J1昇格逃した清水DF高橋祐治が心境、妻・高城亜樹さんへの誹謗中傷も明かす「やめていただきたいです」

2023.12.05 12:42 Tue
痛恨のファウルでPKを与えてしまった高橋祐治
©超ワールドサッカー
痛恨のファウルでPKを与えてしまった高橋祐治
清水エスパルスのDF高橋祐治が、J1昇格を逃して心境を綴る中、妻への誹謗中傷を止めるように訴えた。今シーズンから清水でプレーする高橋。明治安田生命J2リーグで37試合に出場し1得点を記録。J1昇格を目指すチームを支えてきた。
しかし、最終節ではミスから失点を許してチームは引き分けてプレーオフに回ると、2日に行われたJ1昇格プレーオフ決勝の東京ヴェルディ戦では、0-1でリードして迎えた後半アディショナルタイムに自身のファウルでPKを与えると、染野唯月に決められてしまい1-1に。レギュレーション上、引き分けでは勝ち上がれず、来シーズンもJ2で戦うことが決定した。

このスライディングの判断にはジャッジへの不満も出る一方、ファン・サポーターからはプレー判断に多くの批判が。同僚のMF乾貴士も試合後に苦言を呈し、自身も反省を口にしていた中、5日に自身のインスタグラムを更新。「整理がついていない」と心境を綴る中、妻である元AKB48メンバーの高城亜樹さんにも誹謗中傷のメッセージが届いていることを明かし、止めるように訴えた。

ーーーーー
一年間応援ありがとうございました。
まだ整理がついていない状況です。
今も最後の最後になぜあのプレーを選択したのか悔やんでも悔やみきれません。
まだ切り替えるには時間がかかりますが、少しずつ来年に向けて切り替えていければと思います。

※誹謗中傷ですが僕に送ってもらう分は大丈夫ですし、理解しております。
ただ妻のSNSに送るのはだけはやめていただきたいです。
よろしくお願いします。
ーーーーー

J1かJ2かを決めてしまうプレーの判断ミスに怒りを覚えることはわかるが、誹謗中傷は許されるわけもない。ファンは「お疲れ様」、「来年も共に戦おう」、「1人の責任じゃない」、「来年優勝するよ」とコメント。また誹謗中傷には「人間のすることじゃない」、「信じられない」、「サポーターは味方です」とサポートするコメントも集まった。


関連ニュース

元日本代表FW岡崎慎司が現役引退を決断…日本代表で50ゴール、レスターでは奇跡のプレミア優勝を達成「気付いたら体がボロボロで…」

シント=トロイデンは26日、元日本代表FW岡崎慎司(37)が今シーズン限りで現役引退することを発表した。 岡崎は滝川第二高校出身で、2005年に清水エスパルスでプロ入り。闘志溢れる献身的なプレーが魅力で、“ダイビングヘッド”を代名詞に活躍。公式戦154試合で49ゴールを記録した。 2011年1月にシュツットガルトに完全移籍。ブンデスリーガに挑戦すると、公式戦85試合で13ゴールを記録。2013年7月にマインツへと移籍すると、公式戦70試合で29ゴールを記録した。 2015年7月にはレスター・シティへ移籍すると、奇跡のプレミアリーグ優勝のメンバーに。公式戦137試合で19ゴールと得点数は減ったが、前線からの献身的な守備でチームを支え評価を受けることに。マラガへの移籍がクラブの問題で頓挫するもウエスカに移籍しラ・リーガでのキャリアをスタート。カルタヘナを経て、2022年8月にシント=トロイデンへ完全移籍した。 シント=トロイデンでは、ボランチでもプレーするなどした中で、ヒザのケガにも悩まされることに。1年半で公式戦39試合2ゴールを記録していたが、今シーズンはケガでプレーできない時間が続いていた。 日本代表としても119試合に出場し歴代3位の50ゴールを記録。2010年、2014年、2018年と3度のワールドカップに出場。2011年、2015年の2度のアジアカップに出場すると、2011年は優勝を経験していた。 岡崎はクラブを通じてコメント。引退の決断は身体の限界だとしている。 ーーーーーー 皆さんにご報告があります。 今シーズン限りで引退する事に決めました。サッカー選手として今まで全力を尽くしてきたけど、気付いたら体がボロボロで、そして自然と自分に限界を感じました。このクラブに来た事、このクラブで引退を決意した事は運命だと感じています。 シーズンが終わったら改めて引退について話が出来たらと思います。シーズン最後まで復帰を目指しながらチームに貢献できるよう頑張ります。 応援してくれる人に正直でいたくて、クラブと話をして早くに発表させてもらいました。最後は自分を応援してくれた人の為にも頑張ります。 ーーーーーー <span class="paragraph-title">【動画】引退決断…岡崎慎司、Jリーグ時代のゴール集!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="OPpsVWOjFDo";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】守備で大きな貢献を果たした岡崎慎司プレミア全ゴール!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="EVumm1Ua_84";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 16:30 Mon
thumb

昨季の上位同士対決は山形が制す! J1昇格に一歩及ばずの清水は逆転勝利スタート【明治安田J2開幕節】

25日、明治安田J2リーグ開幕節の7試合が各地で行われた。 昨シーズンJ2・5位のモンテディオ山形は、J2・6位で共に昇格プレーオフを戦ったジェフユナイテッド千葉とのアウェイゲーム。先制したのはホームの千葉で、11分に右CKから鈴木大輔がヘディングで合わせた。 しかし、1点ビハインドで後半を迎えた山形は、途中出場の高橋潤哉が54分、60分と立て続けにゴールを奪い逆転に成功。後半アディショナルタイムには坂本亘基が勝利を決定づける3点目を決め、最後に1点を返されながらも2-3の勝利を掴んだ。 J1昇格まであと一歩だった昨シーズン4位の清水エスパルスは、天皇杯で4強入りの快進撃を見せたロアッソ熊本と敵地で対戦。熊本は39分、豊田歩のクロス性のFKが直接ゴールに吸い込まれ、1点リードで試合を折り返す。 対する清水は後半に反撃。60分に山原怜音がゴール右隅を撃ち抜くと、終盤には原輝綺のクロスがオウンゴールを誘発。1-2の逆転勝利で飾った。 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で惜しくもラウンド16敗退のヴァンフォーレ甲府は、中3日のJ2開幕節で徳島ヴォルティスの本拠地に乗り込んだ。甲府は8分、三平和司がクロスを押し込んで先手を取り、19分には三平のアシストから宮崎純真が追加点を奪う。 後半に入ると、杉本太郎のゴールで徳島が詰め寄るが、宮崎の追加点で甲府が再び2点差に。終盤にはエドゥアルド・マンシャとピーター・ウタカがダメ押しし、大量5得点の快勝でACL敗退を払拭した。 その他、昨シーズンJ3制覇の愛媛FCは窪田稜のゴールを守り抜き、ブラウブリッツ秋田に1-0で勝利。同じく昇格組の鹿児島ユナイテッドFCは、ザスパ群馬に先制されながらも追いつき、引き分けに持ち込んでいる。 ◆明治安田J2リーグ開幕節 ▽2月25日(日) 愛媛FC 1-0 ブラウブリッツ秋田 ファジアーノ岡山 3-0 栃木SC ロアッソ熊本 1-2 清水エスパルス ジェフユナイテッド千葉 2-3 モンテディオ山形 ザスパ群馬 1-1 鹿児島ユナイテッドFC 徳島ヴォルティス 1-5 ヴァンフォーレ甲府 大分トリニータ 1-1 ベガルタ仙台 ▽2月24日(土) 水戸ホーリーホック 1-0 いわきFC 横浜FC 1-1 レノファ山口FC 藤枝MYFC 0-0 V・ファーレン長崎 2024.02.25 16:49 Sun

2015年広島で21発のドウグラスが現役引退…計6つのJクラブでプレー、昨季限りで柏退団

昨季まで柏レイソルでプレーしたブラジル人FWドウグラス(36)が現役引退を表明した。 Jリーグでは柏のほか、徳島ヴォルティス、京都サンガF.C.、サンフレッチェ広島、清水エスパルス、ヴィッセル神戸でもプレーしたドウグラス。Jリーグ通算261試合の出場数を誇り、ゴール数は93得点を積み上げた。 J1リーグでは広島時代の2015年に21ゴールを決め、チームの優勝に貢献。柏では2022年に加入したが、ケガに苦しみ、1年目が10試合で4ゴール、2年目が7試合で0ゴールと振るわず。昨年をもって退団が決まった。 それからフリーが続いたドウグラスは15日に自身のインスタグラムにポルトガル語、英語、そして日本語で引退意向とともに、感謝の意を述べた。 「今日を持ってはプロサッカー選手として引退することになります。プロ選手として常に高い意識を持ちながら全ての可能な目標を達成できるように努力をしてきました。 「プロの選手になるという夢を叶えるためには、可能な事だけでなく、不可能と思われる事も追求しなければなりません。子どもの頃の夢で人生が変わっていきます。時には子供であっても大人のような対応を求められることもあり適応能力を養わなければならない」 「不利な状況の中、他人から否定される事があったり、運がついていないと思う様な状態であったとしても、夢の実現への執念をもって日々過ごしてきました」 「自分自身、出来る努力は全てしながらいつか必ず努力は報われ、夢は叶うと信じ、神様への感謝を持ちながら祈り続けました。そして幼い頃からの夢を叶える事が出来たのです」 「しかし、神様無しではどれだけ努力しようとも、自分自身だけの力ではこの夢は叶えられなかったと思います。神様への感謝、そして、私の夢を応援し信じてくれた周りの人達にも心から感謝の気持ちでいっぱいです。今でも日々感謝の祈りを捧げています」 「サッカー選手になれた事はまさしく私の人生のターニングポイントであり、私や家族の人生をも変えてくれました。世界中で愛されているスポーツがこの様に私の人生において変化をもたらしてくれ、多くの意味で私を成長させてくれたと思います」 「引退は間近であると感じていました。その事実を自覚しながら、プロサッカー選手になる為に必死に努力してきた様に、今度は現役続行出来る様にと必死でした。ここ2年間は身体の調子が良くなくて怪我(膝)との戦いを強いられました」 「あらゆる手段を使いながら毎日練習出来る喜びを感じました。そして、サッカー選手として味わう事の出来る試合前の緊張感こそ特権であると感じました。これまで私と共に歩み、私の人生に価値を与えてくれた人々のお陰で私は目標を達成する事が出来、勝者になれました」 「今の自分の気持ちを一言で言うならば”感謝”です。私の人生に多くの恵みを与えて頂いた神様に感謝します。妻のジゼッレや娘達のタイケとドゥアちゃんは私が喜びや成功した時、また、苦しみや悲しみの中力が尽きそうな時も常に支えてくれました」 「もうここにはいない母親のジェザは昼夜にも関わらず、いつも跪き神様に私の命のために熱心に祈ってくれてました。母はずっと私の心の中にいます」 「私の6人の兄弟姉妹のエヴァ、エリザマ、ダリラ、ランフィロ、ラヤンとマテウスが一緒に苦労し私を支えてくれました。いつも私を応援してくれた親戚や真の友人。そしてサッカーで出会った親友や17年間共にプレーした各クラブのチームメイト、コーチングスタッフと監督に心から感謝してます」 「最後に私を応援し、支えてくれたファンの皆様、プレーひとつひとつに対して喜び、私を後押しし名前を叫んでくれてゴールの瞬間にその感情を爆発させました。17年間本当にありがとうございました!」 2024.02.16 09:25 Fri

清水がストライカー補強! 群馬や新潟でもプレー経験あるFWドウグラス・タンキを完全移籍で獲得…背番号「99」

清水エスパルスは12日、ブラジル人FWドウグラス・タンキ(30)がTFF1.リグ(トルコ2部)のコジャエリスポルから完全移籍で加入することを発表した。背番号は「99」をつける。 ドウグラス・タンキは来日後にメディカルチェックを経て正式契約となる。 グアラニやポンチ・プレッタなど母国のクラブを渡り歩いていたドウグラス・タンキは、2015シーズンにザスパクサツ群馬(現:ザスパ群馬)に加入。その後、2017シーズンにアルビレックス新潟でもプレーウィた 188cmの左利きのストライカー。群馬時代にはJ2で4試合1得点、新潟時代にはJ1で10試合2得点を記録。その後、タイのポリス・テロやポルトガルのパソス・デ・フェレイラ、UAEのホール・ファカンでプレー。近年はトルコでプレーしていた。 2023年8月からコジャエリスポルでプレー。今シーズンはリーグ戦19試合10ゴールの数字を残していた中、再び来日することが決まった。 パソス・デ・フェレイラ時代にはヨーロッパ・カンファレンスリーグ出場も経験しているドウグラス・タンキはクラブを通じてコメントしている。 「こんにちは、ドウグラス タンキです。エスパルスファミリーの一員になれることが嬉しいだけでなく、モチベーションもすごく高いです」 「そしてチームメイトと共にクラブの目標を達成できるように、神のご加護を信じて、リーグの最後は共に笑い、祝福を分かち合いましょう。よろしくお願いします」 J1昇格を目指す清水は、FWチアゴ・サンタナが浦和レッズへと移籍しており、ストライカー獲得に動いていた。 2024.02.12 14:10 Mon

清水のFWドウグラス・タンキ獲得が決定! コジャエリスポルが移籍を発表

清水エスパルスが、TFF1.リグ(トルコ2部)のコジャエリスポルからブラジル人FWドウグラス・タンキ(30)を獲得することになった。コジャエリスポルは8日、同選手の移籍を発表した。 2015シーズンにザスパクサツ群馬、2017シーズンにアルビレックス新潟でプレー経験のあるタンキは、188cmの左利きのストライカー。その新潟時代にはJ1リーグで10試合2ゴールの数字を残した。 2018年の新潟退団後はタイのポリス・テロ、ポルトガルのパソス・デ・フェレイラなどを渡り歩き、2023年8月からコジャエリスポルでプレー。今シーズンはリーグ戦19試合10ゴールの数字を残していた。 <span class="paragraph-title">コジャエリスポルが移籍を発表</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="tr" dir="ltr"> Açıklama <a href="https://t.co/mAQEw1VNTx">pic.twitter.com/mAQEw1VNTx</a></p>&mdash; Kocaelispor (@Kocaelispor) <a href="https://twitter.com/Kocaelispor/status/1755608542676201712?ref_src=twsrc%5Etfw">February 8, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.02.09 01:06 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly