ホイビュルクがシャルケに1年間のレンタル 背番号は23番に決定2015.08.31 22:21 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
▽シャルケは31日、バイエルンからデンマーク代表MFピエール・ホイビュルク(20)をレンタルで獲得したことを公式発表した。背番号は23番に決定。契約期間は2015-16シーズン終了までの1年間となる。

▽2012年夏にブロンビーからバイエルンへ移籍したホイビュルクは、17歳251日の若さでブンデスリーガ最年少デビュー。その後も貴重なバックアッパーとして重宝されていたが、アウグスブルクからレンタルバックした今シーズンはここまで出番がなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

バイエルン、またシャルケGKを強襲か 次世代ノイアーの呼び声も高いドイツ人GK

バイエルンが、シャルケのドイツ人GKアレクサンデル・ヌーベル(22)に関心を寄せているようだ。フランス『フランス・フットボール』が伝えている。 2015年にシャルケに加入したパーダーボルンの下部組織出身のヌーベルは、抜群のショットストップ能力もさることながら、14歳までFWやMFをしていたこともあり、足元の技術にも優れたモダンなGK。パーダーボルン時代のチームメイトは「ほとんどのフィールドプレイヤーより足下は上手かった」と語る。 バイエルンは2011年にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーをシャルケから獲得しているが、ヌーベルはユース時代にその技術の高さからニックネームで“マヌエル”と呼ばれていたそう。さらに、ヌーベルがブンデスリーガデビューから最初の6試合で記録したシュートストップ率80%、失点4という成績は、ノイアーのそれと全く同じだという。 その次世代ノイアーへの関心についてバイエルンのウリ・ヘーネス会長は先日、「それは移籍金2500万ユーロ(約31億円)以下の取引になるだろうから担当は私ではなくスポーツ・ディレクターの方だ。私は何も答えられない」とコメントし、否定しなかった。 なお、今季はここまでリーグ戦14試合に出場し26失点。3度のクリーンシートを数えている。 2019.04.25 19:23 Thu
twitterfacebook
thumb

シャルケ、今季2度目の規律違反犯したベンタレブを再びリザーブ送り

シャルケは24日、クラブの規律違反に対する処分としてアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブを再びU-23チーム(リザーブチーム)に降格させることを発表した。 前ドメニコ・テデスコ体制でも複数選手の規律違反が問題視されていたシャルケでは、先月に負傷してプレー不可能だったベンタレブがホーム開催のRBライプツィヒ戦に無許可でスタジアムに訪れなかったことを問題視されて1度目のリザーブチーム送りとなっていた。 その後、出産を控えた夫人に付き添う旨をクラブに伝える義務を怠っていたことを謝罪。さらに、リザーブチームでの真面目な練習態度が評価され、2週間後に再昇格を果たしていた。 しかし、現時点で内容は不明も今回新たに規律違反を犯したことで、今季2度目のリザーブ送りが決定した。 2019.04.24 22:24 Wed
twitterfacebook
thumb

長谷部フル出場のフランクフルト、ラストプレーのPK弾でシャルケに競り勝ち6連勝!4位を死守!《ブンデスリーガ》

フランクフルトは6日、ブンデスリーガ第28節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-1で競り勝った。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。 前節シュツットガルト戦を快勝して5連勝とし、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上したフランクフルト(勝ち点49)は、公式戦14試合負けがない中、長谷部がリベロで引き続きスタメンとなった。 テデスコ監督を解任して前節ハノーファー戦を勝利した14位シャルケ(勝ち点26)に対し、開始3分にショートカウンターに転じたフランクフルトが決定機。しかし、ゴール至近距離のヨビッチのダイレクトシュートはGKヌーベルのビッグセーブに阻まれた。 続く7分にもレビッチのヒールシュートでゴールに迫ったフランクフルトは、13分に順当に先制した。コスティッチのスルーパスに抜け出したレビッチがボックス左に侵入し、GKヌーベルを巧みにかわしてシュートを流し込んだ。 さらに14分にもヒンテレッガーのロングシュートでゴールに近づいたフランクフルトだったが、21分にワンチャンスで同点とされる。FKの流れからエンボロのヘディングシュートはGKトラップが好守で凌ぐも、ルーズボールをゴールエリア左のセルダーに詰められた。1-1となって以降は膠着状態が続き、互いに目立ったチャンスなく後半へ折り返した。 迎えた後半開始7分、後半から投入されていたパシエンシアがFKから決定的なヘディングシュートを放ったフランクフルトだったが、再びGKヌーベルのビッグセーブに阻まれた。直後のCKから相手選手のヘディングでのクリアがゴールに向かったが、ここもGKヌーベルのファインセーブに阻止され、フランクフルトは勝ち越せない。 その後もフランクフルトがボールを持つものの、パシエンシアがブレーキとなって決定機を生み出すには至らない。そのまま引き分けが濃厚かと思われたが、ラストプレーの追加タイム6分、フランクフルトに決定機が生まれる。コスティッチのミドルシュートがボックス内のカリジウリのハンドを誘ってPKを獲得。これをヨビッチが決めて劇的勝利を飾ったフランクフルトが連勝を6に伸ばし、4位を死守している。 2019.04.07 00:40 Sun
twitterfacebook
thumb

昨年の“レヴィア・ダービー”での違反行為でシャルケにDFBから制裁

ドイツサッカー連盟(DFB)は2日、昨年12月に行われたシャルケvsドルトムントの“レヴィア・ダービー”でシャルケサポーターが起こした過激な行動に対し、チームに制裁を科した。 シャルケサポーターは、昨年12月8日に行われたブンデスリーガ第14節のドルトムント戦において、試合前のコレオグラフィを掲げる際に発煙筒を焚いたことに加え、試合中には相手を侮辱する内容が書かれたバナーを掲げるなど、不適切な行為が見受けられていた。 これを受けたDFBは、シャルケに2万7000ユーロ(約340万円)の罰金処分を科すことを決定。ただす、その内の9000ユーロ(約112万円)については、セキュリティのためのインフラ等へ投資することが可能となっており、その際は10月31日までにDFBへ報告を行うことが義務付けられている。 なお、シャルケは今回の処分を受け入れており、すでに処分は確定している。 2019.04.03 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

原口&浅野が出場のハノーファー、セルダー弾に沈みリーグ戦6連敗…《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第27節のハノーファーvsシャルケが31日に行われ、0-1でシャルケが勝利した。ハノーファーのMF原口元気はフル出場、FW浅野拓磨は75分から出場した。 リーグ戦5連敗中の18位ハノーファー(勝ち点14)が、15位シャルケ(勝ち点23)をホームに迎えた一戦。6試合ぶりの勝利を目指すハノーファーは、[4-2-3-1]の布陣を採用。原口が右MFでスタメンとなり、浅野はベンチスタートとなった。 試合は立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ハノーファーは19分に決定機。右CKのこぼれ球を逆サイドで拾ったアルボルノスが左クロスを供給。相手DFのクリアボールをボックス中央のヴァイダントがボレーシュートで合わせたが、これは相手GKが好セーブに防がれた。 対するシャルケは39分、右サイドを持ち上がったスタンブリのクロスをニアサイドのセルダーがワントラップから右足でゴール左隅にシュートを流し込み、先制に成功した。 迎えた後半、1点を追うハノーファーはソルグを下げてムスリジャを投入。原口が右サイドバックにポジションを移す。 すると51分、原口からのパスを受けたムスリジャの右クロスをゴール前のヴァイダントがヘディングシュート。さらにゴール左に逸れたボールをN・ミュラーがダイビングヘッドで合わせたが、これはオフサイドの判定となった。 膠着状態が続く中、ハノーファーは75分にマイナを下げて浅野を投入。すると77分、ボックス右で浅野からの折り返しを受けた原口のラストパスをボックス中央に走り込んだN・ミュラーがシュート。しかし、これはGKヌーベルがファインセーブ。 1点が遠いハノーファーは、80分にもボックス右でロングパスを収めたN・ミュラーの落としを受けた原口がペナルティアーク内まで切り込みシュートを狙ったが、これは相手DFに当たりゴール左に外れた。 結局、試合はそのまま0-1で終了。後半だけで12本のシュートを放ったハノーファだが、最後まで1点が遠くリーグ戦6連敗となった。 2019.04.01 00:35 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース