鳥取、後半4発ゴールラッシュ! C大阪U-23との同勝ち点対決制し5位浮上!《J3》

2018.07.21 20:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽明治安田生命J3リーグ第19節の5試合が21日に各地で行われた。

▽愛鷹広域公園多目的競技場で行われた3位・アスルクラロ沼津(勝ち点29)vs16位・FC東京U-23(勝ち点13)の一戦は、2-0で沼津が勝利している。

▽3試合無敗中の沼津と、リーグ戦7試合白星なしのFC東京U-23。試合はアウェイのFC東京U-23がチャンスを迎える。14分、ボックス内で矢島が倒されてPKを獲得。これを自らがキッカーを務め、右足を振り抜くもGK牲川に防がれてしまう。

▽ゴールレスのまま後半に入ると沼津が先制点を奪う。48分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、キッカーの砂森が左足でファーサイドを狙う。これがGK波多野の逆を突き、ボールは右サイドネットへ吸い込まれた。

▽先制点を奪った沼津はさらに57分、中盤でボールを拾った普光院がドリブルでボックス手前に持ち込んで右足シュート。相手の足に当たるもボールはゴール左へ突き刺さり、沼津が2-0とリードを広げた。

▽試合はそのまま終了し、沼津が4戦無敗とホーム負けなしを継続している。

▽ヤンマースタジアム長居で行われた5位・セレッソ大阪U-23(勝ち点24)vs6位・ガイナーレ鳥取(勝ち点24)の一戦は、4-0で鳥取が勝利した。

▽同勝ち点で並ぶ両者の一戦。試合はまずアウェイの鳥取がチャンスを迎える。16分、フェルナンジーニョのスルーパスに抜け出した加藤がボックス内でGKと一対一。ドリブルで突破を図ったが、GK永石に阻まれてしまう。

▽一方のC大阪U-23は28分、カウンターから喜田が右サイドにスルーパス。斧澤がワンタッチでボックス内に侵攻し、ボックス右から右足を振り抜くもわずかにシュートはゴール左外へと外れた。

▽ゴールレスのまま後半に入ると、鳥取が先制に成功する。50分、左サイドからのクロスをボックス内でレオナルドがシュート。これは対峙した相手DFに防がれたが、こぼれ球を拾い、ボックス右へ流す。これを受けたフェルナンジーニョが右足を振り抜くと、相手DFの股を抜いてゴール左隅へと突き刺した。

▽先制に成功した鳥取はさらに58分、フェルナンジーニョのクロスをレオナルドが頭で押し込んで追加点。これで勢いに乗った鳥取は60分、フェルナンジーニョのスルーパスに抜け出した加藤が鋭い切り返しから相手DFを一人かわしてゴールネットを揺らす。63分にもボックス手前での細かいパスワークから最後は再び加藤が押し込んで試合を一気に4-0とした。

▽このまま試合は終了し、ガイナーレ鳥取は連敗ストップ。同勝ち点同士対決を制して5位浮上を決めた。

◆明治安田生命J3リーグ第19節
▽7/21(土)
アスルクラロ沼津 2-0 FC東京U-23
SC相模原 1-1 福島ユナイテッドFC
藤枝MYFC 0-0 カターレ富山
FC琉球 1-1 Y.S.C.C.横浜
セレッソ大阪U-23 0-4 ガイナーレ鳥取

▽7/22(日)
グルージャ盛岡 vs ガンバ大阪U-23
AC長野パルセイロ vs ブラウブリッツ秋田
鹿児島ユナイテッドFC vs ザスパクサツ群馬
コメント
関連ニュース
thumb

岐阜の韓国人MFキム・ホが練習試合で負傷、ハムストリング肉離れで全治3カ月

FC岐阜は10日、MFキム・ホの負傷を発表した。 岐阜の発表によると、キム・ホは6月13日(土)に行われたツエーゲン金沢との練習試合で負傷したとのこと。左ハムストリング肉離れと診断され、全治は約3カ月とのことだ。 キム・ホは、韓国の高麗大学から今シーズン加入していた。 2020.07.10 12:40 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、新型コロナウイルスの影響で第3登録期間を特例で設定!10月にも新選手の登録が可能に

Jリーグは9日、選手の移籍に関して新たなルールを発表した。 今シーズンは新型コロナウイルスの影響で約4カ月中断。そのため、これまで2つだった登録期間に加え、第3登録期間を設定した。 2020シーズンは第1登録期間が1月3日(金)〜3月27日(金)、第2登録期間が7月31日(金)〜8月28日(金)に設定されているが、第3登録期間として、10月2日(金)〜10月30日(金)が設定された。 日本サッカー協会(JFA)では、国際サッカー連盟(FIFA)の規則に基づき、年2回の登録期間を設定していたが、2020シーズンは第1登録期間が新型コロナウイルスの影響を受けていた期間であったため、例外として第3登録期間の設定をFIFAが認めた形となった。 2020.07.09 19:35 Thu
twitterfacebook
thumb

八戸のMF村瀬勇太、DF須藤貴郁が負傷離脱、共に岩手戦で途中交代

ヴァンラーレ八戸は9日、MF村瀬勇太、DF須藤貴郁の負傷を発表した。 クラブの発表によると、ともに明治安田生命J3リーグ第2節のいわてグルージャ盛岡戦で負傷したとのことだ。 キャプテンを務めた村瀬は17分、自らピッチに倒れ込み試合が中断。1度の左足腓腹筋損傷と診断され、全治は4週間とのことだ。 一方の須藤も、65分に自らピッチに倒れ込み担架で運び出され途中交代。左足ハムストリングス損傷と診断され、全治は8週間とのことだ。 2020.07.09 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグチェアマン、審判員のPCR検査不受検公表遅れを謝罪 「私の失念」

Jリーグチェアマンの村井満氏が7日の第7回実行員会後、ウェブ会見に臨み、審判のPCR検査未受検報道にコメントした。 Jリーグは6月19日からJリーグ全56クラブの登録選手やチームスタッフ、Jリーグ登録審判員、その他関係者に対するPCR検査の順次実施を発表。同月24日に内訳非公開ながら陰性3058件、継続検査数12件の結果を公表すると、26日に最終報告として総数3070件の全陰性をリリースした。 しかし、先日の一部メディアにより、Jリーグ登録審判員が19日に行われたPCR検査を受けず、試合のジャッジを担ったことが明らかに。村井氏はこの件に関して「ひと言で言うと、私の失念」だと語り、公表に至らなかった背景を説明するとともに、陳謝した。 「ZOOM会議はビデオ録画され、(6月)19日の早朝の会議において、藤村(昇司)特命担当の方から全ての会議終了後に、(レフェリーを一箇所に集めるのが難しい)事情により『(検査は)7月4日からにします』と確かに報告があった」 「そうした報告を受けているのにもかかわらず、23日の会見で『選手・レフェリーでやります』と言っている私がいた。社内で共有されていたにもかかわらず、私が上の空で聞いていたのが全ての原因だと思っている」 「レフェリーの問題に関してはかねてから『(検査を)やる』と言っていたが、その報告を受けたのは(19日の)役員会だった。役員内で牽制が働かなかった。藤村の発言に委ねてしまって、個々の思考が停止してしまった可能性がある」 「私を含めて、役員一同、今回の件に関しては深く反省している」 当初こそ審判員も6月19日に検査予定だったが、プロフェッショナルレフェリーを除けば大半が本職があり、全国に散っている状況で一括検査の段取りを組むのが難しく、内部で今月4日の第2回から検査を行う方針に修正したが、その後の会見でも報告漏れが生じてしまい、公表が遅れてしまったという。 なお、4日の検査結果は8日に発表される見通し。定期報告に間に合わない場合、10日の最終報告で発表される予定だ。 2020.07.07 15:40 Tue
twitterfacebook
thumb

10日から観客動員となるJリーグ、都内を中心に感染者増加も「政府見解をベースに」

Jリーグと日本野球機構(NPB)は6日、「第11回 新型コロナウイルス対策連絡会議」を実施した。 7月10日から観客動員を予定されているJリーグとプロ野球だが、その点を踏まえた議論がなされた。 東京都では7月に入って以降、1日の感染者が100名を超える日が続くなど、第2波と見られる状況が発生。その他の地域でも、都内から移動した人を中心に感染者が出ている状況となっている。 Jリーグとプロ野球は10日から観客を入場させる方針だが、村井満チェアマンは「再開のあり方に関しては、政府の見解をベースに、様々な専門家会議での結果を受けている。7月10日、8月1日に関しては政府の見解をベースに行っていく。変更があるかどうかは注視していく」とコメント。また、「今日にでも答申が1つ出るという話もあったので、それを考慮して準備を進めていく」とし、方針を変えることは現時点では考えていないとコメントした。 また、三鴨廣繁氏(愛知医科大学大学院医学研究科臨床感染症学教授)は「実際は観客を入れるという方針自身は変えない。これは政府とも折衝が行われ、地域の保健所からも了解を得ている。8月から半数を迎えるということができるかどうか。細かく状況を見ていながら、決断をすべきだと思う」と見解を示した。 Jリーグでは、10日からは5000人、8月1日からはスタジアムの50%の入場が認められている。 東京都では感染者が確認されている現状について、賀来満夫氏(東北医科薬科大学医学部・感染症学教室特任教授)は「判断が難しい。今日も色々と話をさせていただいたのは、10日〜2週間の行動様式が今の結果に出ている。100名規模を下回らないかもしれない。状況をどういう風に判断するかというのは大切」とコメント。この先の感染者の状況をしっかりと判断する必要があるとしている。 2020.07.06 11:51 Mon
twitterfacebook