バルサ、トゥールーズ19歳CBが前倒し加入 背番号は「6」2019.02.01 09:35 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナは1月31日、トゥールーズに所属するU-20フランス代表DFジャン=クレール・トディボ(19)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月までの4年半。背番号は「6」を着用する。レアル・マドリーやユベントスも獲得に乗り出したトディボは1月8日、トゥールーズとの契約満了となる今シーズン終了後のバルセロナ移籍で合意。だが、1月31日付けにバルセロナが発表したところによれば、今冬加入の運びになったという。

トディボはトゥールーズ下部組織出身のセンターバックで、2016年にトップチームデビュー。2018年にU-20フランス代表に選ばれ、今シーズンはここまでリーグ・アン10試合に出場して1得点1アシストを記録した。
コメント
関連ニュース
thumb

サンプドリア、ボカから天才MFマローニを獲得! U-20W杯でアルヘンの10番

サンプドリアは25日、ボカ・ジュニアーズからU-20アルゼンチン代表MFゴンサロ・マローニ(20)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、マローニはサンプドリアと2024年6月30日までの5年契約にサインしており、前述のオプションは買い取り義務に近いものであるようだ。 2015年に生まれ故郷コルドバのクラブ、インスティトゥートで16歳でのプロデビューを果たしたマローニは、MFパブロ・アイマールやMFハビエル・パストーレらを髣髴とさせる創造性とパスセンスに長けた生粋のエンガンチェ。 2016年にアルゼンチン屈指の名門ボカ・ジュニアーズに引き抜かれると、2016年5月には17歳でトップチームデビューを飾った。しかし、その後は思うように出場機会を得られず、昨夏にタジェレスにレンタル移籍すると、ここまで公式戦19試合に出場し2ゴール1アシストの数字を残していた。 また、FIFA U-20ワールドカップではU-20アルゼンチン代表の背番号10を背負い2試合に出場していた。 2019.06.26 01:44 Wed
twitterfacebook
thumb

東京五輪出場逃したアッズリーニ、ディ・ビアージョ監督が退任…

イタリアサッカー連盟(FIGC)は25日、U-21イタリア代表を率いるルイジ・ディ・ビアージョ監督(48)の退任を発表した。 現役時代にローマやインテル、ブレシアで活躍した元イタリア代表MFのディ・ビアージョ監督は2007年にアスコリで現役を引退。その後、指導者に転身を図ると、2011年からU-20イタリア代表監督に就任。2013年からはU-21イタリア代表を6年間に渡って指揮してきた。 しかし、現在開催中のU-21欧州選手権ではスペイン、ポーランド、ベルギーと同居したグループAを2勝1敗の2位で終えると、3グループの2位チーム最上位に与えられる東京オリンピック出場権にわずかに届かず、アッズリーニを東京五輪出場に導くことはできなかった。 そして、25日に行われた公式会見に出席した同監督は、今大会限りでU-21イタリア代表監督を退任することを明かした。 2019.06.25 23:22 Tue
twitterfacebook
thumb

リヨンがエンドンベレ後釜を確保! フラメンゴの逸材MFが加入

リヨンは25日、フラメンゴからブラジル人MFジャン・ルーカス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は総額800万ユーロ(約9億7000万円)となる。 フラメンゴの下部組織出身のジャン・ルーカスは、高い身体能力と豊富な運動量を生かしたボール奪取能力に加え、攻撃面では縦への推進力、パワフルなミドルシュートを兼備するボックス・トゥ・ボックス型の181cmのセントラルMF。 2018年にトップチームデビューを飾ると、昨シーズンは公式戦23試合に出場。今シーズンはレンタル先のサントスにおいてホルヘ・サンパオリ監督の信頼を掴み、ここまでリーグ戦9試合に出場していた。 フランス代表MFポール・ポグバを自身のアイドルと語るジャン・ルーカスは、ブラジルの世代別代表歴はないもののブラジル国内の事情に精通するシウヴィーニョ新監督と、ジュニーニョ・ペルナンブカーノSD(スポーツ・ディレクター)が獲得した選手ということもあり、リヨンでの飛躍が期待される。 なお、ジャン・ルーカスはフランス代表MFタンギ・エンドンベレの後釜候補と見られており、同選手の加入によってエンドンベレのトッテナム移籍にも急速な動きがあるかもしれない。 2019.06.25 22:58 Tue
twitterfacebook
thumb

アヤックス、ベンフィカからレンタル中のポルトガル代表GKヴァレラのレンタル期間延長を発表!

アヤックスは24日、ポルトガル代表GKブルーノ・ヴァレラ(24)のレンタル契約に関して保有元のベンフィカとレンタル期間延長で合意に至ったことを発表した。レンタル期間は2020年6月30日までとなり、買い取りオプションは引き続き有効となる。 ベンフィカの下部組織出身のヴァレラはレンタル先のバジャドリーでトップカテゴリーでのキャリアをスタート。その後、2016年にヴィトーリア・セツバルに完全移籍し1シーズン目から正GKとして活躍。その翌年にはベンフィカが買い戻しオプションを行使し、古巣帰還を果たした。 昨シーズンはベンフィカの正GKとして活躍したが、今季はドイツ人GKオディッセアス・ヴラホディモスとのポジション争いに敗れて公式戦の出場はなかった。そして、今年1月末にシーズン終了までのレンタルでアヤックスに加入したが、同クラブでも公式戦の出場機会はなかった。 2019.06.25 04:45 Tue
twitterfacebook
thumb

昇格組ノリッジ、スイス代表FWドルミッチがフリーで加入!

ノリッジ・シティは24日、ボルシアMGからスイス代表FWヨシップ・ドルミッチ(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。7月1日から加入となる同選手は2022年6月30日までの3年契約にサインしている。 チューリッヒの下部組織出身のドルミッチは、2010年にトップチームデビュー。2013年にニュルンベルクに完全移籍で加入すると、不調に苦しむチームの中でキャリアハイの17ゴールを記録。その後、チームの降格に伴い、レバークーゼンへ完全移籍し、その翌年にはボルシアMGに加入。 しかし、近年は度重なる負傷に悩まされ、思うような活躍を見せられず、今シーズンはリーグ戦5試合で2ゴールの数字にとどまっていた。 なお、2012年にデビューを果たしたスイス代表では32試合に出場し10ゴール。直近のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズの2試合にも途中出場していた。 2019.06.25 03:57 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース