東京五輪世代邦本弾に沈んだ王者・鹿島が今大会初黒星《ACL2019》2019.04.24 21:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鹿島アントラーズは24日、AFCチャンピンズリーグ(ACL)2019のグループE第4節で慶南FC(韓国)をホームに迎え、0-1で敗れた。

ここまで2勝1分けの首位・鹿島(勝ち点7)は、直近の1-0で勝利したベガルタ仙台戦からスタメンを6人変更。守備陣では関川がプロ初出場を飾った。

この試合に勝利すれば、他会場の結果次第でグループステージ突破が決まる鹿島だが、いきなりピンチを招く。3分、関川がネグエダにハーフウェイライン付近でボールを奪われ、一気にボックス内に侵攻される。GKクォン・スンテとの一対一になったが、ボールロストした関川がカバーに入りシュートを打たせない。

邦本中心に攻勢に出てくる慶南の攻撃を撥ね返し続ける鹿島は、我慢の時間が続く。それでも22分、遠藤がボールを奪取すると、セルジーニョを経由してバイタルエリア左の白崎に繋ぐ。カットインからニアサイドを狙ったが、枠を捉えることができない。

鹿島は前半終了間際にも決定機。45分、白崎のスルーパスに抜け出した安西がワンタッチでボックス左に侵攻。マイナスに折り返したクロスにボックス中央手前から遠藤が左足でシュートを放ったが、大きく枠を外してしまう。

後半に入っても、こう着状態のまま試合は推移していく。それでも鹿島は時折、ボックス付近まで持ち運ぶものの、最後のところで精度を欠き、シュートを打つことは出来ない。

攻めきれない時間帯が続く鹿島は63分、ジョーダン・マッチに鹿島陣内深い位置からボックス内へのクロスを許す。すると、GKクォン・スンテが目測を誤り、ハイボールを処理することができず、ファーサイドに走り込んでいた邦本に押し込まれて先制を許してしまう。

嫌な流れを断ち切りたい鹿島は、63分に白崎に代えて安部を投入し、攻撃の活性化を試みる。71分、その安部からのパスを受けた遠藤がボックス左手前クロスを供給。ニアサイドに走り込んできた金森が左足で合わせたが、ミートすることができない。

その後は、72分には遠藤に代えて山口、79分には名古に代えて伊藤を投入する。だが、決定的なチャンスを作ることができず、試合は1-0で終了。鹿島は今大会初黒星を喫し、慶南にACL初白星を献上してしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

フル代表初招集の鹿島MF安部裕葵「選ばれるだけで終わりにしたくない」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となった鹿島アントラーズのMF安部裕葵がクラブを通じてコメントしている。 「プロ3年目でこのような機会をいただき、とても感謝しています。ロシアW杯でサポートメンバーに入り、A代表に入りたいと強く感じました。日本のトップ選手たちが集まる環境でプレーできることはとても嬉しいですが、選ばれるだけで終わりにしたくないと思っています。自分をサポートしてくれる全ての方々への感謝を、A代表でのプレーで示していきたいです」 2019.05.24 20:06 Fri
twitterfacebook
thumb

大学生でフル代表初招集の法政大FW上田綺世が意気込み!《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、大学生ながらフル代表に選出された法政大学FW上田綺世。大学3年生ながらすでに鹿島アントラーズ入団が内定している大学屈指のストライカーは、2010年のアジアカップ予選で当時福岡大学に在籍していたFW永井謙佑(現FC東京)、流通経済大学に在籍していたMF山村和也(現川崎フロンターレ)以来、9年ぶりのフル代表入りに。 東京五輪世代のエースストライカー候補でもある同選手は大学サッカー部を通じて以下のようなコメントをしている。 「価値を高めるチャンスをいただけたこと嬉しく思います。そのチャンス掴んで来たいと思いますので応援よろしくお願いします」 2019.05.24 19:54 Fri
twitterfacebook
thumb

日本勢は3チームが勝ち抜け! ラウンド16では同国対決が最大5カードに《ACL2019》

2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ全日程が終了した。 日本からはJリーグ王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、さらにリーグ戦の順位でサンフレッチェ広島、前回大会王者の鹿島アントラーズの4チームが出場。広島と鹿島はプレーオフを勝ち上がっての出場となった。 日本勢は、第5節終了時点で突破を決めていた広島に加え、最終節で見事に勝利した浦和と鹿島が突破。一方で、川崎Fはアウェイゲームで勝利するも、自力での突破を決めることができず、2シーズン連続の敗退となった。 その他、東地区では中国勢の広州恒大、山東魯能、上海上港、韓国勢の全北現代モータース、蔚山現代が勝ち抜け。オーストラリアやタイ、マレーシア勢は敗退となった。 西地区では、グループAの最終節、ゾブ・アハン(イラン)vsアル・ナスル(サウジアラビア)の一戦が延期に。両チームはすでにグループ突破が決まっているものの、順位が確定していない状況だ。また、日本代表MF中島翔哉が所属するアル・ドゥハイルは勝ち抜けている。 勝ち抜けた16クラブには、前回王者の鹿島、前々回王者の浦和に加え、2016年王者の全北現代モータース、2015年王者の広州恒大、2012年王者の蔚山現代、2011年王者のアル・サッドと過去10年間の王者が揃う他、2度優勝経験のあるアル・ヒラル、アル・イテハドも勝ち残っている。 ラウンド16では、日本対決の鹿島vs広島、中国対決の広州恒大vs山東魯能、カタール対決のアル・ドゥハイルvsアル・サッド、サウジアラビア対決のアル・アハリvsアル・ヒラルの同国対決が実現。さらに、残り1試合の結果次第では、アル・イテハドvsアル・ナスルのサウジアラビア対決の可能性が残る。また、東地区では浦和vs蔚山現代、上海上港vs全北現代モータースが実現した。 東地区のラウンド16は第1戦が6月18日、19日、第2戦が6月25日、26日に行われる。西地区は8月にラウンド16が開催される、 ◆ラウンド16組み合わせ ▽6月18日/6月25日 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.0em;">鹿島アントラーズ</span>(日本) vs <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.0em;">サンフレッチェ広島</span>(日本) 広州恒大(中国) vs 山東魯能(中国) ▽6月19日/6月26日 上海上港(中国) vs 全北現代モータース(韓国) <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.0em;">浦和レッズ</span>(日本) vs 蔚山現代(韓国) ▽8月5日/8月12日 A2位 vs アル・ワフダ(UAE) アル・イテハド(サウジアラビア) vs A1位 ▽8月6日/8月13日 アル・ドゥハイル(カタール) vs アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) 2019.05.23 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島のACL決勝T進出でJ1の日程が変更

明治安田生命J1リーグは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の鹿島アントラーズの決勝進出に伴い、リーグ戦の日程が変更されたことを発表した。 鹿島は、山東魯能、慶南FC、ジョホール・ダルル・タクジムと同居のグループEに。第3節まで2勝1分けと好調だったものの、その後の2試合で連敗。2位で迎えた最終節で山東魯能に2-1の逆転勝利を収め、2位通過を決めた。 これにより予定されていたJ1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪および第17節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島の日程が変更となった。 ◆日程変更 第15節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪 6月15日(土)18:30→6月14日(金)19:00 第17節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島 6月29日(土)18:30→6月30日(日)18:30 2019.05.22 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

大岩采配ズバリの王者・鹿島、途中出場伊藤の2ゴールでGS突破決める!《ACL2019》

鹿島アントラーズは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループE最終節で山東魯能と対戦し、2-1で勝利した。 ここまで2勝2敗1分けで2位に付けている鹿島。引き分け以上でグループステージ突破が決まるこの一戦は、5-0で完勝を収めた松本山雅FC戦からスタメンを2名変更。出場停止の安西と登録外となっているレアンドロに代わって町田と中村がスタメンに起用された。 ホームの声援を受けグループステージ突破を目指す鹿島は11分に失点してしまう。左CKのキ・チャンユのクロスをファーサイドのジウに折り返されると、ゴール前のフェライニに頭で押し込まれ失点。GKクォン・スンテが掻き出したが、ゴールが認められた。 早くも追いかける展開となった鹿島は22分、左CKのチャンスを獲得する。レオ・シルバのアウトスイングのボールをゴール前の町田がヘディングシュートを放つも、枠の上を越えた。 ペースを握り始めた鹿島は30分、右サイドを打開した土居がクロスを供給。ボックス中央手前で中村がワントラップから左足でボレーシュートを放つが、わずかにゴール上に外れてしまった。 その後も鹿島が70パーセント近くボールを保持。42分には土居がゴールネットを揺らしたがオフサイドの判定に。同点に追い付けないまま試合を折り返した。 後半も攻勢を続ける鹿島は59分、ボックス左外から送られた白崎のドンピシャクロスを、ゴール前のセルジーニョが頭で合わせる。しかし、GKハン・ロンゼのビックセーブに遭ってしまう。 攻めあぐねる鹿島は63分に中村に代えて伊藤を投入。すると、この交代策が的中する。68分、レオ・シルバの左CKをニアサイドの山本がフリック。これがゴール前のDFに当たると、最後はゴール前にいた伊藤が倒れ込みながら押し込んで同点とする。 畳みかける鹿島はその2分後、自陣からドリブルで持ち運んだレオ・シルバがボックス左へスルーパス。ボールを受けた伊藤がGKハン・ロンゼと一対一の局面で右足のループシュート。これがゴールネットを揺らし、逆転に成功する。 その後も最後まで主導権を渡さなかった鹿島が2-1で逆転勝利。勝ち点を10に伸ばし、グループステージ2位通過が決定した。これで決勝トーナメント1回戦の相手はサンフレッチェ広島に決まった。 グループEのもう1試合は、邦本のゴールなどで慶南が2-0でジョホール・ダルル・タクジムに勝利している。 ◆グループH最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">山東魯能</span> 11pt/+2 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">鹿島アントラーズ</span> 10pt/+1 3.慶南FC 8pt/+1 4.ジョホール・ダルル・タクジム 4pt/-4 2019.05.22 21:31 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース