セリエA、3年以内に中国開催の可能性も イタリアサッカー連盟と中国政府が提携へ

2019.03.27 16:00 Wed
Getty Images
イタリアサッカー連盟(FIGC)は24日、中国政府と提携し、両国間のサッカー関係を発展させるための協定に調印した。

今回合意した内容には中国サッカーの発展や、中国でのイタリアサッカーの普及などが含まれており、今後3年以内にセリエAやイタリア・スーパーカップ、コッパ・イタリアの中国開催が見込まれているという。
FIGCのガブリエレ・グラビーナ会長はチャイナ・メディア・グループの慎海雄氏との会合を終え、次のようにコメントしている。

「この機会のおかげで、サッカーは異文化間の架け橋になることが再び証明されました。私たちはイタリアを中国に、中国をイタリアに近づけるために積極的に貢献したいと思っています」

なお、暫定ではあるものの中国代表指揮官には元イタリア代表ファビオ・カンナバーロ氏が就任しており、今回の合意も影響しているのかもしれない。
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly