ギニア、運命の抽選で決勝T進出を手繰り寄せる! ベスト8が出揃う《アフリカネーションズカップ2015》

2015.01.30 01:24 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
▽CAF(アフリカサッカー連盟)は29日、アフリカネーションズカップ2015・グループDの2位通過を決める抽選会を行った結果、ギニア代表が決勝トーナメント進出を決めたことを公式サイトで発表した。

▽第2節を終了した次点で全チームが勝ち点2で並んだうえ、得失点と総得点でも並ぶ大混戦となったグループD。28日に行われた最終節ではカメルーン代表を1-0で破ったコートジボワール代表がグループ首位通過を決定したものの、ギニア代表vsマリ代表は1-1の引き分けに終わった。

▽そのため、グループDの2位通過はギニアとマリの2チームによる抽選会に委ねられることになった。幸運に恵まれてグループ2位通過を手繰り寄せたギニアは、来月1日に行われる準々決勝でグループC首位のガーナ代表と対戦する。なお、アフリカネーションズカップ2015準々決勝の組み合わせ及び試合日程は以下の通り。

◆アフリカネーションズカップ2015準々決勝

▽1/31(土)
コンゴ(グループA首位)vsDRコンゴ(グループB2位)
チュニジア(グループB首位)vs赤道ギニア(グループA2位)

▽2/1(日)
ガーナ(グループC首位)vsギニア(グループD2位)
コートジボワール(グループA首位)vsアルジェリア(グループC2位)

関連ニュース
thumb

愛弟子2人のAFCON決勝進出にクロップ監督も感動「頭が下がる思い」

アフリカ・ネーションズカップ(AFCON)で愛弟子2人が決勝に進出し、リバプールのユルゲン・クロップ監督も誇り高いようだ。 6日に決勝戦が控えるアフリカ・ネーションズカップ。初優勝を目指すセネガル代表と、前々大会に決勝戦で涙を飲んだエジプト代表が激突する。それぞれのチームを牽引するのは、FWサディオ・マネとFWモハメド・サラーのリバプールが誇る両エースだ。 ギニア代表MFナビ・ケイタも含めて3選手が大会に参加しているリバプールだが、ベスト16で敗れた同選手も含めて、クロップ監督は教え子たちの活躍に感動しているようだ。 「決勝に進出できたことは2人にとって大きな成果だ。これまでのところ、我々の選手たちにとって本当に成功と言えるトーナメントとなっている。決勝戦も楽しみだよ」 「このような場で得た経験は我々の助けにも繋がるのだ。長期的に見ればね。ひとつのトーナメントでここまで進むのは非常に難しい。彼らはスーパースターであるがゆえ、肩にのしかかるプレッシャーも相当なものだろう」 「彼らには本当に頭が下がる思いだ。3人のうち2人が決勝に進んだ。試合を楽しみにしているよ」 2022.02.05 16:08 Sat
twitterfacebook
thumb

アブバカルが1G1Aと躍動!GK不在&10人のコモロを下した開催国カメルーンが準々決勝進出!《アフリカ・ネーションズカップ》

24日、アフリカ・ネーションズカップ決勝トーナメント1回戦の2試合が行われた。 グループAを3連勝で通過した開催国のカメルーン代表は、グループCを3位で通過したコロモ代表と対戦し2-1で勝利した。 守護神オナナやザンボ・アンギサ、トコ・エカンビ、アブバカル、チュポ=モティングといった主力がスタメンに名を連ねたカメルーンに対し、コロモ代表は正GKのベン・ボイナが負傷、控えGKのアハマダとウセニが新型コロナ陽性で隔離されており、本職がDFのアラドゥールがGKを務める緊急事態となった。 試合は開始早々にアクシデントが発生。4分、ドリブルで持ち上がろうとしたエンガマルに対し、後方からボールを奪いにかかったアブドゥが左足を踏みつけてしまうと、VARの末にレッドカードを受け、一発退場となった。 数的有利となったカメルーンは29分、エンガマルにの縦パスからボックス右に侵入したアブバカルのラストパスをトコ・エカンビがゴール左隅に流し込み、待望の先制点を奪った。 1-0で迎えた後半、カメルーンは開始早々の48分にエンガマルの右クロスからゴール前のアブバカルがフリーでヘディングシュートを放ったが、これは相手GKがセーブ。 さらに54分にもボックス左から侵入したアブバカルがシュート。相手GKの弾いたボールをエンガマルが詰めたが、これもGKアラドゥールファインセーブに阻まれた。 追加点が遠いカメルーンは、63分にチュポ=モティングとエンガマルを下げてエンジエとバソゴグを投入。すると70分、ホングラのロングスルーパスでゴール前まで抜け出したアブバカルが、冷静にゴールネットを揺らした。 その後、カメルーンは81分にムチャンガマの無回転FKから1点を返されたが、そのまま逃げ切りに成功し準々決勝進出を決めた。 また、同日開催となったギニア代表vsガンビア代表は、ムサ・バロウのゴールで逃げ切ったガンビアが1-0で勝利している。 ◆決勝トーナメント1回戦 結果&日程 ▽1/24(月) ギニア代表 0-1 ガンビア代表 カメルーン代表 2-1 コモロ代表 ▽1/25(火) セネガル代表 vs カーボベルデ代表 モロッコ代表 vs マラウイ代表 ▽1/26(水) コートジボワール代表 vs エジプト代表 マリ代表 vs 赤道ギニア代表 ▽1/23(日) ブルキナファソ代表 1-1(PK:7-6) ガボン代表 ナイジェリア代表 0-1 チュニジア代表 2022.01.25 06:01 Tue
twitterfacebook
thumb

セネガル&モロッコが首位通過を決める!《アフリカ・ネーションズカップ》

18日にアフリカ・ネーションズカップのグループステージ最終節の4試合が行われた。 グループBでは、グループ首位のセネガル代表(勝ち点4)がマラウイ代表(勝ち点3)と対戦。試合は終始セネガルがボール支配率でマラウイを圧倒したが、互いに決定機を欠き、0-0のゴールレスドローで終了した。 また、同日に行われたグループB最終節もう一試合のジンバブエ代表vsギニア代表は、前半で2点をリードしたジンバブエが2-1でギニアに勝利した。 この結果、グループBは無敗のセネガル代表が首位通過、勝ち点で並ぶも当該成績でマラウイを上回ったギニアが2位通過を決めた。 グループCでは、決勝トーナメント進出を決めている首位モロッコ代表(勝ち点6)が、5大会ぶりの決勝トーナメント進出を狙う2位ガボン代表(勝ち点4)と対戦し2-2の引き分けに終わった。 エン・ネシリやファジル、ハキミらが先発したモロッコは、21分に 先制を許す。ロングボールを前線のボウペンザが頭でつなぐとうまく抜け出したアレヴィナが冷静にゴールネットを揺らした。 1点のビハインドで迎えた後半、モロッコは61分にアゲルドのロングパスに抜け出したエン・ネシリがゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でノーゴールに。 それでもモロッコは72分、ゴール前まで侵入したブファルが飛び出したGKに倒されPKを獲得。これをブファルが決め、試合を振り出しに戻した。 その後、アゲルドのオウンゴールで再びリードを許したモロッコだったが、84分にボックス右手前で獲得したFKをハキミが直接決め、再び同点に追いついた。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。無敗でグループステージを終えたモロッコが首位通過を決めた。 また、同時刻開催の3位ガーナ代表vs最下位コモロ代表は、2-3でコモロが勝利した。この結果、ガボンがグループCを2位で通過している。 ◆各グループ最終節 結果&日程 ・グループB ▽1/18(火) マラウイ代表 0-0 セネガル代表 ジンバブエ代表 2-1 ギニア代表 ・グループC ▽1/18(火) ガボン代表 2-2 モロッコ代表 ガーナ代表 2-3 コモロ代表 ・グループD ▽1/19(水) ギニアビサウ代表 vs ナイジェリア代表 エジプト代表 vs スーダン代表 ・グループE ▽1/20(木) コートジボワール代表 vs アルジェリア代表 シエラレオネ代表 vs 赤道ギニア代表 ・グループF ▽1/20(木) ガンビア代表 vs チュニジア代表 マリ代表 vs モーリタニア代表 ・グループA ▽1/17(月) カーボベルデ代表 1-1 カメルーン代表 ブルキナファソ代表 1-1 エチオピア代表 2022.01.19 07:20 Wed
twitterfacebook
thumb

2連勝のモロッコが決勝T進出! セネガルはギニア相手に痛恨のゴールレスドロー《アフリカ・ネーションズカップ》

14日にアフリカ・ネーションズカップのグループステージ第2節の4試合が行われた。 グループBでは、共に初戦を勝利したセネガル代表vsギニア代表が行われ、0-0の引き分けに終わった。 サディオ・マネを擁するセネガルは前半からやや劣勢の展開となると31分、FKのこぼれ球からロングカウンターを受けるとボックス内に侵入したイライクスのラストパスからギラヴォギに決定機を許したが、これはGKディエンの好セーブに救われた。 ピンチを凌いだセネガルは56分、ショートコーナーを受けたシスの左クロスからディアロがドンピシャのヘッドで合わすが、これは相手GKのセーブに弾かれた。 さらにセネガルは、68分にもマネのパスでボックス右から侵入したブナ・サールがカットインからシュートを放ったが、これはゴール左に外れた。 結局、試合はそのままゴールレスでタイムアップ。連勝を逃したセネガルの決勝トーナメント進出は次節以降に持ち越しとなった。 また、グループBもう1試合のではマラウイ代表とジンバブエ代表が激突。ジンバブエに先制を許したマラウイだったが、43分と58分にムハンゴがゴールネットを揺らし、2-1でマラウイが逆転勝利している。 グループCでは、初戦のガーナ代表戦で勝利したモロッコ代表がコモロ代表と対戦し2-0で勝利している。試合が動いたのは16分、ティソウダリのラストパスをゴール前で受けたエル・カービがシュート。これは相手DFにブロックされるも、最後はこぼれ球を拾ったアマラーがゴールネットを揺らした。 先制したモロッコは、81分にハキミのループパスでボックス右から侵入したアブフラルが飛び出したGKに倒されPKを獲得。しかし、ファジルのPKはGKベン・ボイナの好セーブに阻まれた。 追加点のチャンスを逃したモロッコだったが、試合終了間際の89分にアマラーのラストパスからボックス内のアブフラルがゴールネットを揺らす。1度はオフサイド判定が下ったものの、VARの末にゴールが認められ、2-0で試合終了。2連勝を飾ったモロッコが決勝トーナメント進出を決めている。 なお、グループCもう1試合のガボン代表vsガーナ代表は1-1の引き分けに終わった。 ◆各グループ第2節結果&日程 ・グループB ▽1/14(金) セネガル 0-0 ギニア マラウイ 2-1 ジンバブエ ・グループC ▽1/14(金) モロッコ 2-0 コモロ ガボン 1-1 ガーナ ・グループD ▽1/15(土) ナイジェリア vs スーダン ギニアビサウ vs エジプト ・グループE ▽1/16(日) アルジェリア vs 赤道ギニア コートジボワール vs シエラレオネ ・グループF ▽1/16(日) チュニジア vs モーリタニア ガンビア vs マリ ・グループA ▽1/13(木) カメルーン 4-1 エチオピア カーボベルデ 0-1 ブルキナファソ 2022.01.15 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

イライクスがギニア代表としてCAN参戦へ! ライプツィヒ退団希望との噂も

RBライプツィヒに所属するMFイライクス・モリバ(18)が、アフリカ・ネーションズカップ(CAN)2021でギニア代表デビューを飾ることになるようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 リベリア人の父親とギニア人の母親の下、ギニアで生まれ育ったイライクスは、幼少期にカタルーニャに移住。以降、エスパニョール、バルセロナのカンテラでのプレーを経て2021年にバルセロナでトップチームデビューを飾った。 フランス代表MFポール・ポグバを彷彿とさせるダイナミックなプレーで評価を高めたものの、クラブとの新契約交渉が難航した結果、今夏の移籍市場最終日にライプツィヒへ完全移籍していた。 そのイライクスはこれまで第二の故郷であるスペインのU-17代表、U-18代表チームでプレーしてきたが、今回生まれ故郷のギニア代表のフル代表でプレーすることを決断。 現在、ライプツィヒのチームメイトであるU-21フランス代表DFモハメド・シマカンと共にアメリカのマイアミで短い休暇を取っている同選手は、来年1月からカメルーンで開催されるCANでギニア代表デビューを飾る予定だという。 ギニア代表としてプレーする大きな決断を下したイライクスだが、クラブレベルにおいても今冬に重大な決断を行う可能性がある模様。『ビルト』によると、ライプツィヒ加入後の公式戦6試合でわずか100分間のプレータイムしか与えられていない同選手は、早くもクラブ退団を希望しているという。 また、クラブサイドもトレーニングの姿勢に問題を抱えている同選手のレンタルでの放出を考慮しているようだ。 2021.12.22 23:08 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly