クロアチア代表DFチョルルカ、12年間の代表キャリアに幕2018.08.13 08:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ロコモティフ・モスクワに所属するクロアチア代表DFベドラン・チョルルカ(32)が12日、自身のインスタグラム(corlukav05_14)を通じて、代表引退を表明した。▽チョルルカは2003年にディナモ・ザグレブでプロデビュー後、インテル・ザプレシッチ、マンチェスター・シティ、トッテナム、レバークーゼンでプレー。2012年夏からロコモティフ・モスクワに活躍の場を移した。クロアチア代表キャリアにおいては、2006年にA代表デビューを果たすと、通算103キャップ(4得点)を記録。3度のユーロ、2度のワールドカップ出場を誇る。

▽12年間の代表キャリアに幕を閉じるチョルルカは、「代表から離れるときが来た。無条件のサポートと愛に感謝する。みんながいなければ、これほどクロアチア代表に感情を抱くことはなかった」と感謝の言葉を綴った。
コメント
関連ニュース
thumb

ボカ・ジュニアーズ、ベンフィカからサルビオを獲得! 9年ぶりの母国帰還に

ボカ・ジュニアーズは18日、ベンフィカからアルゼンチン代表MFエドゥアルド・サルビオ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。 2008年にアルゼンチンのラヌースでキャリアをスタートさせたサルビオは、2010年1月にアトレティコ・マドリーに移籍。途中加入となった2009-10年シーズンはリーガエスパニョーラ13試合に出場も、外国人枠の関係で2011年にベンフィカにレンタル移籍し、翌年に完全移籍となった。 ベンフィカではサイドのスペシャリストとして公式戦266試合に出場で62ゴール54アシストを記録。昨シーズンは公式戦28試合で6ゴール5アシストの数字を残し、今年1月には2022年まで契約を更新していた。 なお、サルビオの獲得に成功したボカに関しては、今週末にも元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシ(35)の加入が噂されている。 2019.07.19 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

大連一方がベネズエラ代表FWロンドン獲得! ベニテス監督と再タッグ!

中国スーパーリーグの大連一方は19日、WBAからベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。同クラブが公式『インスタグラム(dalianyifangfc)』で同選手の加入を伝えた。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は、大連一方が1650万ポンド(約22億2000万円)に設定されていた契約解除金を満額支払ったと伝えている。 ロンドンに関しては、これまで昨季レンタル先のニューカッスル、ウェストハム、ウォルバーハンプトンなどプレミア勢からの関心が伝えられてきた。だが、ニューカッスルを退団し、今月2日に大連一方の新指揮官に就任したラファエル・ベニテス監督のリクエストを受けて、大連一方が獲得レースを制した。 母国ベネズエラのアラグアでキャリアをスタートしたロンドンは、ラス・パルマス、マラガ、ルビン・カザン、ゼニトを渡り歩き2015年にWBAに完全移籍した。昨季はWBAの降格に伴い、1年間のレンタル移籍でニューカッスルに加入すると、屈強なフィジカルを武器に攻め手に乏しいニューカッスルの中でリーグ戦32試合で11ゴール7アシストの活躍をみせ、チームの残留に大きく貢献した。 なお、大連一方にはベルギー代表MFヤニク・フェレイラ=カラスコとスロバキア代表MFマレク・ハムシクがすでに在籍しており、ロンドンの加入によって、アジア屈指のアタッキングユニットが誕生することになった。 2019.07.19 17:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ミケル&イガロがナイジェリア代表を引退! 「エジプトは始まりと終わりの場所」

トラブゾンシュポルに所属するナイジェリア代表MFジョン・オビ・ミケル(32)が18日、自身の公式『インスタグラム(mikel_john_obi)』で代表引退を発表した。 2006年にエジプトで行われたアフリカ・ネーションズカップで自身初の国際Aマッチデビューを飾ったミケルは、奇しくも同じエジプト開催となったアフリカ・ネーションズカップ2019、チュニジア代表との3位決定戦(ミケルは欠場も1-0で勝利)後に13年を過ごしたスーパーイーグルスからの引退を発表した。 「エジプトという国は僕が代表でのキャリアをスタートし、フィニッシュする場所になった。2006年に自分の国を代表して初めての国際大会に参加した。そして、2019年のアフリカ・ネーションズカップはスーパーイーグルスの一員としてプレーする最後の大会となった」 「僕の代表キャリアは2003年のU-17ワールドカップで始まった。代表チームが自分を世界の舞台に導いてくれたこと、国内外での素晴らしいキャリアを歩むうえで自分のスキルを披露するチャンスを与えてくれたことにとても感謝しているよ」 「今、僕は32歳になった。このタイミングで引退し、若手に役割を引き継ぐことが適切なことだと思っているんだ。彼らは今回のアフリカ・ネーションズカップで3位入賞という素晴らしい仕事を成し遂げてくれた」 「最後に過去15年間に渡ってこの国、代表チームを信頼して愛し、サポートし続けてくれたナイジェリアサポーターのみなさんに感謝を告げたい」 2006年に代表デビューを飾ったミケルは、代表通算88試合に出場し6ゴールを記録。2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会と2度のワールドカップ、5度のアフリカ・ネーションズカップ、2016年にはオーバーエイジ枠でリオデジャネイロオリンピックにも出場。代表チームでは南アフリカで行われた2013年のアフリカ・ネーションズカップ優勝、リオ五輪での銅メダルという栄誉を味わっていた。 また、『ESPN』が伝えるところによれば、上海緑地申花に所属するFWオディオン・イガロ(30)も今大会をもって代表を引退するようだ。 今回の3位決定戦でチームを3位フィニッシュに導く決勝点を記録したイガロだが、昨年から代表でのパフォーマンスに関して自国民から厳しい批判に晒されていた。それが愛する家族にも波及していることを受け、同選手は今大会での代表を決断。3位決定戦後には代表チームの仲間、スタッフに別れの挨拶を行ったとのことだ。 なお、2015年に代表デビューを飾ったイガロは、代表通算35試合に出場し16ゴールを記録していた。 2019.07.19 15:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、バルサが買い戻したククレジャを買い取りOP付きのレンタルで獲得

ヘタフェは18日、バルセロナのU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャ(20)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は600万ユーロ(約7億2500万円)とのことだ。 ククレジャは2日前、バルセロナによってエイバルから400万ユーロ(約4億8500万円)で買い戻されていた。 エスパニョールのユースから2012年7月にバルセロナの下部組織に入団したククレジャは、2018年7月にトップチームへと昇格すると、同年8月にエイバルへとレンタル移籍。2018-19シーズンはエイバルで左サイドバックや左サイドハーフなどでレギュラーとしてプレーし、リーガエスパニョーラで31試合に出場して1ゴール2アシストを記録していた。そしてシーズン終了後、エイバルに200万ユーロ(約2億4300万円)で買い取られていた。 なお、将来的にヘタフェがククレジャを他クラブに完全移籍させた場合、40%の移籍金がバルセロナに入るとのことだ。 2019.07.19 05:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ガラタサライ、降格フルアムからMFセリを買い取りOP付きレンタルで獲得

DF長友佑都の所属するガラタサライは18日、コートジボワール代表MFジャン・ミシェル・セリ(27)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 レンタル料は150万ユーロ(約1億8000万円)で、来季買い取る際の移籍金は1800万ユーロ(約21億7000万円)とのことだ。 2018年夏にニースからフルアムに加入したセントラルMFのセリは、昨季のプレミアリーグで32試合に出場して1ゴール3アシストを記録。主力としてプレーしていたが、チームは19位に沈み、1年での2部降格となっていた。 2019.07.19 04:20 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース