代表初ゴールを挙げたデル・アリを称えるホジソン「完璧に近いパフォーマンス」2015.11.18 09:49 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督が、代表初ゴールを挙げたMFデル・アリを称えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。▽イングランドは17日、国際親善試合でフランス代表と対戦した。先発出場を果たしたデル・アリは、39分にFWウェイン・ルーニーからの横パスを受けるとミドルレンジから右足を一閃。これがゴールネットに突き刺さり、代表初ゴールを挙げた。イングランドは48分にルーニーもゴールを奪い、フランスに2-0で勝利している。

▽試合後の会見に出席したホジソン監督は、19歳のデル・アリについて「完璧に近いパフォーマンスを見せてくれた」と手放しで称賛した。

「彼はトップクラスの片鱗を見せてくれた。まだまだ若く、今の段階でこういった経験ができたことは大きいはずだ。彼のパフォーマンスは多くの称賛を得るだろうが、それは正当なものだと思う。ただ、私は彼のプレーに対してそれほど驚きはない。これくらいはできると思ったからこそ招集したのだ」

「まだ19歳で、今日が新たな一歩だ。彼が慢心することなく学び続けるのならば、きっと素晴らしい選手に成長してくれるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

2連勝のイングランドが決勝T進出! 守護神奮闘のアルゼンチンは2戦未勝利《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第2節、イングランド女子代表vsアルゼンチン女子代表が14日に行われ、1-0でイングランドが勝利した。 初戦のスコットランド女子代表戦を2-1と勝利したイングランドと、なでしこジャパンに0-0と引き分けたアルゼンチンによる一戦。 立ち上がりからイングランドが押し込む展開で推移する中、27分にPKを獲得した。ミードの落としを受けたグリーンウッドがボックス左でブラボーに倒された。しかし、キッカーのパリスのシュートはGKコレアのビッグセーブに阻まれ、先制のチャンスを逸してしまう。 さらに41分にもイングランドに決定機。しかし、ボックス左からミードの放ったシュートは再びGKコレアのファインセーブに阻まれる。 イングランドが攻勢をかけながらゴールレスで迎えた後半、開始6分に決定機。セットプレーの流れからボックス中央のパリスがボレーシュート。だが、GKコレアの三度のファインセーブに阻止された。 さらに56分、テイラーのゴール至近距離からのヘディングシュートはGKコレアの正面を突いてしまった。それでも61分、イングランドがゴールをこじ開ける。ボックス左からのミードのダイレクトクロスをゴール前のテイラーが押し込んだ。 先制後もイングランドがハーフコートゲームを展開。追加点に迫るチャンスこそなかったものの、アルゼンチンの反撃を一切許さずに1-0で勝利。2連勝でグループステージ突破を決めた。 なお、最終節にイングランドと対戦するなでしこジャパンは引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる状況となった。 2019.06.15 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

ローズは正直な男! イングランド代表でのリバプール選手との再会に「正直しんどい」

トッテナムに所属するイングランド代表DFダニー・ローズがチャンピオンズリーグ(CL)決勝敗退後の苦難について率直に語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは1日に行われたCL決勝でリバプールと対戦し、0-2で敗れた。クラブ史上初のファイナルでの敗戦は同クラブでプレーする多くの選手にとって厳しい経験となったが、その中でもイングランド代表でプレーする選手にとってはより厳しいものとなっていたようだ。 スリーライオンズを率いるガレス・サウスゲート監督は、トッテナムとリバプールの選手を代表チームの主力に据えており、今回のUEFAネーションズリーグ・ファイナルズの2試合に向けてはトッテナムからローズ、DFエリック・ダイアー、MFデレ・アリ、FWハリー・ケインの4選手を招集。一方、リバプールからはDFトレント・アレキサンダー=アーノルド、DFジョー・ゴメス、MFジョーダン・ヘンダーソンの3選手が招集されていた。 ローズにとってCL決勝敗退後に対戦相手のリバプールの選手と共にキャンプを過ごすことは精神的に厳しいものがあったようだ。 「代表チームのためにプレーすることは必ずしも良い気分転換にはならないよ」 「先週末に敗れたリバプールのプレーヤーたちとキャンプを共に過ごすことはなかなかしんどいものだよ。彼らと顔を合わすたびに決勝で敗れた苦い記憶を嫌でも思い出してしまうからね。それは僕にとって不思議な経験だよ」 「僕にとって経験したことがないことだ。クラブで長いシーズンを戦い、疲弊した中でイングランド代表に合流した」 「もちろん、代表に選ばれることはいつでも素晴らしい機会だと思っている。そのことを歓迎しているし、誇りに思っているよ」 ローズのような経験はこれまでトップレベルでプレーしてきた多くの選手たちが経験してきたものであるが、負け惜しみのような捉えられ方もする可能性もあり、このように率直な形で表すケースは少ない。 だが、昨年にうつ病であることを告白するなど自分の気持ちに正直に生きているローズは、自身の率直な思いを今回語ることになった。 2019.06.11 14:01 Tue
twitterfacebook
thumb

前半の2発で逃げ切ったイングランドが初戦を白星で飾る!《女子W杯》

女子ワールドカップ(W杯)2019グループD第1節のイングランド女子代表vsスコットランド女子代表が9日に行われ、2-1でイングランドが勝利した。 なでしこジャパンと同グループに属するイングランドとスコットランドの一戦。試合は12分、カービーの右クロスがドハーティの手に当たると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、イングランドがPKを獲得。このPKをパリスがゴール左に決めた。 先制したイングランドは22分、右サイドを突破したブロンズのクロスからホワイトがボレーシュートを放ったが、これは相手GKが好セーブ。さらに23分には、ウォルシュの浮かせたパスでゴール前に抜け出したホワイトがヘディングシュートで流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 その後も主導権を握るイングランドは40分、敵陣でクリアボールを繋ぐと、カービーのパスでゴール前に抜け出したホワイトがゴール左にシュートを突き刺した。 後半に入っても攻撃の手を緩めないイングランドは、開始早々の46分に決定機。味方のスルーパスで相手DFの裏に抜け出したホワイトが、ボックス右から侵入し折り返しを供給すると、ミードがゴールネットを揺らしたが、ホワイトが抜け出した所でオフサイドを取られ、このゴールは取り消された。 スコットランドは79分に反撃。中盤でパスカットしたエバンスがドリブルでボックス付近まで持ち上がると、ボックス右へラストパス。駆け上がったエムスリーがワントラップからシュートをニアサイドに突き刺し、1点を返した。 しかし、スコットランドの反撃はここまで。2-1で勝利したイングランドが、初戦を白星で飾った。 2019.06.10 02:57 Mon
twitterfacebook
thumb

PK戦までもつれ込む激闘を制したイングランドがスイスを撃破し3位フィニッシュ《UEFAネーションズリーグ》

UEFAネーションズリーグ3位決定戦のスイス代表vsイングランド代表が9日に行われ、0-0のスコアで120分が終了。その後に行われたPK戦の結果、6-5でイングランドが勝利した。 5日に行われた準決勝のポルトガル代表戦をクリスティアーノ・ロナウドのハットトリックに沈んで1-3と敗戦したスイスは、ポルトガル戦からスタメンを2人変更。ザカリアやツバーに代えてエルベディ、エジミウソン・フェルナンデスをスタメンで起用した。 一方、オランダ代表に延長戦の末に敗れたイングランドは、オランダ戦からスタメンを7人変更。ラッシュフォードやサンチョ、バークリーらに代えてケインやリンガード、デレ・アリ、エリック・ダイアーらがスタメンに名を連ねた。 イングランドは試合開始早々にチャンスを迎える。リンガードのパスでボックス内に侵入したケインが右足を振り抜いたが、このシュートはクロバーを直撃。さらに14分には、ケインのパスをゴールエリア左手前に走り込んだスターリングが右足で合わせたが、これはGKゾンマーのセーブに阻まれた。 一進一退の展開が続く中、イングランドは29分に右サイドをオーバーラップしたアーノルドが相手GKとDFの間に絶妙なクロスを入れると、これにスターリングが反応するも、シュートは空振り。35分にも、アーノルドの右クロスからデレ・アリがヘディングシュートを放ったが、これは枠の上に外れた。 対するスイスは39分、ジャカのロングスルーパスでボックス左まで侵入したセフェロビッチが左足を振り抜いたが、このシュートは守備に戻ったマグワイアのブロックに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを作ったのはイングランド。55分、左サイドをオーバーラップしたローズがグラウンダーの鋭いクロスを供給すると、スライディングブロックに入ったシェアにディフレクトしたボールが枠を捉えたが、GKゾンマーがわずかに触り左ポストを直撃。 ピンチを凌いだスイスは56分、右サイドを持ち上がったシャキリがマイナスに折り返すと、ペナルティアーク右に走り込んだジャカがダイレクトシュート。しかし、これはGKピックフォードの好セーブに阻まれた。 勢いに乗りたいスイスだったが、立て続けにアクシデントに見舞われる。61分にE・フェルナンデスがザカリアと負傷交代すると、64分にもシャキリが負傷しツバーとの交代を余儀なくされた。 膠着状態が続く中、イングランドは75分にケインを下げてウィルソンを投入。すると84分、左サイドから仕掛けたスターリングのクロスをデレ・アリがヘディングシュート。これはクロスバーを直撃するが、こぼれ球をウィルソンが押し込んだ。 このゴールでイングランドの先制かと思われたが、ウィルソンがポジション争いの際に相手DFを倒しており、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)検証の結果、このゴールは取り消された。 結局、互いにゴールネットを揺らすことはできず。3位を懸けた一戦は延長戦に突入。迎えた延長戦、先にチャンスを迎えたのはイングランド。99分、アーノルドの左クロスをスターリングがヘディングシュート。GKゾンマーの弾いたボールにスターリングが詰めたが、これも相手GKのブロックに阻まれた。 延長後半、イングランドはリンガードとデルフを下げてサンチョとバークリーを投入。すると117分、イングランドはボックス右手前でスターリングがジャカに倒されてFKを獲得。このFKをスターリングが直接狙ったが、これはクロバーを直撃した。 結局、120分で決着がつかず試合はPK戦に突入。そのPK戦では、全員が成功したイングランドに対し、スイスは6人目のドルミッチが失敗。PKスコア6-5で勝利したイングランドが、UEFAネーションズリーグ3位に輝いた。 2019.06.10 01:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ゲートは開いてない? イングランド代表指揮官はチェルシー新監督の仕事に関心なし!

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲイト監督(48)は、チェルシーの新指揮官の仕事に興味がないようだ。イギリス『BBC』がイングランド代表指揮官のコメントを伝えている。 今シーズン、マウリツィオ・サッリ監督の下でヨーロッパリーグ(EL)制覇とプレミアリーグ3位フィニッシュを達成したチェルシー。しかし、以前からサポーターやクラブ幹部と折り合いがうまくいっていないイタリア人指揮官に関しては、今シーズン限りで契約を解消し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の後任としてユベントスと3年契約を結ぶことが決定的となっている。 そのため、新指揮官探しが急務となっているチェルシーでは、チャンピオンシップ(イングランド2部)で確かな手腕を発揮したダービー・カウンティのフランク・ランパード監督を始め、ワトフォードのハビ・グラシア監督、前述のアッレグリ監督らが候補として名前が挙がっている。 その状況の中、公式会見の場でチェルシーの新指揮官への興味を問われたサウスゲイト監督は、イングランド代表監督という特別な仕事への敬意を示している。 「(チェルシー行きに関心は?)ないよ。イングランドにコミットしている。ただ、それだけだ」 「(チェルシーへの)ドアを開けたままにしたり、話を保留にしたりと、自分の賭けに保険をかける必要はない。現時点で私がイングランドの職を辞して他の仕事を選ぶ可能性は全くないよ」 2019.06.09 20:01 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース