スウェーデンとのドローで満足のモンテネグロ

2014.11.16 13:12 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
モンテネグロ代表は15日、EURO2016予選でスウェーデン代表と対戦し、ホームで1-1と引き分けた。4試合を終えて4位につけるモンテネグロだが、勝ち点1に満足だと話している。

序盤に復帰したFWズラタン・イブラヒモビッチの先制点を許したモンテネグロだが、終盤にFWステファン・ヨベティッチがPKで同点弾。勝ち点1を手に入れた。

グループGは首位オーストリアが勝ち点10で首位を快走し、同6のスウェーデンがこれを追っている。モンテネグロはロシアと同じ勝ち点5だ。

ヨベティッチは試合後、次のように話している。UEFAの公式ウェブサイトが伝えた。

「僕らは序盤に失点してしまい、反撃するのは難しかった。でも、いくつかの部分で良いプレーをして、何度かチャンスをつくったね。この勝ち点1にふさわしかったと思う」

一方、ブランコ・ブルノビッチ監督は次のように話している。

「これだけ負傷者がいて、ドローには満足しているよ。3日前にキャプテンのミルコ・ヴチニッチを失った。それからマルコ・シミッチも肩を痛めた。選手たちの功績だよ。彼らはこの結果のためにハードに戦った。若手のウラジミール・ジョボビッチやブラニスラフ・ヤンコビッチ、マルコ・バキッチといった選手たちが助けてくれて、後半に追いつくことができたね。彼らをたたえなければいけない」

「この結果は妥当だ。勝つこともできたが、負けることもあり得た。だから、この勝ち点には満足している。このグループはクレイジーなんだ。すべての勝ち点に貴重な重みがある。もっと勝ち点を期待していたのは確かだが、まだチャンスはある。オーストリアがグループを勝ち抜くだろうから、スウェーデンとロシア、そして我々が残る2つのポストを争うことになるだろう」


提供:goal.com

関連ニュース
thumb

心機一転の神戸がモンテネグロ代表FWムゴシャを獲得、Kリーグでゴール量産

ヴィッセル神戸は30日、Kリーグ1の仁川ユナイテッドFCのモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャ(30)を完全移籍で獲得することを発表した。 なお、入国日は調整中。所定の待機措置を経てチームに合流する予定とのことだ。背番号は「30」となる。 ムゴシャはカイザースラウテルンやエルツェゲビルゲ・アウゲ、1860ミュンヘン、カールスルーエなどドイツクラブでプレー。その後、モルドバのシェリフ・ティラスポリへと移籍すると、2018年2月から仁川ユナイテッドでプレーしている。 ドイツ時代は2.ブンデスリーガで59試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 Kリーグ1では通算113試合に出場し60ゴール6アシストを記録、ファイナルでも16試合で8ゴール5アシスト。2021シーズンは9ゴールに終わったが、それ以外は毎年二桁ゴールを記録。今シーズンはここまで18試合で14ゴールと得点を量産し、得点ランキングトップに立っている。 また、現役のモンテネグロ代表選手で、43試合で15ゴール2アシストを記録。6月のUEFAネーションズリーグ(UNL)でも4ゴール1アシストを記録していた。 ムゴシャはクラブを通じてコメントしている。 「私は多くのファン、サポーターから愛される大きなクラブの一員になれることを誇らしく思います。本当に幸せですし、新しいチームメイトとトレーニングができることを楽しみにしています」 「私は神戸のファン、サポーターに対し、自分が持っている全てを出し尽くし、この厳しい状況を乗り越えられるよう共に戦うことを誓います。神戸は十分に乗り越えられますし、ファン、サポーターの期待に応えたいと思います」 2022.06.30 10:13 Thu
twitterfacebook
thumb

「1週間前にオファー」仁川の監督が神戸からのモンテネグロ代表FWムゴジャへのオファー明かす「本人もその気」

ヴィッセル神戸への移籍の話が浮上しているKリーグ1の仁川ユナイテッドに所属するモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャ(30)が別れのコメントを残している。 Kリーグ1でゴールを量産し、今シーズンはここまで18試合で14ゴールを記録しているムゴジャ。通算でもKリーグ1で113試合に出場し60ゴール6アシストを記録。貴重な得点源として活躍している。 そのムゴジャは、25日に行われたKリーグ1第18節のFCソウル戦にフル出場。1-1のドローに終わった後、ファンへ別れの挨拶を行った。韓国『聯合ニュース』が伝えた。 「僕は本当に愛していると言いたい。全てに感謝します」 「いつも心の中にいるだろう。僕にとって、仁川のファンは僕の人生が終わるまで、ナンバーワンであり続ける」 また、仁川でこれまで68ゴールを記録しているムゴジャだが、100ゴールを目標に掲げていたことも。その点については「もちろん、いつかこの約束を守る。それが僕の目標だ。将来何が起こるかを見てみよう」と語り、将来的に戻ってくることを約束した。 そのムゴジャに関しては、仁川のチョ・ソンファン監督も韓国『スポーツ・ソウル』の取材に応じ、神戸への移籍の事実を認めた。 「私もKリーグで8年目になると、似たような経験をたくさんする。私にできることとできないことがある」 「(移籍の話は)正しい。ムゴジャ本人もその気でいる。まだ、メディカルチェックも残っており、サインをしているわけではない」 「ただ、1週間前にヴィッセル神戸からムゴジャへのオファーが来た」 「ムゴジャの移籍はKリーグのファンにとって大きな損失だ。彼の代役となる加入選手は、まだ決まっていない」 ムゴシャはカイザースラウテルンやエルツェゲビルゲ・アウゲ、1860ミュンヘン、カールスルーエなどドイツクラブでプレー。その後、モルドバのシェリフ・ティラスポリへと移籍すると、2018年2月から仁川ユナイテッドでプレーしていた。 2022.06.27 19:10 Mon
twitterfacebook
thumb

最下位の神戸、韓国でゴール量産のモンテネグロ代表FW獲得に1.3億円…本人も日本行き決断

最下位に沈むヴィッセル神戸が新たな得点源確保に動いているようだ。 韓国『朝鮮日報』によると、Kリーグ1の今シーズンの得点王である仁川ユナイテッドのモンテネグロ代表FWステファン・ムゴシャ(30)の獲得に向けてオファーを出したとのことだ。 ムゴシャはカイザースラウテルンやエルツェゲビルゲ・アウゲ、1860ミュンヘン、カールスルーエなどドイツクラブでプレー。その後、モルドバのシェリフ・ティラスポリへと移籍すると、2018年2月から仁川ユナイテッドでプレーしている。 ドイツ時代は2.ブンデスリーガで59試合に出場し6ゴール4アシストを記録していた。 Kリーグ1では通算112試合に出場し60ゴール6アシストを記録。2021シーズンは9ゴールに終わったが、それ以外は毎年二桁ゴールを記録。今シーズンはここまで17試合で14ゴールと得点を量産し、得点ランキングトップに立っている。 また、現役のモンテネグロ代表選手で、43試合で15ゴール2アシストを記録。6月のUEFAネーションズリーグ(UNL)でも4ゴール1アシストを記録していた。 『朝鮮日報』によれば、「ムゴシャはヴィッセル神戸のラブコールを受けた。仁川が契約延長のオファーを投げたが、日本での挑戦で心を固めている」とのこと。2023年末まで契約がある中、本人は日本行きを決意したという。 なお、ムゴシャの契約解除条項は100万ドル(約1億3500万円)とのことだが、神戸は支払うことを決断。また、年俸も現行の90万ドル(約1億2200万円)の2倍に達する金額を提示しているという。 大きな期待を寄せられながら、大きくはなされて最下位に沈む神戸。ストライカー獲得で浮上の兆しは見えるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】蔚山現代戦でパーフェクトなチップキックを決めるムゴシャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJKUlFDelB3SyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】ムゴシャは圧倒的な直接FKも決める</span> <span data-other-div="movie2"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJZdXJmMG1oNyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.06.25 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

プレーオフ出場決定のトルコ、チャルハノールは本大会出場に気合い「僕たちの夢が叶うことを願っている」

インテルのトルコ代表MFハカン・チャルハノールが、カタール・ワールドカップ(W杯)のプレーオフへの意気込みを示した。『UEFA.com』が伝えている。 トルコは16日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループGの最終節でモンテネグロ代表と対戦した。勝てば本大会出場が決定する可能性がある一方、負ければグループステージ敗退の恐れもある難しい状況で迎えた一戦は、開始からわずか4分で失点を許す苦しい展開に。しかし、そこから反撃に出たチームは22分にFWケレム・アクトゥルコールのゴールで同点とすると、60分にMFオルクン・コクチュがシュートを叩き込み逆転に成功。その後はリードを守り切り、2-1で勝利した。 この結果、トルコは首位のオランダ代表が勝利したため本大会出場決定とはならなかったが、2位でのプレーオフ通過を決めている。この試合にフル出場したチャルハノールは試合後のインタビューに応じた際、諦めず勝利をつかんだことに歓喜。プレーオフでは難しい試合が待っていると語りつつ、本大会出場を願った。 「僕たちの夢が叶うことを願っているよ。僕らはグループステージを突破して、一歩を踏み出すことはできた。プレーオフでは難しい試合が待っているだろうね。僕たちは自分のクラブに戻り、パフォーマンスを向上させる努力をしたい。誰が相手でも、自分たちのゲームをする必要があるんだ。監督は、今日に向けとても良い準備をしてくれたよ」 「時にはリードされることもあるけど、もっとも重要なのは諦めないことだね。僕たちは同点とした後で2点目を狙い、それを実行できた。オランダ対ノルウェーの試合には興味がなかったよ。僕たちは自分たちの試合に集中していたからね。結果として、勝ってプレーオフに進出できたことをとても嬉しく思う」 2021.11.17 15:24 Wed
twitterfacebook
thumb

自滅でW杯出場を決め損ねたオランダ、ファン・ハール監督も終盤2失点を嘆く「私には説明できない」

オランダ代表のルイス・ファン・ハール監督が、モンテネグロ代表戦を振り返った。オランダサッカー協会(KNVB)が伝えた。 オランダ代表は13日、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選でモンテネグロ代表と対戦した。 首位に立つオランダは、2位のノルウェーが試合前に引き分けたことで、勝利すればW杯出場権を獲得できる状況に。そんな中臨んだモンテネグロ戦では、24分にメンフィス・デパイのゴールで先制すると、54分にもデパイがゴールを決め、リードを2点とする。 カウンターを中心にオランダゴールに迫るモンテネグロだったが、オランダは相手にゴールを許さず。このまま逃げ切り、W杯出場が決まると思われたが、82分に1点を返されると、86分にも失点。残り10分でまさかの2失点を喫し、2-2のドローに終わった。 この結果、2位のトルコ、3位のノルウェーと最終節まで出場権を争う状況に。最終節ではノルウェーとの直接対決となり、相手にチャンスを与えることとなってしまった。 ファン・ハール監督は自力で出場権を獲得するチャンスを逃したことに落胆。終盤の2失点を悔やんだ。 「ワールドカップ出場の非常に大きなチャンスを逃した」 「我々は全てを手中に収め、相手はもはや抵抗していなかった。それでも、2つの失点を喫したことは、私には説明できない」 「頭を上げて、示したタスクを実行する必要があった。ただ、ある時点で十分に起こらなくなった。相手がカウンターを仕掛けてくることは分かっていたので、簡単にボールを失うことはできなかった」 また、試合前にノルウェーが引き分けたことを知り、チャンスがあったことを把握していたが、それを生かせなかったとコメント。ただ、首位にたていることは変わらないと最終節へ意気込みを見せた。 「それはまだ評価しなければいけない。事前に選手たちと話し合う機会はほとんどなかった。でも、そのおかげで試合でのプレッシャーがなくなったと思う」 「予選通過のチャンスが突然2回になった。しかし、忘れていけないのは、まだこのグループで一番良い位置にいるということだ」 2021.11.14 10:30 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly