リーガの方が難しい…/原ゆみこのマドリッド

2019.01.06 14:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
「やっぱり荷が重いわよね」そんな風に私が呟いていたのは土曜日、2019年になって、スペインではどのチームより早くプレーしたレアル・マドリーがクラブW杯参加で延期されていたビジャレアル戦に勝てず、首位との差が1ポイントしか縮まっていないのを順位表で確認した時のことでした。というのも他のマドリッド勢が今年最初に挑む18節でバルサを迎えるのは弟分のヘタフェ。丁度、日曜はロス・レジェス・マゴス(東方の三聖人、スペインでは子供がプレゼントをもらう習慣がある)の祝日とあって、12月中にはもうコリセウム・アルフォンソ・ペレスのチケットは完売していたものの、彼らが勝ち点1でも掠め取って、兄貴分に少しでもいい顔ができるかどうかははなはだ疑問だったから。

実際、試合前の記者会見で話したボルダラス監督も「Cuando él está bien es muy difícil. No haremos nada especial/クアンドー・エル・エスタ・ビエン・エス・ムイ・デフィシル。ノー・アレモス・ナーダ・エスペシアル(彼が好調の時は難しい。ウチは特別なことをするつもりはないよ)」と、メッシに対する秘策がある訳ではなさそうでしたしね。おまけにいくらヘタフェが2018年を通じてのリーガ32試合で1試合平均失点が0.8、ヨーロッパではユベントス(0.6)、そしてもう1つの兄貴分であるアトレティコ(0.7)に次いで3番目に守備が固いチームだとしても、相手にはメッシ以外にもルイス・スアレス、デンベレと怖いFWが揃っているんですよ。

となると日曜午後8時45分(日本時間翌午前4時45分)からの試合では36才のエース、ホルヘ・モリーナやアンヘル、マタといったところのゴールを期待して、あとは何とか堅守で凌ぐみたいな方法ぐらいしかないんじゃないかと思いますが、さて。現在、ウエスカがこの冬の市場でのレンタル移籍に興味を示しているという噂もある柴崎岳選手はアジア・カップに参加する日本代表に招集されていませんが、新加入のサム・サイス(リーズからレンタル移籍)もデビューするかもしれませんし、その時間には兄貴分チームが両方とも自身の宿題を果たして、私も心おきなくヘタフェの応援をできるといいのですが…。

え、それでマドリーが3年連続クラブ世界チャンピオンとしてエスタディオ・セラミカでプレーした水曜のビジャレアル戦はどんなだったのかって?いやあ、クリスマス休暇明けにマルコス・ジョレンテが太ももを負傷、全治2,3週間となったため、クラブW杯決勝でMVPとなったその彼の代わりにボランチにカセミロが復帰した以外、同じベストメンバーで挑んだソラリ監督のチームだったんですけどね。相手も今季は降格圏近辺をウロウロという不調から、年が変わったのを機会に脱却したかったか、開始4分にはマルセロの裏を狙うため、右サイドに起用されたサム・チュクウェゼのラストパスをカソルラが決めて、早々にルイス・ガルシア監督率いるビジャレアルがリードすることに。

ただその時はマドリーのリアクションも早く、ルーカス・バスケスのクロスをベンゼマがヘッドして7分には同点、20分にはクロースのFKをバランが頭で決めてくれたため、前半のうちに逆転することができたんですが、そこから追加点が入らないんですよ。ええ、比較的暇だったGKクルトワも「ウチはボールを持っている時間も長かったし、相手より多く敵エリアに攻め込んでいるのを見たよ。No mucho, pero más que ellos/ノー・ムーチョ、ペロ・マス・ケ・エジョス(何度もではなかったけど、向こうよりはね)」と後で言っていたぐらいだったんですが、肝心なところでベンゼマやルーカス・バスケスがシュートを外してしまっては一体、どうしたものやら。

ベイルなどに至っては前半36分にはふくらはぎの痛みを訴え、ソラリ監督に呼ばれてから、アップに出るのに1分以上も時間をかけていたイスコとハーフタイムに代わりましたが、やっぱり合点がいきませんよねえ、彼が数試合おきにどこかをケガするのは。今回は左足のひらめ筋ということで、いえ、アンチマドリー的な記事が多いエル・パイス(スペインの一般紙)のマドリー番記者によると、「この筋肉は2足歩行する際、一番負担のかかる部位。ベイルは普段から、ゴルフ場通いで酷使している」そうなんですけどね。

更に試合後の会見でソラリ監督が「Ha recibido un golpe. Ha salido con una sobrecarga y no podía seguir/ア・レシビードー・ウン・ゴルペ。ア・サリードー・ウナ・ソブレカルガ・イ・ノー・ポディア・セギール(打撲を受けた。それで筋肉痛を起こして続けられなかった)」というコメントの揚げ足を取り、いくらTV局スタッフが映像を探しても接触プレーは見つからなかったとも書いていますが、これでベイルが左ふくらはぎを痛めるのは2013年にマドリーに加入して以来、実に9度目のこと。今回も全治10~15日間という予想が出ていて、折しもクラブW杯準決勝鹿島アントラーズ戦で負傷したアセンシオと復帰は同じぐらいになるのでは?

何にしても後半をリードして始めたマドリーだったんですが、15分もすると風邪気味だったモドリッチもバルベルデに交代。そしてあともう一息という38分のことでした。アーセナル時代から何年もヒサや足首の負傷に苦しみ、今季から古巣のビジャレアルで選手登録をされたカソルラがまたしてもゴールを決めたのは!ええ、今度はフォルナルスのクロスを「En entrenamientos pocos y en partidos oficiales este es el segundo/エン・エントレナミエントス・ポコス・イ・エン・パルティードス・オフィシアレス・エステ・エス・エル・セグンド(練習ではほとんどなくて公式戦ではこれが2本目)。イングランドで1回決めたよ」というヘッドで同点ゴールにしてしまったから、ビックリしたの何のって。

いやあ、彼は身長165センチと小柄なんですけどね。ああも周りに人がいなければ、199センチあるクルトワだってどうしようもない?結果、2-2で引き分け、せっかくクラブW杯で取り戻した楽観的ムードが消えてしまったマドリーでしたが、はい、その日、守備でのミスが目立ち、非難轟々だったマルセロも自身のインスタグラム(https://www.instagram.com/p/BsOSAyCBg9J/)で「Sempre tentando melhorar!Domingo tem mais.Vamo q vamo(いつもボクは改善しようとしている。日曜にはまた試合があるし、とにかく進もう)」と言っていましたしね。

ベイル、アセンシオ、ジョレンテ、マリアーノは出られないものの、今は日曜午後6時30分(日本時間翌午前2時30分)からのレアル・ソシエダ戦に気合を入れ直して立ち向かうしかないかと。ちなみに現在15位で、クリスマスのparon(パロン/リーガ休止期間)中にアシエル・ガイターノ監督を解任、Bチームのイナモル監督が昇格したソシエダではGKモヤが負傷し、サンティアゴ・ベルナベウのピッチには今季コパ・デル・レイ担当だったルリが立つことに。加えてマドリーからレンタル移籍中のテオが契約条項で出られなかったり、FWのサンドロも金曜の練習で右足を痛めたりとちょっと、人材面で不安があるのはマドリーにとって、都合がいいかもしれませんね。

そして金曜夜には18節のトップバッターとしてレガネスが臨んだんですが、うーん、相手は昨年最後の試合でアトレティコがグリーズマンのPKで1-0と勝利したエスパニョールだったんですけどね。その日はGKオブラクを前にいいところを見せられなかったボルハ・イグレシアスが前半8分、ダビド・ロペスのロングシュートがゴールバーに弾かれたところを頭で押し込み、これが決勝点となって、1-0で負けてしまったんですよ。今週はイングランド2部のミドルスブラからFWマルティン・ブライトバイテのレンタル移籍も決まり、来週水曜にはコパ16強対決1stレグでマドリーの本丸に乗り込むことが決まっている彼らだけにここは勢いをつけておきたいところでしたが、大丈夫。レガネスは16位ですから、今節中に降格圏に逆戻りということはないため、来週のウエスカ戦で下位との差を開けるように頑張ればいいかと。

一方、土曜のお昼の試合でバジャドリーに挑んだ、ここしばらく降格圏に沈んだままのラージョは開始30秒、まだホセ・ソリージャの観客も席に着いたか着かないうちにエンバルバのアシストでメドランがゴールをゲット。この1点を守って、いえ、残り4分にはアブドゥライ・バがチョップをエリア内で倒してPKを献上。勝ち点2が飛んで行くかと思わせたんですけどね。ミチェルのPKをGKデミトリエフスキが弾いてくれたため、そのまま0-1で勝利を掴み、年内最後のレバンテ戦に続いて2連勝とはお見事。順位は19位のままですが、これで残留ラインのビジャレアルと同じ勝ち点16になったとなれば、レガネスに32強対決で敗退した彼らにはコパがなく、1週間丸々練習に充てられますしね。時節のセルタ戦ではいよいよレッドゾーンを脱出できるかもしれない?

そして最後に日曜午後4時15分(日本時間翌午前0時15分)から、3位セビージャとの上位決戦に挑むアトレティコはというと。いやあ、年末は契約延長の話はまだ決まらないものの、ウルグアイでゴディンが挙式という華やかな話題があった彼らでしたが、年明けにはシメオネ監督が現在、第2子を妊娠中のアルゼンチン人モデル、カルラ・ペレイラさんと近々、入籍するという報道が。ちなみに彼には20年以上連れ添った前の奥さん、カロリーナ・バルディンさんとの間には息子が3人おり、23歳の長男、ジョバンニなどはすでにフィオレンティーナで活躍していたりするんですが、3年前に生まれた長女に続いて、今度は次女が誕生するのだとか。

まあ、それは余談ですが、水曜にはワンダ・メトロポリターノに1万人以上のファンを集めて新春公開練習を行ったチームはその後、マハダオンダ(マドリッド近郊)の練習場でセッションを続けていたんですが、相変わらず、リュカ、フィリペ・ルイスがリハビリ中で少数精鋭なのは同じながら、どうやらシメオネ監督はスタメン選びに疑問があったよう。ええ、ある日は仮想イレブンの左SBにファンフランを入れたかと思えば、翌日はサウールにしてみたり、ボランチもトマス、コケ、サウールで日替わりだったりと一定しなかったからですが、実際、誰が入ってもプレースタイルはほとんど変わりませんからね。

セビージャのマチン監督など、「Nos enfrentamos al equipo mas competitivo, me atreveria a decir, de Europa/ノス・エンフレンタモス・アル・エキポ・マス・コンペティティボ、メ・アトレベリア・ア・デシール、デ・エウロッパ(ウチはどこより競争力のあるチームと対決する。ヨーロッパ一番と言ってもいい)」と持ち上げてくれていましたが、いきなりアトレティコが見応えのするプレーを披露できる訳ではなし。1点差でも何でも勝って2位の座を死守、首位バルサとの勝ち点差3を守ってくれれば、とりあえずはいいといったところでしょうか。
【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。
コメント