“新しいイニエスタ”バルセロナを牽引する“バルサ育ちじゃない”逸材MFペドリの存在感

2021.02.13 20:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナと言えば、計算され尽くされたポジショニングと、ピッチ上に立つ選手たちの連動による細かく正確なパスワークで試合をコントロールするスタイルを誰もが思い浮かべるだろう。

そのスタイルは時代とともに変化を遂げながらも、ベースの部分では大きな変化はなく、ボールを大切にした戦い方、そして再現性の高いプレーで相手を圧倒していくスタイルだ。

それぞれの時代にはチームの核となる選手がいる。古くはジョゼップ・グアルディオラ、そしてチャビ・エルナンデスと類稀なパスセンスを持ち、ゲームをコントロールする選手がいた。

一方で、もう少しアタッカーに近いポジションでチームの核となったのが、現在はヴィッセル神戸に所属するアンドレス・イニエスタ。高いパスの能力だけでなく、周囲との連携、ポジショニングで違いを生み出す天才と言えるだろう。

そのイニエスタの後継者とも言える存在が今のバルセロナに入る。それが、MFペドリだ。

ここまで名前を挙げたグアルディオラ、チャビ、そしてイニエスタの3名は、そのバルセロナスタイルが植え付けられたカンテラ出身選手。しかし、ペドリはバルセロナの下部組織とは関係なく、ラス・パルマスで育ったから異色と言えるだろう。

ペドリは、アフリカ北西部にあるカナリア諸島のテネリフェ島出身。小さな島で育ったペドリだが、実は大のバルサファンだったというから、驚きだ。そこに、ペドリがバルセロナで活躍できている理由がある。

2019年9月にバルセロナへ加入したペドリだが、そのシーズンは古巣のラス・パルマスへそのままレンタル移籍。今シーズンから本格的にバルセロナに加わると、ここまでラ・リーガで21試合に出場し2ゴール2アシスト。チャンピオンズリーグでも5試合に出場し1ゴールを記録している。

◆CLでバルサ初ゴールを決めたペドリ

18歳ながらすでにチームの主軸としてプレーするペドリ。カンテラ出身選手ならいざ知らず、ラス・パルマスという遠く離れた島から来た若きファンタジスタの才能は底が知れない。

そのバルセロナは、ラウンド16でパリ・サンジェルマン(PSG)と対戦。ラウンド16最大の注目カードとなった。

何かの陰謀なのではと勘ぐりたくなるようなこのカード。夏にはメッシがPSGへ移籍するのではと噂が立ち、予てからネイマールがバルセロナに復帰するのではと、移籍市場が開くたびに話題になる。

しかし、古巣対決となるネイマールは負傷により1stレグの欠場が決定。2ndレグも間に合うかは微妙なところだ。その他にも、レアル・マドリー行きの噂が消えないFWキリアン・ムバッペなど強力な攻撃陣を備えるPSGだが、この試合で一番注目したいのがペドリだ。

CLではデビュー戦となったフェレンツヴァーロシュ戦でいきなりゴールを記録。ユベントス戦でも数字こそ残さなかったが、パスにドリブルと持ち味を遺憾なく発揮していた。

さらに、バルセロナのでの先発デビューはラ・リーガの“エル・クラシコ”というから驚きだ。ロナルド・クーマン監督が信頼を寄せていることもだが、18歳でも大舞台でしっかりとパフォーマンスを残すあたり、大物の予感しかしない。

そしてそのクーマン監督は監督就任後の最初のトレーニングの前にペドリについて言及し「彼のことはわからないが、新しいラウドルップ、新しいイニエスタに違いないと言われている」と語り、「彼はスペイン全土で最高の才能だ」とコメントしていた。よく知った今、その評価は本当だったと感じていることだろう。

昨季のファイナリストとの対戦となるバルセロナだが、ペドリの正確なパス、そして何よりも優れている正確な判断はPSGの守備陣を翻弄することになるだろう。

そして、大エースのリオネル・メッシはラ・リーガではゴールを重ねはじめており、ここで一気に波に乗せたいところ。それを引き出せるのはペドリといえる。バルセロナ産ではない男が牽引するバルセロナというのも、新しい時代がやってきたことの現れか。PSGとのスペクタクルな戦いでの活躍に期待したい。

関連ニュース
thumb

最終ラインケガ人続出のバルサ、右SBはケガ明けのセルジ・ロベルトか?若手のカサドの可能性も

最終ラインにケガ人が続出しているバルセロナだが、スペイン代表DFセルジ・ロベルトが助けになるようだ。スペイン『アス』が伝えた。 9月のインターナショナル・マッチウィークで、フランス代表DFジュール・クンデ、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが負傷。アラウホは手術を受け、無事に成功していた。 さらに、チームに残っていたDFエクトル・ベジェリンもふくらはぎを負傷。右サイドバックがいなくなってしまった。 セルジ・ロベルトもアキレス腱に違和感があり、2試合を欠場。ただ、どうやらマジョルカ戦には復帰できる見込みのようだ。 29日のトレーニングでは、チャビ・エルナンデス監督も状態をチェック。金曜日に問題がなければ、起用する見込みのようだ。 ただ、その場合でもセルジ・ロベルトを起用するかは不明。アトレティックに所属しているマルク・カサドを起用する可能性もあるようだ。 今夏のアメリカツアーに帯同しており、チャビ監督も力を知っている状況。野戦病院状態となっている最終ラインの救世主になるか期待がかかる。 2022.09.30 16:02 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサがデンベレとの契約更新を検討、2026年まで延長か

バルセロナがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)との契約更新を検討しているようだ。 昨年11月にチャビ・エルナンデス監督が就任して以降、圧巻のパフォーマンスでチームの巻き返しに貢献するも、契約満了を迎える今夏の退団が濃厚と目されていたデンベレ。だが、最終的には2024年6月まで2年間の延長で合意した。 今季もラ・リーガ全試合に出場するなど主力としてチームをけん引。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、首脳陣らはこの活躍を受け、デンベレの契約更新を最優先事項に据え、新たに2026年までの延長を議論しているという。 さらに、デンベレにはリリース条項として5000万ユーロ(約70億円)が設定されているものの、半分は選手の代理人に支払われるもので、仮に手放すとなった場合、ビジネスとしても痛手を被ることになる現状を危惧しているとのことだ。 選手自身はクラブへの愛着や契約延長希望を、チームメイトや首脳陣のみならずメディアにも公言。かつては問題児ぶりがたびたび世間を騒がせるも、今ではクラブ周辺の誰もが認める必要不可欠な選手へと変貌を遂げたようだ。 2022.09.30 15:44 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、18歳MFモレイロを来冬にも獲得へ? “NEXTペドリ”と称される逸材

バルセロナが、来冬にもラス・パルマスのU-21スペイン代表MFアルベルト・モレイロ(18)を獲得する可能性があるようだ。スペイン『ムンド・デポルディポ』が伝えている。 セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のラス・パルマスの下部組織で育ったモレイロ。キューバにルーツを持ち、身長169cmと小柄ながらも、繊細なボールタッチや創造性溢れるプレーから“NEXTペドリ”とも称される逸材だ。 そんなモレイロの獲得を目指し、バルセロナは7月に正式オファーを提示。苦しい財政事情もあって今夏は断念したとされるが、来冬や来夏も獲得できるチャンスが高いと踏み、現在もなお動向を注視しているという。 だが、状況が少しずつ変化。ラス・パルマスは現在、セグンダの首位で来季のラ・リーガ昇格が現実的な目標に。主軸としてチームをけん引するモレイロには3000万ユーロのリリース条項が設定されているものの、昇格が決まった場合、6000万ユーロ(約83億円)まで膨れ上がるとのことだ。 そのため、バルセロナとしてはモレイロを来夏まで待っているとおよそ2倍のコストがかかる可能性があり、来年1月の移籍市場で確保するのが最善のシナリオとなったようだ。 2022.09.29 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで地位高めるダロト、新契約を期待か…古巣ミランら5クラブの関心ありも

ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)はマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長が第一希望のようだ。 ミランに出番を求めた時期もあったが、昨季途中からDFアーロン・ワン=ビサカの独壇場だった右サイドバックのポジションを奪ったダロト。エリク・テン・ハグ新政権の今季もその地位を守り、課題だった守備面も成長を感じさせる。 先のポルトガル代表活動でも代表初ゴールを含む2発の活躍を披露したりとキャリアを全体的に大きく前進させるが、ユナイテッドとの現行契約は今季限り。1年延長オプションもあるが、クラブにとっては解決すべき問題の1つといえる。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ダロトには古巣のミランをはじめ、ユベントス、ローマ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの継続的な関心もあるが、ユナイテッドからの新契約を期待しているという。 なお、ユナイテッドは来年1月のマーケットまでにひとまず延長オプションを発動させる見込みとのことだ。 2022.09.29 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

メッシの復帰は「実現可能」、バルサ副会長が発言

1年前に涙してバルセロナを去ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)だが、復帰の道があるようだ。 バルセロナのカンテラからトップチームデビューの2004年以降、個人だけでなく、チームとしても輝かしいキャリアを築いたメッシだが、2021年夏に退団。バルセロナの苦しい財政事情で契約延長に至らず、パリ・サンジェルマン(PSG)に活躍の場を求めた。 周囲の驚きを誘った移籍から1年が経った今季、パリの環境にもすっかり慣れ、躍動感溢れるプレーを披露するメッシだが、契約最終年に突入。フットボーラーにとってはキャリアのひと区切りとなるワールドカップも11月に迫り、去就に注目を集めている。 そうしたなか、ジョアン・ラポルタ会長に従事するエドゥアルド・ロメウ副会長が元エースの帰還を実現可能とする発言を口にしたようだ。アメリカ『ESPN』が『Catalunya Radio』で語られたコメントを掲載している。 「彼が戻ってくるなら、フリーエージェントでになるだろうし、財政的には可能だ。しかし、それはコーチングスタッフと選手によって決められる。私が決められるものではないが、実現可能ではある」 2022.09.29 09:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly