シャルケ、ジョアン・マリオと本格交渉へ

2018.08.23 16:16 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケはインテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(25)の獲得を検討しているようだ。ドイツ『Spox.com』の報道を引用しイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている

▽伝えられるところによるとシャルケは今夏、バイエルンのドイツ代表MFセバスティアン・ルディ(28)をトップターゲットにしているものの、交渉は難航している模様。また、フランス人MFバンジャマン・スタンブリ(28)が21日にじん帯結合部のケガで数週間離脱を強いられたこともあり、ルディ側の回答次第ではターゲットを以前から関心を寄せていたジョアン・マリオに切り替え本格的に動くようだ。

▽一方、インテルのルチアーノ・スパレッティ監督から構想外となっているジョアン・マリオは今夏の移籍を模索しており、同選手にはベティスやセビージャなどの関心が寄せられていたが未だに契約には至っていない。なお、インテルは完全移籍で放出する場合は1800万ユーロ(約23億円)を求めるようだ。

▽先月のロシア・ワールドカップでもポルトガル代表の10番として全4試合に出場したジョアン・マリオ。2016年夏からインテルに在籍しているものの、目立った活躍が出来ず、昨シーズン後半は、ウェストハムにレンタル移籍していた。


関連ニュース
thumb

来年1月にでも…ユナイテッド、マルシャルの移籍容認か

マンチェスター・ユナイテッドは来年1月に公式オファーが届けば、フランス代表FWアントニー・マルシャル(25)を売ろうとしているようだ。 2015年夏にモナコから加入したマルシャル。公式戦48試合の出場で23得点をマークした2019-20シーズンを境に精彩を欠き続けている。 昨季は公式戦36試合に出場して、わずか7得点と前シーズンから大きく激減。今季もここまで出場した公式戦6試合で無得点と振るわない。 だが、それよりも問題視されるのが乏しいオフ・ザ・ボールの動き出し。攻守にアクションが足りず、空気と化す場面も少なくない。 そうした低調ぶりからファンの信頼も降下の一途を辿るなか、『Eurosport』がユナイテッドも売却しようとしていると報じた。 マルシャルとの契約をまだ3年間も残すユナイテッドだが、選手の代理人に来年1月の市場に向けて、移籍先探しを許可しているというのだ。 ただ、ユナイテッドは移籍金4000万ポンド(約60億9000万円)を要求。週給も25万ポンド(約3700万円)と高く、障害になり得るようだ。 なお、マルシャルはユナイテッドから移籍となれば、プレミアリーグ残留に前向きな様子だが、他リーグでのプレーも考慮しているという。 2021.09.24 10:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ダニエウ・アウベス新天地にフルミネンセが浮上!すでに正式オファーを提示か

ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)のフルミネンセ移籍が迫っているようだ。ブラジル『グローボ』が報じている。 16日にサンパウロとの契約解除が発表されたダニエウ・アウベス。2022年12月まで契約を残していたものの、クラブ側が給与の支払い問題を解決できず。最終的に契約解除となった。 新天地に関しては、ブラジル国内の3クラブに加え、海外の2クラブから関心を示されているが、『グローボ』によると、フルミネンセへの移籍が最有力となっているようだ。 報道によれば、フルミネンセは20日にダニエウ・アウベスへ正式オファーを提示。最初のオファーは拒否されたが、ダニエウ・アウベスの代理人から逆オファーを受けており、このオファーに基づいた新たなオファーを23日に提示した模様。 なお、ブラジル選手権の参加登録の締め切りは9月24日までとなっており、フルミネンセは本日中にもダニエウ・アウベスとの契約を締結する意向意向があるとのことだ。 2021.09.24 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

無所属ベンタレブがアンジェ移籍か? クラブは調整のため練習施設の使用を許可

昨シーズン限りでシャルケを退団した元アルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(26)がアンジェ移籍に向けて交渉中のようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。その後、2016年夏にレンタルでシャルケに加入すると、翌年2月に完全移籍に移行した。 シャルケでは、在籍5シーズンで公式戦107試合に出場し19ゴール9アシストの数字を残した一方、度重なる規律違反でクラブやファンの不興を買うことに。また、2020年1月にはニューカッスルへの半年間のレンタル移籍も経験していた。 その後、昨シーズン限りでシャルケとの契約が満了を迎え、以降フリーの状態が続いている。 なお、アンジェは23日、「感覚を取り戻し、スポーツの挑戦を見つけるために彼の体調を完璧にする機会を与える」と、現時点で契約は結んでいないものの、ベンタレブにコンディション調整の場としてトレーニング施設の使用を許可したことを明かしている。 2021.09.24 00:26 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、久保建英との契約延長を検討か?

レアル・マドリーが日本代表MF久保建英(20)との契約を延長することを検討しているようだ。スペインのラジオ局『Cadena SER』の番組『El Larguero』が報じている。 久保は2019年6月にFC東京からマドリーに完全移籍で加入。だが、トップチームのEU圏外枠の問題によってトップチーム登録は叶わず、ここまではマジョルカ、ビジャレアル、ヘタフェへのレンタル移籍を繰り返している。 今シーズンは古巣マジョルカへ2度目の武者修行に出ており、ここまではラ・リーガ6試合全試合に出場するなど、主力としてプレーしている。 『El Larguero』によると、久保には今夏の移籍市場においてスペイン国外から完全移籍でのオファーが舞い込んでいたものの、ラ・リーガでの更なる成長を望む同選手サイドがオファーを断っていたという。 また、マドリーは久保の将来性を高く評価しており、2024年6月までとなっている現行契約を延長することを検討しているようだ。 2021.09.23 22:33 Thu
twitterfacebook
thumb

カタール移籍のハメス、"PSG条項"が存在か

先日にカタールのアル・ラーヤン移籍が発表となったコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスだが、伝えられるところによると、ある特殊な条項が存在しているようだ。 昨夏に恩師であるカルロ・アンチェロッティ監督との深い結びつきもあり、レアル・マドリーからエバートン入りしたハメス。プレミアリーグ初挑戦となった中、ケガもありながら公式戦26試合の出場で6得点9アシストの活躍を披露した。 だが、今季からアンチェロッティ監督のマドリー復帰が決まり、後任にラファエル・ベニテス監督が就くと、一転して構想外に。ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)抵触の恐れがあるエバートンは売却を望んでいた。 そんな中で晴れて新天地が決まったハメス。アル・ラーヤンは、かつてフランス代表やパリ・サンジェルマン(PSG)を率いたローラン・ブランが監督を務めており、2022年のワールドカップに向けて、その開催地であるカタールをアピールの場として選んだ。 新たなスタートを切ることになったコロンビア代表MFだが、噂では珍しい条項が存在しているようだ。スペイン人ジャーナリストのマヌ・サインズ氏によると、PSGが要求した場合に限り、ハメスは無条件で移籍できることになっているという。 PSGはオーナーがカタール企業であることからアル・ラーヤンとも繋がりがあるようで、そのツテを利用した条項なのだという。アル・ラーヤンとの契約期間内である3年間は、いつでも発動可能とのことだ。 信憑性は定かではないが、ハメスにとってはモチベーションの上がる条件の一つと言っていいだろう。仮にPSG移籍が実現した場合、リーグ・アンはモナコに在籍していた2013-14シーズン以来となる。 2021.09.23 21:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly