ドイツ6部クラブが過激なスポンサー獲得! ポルノ女優が胸スポンサーに

2017.10.04 01:49 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドイツ6部に所属するオーバーヴュルツバッハが、新シーズンに向けた胸スポンサーとしてポルノ女優のレナ・ニトロさん(30)と契約した。ドイツ『ビルト』が伝えている。

▽『ビルト』の伝えるところによれば、ドイツ6部に所属するアマチュアチームのオーバーヴュルツバッハは、ポルノ女優のレナ・ニトロさんと胸スポンサー契約を結び、ユニフォームの胸の部分には、レナさんの名前と公式ホームページのアドレスが記載されることになった。

▽オーバーヴュルツバッハでディレクターを務めるトルステン・ネルツ氏は、今回のスポンサー契約について以下のように説明している。

「我々は本当におかしな人間が揃ったチームなんだ。だから、新シーズンに向けてクレイジーなことをしたいと思っていた」

「そして文字通りの意味で、本当にホットなスポンサーが必要だということになった。その後、彼女と連絡を取り、2日後に契約締結に至った。みんなが素晴らしいアイデアだと思っているし、先日に我々のゴールキーパーと共に彼女とあったが、彼女は素晴らしい女性だよ」

▽なお、オーバーヴュルツバッハの新スポンサーとなったレナさんは、バイエルンのドイツ代表DFニクラス・ジューレをかなり小柄にして、可愛らしい感じにした見た目だ。

※画像はイメージ

◆ホットな新スポンサー獲得!
https://www.facebook.com/109102656481734/videos/vb.109102656481734/131457484246251/?type=2&theater

関連ニュース
thumb

ドルトムント、元恋人からDV疑惑で訴えられたシュルツに関する声明発表 現時点では懲戒処分は取らず

ドルトムントは7日、元恋人から暴行容疑で刑事告訴された元ドイツ代表DFニコ・シュルツ(29)に関する声明を発表した。 シュルツは2020年に当時妊娠中だった元恋人が出産する2週間前にお腹を蹴ったという疑惑が浮上。さらに、それ以外にも度重なるDV行為があったとして元恋人から刑事告訴されたことが、地元メディアで報じられていた。 この報道を受け、ドルトムントはシュルツ本人と代理人と話し合いを行い、状況を確認。刑事告訴の事実は確認されたものの、同選手が告訴の内容を完全に否定し、弁護士の助けを借りてこれらの申し立てから身を守ることを主張していることを明らかにした。 「ドルトムントは、ニコ・シュルツの私生活に関する刑事告訴に関する昨日のメディア報道を、プレーヤーと彼の代理人とすぐに会話する機会として捉えました。プレーヤーは自身に対する刑事告訴を否定しています。シュルツは、弁護士の助けを借りてこれらの申し立てから身を守ること、そして無罪の推定も主張することを私たちに知らせました」 「メディアが報道するまでドルトムントがこの一件に気づかなかったという主張は、非常に重く、BVBにとって衝撃的なものでした。ドルトムントはそれを非常に真剣に受け止めており、あらゆる形態の暴力から距離を置いています。ただし、クラブは訴訟の当事者ではなく、調査ファイルまたは明らかに提出された刑事告訴にアクセスすることはできません」 さらに、クラブはシュルツが無罪を訴えていること、捜査が初期段階であることを理由に、現時点では同選手に対して、懲戒処分などを行う考えはないことを伝えている。 「これは捜査の初期段階で保留中の手続きであり、ドルトムントの事実上および法的状況は今日の時点で非常に不明確であるため、現在、労働法および懲戒処分に関して信頼できる法的に確実な決定を下すことができません。ただし、クラブは、客観的に詳細を把握している時点で、いつでもそうする権利を留保します」 「ドルトムントは、現時点ではこれ以上のコメントは行いません」 シュルツはこれまでヘルタ・ベルリン、ボルシアMG、ホッフェンハイムを渡り歩き、2019年にドルトムントへ加入。加入以降は左サイドバックのバックアップを担っている。また、2018年にデビューを飾ったドイツ代表では通算12試合に出場しているが、2020年以降は招集から遠ざかっている。 2022.08.08 01:31 Mon
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの入団セレモニーパフォが過去の偉人と類似の声「ズラタンとロナウジーニョはオリジナル」

バルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキのプレゼンテーションに注目が集まっている。 8年間にわたって活躍したバイエルンを離れ、スペインに新天地を求めたレヴァンドフスキ。『433』はバルセロナでの入団セレモニーにおけるレヴァンドフスキのパフォーマンスを「見覚えがある」と、着目した。 大きく背中をそらせた状態で胸元にボールをコントロールや天を向いた状態の顔にボールを乗せるパフォーマンスをピックアップ。前者はミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチに、後者は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏のそれに似ているようだ。 過去にバルセロナでプレーをした偉人との比較画像には「ズラタンの方が良かった」、「ズラタンとロナウジーニョはオリジナル」、「彼は宿題をしました」、「ズラタンの方がうまくやった」などのコメントが寄せられている。 「サラリーは似ていないと思うが…」との声もあり、選手登録問題も未解決のバルセロナだが、レヴァンドフスキはピッチ上でサポーターを満足させることができるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】レヴァンドフスキの加入時パフォーマンスをズラタンやロナウジーニョと比較</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg7OeN-MmUa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg7OeN-MmUa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg7OeN-MmUa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.07 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

「世界一の贅沢写真」鷲見玲奈アナ、ユニ姿でネイマールらPSGトリオとの一枚に「最高に幸せですね」

フリーアナウンサーの鷲見玲奈さんも世界的スターとの出会いにご満悦のようだ。 TBS系で放送されている『炎の体育会TV』でレギュラーを務める鷲見さんは、6日に自身のインスタグラムを更新。番組に出演したパリ・サンジェルマン(PSG)の選手との一枚を公開した。 ユニフォーム姿でネイマール、セルヒオ・ラモス、キリアン・ムバッペとの記念写真を行った鷲見さん。PSGの3選手も口元を綻ばせている。 「すごすぎるスリーショットの中に、入れて頂きました。今回の体育会TVのゲストは世界的スター。パリ・サンジェルマンから、ネイマール選手、セルヒオラモス選手、エムバペ選手が来て下さいました!!!」 「大久保嘉人選手考案の、新!動く的20に挑戦して頂いたのですが、3選手ともすごく楽しそうで、大盛り上がりでした。それにしてもキック力と精度と修正力、どれをとっても超一流だったなぁ。Tverで見逃し配信もあるので、ぜひ!!!」 自身もサッカー経験を持つ鷲見さんへは、「鷲見さん、最高に幸せですね」、「凄すぎる!で、すまないって!」、「物凄く魅力的だったし面白かった」、「鷲見ちゃん、サッカーやってたんだもんね」、「羨ましい(笑)」、「世界のレジェンドと共演なんて凄い」、「世界一の贅沢写真ですネ」など、うらやむ声が多数寄せられているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ネイマール、セルヒオ・ラモス、キリアン・ムバッペとの記念写真を行った鷲見さん</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cg6zp1mPX3P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cg6zp1mPX3P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cg6zp1mPX3P/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">鷲見玲奈(すみれいな)(@sumi__reina)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.07 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

逃げ出した犬を確保、レイプや殺人脅迫の容疑で逮捕されたグリーンウッドが意外な形で目撃される

レイプ疑惑がかけられ逮捕されたマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表MFメイソン・グリーンウッドだが、久々にその姿が目撃された。イギリス『サン』が伝えた。 グリーンウッドは、ユナイテッドやイングランド代表での将来が期待されていた逸材。しかし、今年1月31日にレイプと暴行疑惑で逮捕。2月1日には性的暴行と殺人の脅迫の疑いで逮捕されていた。 ユナイテッドはこの逮捕を受けて全ての活動停止を言い渡した他、エレクトロニックアーツ(EA)は『FIFA 22』からグリーンウッドを削除。スポンサー契約を結んでいた「ナイキ」も契約を終了、チームメイトはインスタグラムのフォローを解除するなど、大きな影響が出ていた。 6月には審問があった中、現在は保釈中。捜査は今も進行中とされている。 当然のことながら表舞台には出てこなかったグリーンウッドだったが、意外な形でその姿を目撃されることとなった。 『サン』によれば、グリーンウッドは実家の近くで目撃されたとのこと。その理由は、両親が飼っている犬が逃げ出し、それを追いかけて捕まえたためだという。 まさかの形で姿を目撃されたグリーンウッドだが、まだ有罪かどうかは出ていない状況。両親は常に彼のそばで支えているといい、判決が出ているのを待っている状態のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】久々に姿を見せたグリーンウッド…髪型がかなり変化</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Mason Greenwood makes rare appearance following rape and GBH arrest<a href="https://t.co/oxPhCvTkh2">https://t.co/oxPhCvTkh2</a> <a href="https://t.co/aAlmvQVAyB">pic.twitter.com/aAlmvQVAyB</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1556032625697079298?ref_src=twsrc%5Etfw">August 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.07 19:55 Sun
twitterfacebook
thumb

「絶対に意図的ではない」「明らかに流した」大勝のPSG、ネイマールの得点呼んだメッシのタッチが見解分かれる

高い技術を持つ選手の微妙なワンプレーは、意図的か否かの判断が分かれるようだ。 パリ・サンジェルマン(PSG)は6日、2022-23シーズンのリーグ・アン開幕節でクレルモンとのアウェイゲームに臨んだ。クリストフ・ガルティエ新監督体制で連覇を狙う昨季王者は、開始9分にネイマールのゴールで幸先良く先制に成功。直前のリオネル・メッシのプレーに焦点が集まっている。 ボックス左に抜け出したパブロ・サラビアがゴールライン際でマイナスへ深く折り返すと、ニアへ入ったメッシの右足でのタッチから、ボックス中央のネイマールのゴールが誕生。右足を引くような動作は、コントロールミスにも、狙って後方へ流したようにも受け取れる。 プレーを見たファンの意見も分かれており、「絶対に意図的ではない」、「うーん、アシスト?」との懐疑的なコメントや、「明らかにボールを流した」、「流したからアシストとしてカウントできる」、「ミスだという人はアンチメッシの人」と、アシストを主張する声が上がっている。 意図するところは本人に訪ねなくては不明だが、仮にミスだったとしても「トラップ失敗…なのか?」と思わせるのは、これまでに見せてきた技やプレーの結果なのだろう。 試合はネイマールの1ゴール3アシストにメッシの2ゴールと、役者がきっちり仕事を果たし、5-0とPSGがリーグ・アン連覇に向けて最高のスタートを切っている。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシのプレーは意図的?トラップミス?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="lz-KF72Cryg";var video_start = 58;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.07 18:23 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly