東京五輪世代邦本弾に沈んだ王者・鹿島が今大会初黒星《ACL2019》2019.04.24 21:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
鹿島アントラーズは24日、AFCチャンピンズリーグ(ACL)2019のグループE第4節で慶南FC(韓国)をホームに迎え、0-1で敗れた。ここまで2勝1分けの首位・鹿島(勝ち点7)は、直近の1-0で勝利したベガルタ仙台戦からスタメンを6人変更。守備陣では関川がプロ初出場を飾った。

この試合に勝利すれば、他会場の結果次第でグループステージ突破が決まる鹿島だが、いきなりピンチを招く。3分、関川がネグエダにハーフウェイライン付近でボールを奪われ、一気にボックス内に侵攻される。GKクォン・スンテとの一対一になったが、ボールロストした関川がカバーに入りシュートを打たせない。

邦本中心に攻勢に出てくる慶南の攻撃を撥ね返し続ける鹿島は、我慢の時間が続く。それでも22分、遠藤がボールを奪取すると、セルジーニョを経由してバイタルエリア左の白崎に繋ぐ。カットインからニアサイドを狙ったが、枠を捉えることができない。

鹿島は前半終了間際にも決定機。45分、白崎のスルーパスに抜け出した安西がワンタッチでボックス左に侵攻。マイナスに折り返したクロスにボックス中央手前から遠藤が左足でシュートを放ったが、大きく枠を外してしまう。

後半に入っても、こう着状態のまま試合は推移していく。それでも鹿島は時折、ボックス付近まで持ち運ぶものの、最後のところで精度を欠き、シュートを打つことは出来ない。

攻めきれない時間帯が続く鹿島は63分、ジョーダン・マッチに鹿島陣内深い位置からボックス内へのクロスを許す。すると、GKクォン・スンテが目測を誤り、ハイボールを処理することができず、ファーサイドに走り込んでいた邦本に押し込まれて先制を許してしまう。

嫌な流れを断ち切りたい鹿島は、63分に白崎に代えて安部を投入し、攻撃の活性化を試みる。71分、その安部からのパスを受けた遠藤がボックス左手前クロスを供給。ニアサイドに走り込んできた金森が左足で合わせたが、ミートすることができない。

その後は、72分には遠藤に代えて山口、79分には名古に代えて伊藤を投入する。だが、決定的なチャンスを作ることができず、試合は1-0で終了。鹿島は今大会初黒星を喫し、慶南にACL初白星を献上してしまった。
コメント
関連ニュース
thumb

鹿島、レアンドロ&白崎弾でリーグ3連勝! 鳥栖は金崎が恩返し弾も3試合未勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第20節の鹿島アントラーズvsサガン鳥栖が20日に県立カシマサッカースタジアムで行われ、2-1で鹿島が勝利した。 ここまで10勝4分け4敗で4位につける鹿島(勝ち点34)と、5勝2分け12敗で最下位に沈む鳥栖(勝ち点17)が激突した。今夏、DF安西幸輝、FW安部裕葵、FW鈴木優磨が海外移籍を決断した中でも、前節のベガルタ仙台戦を4-0で勝利し、5試合負けなしと強さを維持する鹿島。鳥栖戦に向けては、GKクォン・スンテ、レオ・シルバ、土居に代えて曽ヶ端、名古、伊藤を起用した。 一方、前節のサンフレッチェ広島戦を0-2で敗れ、直近5試合で1勝1分け3敗と苦戦が続いている鳥栖は、3試合ぶりの勝利に向けて、3選手を変更。小林、藤田、フェルナンド・トーレスに代えて三丸、パク・ジョンス、豊田を起用した。古巣対決の金崎も先発に名を連ねた。 鹿島は優勝争い、鳥栖は残留争いに向けて白星が欲しい一戦。序盤から鳥栖が積極的に敵陣へと攻め入ろうとする中、三竿が元同僚の金崎に激しいチェックでけん制すると、町田と金崎が小競り合いをするなど、白熱のマッチアップを予感させる。 そんな立ち上がりの中、鹿島は12分、ボックス手前やや右で縦パスを受けた3試合ぶり先発出場の伊藤が浮き球をボレーシュート。しかし、これが右ポストを叩き、左ポストに当たってゴールとはならない。 それでも鹿島は20分に先制点。ハーフウェイライン付近右サイドで粘ったセルジーニョからボールを引き継いだレアンドロがドリブルで一気にボックス内へ。すると高橋に倒されてPKを獲得。これを自らゴール右に蹴り込んで均衡を破った。 しかし、鳥栖もすぐさま反撃。ボックス左外でボールを持った金崎が永木をかわしてボックス左に侵攻し、右足でシュート。ゴール前に走り込んでいた松岡がオフサイド気味のポジションを取りながらも触らず、ボールはゴール右隅に吸い込まれた。これに対して、鹿島は松岡のオフサイドを要求するも、覆らずに鳥栖のゴールが認められた。 金崎の恩返し弾を許した鹿島は、再び攻勢を強める。すると35分、右サイドで横パスを受けた永木がボックス右にダイレクトパスを供給。これにレアンドロが追いつき中央にクロスを送り、ファーサイドに走り込んだ白崎が相手と競り合いながらも右足を伸ばしてボールに当てる。ミートこそしなかったが、ワンバウンドしたボールが絶妙なループシュートとなり、GK高丘を越えてゴールネットを揺らした。鹿島が2-1と勝ち越しに成功する。 試合を折り返すと、1点を追いかける鳥栖が反撃に出る。51分、自陣深い位置からの金崎の縦パスからイサック・クエンカがサイドチェンジ。これを受けた福田がアーリークロスを送り、最後は豊田がボックス中央でヘディングシュートを放つも、GKクォン・スンテの好守に阻まれる。 追いつきたい鳥栖は60分、福田を下げて安庸佑を投入するも、鹿島に押し込まれる苦しい時間帯が続き、思うように決定機を作ることができないまま終盤に。鳥栖は高橋義とフェルナンド・トーレスを送り込んで攻勢を強める。一方の鹿島は遠藤とブエノを投入し、試合を締めにかかる。 すると鳥栖は90分、伊藤に突破されそうになったところを高橋祐がファウル覚悟で止め、この日2枚目のイエローカードで退場。終盤にはセットプレーからチャンスを作るも、ゴールには至らなかった。 結局、試合は2-1で終了。勝利した鹿島がリーグ戦3連勝を飾った。一方の鳥栖は3試合なしとなった。 2019.07.20 20:40 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、鹿島FW安部裕葵の獲得を正式発表!

