元リバプールのモハメド・シソコが仏2部ソショーに加入

2019.01.17 13:27 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ソショーは16日、元マリ代表MFモハメド・シソコ(33)の加入を発表した。契約は今季限り。背番号は「4」を着用するようだ。フランスのオセール出身のモハメド・シソコは、バレンシアやリバプール、ユベントスにパリ・サンジェルマンといったクラブでキャリアの全盛期を過ごした。2010年台半ばは、中国の上海申花、インドのプネー・シティなどアジアでプレー。その後は在籍1年未満でクラブを転々とし、直近では昨年7月に台湾の傑志に移籍していた。

昨季終了後に傑志と契約解除していたマリ人MFはこの度ソショーと半年契約を交わし、およそ5年ぶりにフランスに復帰することになった。

ソショーは現在リーグ・ドゥで17位に位置している。
コメント
関連ニュース
thumb

フランス2部で噛み付き事件発生、GKが左頬を噛まれる

リーグ・ドゥ(フランス2部)で噛み付き事件が発生したようだ。 事件が起こったのは17日に行われた、リーグ・ドゥ第7節のヴァランシエンヌvsソショーの一戦。試合は0-0のゴールレスドローに終わっていた。 しかし、両軍合わせてイエローカードが8枚、互いにファウルを22回ずつ取られる荒れた試合となっていたが、試合後には乱闘にまで発展していたようだ。 そんな中、ヴァランシエンヌの守護神でありこの試合を無失点に抑える活躍を見せたGKジェローム・プライヤーが左の頬を負傷。噛み付かれたと訴えたとのことだ。 噛み付いたのは、ソショーのMFウセイヌ・ティウネとのこと。プライヤーの左頬から出血していることが確認されていた。 この件に関しては、LFPが21日にも調査を開始するとのこと。現時点では真偽が定かではない。 一方で、ティウネは侮辱的な発言を受けて挑発されたと主張。その仕返しに噛み付いたと言っているようだ。 ソショーのオマール・ダフ監督は「選手は最初に何かが起こらなければ発狂することはない」とコメント。「試合の終盤に侮辱的なことを言われたと聞いた。しかし、もっと自分をコントロールしなければいけない」と侮辱発言が発端だとしながら、噛み付いた行為については良くないと考えているようだ。 噛み付き事件といえば、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがリバプール時代にチェルシーのDFブラニスラフ・イバノビッチに噛み付き10試合の出場停止、ウルグアイ代表として出場した2014年のブラジル・ワールドカップではイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニに噛み付き4カ月間の活動禁止処分が科されていた。 2020.10.19 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバ兄フロランタン、フランス2部のソショーと3年契約

リーグ・ドゥ(フランス2部)のソショーは18日、ギニア代表DFフロランタン・ポグバ(29)と2023年まで契約することを発表した。今後、メディカルチェックをパスした後、正式契約となる。 マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(27)の双子の兄の一人であるフロランタン。センターバックを本職にサイドバックでもプレー可能なレフティーは、これまでサンテチェンヌやトルコのゲンチレルビルリイ、そして直近ではメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドに在籍していたが、昨年末をもって退団し無所属の状態となっていた。 2020.05.18 23:00 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル、ソショーのU-17フランス代表主将MFアグメを獲得

インテルは5日、ソショーのU-17フランス代表MFルシアン・アグメ(17)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの3年間で移籍金は『フットボール・イタリア』によれば450万ユーロ(約5億5000万円)とのことだ。 カメルーン出身のアグメは、2014年からソショーでプレーするセントラルMF。2018年10月にプロデビューし、2018-19シーズンはリーグ・ドゥで15試合に出場していた。また、世代別の代表ではフランス代表を選択しており、現在U-17で主将を務めている。 プレースタイルはフランス代表の先輩であるMFポール・ポグバを髣髴とさせると称されており、バルセロナやマンチェスター・シティも獲得に興味を示していたとのことだ。 アントニオ・コンテ新監督率いるインテルは今夏、ヘルタ・ベルリンからオーストリア代表MFヴァレンティーノ・ラザロを、アトレティコ・マドリーからDFディエゴ・ゴディンを、サッスオーロからイタリア代表MFステファノ・センシを獲得しており、アグメはこの夏4人目の補強選手となっている。 2019.07.05 22:26 Fri
twitterfacebook
thumb

アラベス、ソショーからカメルーン代表MFフックスを獲得

アラベスは18日、カメルーン代表MFジャンド・フックス(21)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 フランスで育ったセントラルMFのフックスは、2015年5月にソショーでプロデビュー。ソショーでは公式戦116試合の出場で5ゴール7アシストを記録。今季はリーグ・ドゥで22試合に出場し、2ゴール2アシストをマークしていた。 世代別の代表ではU-20フランス代表まで招集されていたが、2018年11月に出身地でルーツのあるカメルーン代表に選出されている。 2019.06.19 00:41 Wed
twitterfacebook
thumb

カルジャがソショーと契約

過去にインテルなどでプレーしたモロッコ人MFウシーヌ・カルジャ(32)が、ソショーと契約を交わした。10日、クラブの公式サイトで発表されている。<br /><br />カルジャは2011年にインテルでプレーした後、フィオレンティーナへ移籍。2012年にアル・アラビに加入したが、昨年3月の試合で相手選手と乱闘騒ぎを起こして解雇となってから、公式戦でのプレーはなかった。<br /><br />ソショーは現在、フランス2部で11位につけている。<br>提供:goal.com 2014.10.11 06:45 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly