロールをテーマにしたスペシャルセッション、日本の伝統スポーツ(弓道と相撲)との異種コントロール対決に挑戦。弓道家との的当て対決や、力士が壁に入っての直接FK勝負で会場を盛り上げた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>その後、『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』決勝進出チームの優勝をかけた熱きバトルを観戦。ときおり身を乗り出しながら若きフットボーラーたちの勇姿を見守り続けた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>そして、『TANGO LEAGUE TOKYO FINAL』の優勝チームとのエキシビジョンマッチにもスペシャルチームの一員として参加。懐の深いボールキープや足技で沸かせ、見事に勝利を収めた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>最後は優勝チームの表彰式にも参加。トロフィーを贈呈すると、優勝チーム一同とともに、優勝の喜びを分かち合いながら、記念写真を撮るなど、イベントの最後まで終始笑顔だった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_28_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>ポグバはイベントの合間や終了後も会場に駆けつけたファンに丁寧に対応。ピッチをぐるりと回り、記念写真やサインに応じるなど、最後まで日本のファンと交流を深めた。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/34iK7ECe2H4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.16 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

初来日のポグバがファンと交流! 「こんなにも僕のファンがいることにびっくり」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが16日、東京都内で行われたスポーツブランド『アディダス』主催のイベントに登場した。 初来日のポグバは多くのファンと交流を深めたイベント終了後、メディアの囲み取材に応対。様々な質問に対して、次のようにコメントした。 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/34iK7ECe2H4" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> ◆ポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド/フランス代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>──ワールドカップから早1年。今シーズンを振り返って 「シーズンのなかで色々なことがあったが、国を代表して、チームのみんなと一緒にワールドカップで優勝できたので、僕にとって素晴らしい1年だった」 ──愛用する『プレデター』のこだわり、それを選んだ理由<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「プレデターは小さい頃から履いてきたスパイク。(デイビッド・)ベッカムや(ジネディーヌ・)ジダンも履いていたスパイクだったから、僕も『アディダス』と契約する選手になって、履きたいと思った。今、履いているスパイクは僕に合っている。MFである僕にとって、ボールをコントロールするのに優れているから、愛用しているよ」 ──日本の次代を担う選手へのアドバイス<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「今日、見た選手たちも素晴らしいボールコントロールのスキルを持っていた。欧州だと、『タンゴリーグ』というものの知名度があまり高くない。このリーグをもっともっと大きくして、有名にしていければ、きっと欧州の大きなチームでプレーできるチャンスが巡ってくるんじゃないかな」 ──様々な憶測が浮上している自身の去就に関して<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「マンチェスター・ユナイテッドに3年間にわたり在籍していて、良いとき、悪いとき、色々あった。特に、昨シーズンはチームの中でも色々あったが、ワールドカップを優勝したから、個人的にベストシーズンになった」 「ただ、タイミング的に、そろそろ新しいところで、新しいチャレンジをすべきじゃないかと思っている。僕自身も色々考えたい。みんなが噂をしているように、色々なことを考えているよ」 ──日本のフットボールファンへのメッセージ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190616_25_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>「今回、日本にやってきてみて、こんなにも僕のファンがいることにびっくりした。みんなが僕のネーム入りシャツを着て、サインを頼まれたことがすごく嬉しかった。だから、本当にありがとうと言いたい」 「あともう1つ伝えたいのは、日本代表の選手についてだ。彼らは試合後のロッカールームをまるで使っていないかのように綺麗にして退室する。欧州のチームであのようなことをやるチームはほとんどない。みんなが真似をすべきだ。これは世界に向けて素晴らしいメッセージだと思う」 「今日は本当にありがとう」 2019.06.16 19:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ優勝後にボルトがスターリングに電話… 何を話したのか

今季のプレミアリーグでマンチェスター・シティが優勝を決めた後、ウサイン・ボルト氏がシティFWラヒーム・スターリングに電話をしていたことが分かった。イギリス『ミラー』が伝えている。 今シーズンのプレミアはシティとリバプールが稀に見るデッドヒートを見せ、最終的に勝ち点1上回ったシティが2連覇を達成した。マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンで知られるボルト氏が、愛するクラブが低迷する中で応援していたのは同じ町のシティだった。 シティの優勝が決まった後、ボルト氏はスターリングに電話。『いいかよく聞けよ。これが最初で最後だからな。僕がシティを応援するのは』と話したという。また、「とても嬉しくてスターリングに電話したんだ。あの時はかなり興奮していたね」とも語る。 一方でシーズンを通して低空飛行を続けたユナイテッドに関してボルト氏はこのようにコメントしている。 「彼らには才能があるし活力もある。うまくいけば新しい選手を何人か連れてこられるね」 「誰が来るかはわからないけど、僕らには新しい指揮官がついている。ここに来る選手がそれぞれ自信を持っているか、それが問題だね」 2019.06.15 16:39 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース