「善戦」との決別へ…柴崎岳が見せた対応力と残り続ける課題/日本代表コラム

2019.03.25 11:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアカップ決勝での敗戦後、2019年最初のホームゲームとなったコロンビア代表戦は、0-1で敗戦に終わった。

今回のメンバーには、初招集となる選手が5名、さらにはMF香川真司(ベシクタシュ/トルコ)、DF昌子源(トゥールーズ/フランス)など、ロシア・ワールドカップ以来の招集となった選手がおり、アジアカップからメンバー変更を行って臨んだ。

森保一監督は「チームの底上げ」をテーマに、どの選手が今の代表チームにフィットするのか、また初めて見る選手の能力を見極めることを目的としていながらも、「勝つことにこだわって戦ってほしい」とも語っていた。しかし、結果は敗戦。6万3000人を超える観客が見守る中で見せたサッカーには、多くの課題と、少しの収穫があった。

◆アジアカップ決勝と同じ課題
Getty Images
森保監督は前日の「アジアカップと新戦力をミックスして戦う」というコメント通りのスターティングメンバーで試合に臨んだ。

1トップに初招集の鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)、ボランチに山口蛍(ヴィッセル神戸)、センターバックに昌子源(トゥールーズ/フランス)と3名を新たに起用。既存の戦力との噛み合わせを考えてのメンバー選考となった。

森保体制になってから攻撃の中心となっている、2列目の中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)、堂安律(フローニンヘン/オランダ)がこの試合でも攻撃陣を牽引。それぞれの特徴を生かしてコロンビアゴールに迫った。

アジアカップを欠場した中島は、左サイドで攻撃の起点となり、縦へのドリブル突破や中央に切れ込んでのシュートなど持ち味を発揮。右サイドの堂安も、アジアカップでは結果を残せなかったが、中島が逆サイドに入ったことで一対一の仕掛けや積極的にシュートを放つなど良さを出した。

前半だけで決定機を少なくとも3度は作った日本だったが、得点を奪い切ることができず。前半をゴールレスで終えたが、この展開は失点こそしなかったものの、アジアカップ決勝のカタール代表選と同じだった。

アタッキングサードまでの展開は高いレベルを見せているものの、フィニッシュの精度は低く、シュートが枠に飛ばないことが多い。さらに、積極的にミドルシュートを打つ姿勢は良かったものの、それを生かしたライン裏を突く攻撃があまり見られず、攻撃の手詰まり感が否めなかった。
Getty Images
また、特に右サイドで堂安とサイドバックの室屋成(FC東京)が良い関係を築き、オーバーラップを促していたが、クロスの精度を欠いた。この辺りは以前にも指摘したが、攻撃参加だけでなく、中の状況を考えたクロスの精度が室屋の課題だろう。もちろん、2列目の選手も、サイドバックも、トップに初めて入った鈴木と合わせなくてはいけないということもあったが、チャンスを作っているだけにゴールが欲しい前半だった。

◆守備は及第点も…
Getty Images

一方の守備面は、前半は完璧に近い出来だったと言える。前線からのプレスもハマり、サイドでの勝負も負けず、中盤で奪い切ってからのショートカウンターという攻撃も見られていた。

立ち上がりに左右に振られてあわやというシーンがあったが、それ以外はコロンビアの攻撃を封殺。それだけに、前半のうちにゴールが欲しかったというのもある。

しかし、後半はハーフタイムで修正したコロンビア相手に、守備がハマらない時間帯が続いた。ボールの回し方、選手の立ち位置をコロンビアが変更したことに対し、日本は前半同様の守備を見せ、結果主導権を渡すことに。失点はハンドによるPKからだったとはいえ、やはり流れの中で変化に対応できないというもろさを見せた。

アジアカップの決勝でも同様の事態はみられ、カタールの攻撃に対応しないまま2失点。これが大きく響いての準優勝となった。さらに遡れば、ロシア・ワールドカップのベルギー代表戦も同様。相手の変化に対応できず、2失点を喫している。

日本代表にとって、この部分が最も欠けている部分であることは、これまでも何度も主張してきたが、今回の一戦でも同じ課題を露呈。早急に改善できることではないものの、2022年のカタール・ワールドカップ、それ以前の予選でも、同じ課題を残したままでは痛い目に遭う可能性はあるだろう。

◆対応力を見せた柴崎岳の戦術眼
Getty Images
そんな中でも、1つ気になったポイントは、ゲームキャプテンを務めた柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)のプレーだ。

この日は山口とボランチコンビを形成した柴崎だったが、攻守のリンクマンとしてプレー。慣れ親しんだ関係性もあり、互いに相手のカバーを意識してプレーしていた。特に柴崎は、ボールを奪った後のポジショニングに優れ、味方から自分へのパスコース、自分から味方へのパスコースを確保した位置どりを見せていた。クラブでの出場機会が限られている中で、改めて柴崎の能力の高さを見せた形となった。

また、後半のビハインド時、山口に代えて小林祐希(ヘーレンフェーン/オランダ)が入り、同点を目指して攻勢を掛ける状況となると、自らセンターバックの間に下りて、3バックの陣形に変更した。さらに、これに呼応するように小林はダイヤモンド型の中盤の底に入り、全体のバランスをとっていた。

この3バックの陣形は一時的なものであり、定かではないがベンチからの指示ではないように思う。となると、コロンビアの陣形に対してズレを生ませるための策であり、香川真司(ベシクタシュ/トルコ)や乾貴士(アラベス/スペイン)らを生かす形を作ろうとし手の行動だろう。ピッチ内での判断ができている状況であったと言える。

◆「再現性」を重視し「パターン」を作れるか
Getty Images
以前からも指摘している通り、日本代表に足りないことは攻守における「再現性」だ。ピッチ内で、いかに同じ形を作り出して攻撃、守備を再現するか。ここがこの先の戦いにおいては、最も重要になると考えられる。

しかし、招集する期間も短く、準備する時間も少ないことは承知の上。監督が意図することを体現するだけでも難しい中で、再現性を身につけることは簡単ではない。しかし、それは代表チームだからこそ、重要であると指摘したい。

短い時間の中でも一定の「パターン」を作ることで、選手はオートマチックに動くことが可能となる。決して能力が低いわけではない代表選手なのだから、監督やコーチングスタッフが局面ごとの「パターン」を用意することが大事になるだろう。

当然相手がいるスポーツであり、その「パターン」があれば勝てるわけではない。その時こそ、ピッチ内での判断力、個人の感覚が求められる訳であり、全てが個人の感覚と判断で動いていては、準備期間が短いからこそ個に頼らざるを得なくなってしまう悪循環に陥るだろう。その点は、監督以下、コーチングスタッフも同様だ。

強豪国を相手にした試合での「善戦した」、「チャンスは多く作っていた」、「良い形はあった」という類のフレーズとはそろそろお別れにしたい。その為にも、強豪国こそ持ち合わせる「再現性」、そして「パターン」を見つけるべきではないだろうか。
《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》
コメント