バルセロナは15日、鹿島アントラーズから日本代表FW安部裕葵(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間で、移籍金は110万ユーロ(約1億3360万円)となる。 また、バルセロナは安部の契約解除金をBチーム所属の間は4000万ユーロ(約50億円)に設定しており、トップチームに昇格した場合は1億ユーロ(約121億円)まで引き上げられる。 東京都出身の安部は、瀬戸内高校から2017年から鹿島に入団。加入1年目、明治安田生命J1リーグで13試合に出場し1ゴール、YBCルヴァンカップで1試合に出場し1ゴール、天皇杯で2試合に出場し2ゴールを記録、2シーズン目の2018シーズンは、J1で22試合に出場し2ゴール、ルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で5試合に出場し1ゴールを記録した。また、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞している。 3年目の2019シーズンは背番号10を背負い、J1で14試合に出場し1ゴールを記録していた。 また、AFCチャンピオンズリーグでは通算16試合に出場し1ゴール、2018年のクラブ・ワールドカップでは3試合に出場し1ゴールを記録していた。 また、世代別の日本代表を経験し、コパ・アメリカではA代表デビューを果たし、3試合に出場していた。 2019.07.16 02:16 Tue
twitterfacebook
thumb

鹿島FW鈴木優磨、安部と安西に続く海外挑戦! シント=トロイデンへの完全移籍で合意

シント=トロイデンは15日、鹿島アントラーズに所属するFW鈴木優磨(23)を完全移籍で獲得することに関して、クラブ間合意に達したことを発表した。メディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶとのこと。 小学1年の頃から鹿島のスクールに通い、同クラブのアカデミーで育ってきた鈴木は、2015年にトップチームに昇格。持ち前の勝負強さを武器に2016年から徐々にストライカーとして頭角を現すと、昨シーズンには公式戦52試合17ゴール17アシストとキャリアハイの成績を収め、国内リーグではJリーグ優秀選手賞を受賞した。 さらに同シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では、2ゴール5アシストの活躍でチームを初優勝に導くとともに、大会MVPに。だが、同年12月の右ハムストリング筋損傷により、クラブ・ワールドカップ(W杯)に出場できず。今年2月にも再発したことが影響し、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 バルセロナに移籍した日本代表FW安部裕葵、ポルティモネンセに移籍した日本代表DF安西幸輝に続く、今夏3人目の鹿島からの海外挑戦者となった鈴木は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆シント=トロイデン 「鹿島アントラーズから来ました鈴木優磨です。フォワードとして1点でも多く取り、STVVの勝利に貢献したいと思います」 ◆鹿島アントラーズ 「この度、シントトロイデンVVに移籍することになりました。シーズン中の移籍になりますが、自分の年齢を考えるとラストチャンスになると思い、挑戦を決断しました。ここ何年かは、海外でやりたい気持ちと鹿島でやりたい気持ちが入り混じっていました。同世代の海外で活躍している選手たちを見て、何をしているんだろうと思う時もありました」 「でも、今は鹿島で今日まで続けてきて良かったと、はっきり言えます。自分に携わってくれた方々のおかげで、人としても選手としても成長できました。必ず、ヨーロッパに行ってもっともっと成長した姿をみんなに見せます!最後に、僕にとってこのクラブは特別であり、ホームです。どこにいようが、このクラブは僕の心の中にあり続けます。小学生から17年間、ありがとうございました。行ってきます」 現時点でシント=トロイデンには日本代表MF遠藤航、FW木下康介が所属。鈴木は3人目の日本人選手となった。ちなみに、鈴木には今夏、トルコの強豪・ベシクタシュも獲得に興味を示していた。 2019.07.15 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギー挑戦のシュミット最終戦は4失点大敗 鹿島が仙台に快勝《J1》

13日にユアテックスタジアム仙台で行われた明治安田生命J1リーグ第19節のベガルタ仙台vs鹿島アントラーズは、アウェイの鹿島が4-0で勝利した。 浦和との前節を落として連勝が「4」で止まった11位の仙台は、この試合を最後にベルギーに旅立つシュミット・ダニエルがスタメン。出場停止の椎橋が欠場となり、シマオ・マテも負傷欠場した。一方、1試合未消化で暫定4位の鹿島は、負傷欠場が取り沙汰された永木が無事にスタメン入り。前節と同じ11名を先発に並べた。 シュミット・ダニエルのラストゲームを勝利で飾りたい仙台だが、ここ4試合負けなしの鹿島がボールの主導権を握る展開になる。すると、16分、右サイドの土居が中央にグラウンダー性のクロスが逆サイドに。ボックス左の小池が折り返しをゴール前のセルジーニョが合わせ、鹿島が先制に成功する。 24分に負傷の長沢とハモン・ロペスの交代を強いられた仙台は、次第にボールを高い位置に持ち込む場面を増やすが、後半アディショナルタイム1分に2失点目。ボックス右の土居が出したパスをシュミット・ダニエルが弾いたが、こぼれ球をセルジーニョにプッシュされ、鹿島に引き離されてしまう。 後半の立ち上がりから攻勢に出た仙台は50分、敵陣右サイドの蜂須賀が左足でゴール前にクロスを供給すると、これにニアサイドの石原直樹が反応。合わせそこねたボールがゴール左隅の際どいコースを突いたが、惜しくも左に外れてしまい、仙台の得点とはならない。 したたかな戦いで仙台の反撃を凌ぎ続ける鹿島は67分、右サイドから上ったクロスにゴール前のセルジーニョがヘディング。シュミット・ダニエルの弾いたボールを白崎が押し込み、鹿島が反撃ムードの仙台を尻目に試合の行方を決する3点目をもぎ取ってみせる。 3失点目の直後に梁勇基を投入した仙台だったが、鹿島がレアンドロと名古の交代に動いた73分にボックス右のセルジーニョがゴール前にグラウンダーのクロスを供給。これにファーサイドの土居が冷静に合わせ、鹿島が大量リードに成功する。 結局、仙台の反撃を無失点で切り抜けた鹿島がシーズン2度目の2連勝を飾り、5試合無敗を継続。シーズン4度目の連敗を喫した仙台は、ラストマッチのシュミット・ダニエルを勝利で送り出すことができずに終わっている。 2019.07.13 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

鹿島FW安部裕葵のバルセロナ移籍が合意!「新たな挑戦をしたい」

鹿島アントラーズは12日、日本代表FW安部裕葵(20)がバルセロナに完全移籍することが基本合意に達したことを発表した。現地でのメディカルチェックを経て、正式契約を結ぶこととなる。 安部は東京都出身で、瀬戸内高校から2017年から鹿島に入団。加入1年目、明治安田生命J1リーグで13試合に出場し1ゴール、YBCルヴァンカップで1試合に出場し1ゴール、天皇杯で2試合に出場し2ゴールを記録、2シーズン目の2018シーズンは、J1で22試合に出場し2ゴール、ルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で5試合に出場し1ゴールを記録した。また、Jリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞している。 3年目の2019シーズンは背番号10を背負い、J1で14試合に出場し1ゴールを記録していた。 また、AFCチャンピオンズリーグでは通算16試合に出場し1ゴール、2018年のクラブ・ワールドカップでは3試合に出場し1ゴールを記録していた。 また、世代別の日本代表を経験し、コパ・アメリカではA代表デビューを果たし、3試合に出場していた。安部はクラブを通じてコメントしている。 「高校卒業から2年半という月日を鹿島アントラーズで過ごし、プロサッカー選手として、人間として大きく成長することができました。チームメイト、スタッフ、フロント、そしてサポーターの皆様、すべてのアントラーズファミリーと勝利のために戦えたことは、自分の誇りであり、財産です」 「今回、シーズン途中でチームを離れることは難しい決断でしたが、FCバルセロナで新たな挑戦をしたいと強く思い、移籍を決めました。これから直面する様々な困難や壁も、自分の成長には絶対に必要なことだと信じています。鹿島アントラーズというクラブで経験したすべてを糧に、これからも一日一日、一瞬一瞬を大切にして、フットボールと向き合っていきたいと思います。本当にありがとうございました」 2019.07.12 14:15 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース