MLSの年俸リストが発表! 最高額はカカ!!

2015.07.18 12:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
▽メジャー・リーグ・サッカー(MLS)選手組合は17日、リーグに登録された全選手の年俸リストを明らかにした。同組合の公式サイトで発表されている。

▽最高年俸は、オーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカの約717万ドル(約8億9000万円)。2位はトロントFCのイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコの約712万ドル(約8億8000万円)、3位に同じくトロントFCのアメリカ代表MFマイケル・ブラッドリーの650万ドル(約8億600万円)が続いた。

▽今夏からLAギャラクシーの一員となった元イングランド代表MFFスティーブン・ジェラードは約633万ドル(約7億8500万円)で4位。同じくLAギャラクシーに所属するアイルランド代表FWロビー・キーンは450万ドル(約5億5800万円)で9位、同クラブに加入したばかりのメキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントスは410万ドル(約5億860万円)で10位にランクインした。

▽今夏からニューヨーク・シティでプレーする元イングランド代表MFフランク・ランパードは、600万ドル(約7億4400万円)で5位。同じくニューヨーク・シティの元スペイン代表FWダビド・ビジャは561万ドル(約6億9600万円)で6位に入った。一方、2人と同じサラリーキャップ(選手総年俸上限値)外の「デジグネイティッド・プレーヤー」であるイタリア代表MFアンドレア・ピルロは約232万ドル(約2億8800万円)でトップ10圏外となっている。MLSの年俸トップ10は以下の通り。

◆MLS年俸トップ10
1.カカ(オーランド・シティ)
約717万ドル(約8億9000万円)

2.セバスティアン・ジョビンコ(トロントFC)
約712万ドル(約8億8000万円)

3.マイケル・ブラッドリー(トロントFC)
650万ドル(約8億600万円)

4.スティーブン・ジェラード(LAギャラクシー)
約633万ドル(約7億8500万円)

5.フランク・ランパード(ニューヨーク・シティ)
600万ドル(約7億4400万円)

6.ダビド・ビジャ(ニューヨーク・シティ)
561万ドル(約6億9600万円)

7.ジョスマー・アルティドール(トロントFC)
475万ドル(約5億8900万円)

8.クリント・デンプシー(シアトル・サウンダース)
約460万ドル(約5億7000万円)

9.ロビー・キーン(LAギャラクシー)
450万ドル(約5億5800万円)

10.ジョバニ・ドス・サントス(LAギャラクシー)
410万ドル(約5億860万円)


関連ニュース
thumb

CSKAvsゼニトのスタンドで火災のような花火、警察・軍まで出動する事態で拘束者は400人以上にも

400人以上のCSKAモスクワサポーターが、試合後に拘束された。ロシア『スポルト・エクスプレス』が伝えている。 28日に行われたロシア・プレミアリーグ第16節で、CSKAモスクワはホームに首位・ゼニトを迎えた。上位に食らいつくためにもライバル相手に負けられない一戦だったが0-2で完敗。この試合でCSKAモスクワの一部サポーターが、スタンド内で大量の花火・発煙筒に火をつけた。 スタンドは火災と見間違えるほどの炎や白煙に包まれ、一時騒然。警察だけでなく軍まで出動する事態となった。帰宅しようとしていたサポーターの多くもスタンドで足止めを食らい、中には5時間以上も会場を離れることができなかったファンも。警官たちはファンがトイレに行き、水を手に入れることさえ禁じていたと、同紙は報じている。 警察は「様々な犯罪のために多くの市民が調査のために内務省の領土部門に連れて行かれた」と述べている。試合中・試合後合わせて408名もの人を拘束し、ワゴンでモスクワの事務所まで連行。中には女性や未成年も交じっていたという。 この事態にCSKAモスクワも以下のような声明を発表した。 「クラブは状況の把握に努めている。我々は法執行機関とファンと連絡を取り合い、起こったことに関与しなかった人々を助けるためにあらゆる努力をする」 「残念ながら、VEBアリーナの歴史の中で、初めてこのような規模の花火が使用された。我々はこれらの違法行為を非難するが、同時に罪のない者が苦しむべきではないと信じている。できるだけ早く状況を解決するために、引き続き法執行機関に連絡し、ファンに無料の法律相談を提供する」 この件に関して翌29日、ロシア内務省より、警察官は行政違反に関する51件の報告書を作成したとの報告が上がった。逮捕者は25人に上り、花火関連の容疑者は14名だったと伝えられている。 <span class="paragraph-title">【動画】燃えるスタンド、軍に連行されるファン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr">Болельщиков ЦСКА сначала в течение часа не выпускали с трибуны после матча с «Зенитом», а затем начали задерживать на выходе. Дело в том, что фанаты москвичей зажгли несколько десятков файеров на трибунах.<br><br>Матч, проходивший в Москве, завершился победой «Зенита» со счетом 2:0. <a href="https://t.co/1m30q81iVb">pic.twitter.com/1m30q81iVb</a></p>&mdash; РЕН ТВ | Новости (@rentvchannel) <a href="https://twitter.com/rentvchannel/status/1465060506780196872?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ru" dir="ltr">Болельщиков ЦСКА сначала в течение часа не выпускали с трибуны после матча с «Зенитом», а затем начали задерживать на выходе <br><br>Вероятная причина — использование пиротехники в концовке игры. <a href="https://t.co/E1OVscWSLj">pic.twitter.com/E1OVscWSLj</a></p>&mdash; Спорт-Экспресс (@sportexpress) <a href="https://twitter.com/sportexpress/status/1465052011657891849?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 22:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「これはひどい」試合終了間際の失点で味方GKに乱暴…珍妙レッドカードに「絶対にばかげている」

相手が誰であれ、手をあげることは許されないだろう。 28日に行われたノルウェー1部リーグ、エリテセリエンのクリスチャンスンvsバイキングの一戦は、2-2の同点で迎えた後半のアディショナルタイム3分にアウェイのバイキングがゴールを奪い、勝利に大きく近づいた。 だが、残り数分をしのぎ切ればというところで守備陣間で口論が発生。U-21アイスランド代表GKパトリク・グンナルソンとU-21スロベニア代表DFデイビッド・ブレカロが激しく言い争うと、ブレカロがグンナルソンを突き飛ばして転倒させてしまう。 チームメイトになだめられるも興奮の収まらないブレカロは、主審にレッドカードを提示されて退場処分となった。閲覧者からも「絶対にばかげている」、「これはひどい」、「キーパーの倒れ方もなぁ…」などの声が上がっている。 中には「今年最も奇妙なレッドカード」とコメントするファンもいたが、今シーズンはNIFLプレミアシップ(北アイルランド1部)のグレントランvsコールレーンの一戦やトルコリーグ1部スュペル・リグでも味方に手を出して退場処分を受けるという事案が発生している。 サッカー選手とはいえ1人の人間。フラストレーションが溜まることはあるだろうが、相手であれ味方であれ、暴力行為は許されない。 <span class="paragraph-title">【動画】GKも過剰に反応している?怒ったDFが味方を突き飛ばす</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="no" dir="ltr">Hva er det som skjer med Viking?! Brekalo angriper egen keeper og blir utvist på overtid. Utrolige scener på tampen! <a href="https://t.co/MdyvGQIHfv">pic.twitter.com/MdyvGQIHfv</a></p>&mdash; Eurosport Norge (@EurosportNorge) <a href="https://twitter.com/EurosportNorge/status/1465017283152125955?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.29 22:05 Mon
twitterfacebook
thumb

スタンドで雪合戦がスタート! 警備員は華麗にかわすもピッチに影響が出て後半KOが遅延

大雪はスコットランドにも影響を及ぼしたようだ。 寒気によってイギリスの各地に大雪がもたらされた。これにより、28日に開催予定だったプレミアリーグ第13節のバーンリーvsトッテナムの開催が延期になるなど、各所に影響を及ぼしていた。 同日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第15節リビングストンvsレンジャーズの一戦も影響を受けた試合の1つだ。試合前にはピッチに積雪。ただ、各スタッフの奮闘によって除雪は完了し、キックオフは予定通り迎えるに至った。 2-1とレンジャーズのリードでハーフタイムを迎えると、ファンのテンションも昂ってしまったようだ。レンジャーズのファンはスタンド端に集められた雪を使って突如雪合戦を始めた。 行き交う雪玉はスタンドだけでなく、警備員やピッチに向かっても投げ入れられ、芝の上にも多量の雪の残骸が。これらを取り除くため、後半開始は10分近く遅れることとなった。 試合は結局後半に1点を追加したレンジャーズが3-1で勝利。首位をキープしている。 <span class="paragraph-title">【動画】投げ付けられた雪玉を華麗にかわす警備員</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="NSXumYIZWy0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

古橋は決定機決められず…セルティックはキャプテンのラッキーゴールで引き分け挟んで7連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

セルティックは28日、スコティッシュ・プレミアシップ第15節でアバディーンと対戦し、2-1で勝利を収めた。 これで引き分けを挟んでリーグ戦6連勝。古橋亨梧は3トップの中央でこの試合でも先発出場を果たし、後半アディショナルタイムに交代している。 10月3日にもリーグ戦で対戦している両者。前回対戦も2-1でセルティックが勝利していた。 試合はセルティックペースで進むと20分、ボックス内左で浮き球のパスを受けたカラム・マクレガーがマイナスのパス。これを受けたジョタが冷静に蹴り込み、セルティックが先制に成功する。 勢いに乗りたいセルティックだったが、33分にCKの流れから与えたPKを、ルイス・ファーガソンに決められてしまい、同点に追いつかれる。 1-1で迎えた後半もセルティックが押し込む展開に。マクレガーの強烈なハーフボレーが相手DFにブロックされるなど、得点を奪えない。 古橋も良いポジションを取り、何度も動き出しを繰り返すが決定機は訪れず。停滞した時間が続く。 それでも60分、意外なプレーが追加点を生み出す。左CKからショートコーナーで繋ぐと、スルーパスに抜け出たリエル・アバダがボックス内からシュート。GKと一対一だったが防がれてしまう。そのこぼれ球を相手がクリアしたが、マクレガーがジャンプ。ボールが体に当たり、無人のゴールへ。セルティックがラッキーな形で勝ち越しに成功する。 その後もセルティックが責め立てるが、ジョタのシュートは右ポストに嫌われることに。古橋もカウンターからクロスに合わせるが、GKのセーブに遭いゴールならず。 それでも、キャプテンの2ゴールに絡む活躍で2-1と勝利を収めた。 セルティック 2-1 アバディーン 【セルティック】 ジョタ(前20) カラム・マクレガー(後15) 【アバディーン】 ルイス・ファーガソン(前33) <span class="paragraph-title">【動画】あまりお目に掛かれない珍ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="pXvJJvSZmWE";var video_start = 182;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.29 10:15 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東純也フル出場のヘンク、フロショフスキーの強烈な2発も1人少ないクラブ・ブルージュが逆転勝利《ジュピラー・プロ・リーグ》

ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグの第16節が28日に行われ、ヘンクvsクラブ・ブルージュの一戦は2-3でクラブ・ブルージュが勝利した。日本代表MF伊東純也は先発フル出場を果たした。 リーグ戦ここ2試合勝利がない10位のヘンクと同じく2試合勝利がない3位のクラブ・ブルージュの一戦は点の取り合いとなった。 互いに攻め合う展開となるも、なかなかゴールが生まれず。しかし、35分、ボックス手前でノア・ラングがボールを持つと、狙い済ましてクロス。ファーサイドへと上がったクロスをハンス・ヴァナケンがボレーで合わせて、クラブ・ブルージュが先制する。 うまく先制したクラブ・ブルージュだったが42分にアクシデント。イグナセ・ファン・デル・ブレンプトが2枚目のイエローカードをもらい、退場処分に。クラブ・ブルージュは試合の半分を1人少ない状況で戦わなければいけなくなってしまった。 クラブ・ブルージュが1点リードで迎えた後半、数的優位に立つヘンクは立ち上がりから攻め立てる。すると49分、右CKからのクロスがクリアされるも、パトリック・フロショフスキーがダイレクトボレー。豪快な一撃が決まり、ヘンクが早い時間帯に同点とする。 追いついたヘンクは後半は押し気味に試合を進めると72分にも追加点。中央でパスを受けたフロショフスキーが遠目の位置から右足一閃。シュートはGKシモン・ミニョレの手前でバウンドし、手を弾いてネットを揺らした。 数的優位な状況で豪快な2つのシュートで逆転したヘンク。そのまま押し込んでいくかと思われたが、落とし穴が待っていた。 まずは78分、ビルドアップをミスすると相手ボールへ。スローインの流れから右サイドを突破されると、クロスをチャールズ・デ・ケテラエルがキープ。最後はラングが落ち着いて蹴り込み、クラブ・ブルージュが追いつく。 さらに82分、クラブ・ブルージュは左CKを獲得すると、マッツ・リッツのクロスに対してフェデリコ・リッカがフリーでヘディングを合わせ、1人少ないながらも逆転に成功する。 その後はヘンクが猛攻を仕掛けるも1人少ないクラブ・ブルージュは割り切って守る展開に。最後までヘンクは追いつけず、数的優位も逆転負けを喫した。 ヘンク 2-3 クラブ・ブルージュ 【ヘンク】 パトリック・フロショフスキー(後4、後27) 【クラブ・ブルージュ】 ハンス・ヴァナケン(前35) ノア・ラング(後33) フェデリコ・リッカ(後37) 2021.11.28 23:36 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly