FW本田圭佑はミランの10番! ミランがICCに臨むメンバー&背番号を発表!《ICC》

2016.07.26 12:16 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表FW本田圭佑が所属するミランは、プレシーズンマッチのメンバーと背番号を発表。本田は10番を背負って戦うようだ。▽ミランは、27日にバイエルン、30日にリバプール、8月3日にチェルシーとインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で対戦。プレシーズンマッチに臨むメンバーに本田の名前も入り、背番号は「10」であることが発表された。

▽その他、FWルイス・アドリアーノが昨シーズンの「9」から「87」に変更。また、FWエムバイェ・ニアンは「19」から「11」に、MFジョコモ・ボナヴェントゥーラは「28」からフィリップ・メクセスがつけていた「5」に変更となるなど、複数選手の背番号が変わっている。また、移籍が噂されているコロンビア代表FWカルロス・バッカはメンバー外となっている。ICCに臨むメンバーと背番号は以下のとおり。

GK
1.ディエゴ・ロペス
22.ガブリエウ
40.アレッサンドロ・リビエリ
99.ジャンルイジ・ドンナルンマ

DF
13.アレッシオ・ロマニョーリ
20.イグナツィオ・アバーテ
29.ガブリエル・パレッタ
30.ジェルソン・ベルガラ
31.ルカ・アントネッリ
42.イバン・デ・サンティス
96.ダビデ・カラブリア
93.ロドリゴ・エリー

MF
5.ジョコモ・ボナヴェントゥーラ
8.スソ
16.アンドレア・ポーリ
18.リッカルド・モントリーヴォ
33.ユライ・クツカ
43.マッティア・エル・ヒラリ
45.ニッコロ・ザネラート
91.アンドレア・ベルトラッチ

FW
10.本田圭佑
11.エムバイェ・ニアン
32.アレッサンドロ・マトリ
44.ルカ・ヴィド
87.ルイス・アドリアーノ
コメント
関連ニュース
thumb

元ブラジル代表のロナウジーニョ氏が新型コロナ陽性 自身インスタを通じて公表

元ブラジル代表FWのロナウジーニョ氏が新型コロナウイルス感染を明らかにした。 イベント参加で24日からブラジルのベロ・オリゾンテに滞在しているというロナウジーニョ氏は25日、自身インスタグラム(ronaldinho)のストーリー機能を用いて、自らの新型コロナウイルス陽性を報告した。 「新型コロナウイルスの検査を受けてみたら、陽性反応が出た。無症状で、元気だが、イベントを後回しにしないといけなくなってしまった。大きなハグを!」 これを追って報じたブラジル『Globo』によると、ロナウジーニョ氏は今後の検査で陰性反応が示されるまでの間、ベロ・オリゾンテのホテルで隔離措置に入る模様だ。 ブラジル代表通算97試合の出場数を誇り、人々を魅了するスキルで現役時代に一世を風靡したロナウジーニョ氏。最近、パラグアイ入国時の偽造パスポート使用容疑で5カ月ほど拘束されたが、8月に保釈され、ブラジル帰国していた。 2020.10.26 09:20 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第5節プレビュー】ミランvsローマが月曜に開催、冨安と吉田は強豪と対戦

前節行われたミラノ・ダービーではミランがFWイブラヒモビッチのドッピエッタでインテルの反撃を振り切り、開幕4連勝とした。そしてナポリがアタランタを4発粉砕する圧勝劇を演じた。迎える第5節は月曜にミランvsローマのビッグマッチが行われ、ボローニャDF富安とサンプドリアDF吉田の日本代表センターバックコンビは、それぞれ強豪ラツィオ、アタランタと対戦する。 まずはミランvsローマから。インテル戦ではコロナから復帰したイブラヒモビッチが前半に挙げた2ゴールをうまく守り抜き、リーグ戦では5シーズンぶりとなるダービー勝利を飾ったミラン。開幕4連勝とし単独首位に立った中、ダービー勝利でさらに勢いに乗ったロッソネロは、ローマをも飲み込むことはできるか。 対するローマは前節ベネヴェント戦では一時同点に追いつかれながらも終わってみれば5発圧勝とした。連勝で2勝1分け1敗スタートとした中、絶好調のミランに黒星を付けることはできるか。共に木曜にアウェイでのヨーロッパリーグを戦っているが、好ゲームを期待したい。 続いてラツィオvsボローニャ。ラツィオは前節サンプドリア戦ではFWインモービレを欠いた中、攻撃陣が沈黙してまさかの完敗(0-3)を喫した。それでも、火曜に行われたCLではうまく切り替え、ドルトムント相手に3-1の快勝を飾った。12季ぶりの出場となるCLで気持ちの良い勝利を飾って勢いに乗った中、リーグ戦での白星を取り戻せるか。 一方、リーグ屈指の攻撃力を誇るサッスオーロに4失点を食らって痛恨の逆転負けを喫したボローニャ。冨安はオウンゴールで相手の決勝点となる4失点目を献上し、悔しい結果となった。昨季得点王のインモービレがドルトムント戦でも1ゴール1アシストと活躍した中、冨安はインモービレを抑え込むことができるか。 そしてアタランタvsサンプドリア。ナポリ戦ではまさかの4失点完敗を喫し、開幕からの連勝が3で止まったアタランタ。それでも水曜に行われたCLではミッティラン相手に4-0の快勝でバウンスバックを果たした。攻撃陣が引き続き好調であることを示した中、セリエAで白星を取り戻せるか。 対するサンプドリアの吉田は前節ラツィオ戦では突破力に優れるFWコレアと相対し、見事に封じて見せた。これでチームは吉田が先発に戻ってから2連勝。良い流れに乗る中、アタランタの強力攻撃陣に対しても吉田が守備を締め、連勝を伸ばせるか。 クロトーネ戦を低調なドローで終えたユベントスは、火曜に行われたCLではディナモ・キエフ相手にFWモラタの2発で白星スタートとした。ただ、相変わらず内容は低調ですっきりしない試合が続いている。今節は2勝1分け1敗スタートのヴェローナが相手となるが、内容面で改善は見られるか。 そしてミラノ・ダービーに敗れたインテルは水曜に行われたCLボルシアMG戦では、FWルカクが2発を決め、優勢に試合を進めていたが2-2の引き分けに終わった。そのインテルはジェノアとのアウェイ戦に臨むが、公式戦4試合ぶりの勝利となるか。 最後にアタランタに4発快勝としたナポリは2勝2敗スタートのベネヴェントとのアウェイ戦で連勝を目指す。 ◆セリエA第5節 ▽10/23(金) 《27:45》 サッスオーロ vs トリノ ▽10/24(土) 《22:00》 アタランタ vs サンプドリア 《25:00》 ジェノア vs インテル 《27:45》 ラツィオ vs ボローニャ ▽10/25(日) 《20:30》 カリアリ vs クロトーネ 《23:00》 ベネヴェント vs ナポリ パルマ vs スペツィア 《26:00》 フィオレンティーナ vs ウディネーゼ 《28:45》 ユベントス vs ヴェローナ ▽10/26(月) 《28:45》 ミラン vs ローマ 2020.10.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン新戦力ハウゲ、加入後1stゴール! 「嬉しい。良い時間帯でのゴールだった」

ノルウェー代表FWイェンス・ペッター・ハウゲがミランでの1stゴールに喜びの心境を語った。『UEFA.com』が伝えている。 ミランは22日に敵地で行われたELグループステージ第1節でセルティックと対戦。2点リードで迎えた後半に追い上げを許したが、3-1の白星で飾り、見事に白星スタートを切った。 この試合でミランの勝利を決定づけたのが今夏に母国クラブのFKボテ/グリムトからやってきた21歳のハウゲだ。ウィングを本職とするハウゲは1点差の79分からピッチに入ると、後半アディショナルタイムにボックス中央から左足シュートを決め切った。 セリエA開幕から1試合の途中出場にとどまるなか、定位置奪取に向けて価値あるゴールを記録したハウゲ。試合後、ミラン加入後公式戦2試合目にしての初ゴールを喜んだ。 「このクラブでの1stゴールをゲットできて嬉しい。セルティックのプレッシャーに晒され、相手が引き分けに迫るなかで、良い時間帯でのゴールだったよ。3点目が試合を安全なものにした。そして、今の僕らはアウェイでの初戦を制して、良いポジションにいる」 セリエA開幕から無傷の4連勝を飾る勢いそのままELも見事に白星スタートを切ったミラン。ノルウェーの新たな逸材とうたわれ、ミランの門を叩いたハウゲも戦力として計算が立つ存在となれば、追い風となりそうだ。 2020.10.23 11:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ミランがセリエAに続いてELでも好発進! セルティック戦後にピオリが口にした好調の要因とは…?

ミランのステファノ・ピオリ監督がヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ白星発進に満足感を示した。『UEFA.com』が伝えている。 ミランは22日に敵地で行われたELグループステージ第1節でセルティックと対戦。2点リードで迎えた後半に追い上げを許したが、3-1の白星で勝ち切った。 セリエA開幕から無傷の4連勝を飾る勢いそのままELも見事に白星スタートを切ったミラン。ピオリ監督は試合後、結果を評価した。 「我々は正しいパーソナリティで試合をうまくコントロールした。後半はパスの精度が低く、終盤にリスクを冒してしまったが、我々からしてみれば、全体的に良いゲームだったと思う」 また、セルティック戦の勝利で今季開幕からいまだ無傷の戦いを披露するピオリ監督はその要因にも言及。充実したチーム状況を口にしている。 「チームスピリットに関して非常に満足だ。全員が同じ方向に向かって、一緒にプッシュし合っているのが好調の秘訣だと思う。我々は若いチームだが、全員が学び、成長しようとしている。1分たりともトレーニングを無駄にしない」 「良い結果はより自信をもたらすが、シーズン中に難しい場面もやってくるのもわかっている。若い集団だが、経験豊富な選手もヘルプしてくれる。私が最も気に入っているのは次の試合が最も大事だと常に考えている姿勢だ」 2020.10.23 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

好調ミランが敵地でセルティック撃破! 後半追い上げ食らうもハウゲ初弾で逃げ切る!《EL》

2020-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループH第1節、セルティックvsミランが22日に行われ、アウェイのミランが1-3で勝利した。 PK戦までもつれ込んだリオ・アヴェとの死闘を制してグループステージ進出を決めたミラン。ただ、セリエAでは直近のダービーでインテルを下すなど、開幕4連勝と好調を維持している。 26日にローマとのセリエAでのビッグマッチを控える中、インテル戦からのメンバー変更を5人に留めてイブラヒモビッチやGKドンナルンマ、ケシエ、テオ・エルナンデスを継続起用。一方、デビュー戦となるジオゴ・ダロトがクルティッチらと共に起用された。 立ち上がりは一進一退の攻防となったが、ミランの伏兵がいきなり仕事を果たす。14分、相手陣内右サイドでボールを持ったカスティジェホがカットインから左足インスウィングの絶妙なクロスを入れると、ニアにポジションを取ったイブラヒモビッチの後方から飛び出してきたクルニッチが頭で合わせてゴールネットを揺らした。 クルニッチの移籍後初ゴールで先手を奪ったミランは、古巣対戦で意気込むラクサールらを起点とする相手のサイドアタックにきっちり蓋をしながら、相手得意のセットプレーも冷静に撥ね返していく。 すると、前半終了間際の42分にはGKドンナルンマのスローイングからロングカウンターを発動。ハーフウェイライン付近でタメを作ったイブラヒモビッチのスルーパスにテオが快足を飛ばして抜け出すと、ボックス手前でキープして後方から攻め上がってきたブラヒム・ディアスに丁寧なパス。これを受けたディアスがDF2枚をドリブルで振り切り、ボックス右から右足のシュートを左隅へ流し込んだ。 これで余裕の展開となったかに思われたミランだったが、後半はセルティックの攻勢に遭う。立ち上がりからリスクを冒して攻める相手に押し込まれるも、最後の場面では相手のフィニッシュの精度の低さに助けられる。 流れを変えたいミランベンチは、週明けのローマ戦も意識してか、66分にイブラヒモビッチとケシエを下げてレオン、ベナセルをピッチに送り込む。 だが、中盤で強度を維持していたケシエ、前線で抑止力となっていたイブラヒモビッチの不在によって、より押し込まれる苦しい状況に陥る。そして、76分にはクリスティの左CKをM・エルヨナシに頭で決められて点差を縮められる。 これで完全に勢いづいたセルティックを前に守勢を強いられたミランは、ドンナルンマが遅延行為でカードをもらうなど、逃げ切りに向けて精いっぱいという状況が続く。 それでも、後半アディショナルタイムまでリードを維持すると、92分にはサレマカーズの斜めのパスに反応したペナルティアーク付近のハウゲが相手に寄せられながらもそのままゴール前まで持ち込んで試合を決定付ける3点目を決め切った。 そして、デビュー2戦目となったハウゲの値千金の初ゴールで勝利を大きく引き寄せたミランが難敵セルティックとのアウェイゲームを制し、今季のELグループステージを白星で飾った。 セルティック 1-3 ミラン 【セルティック】 M・エルユヌシ(後31) 【ミラン】 クルニッチ(前14) ディアス(前42) ハウゲ(後47) 2020.10.23 06:33 Fri
twitterfacebook