日本代表の試合ばかりに目がいってると見過ごしちゃうんじゃない!? の巻/倉井史也のJリーグ

2019.06.05 17:30 Wed
©︎J.LEAGUE
今週は日本代表が活動するのでJ1はお休み!! あ、でもコパアメリカも日本代表が参加するのにJ1やっちゃうんだよね。というか、J1やってるときに日本代表を派遣するから、いろんな制約があるってことですか。

そりゃナショナルチームが試合をやるんだから、国内のサッカー関係者はみんな注目しようよ!! って思ってたんですけど、なんと!! 日曜日のエルサルバドル戦のときって、J3の熊本vsC大阪U-23の試合が被ってる!!
そりゃやむを得ない事情があったとは察しますよ。でも、これはあまりに熊本もC大阪U-23もかわいそすぎる!! ってことで、今週はたぶんこのコーナーで初登場となるんだけどJ3について調べちゃいます。

そもそもJ3って年間勝点どれくらい取ればJ2昇格可能圏に入るのか!!

【2014年】33試合
1位 金沢 勝点75 得点56 失点20
2位 長野 勝点69 得点58 失点23
【2015年】36試合
1位 山口 勝点78 得点96 失点36
2位 町田 勝点78 得点52 失点18

【2016年】30試合
1位 大分 勝点61 得点50 失点24
2位 栃木 勝点59 得点38 失点20

【2017年】32試合
1位 秋田 勝点61 得点53 失点31
2位 栃木 勝点60 得点44 失点24

【2018年】32試合
1位 琉球 勝点66 得点70 失点40
2位 鹿児島 勝点57 得点46 失点35

で、これをJ1の最も勝点を稼いだチームと比べると

【2014年】34試合
1位 G大阪 勝点63 得点59 失点31

【2015年】34試合(2ステージ制)
1位 広島 勝点74 得点73 失点30

【2016年】34試合(2ステージ制)
2位 浦和 勝点74 得点61 失点28

【2017年】34試合
1位 川崎 勝点72 得点71 失点32

【2018年】34試合
1位 川崎 勝点69 得点57 失点27

って、いろんな面で共通してるんです。優勝するには勝点が「試合数×2+α」とか、「失点数は試合数よりも少なくなければ苦しい」とか。

つまりレベルの差はあったとしても勝負の厳しさはJ1もJ3も一緒。ってことで、代表戦とJリーグ、たとえJ3であったとしても重ならないようにぜひ今後お願いしたいなと、切に願うのでした。
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly