MLSの年俸リストが発表! 最高額はカカ!!

2015.07.18 12:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
▽メジャー・リーグ・サッカー(MLS)選手組合は17日、リーグに登録された全選手の年俸リストを明らかにした。同組合の公式サイトで発表されている。

▽最高年俸は、オーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカの約717万ドル(約8億9000万円)。2位はトロントFCのイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコの約712万ドル(約8億8000万円)、3位に同じくトロントFCのアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーの650万ドル(約8億600万円)が続いた。

▽今夏からLAギャラクシーの一員となった元イングランド代表MFFスティーブン・ジェラードは約633万ドル(約7億8500万円)で4位。同じくLAギャラクシーに所属するアイルランド代表FWロビー・キーンは450万ドル(約5億5800万円)で9位、同クラブに加入したばかりのメキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントスは410万ドル(約5億860万円)で10位にランクインした。

▽今夏からニューヨーク・シティでプレーする元イングランド代表MFフランク・ランパードは、600万ドル(約7億4400万円)で5位。同じくニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャは561万ドル(約6億9600万円)で6位に入った。一方、2人と同じサラリーキャップ(選手総年俸上限値)外の「デジグネイティッド・プレーヤー」であるイタリア代表MFアンドレア・ピルロは約232万ドル(約2億8800万円)でトップ10圏外となっている。MLSの年俸トップ10は以下の通り。

◆MLS年俸トップ10
1.カカ(オーランド・シティ)
約717万ドル(約8億9000万円)

2.セバスティアン・ジョビンコ(トロントFC)
約712万ドル(約8億8000万円)

3.マイケル・ブラッドリー(トロントFC)
650万ドル(約8億600万円)

4.スティーブン・ジェラード(LAギャラクシー)
約633万ドル(約7億8500万円)

5.フランク・ランパード(ニューヨーク・シティ)
600万ドル(約7億4400万円)

6.ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)
561万ドル(約6億9600万円)

7.ジョスマー・アルティドール(トロントFC)
475万ドル(約5億8900万円)

8.クリント・デンプシー(シアトル・サウンダース)
約460万ドル(約5億7000万円)

9.ロビー・キーン(LAギャラクシー)
450万ドル(約5億5800万円)

10.ジョバニ・ドス・サントス(LAギャラクシー)
410万ドル(約5億860万円)


関連ニュース
thumb

「怪我しなくて良かった」古橋亨梧の“膝スラ失敗”シーンが反響、ズッコケ仕草に「母性をくすぐる可愛らしさ」

セルティックの日本語版公式ツイッターが、日本代表FW古橋亨梧のゴールパフォーマンスを取り上げた。 5日、セルティックはスコティッシュ・プレミアシップ第2節でロス・カウンティと対戦。試合は1-3で勝利し、開幕2連勝を達成した。 古橋は3トップの中央で先発すると、0-0で迎えた48分にジョタの折り返しを詰め、先制点をマーク。嬉しいシーズン初ゴールを記録した。 ゴールを決めた古橋はその勢いのままスタンドの方へと駆け寄りヒザからスライディング。しかし、芝が乾いていたのか足を取られてしまい前のめりにズッコケてしまった。 セルティックのツイッターがこの場面を紹介すると、ファンも反応。「膝スラまではかっこいいのにかわいいな」、「なんて尊い」、「いつまでも母性をくすぐる可愛らしさであります」といった声が集まった。 また、「怪我しなくて良かった」、「怖くてできない」、「こういうシーン見るたびに痛くないのか?って思うんだけどどうなん?」など心配する声も寄せられている。 ピッチに倒れ込んだ古橋だったが、チームメイトたちから手荒い祝福を受けた後は、お笑い芸人・空気階段の水川かたまりが提案したという右手を回しながら「サイコゥ!サイコゥ!サイコゥ!」と叫ぶパフォーマンスも披露し、ファンを沸かせていた。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋が“膝スラ失敗”で思い切りズッコケ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今週のGIF画像はこちら!今季初ゴールを決めたキョーゴのずっこけシーンと集まるチームメイトたち <a href="https://t.co/rb8WJmUCBF">pic.twitter.com/rb8WJmUCBF</a></p>&mdash; Celtic FC Japan (@CelticFCJPN) <a href="https://twitter.com/CelticFCJPN/status/1556775511996526592?ref_src=twsrc%5Etfw">August 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】“膝スラ失敗”直後には「サイコゥ!サイコゥ!サイコゥ!」と叫ぶパフォーマンスも披露</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="1mOWkAOrvek";var video_start = 36;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.08.09 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ソシエダのオーストラリア代表GKライアンがコペンハーゲンへ完全移籍…2年契約

FCコペンハーゲンは9日、オーストラリア代表GKマシュー・ライアン(30)をレアル・ソシエダから完全移籍で獲得することを発表した。 契約期間は2024年6月までの2年間となる。 ライアンはセントラル・コーストから2013年7月にクラブ・ブルージュへ移籍し、ヨーロッパでのキャリアがスタート。その後、バレンシア、ヘンク、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、アーセナルでプレー。2021年7月にブライトンからソシエダへと完全移籍した。 ソシエダでは控えGKとしてプレーすると、ラ・リーガで3試合、ヨーロッパリーグで3試合、コパ・デル・レイで3試合に出場していた。 2022.08.09 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロがボカ・ジュニアーズに移籍!

元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(35)が8日、ボカ・ジュニアーズに加入した。契約は2024年12月31日までとなる。 母国ラシン・クラブ出身で、2007年に加入したAZを足がかりに欧州進出を果たしたロメロ。2015年から2021年にかけてはマンチェスター・ユナイテッドに在籍し、バックアッパーながら2016-17シーズンのヨーロッパリーグ優勝に貢献。昨季はヴェネツィアに移籍するも、シーズン後半はヒザの負傷に悩まされ、セリエA16試合の出場に終わった。 契約満了でフリーとなった35際には今夏、イングランド人GKリー・グラントが現役を退団したユナイテッドが再獲得に動いていたが、新天地は母国の名門クラブに。実に15年ぶりのアルゼンチン復帰を果たしたロメロは、今回の移籍をステップアップだと意気込んでいる。 「ご存知のように、先週ラシンでトレーニングをしていた時にボカから打診があった。よく考えた結果、受けることにしたよ。この機会に満足している。これはキャリアにおいてステップアップだと思っているよ」 2022.08.09 15:45 Tue
twitterfacebook
thumb

トレイラ&メルテンスのガラタサライ入りが正式決定!

ガラタサライは8日、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(26)とベルギー代表FWドリエス・メルテンス(35)の獲得を正式発表した。トレイラは2026年までの契約にサイン。メルテンスは2023年までの契約でガラタサライ入りとなる。 トレイラは2018年夏にサンプドリアからアーセナルに加入したものの、ミケル・アルテタ監督から評価されず、過去2シーズンはレンタル生活。昨季はフィオレンティーナでプレーしたが、買い取りが叶わず、更なる移籍が既定路線だった。 一方のメルテンスは過去9シーズンにわたり、ナポリでプレー。公式戦通算397試合の出場数を誇り、クラブ史上最多の148ゴールと90アシストを記録して長らく攻撃陣をリードしたが、契約更新に至らず、今夏にフリーの身となっていた。 そんな両選手は移籍先を巡って様々な憶測が流れたが、ガラタサライが6日にそれぞれとの交渉を明らかに。トルコ行きが秒読み段階にあった。 2022.08.09 10:20 Tue
twitterfacebook
thumb

解説も思わず「バレーボール」と表現…頭上を越されたDFキエッリーニが思わず“大胆ブロック”「腹抱えて笑った」

ロサンゼルスFC(LAFC)の元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニがバレーボールばりのブロックを見せた。 今夏に17年間在籍したユベントスからメジャーリーグサッカー(MLS)のLAFCへと加入したキエッリーニは、早速センターバックの定位置を確保すると、7日に行われたMLS第27節のレアル・ソルトレイク戦にも先発出場を果たす。 試合はアウェイのLAFCが優位に進め、1-3と2点リードで後半の60分を迎える。さらに追加点を目指し攻めあがっていたLAFCだが、ボールを奪われるとロングボールを出され、一気にカウンターのピンチを迎える。 しかし、そこは百戦錬磨のキエッリーニ。ハーフウェイライン付近でロングボールを処理しようとするが、目測を誤ったのか、ワンバウンドしたボールにヘディングが届かず、キエッリーニは咄嗟に両手を挙げてブロックした。 当然、キエッリーニには警告が出され主審はイエローカードが提示。だが、後ろに通されていれば失点のピンチにもなっていたため、イエローカード1枚で済めば御の字というところか。 現地の解説も「バレーボール」と表現したこのプレーは「キエッリーニらしい」、「さすがだ」、「バレーボールかよ」、「腹を抱えて笑ったよ」、「スポーツ間違えてる」とファンの笑いを誘っているようだ。 なお、失点を許さなかったLAFCは、途中出場のFWガレス・ベイルの追加点もあり、1-4の大勝を収めている。 <span class="paragraph-title">【動画】キエッリーニが咄嗟に見せた“大胆ブロック”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">No hands allowed, <a href="https://twitter.com/chiellini?ref_src=twsrc%5Etfw">@chiellini</a> <a href="https://t.co/3sNIGDobRs">pic.twitter.com/3sNIGDobRs</a></p>&mdash; Major League Soccer (@MLS) <a href="https://twitter.com/MLS/status/1556129122795094021?ref_src=twsrc%5Etfw">August 7, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.08 21:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly