大切なのは「信じること」、「下を向いてしまうのは一番良くない」と語る長友佑都は本田圭佑のエールに同調「同じ気持ち」

2021.10.10 12:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本代表のDF長友佑都(FC東京)が10日、12日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のオーストラリア代表戦を前にメディアの取材に応じた。

7日に行われたサウジアラビア代表とのカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第3戦でサウジアラビアに1-0で敗れた日本。これで最終予選は1勝2敗となり、3連勝のサウジアラビア、オーストラリアとの勝ち点差が「6」へと広がった。

12日の試合は埼玉スタジアム2002での試合。ホームゲームであり、ファンもスタンドに集まる中で、日本としては勝ち点3を取らなければいけない試合となる。

過去3大会の最終予選を経験している長友は、過去最も厳しい状況に追い込まれている現状について「3戦して2敗しているので、3大会やっていますが、厳しいスタートだなと思います」とコメント。浮上するために必要なことを語った。

「まずはしっかりと結果を受け止めて。ただ、下を向かずに前を向いて進んでいくこと、メンタル面で強い気持ちを持って進んでいくことです。この前の試合で出た課題をしっかりと話し合って、修正して、次の試合でそれをしっかりと内容的にも出せるようにしたいなと思います」

W杯に出場するようになって以降、過去の最終予選で2敗を喫したのは2018年のロシアW杯に向けてのみ。それが今回は3試合できてしまった。その状況で今一番大事なことは「信じること」だと語った。

「やっぱり信じること。今までやってきたことを。1人1人がブレると、この先も結果は出ないと思います。苦しい時こそ、今までやってきたこと、仲間を信じて、監督、スタッフみんなを信じてやっていくことだと思います」

選手たちがブレてはいけないという長友だが、経験の少ない若い選手たちにも声を掛けているという。

「この3戦の結果を受け止めることはそうですが、受け止めて、ネガティブになって下を向いてしまうのは一番良くない。切り替えてオーストラリア戦もありますし、7試合残っているので、切り替えて前に進もうということは伝えています。サウジ戦では課題や修正する部分は話し合っています」

選手同士でもコミュニケーションを取る中、厳しい声が飛んでいる森保一監督ともしっかりとコミュニケーションは取っているという。

「今までも話してやってきましたし、試合の中で出てくる課題があるので、監督とコミュニケーションをとってやっていました」

「監督も選手の意見を聞き入れてくれますし、これまでもコニュニケーションは取れていたので継続して。結果が出ていないので、よりコミュニケーションを高めなければいけないと思います」

その長友だが、9日のトレーニングでは、ランニングの後にDF吉田麻也(サンプドリア)やMF南野拓実(リバプール)、MF遠藤航(シュツットガルト)、DF酒井宏樹(浦和レッズ)、DF冨安健洋(アーセナル)と集まって話し合っていた。

ビルドアップについて話をしたとのことだが、サウジアラビア戦で良くなかった選手の距離感などについて語ったと長友は明かした。

「この前もそうでしたが、普通に自分たちがセットした状態ではやられないですが、ボールロストして、自分たちがボールを持っている時間帯に奪われ方が悪くてピンチになっている」

「位置関係や距離感が悪いです。僕とボランチに入れた時に、その先に繋がりができなかったり。それは1人1人のポジションが取れていなかったり。僕もですが、ボールを奪った時に疲弊してポジションどりが遅れることが多々出てしまった」

「そのポジションのままボールを回していても相手はプレッシャーをかけるのは楽なので、ポジションを変えてみて、わざとスペースを開けたところに誰か入るとか。そうしないと相手もプレッシャーは楽になると思います」

これまでも選手から出てきていた立ち位置と距離感の悪さを感じていたという長友。それでもやってきたことを信じるというのには、過去の経験からの根拠があるという。

「根拠で言えば、僕自身は経験として南アフリカの前だったりロシアの前だったり、チームがうまくいかなくて雰囲気が良くない時に、どういう状況でチームが1つになって、グループリーグ突破して、決勝トーナメントに行けた。どういう状況でうまくいくかは根拠として持っています」

「それをチームのみんなに伝えて、少しでもチームが1つになって一丸となって、強い気持ちで戦えるように、経験を生かして伝えていければと思います」

とは言え、やはり結果が出ず、さらに拮抗した試合で2度も負けているのは事実だ。長友は「3戦して2戦負けているので、自分たちの実力というのは負けたチームとして認めないといけないですが、僕はこのチームは実力があると思っていますし、結果がついてこないのは残念ですが、次の試合は必ず勝利を掴めると信じています」と語り、オーストラリア戦への自信を見せた。

その中で、過去3大会W杯に出場している本田圭佑(スドゥーヴァ)はツイッターで「大いにこの逆境を楽しめ」とエールを送っていたが、長友もそれには同調するとした。

「昨日か今日か見ました。その通りだなと思います。僕もこれまでも、自分のサッカー人生で何度も逆境を経験してきましたし、その中で幾度となく何度も這い上がってきました」

「そこの中には、ポジティブに楽しんでいた自分もいたので、跳ね除けるという強い気持ちでやってきたので、同じ気持ちです」

経験者と未経験者が入り混じる今回の最終予選。その中でいかに経験者が、窮地を乗り切るための策を出せるかは大きな課題だ。


関連ニュース
thumb

オミクロン株でJリーグと代表戦に影響か?/六川亨の日本サッカーの歩み

南アフリカで発見され、ヨーロッパに急拡大している新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」が、早くもサッカー界に影響を及ぼしている。ロイター通信によると、ポルトガルの首都リスボンにあるクラブの選手とスタッフ13人のオミクロン株感染が29日に確認され、選手のうちの1人が南アから帰国したばかりだったそうだ。 そしてJFA(日本サッカー協会)は12月1日午前9時過ぎ、「なでしこジャパン(日本女子代表)の帰国後のスケジュールについて」という、以下の内容のリリースを出した。 本日(12/1)、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後は14日間の待機が求められることになりました。 (空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機) 従って、今週末に予定されているWEリーグには出場いたしません。 リーグ戦に関する取り扱いは、WEリーグよりあらためてご連絡をいたします。 オランダにもオミクロン株の感染者がいるための措置だが、このことで4日に予定されているWEリーグ5試合にはFW田中美南、MF猶本光、DF宮川麻都ら総勢18人の選手が出場できない。さらに12月に予定していたなでしこジャパンの国内キャンプも待機期間と重複するため中止となった。 ところが1日の16時30分よりWEリーグは緊急会見を開いて4日の第11節5試合はすべて延期すると発表した。その理由を野仲賢勝専務理事は「オミクロン株で14日間の待機を国に求められた。国の水際対策の強化で選手が試合に出られない。実行委員会で審議し、チェアの最終決定で、最大5名が出場不可になる。公平性を担保するため延期を決定した」と説明した。代替日とチケットの払い戻しはこれからの作業になる。 さらに影響はJリーグにも及ぶ。岸田首相は昨日11月30日、外国人の新規入国を原則1ヶ月停止にすると決定した。 Jリーグは最終節を残すのみとなったが、現在はどのクラブも契約を更新するか、終了するか選手と交渉の真っ最中だ。同様に、来シーズンの戦力補強のため新外国人選手とも交渉しているだろう。入国禁止措置が1ヶ月で終了すればキャンプに間に合うものの、延期された場合は今シーズンの開幕直後と同様、選手や監督が来日できない可能性も出てくる。 1月には21日に埼玉スタジアムでウズベキスタンとのテストマッチが、27日にはカタールW杯アジア最終予選の中国戦が、2月1日にはサウジアラビア戦が日本で開催される。入国に際して特例措置が認められなければ、試合の開催そのものが危ぶまれる。 そんな状況のなか、森保一監督が12月1日にズームでのインタビューに応じた。本来なら12月と1月はヨーロッパで日本人選手を視察する予定だった。しかしオミクロン株により出入国が制限されるため、「視察の予定はこれから状況を見ながら決めたい。出国できても何カ国かを視察するのは難しいし、帰国時の制限も変わってきていて仕事に支障が出てしまってはいけない」と予定の変更も視野にいれて慎重に状況を見極める方針だ。 日本代表は今後、12月17日から国内組を集めてキャンプを実施する予定で、そのメンバーは7日に発表される。さらに来年1月21日のウズベキスタン戦後、W杯アジア最終予選の中国戦とサウジアラビア戦のメンバーを1月22日に発表する予定だ。もちろんその前提として、オミクロン株の感染が終息に向かっていることが条件になるが、こちらは予断を許さない状況にあることに変わりはない。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2021.12.02 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「本物の点取り屋」三笘薫の技ありボレーをクラブ公式が改めてピックアップ「空も飛べるんですね」

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫がもたらす影響は想像以上に大きいようだ。 26日に行われたベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第16節のOHルーヴェン戦に後半の頭から途中出場した三笘。チームは1-3で敗れたものの、三笘自身は50分に自らのパスカットを起点に、今季4ゴール目となるジャンピングボレーを沈めていた。 この試合で記録されたチーム唯一のゴールを、サン=ジロワーズは改めてピックアップ。ジャンプからミート、ゴールまでの流れを切り取った写真を公式インスタグラムに掲載した。 左サイドからのクロスを右足のアウトで合わせた技ありボレーには、国内外のファンから反響が集まった。「本物の点取り屋」、「ドリブルも凄いけど空も飛べるんですね」、「ほんとにナイスシュート」、「トッププレーヤー」など、多くのコメントが寄せられている。 16試合を終えて11勝1分け4敗と、昇格組ながらも首位に立っているサン=ジロワーズ。次節は3日に11位シント=トロイデンとアウェイで対戦する。日本人対決にも注目が集まるなか、三笘の活躍にも期待がかかる。 <span class="paragraph-title">【写真】今季4点目となった、三笘の技ありボレーの瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW3QsmRKi31/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW3QsmRKi31/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW3QsmRKi31/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Royale Union Saint-Gilloise(@rusg.brussels)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.01 20:10 Wed
twitterfacebook
thumb

オランダ遠征を終えた熊谷紗希がインスタを更新、さらなるレベルアップを誓う「1人1人が自覚を持って次に」

なでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン)が日本代表活動を終えての感触を、自身のインスタグラムで述べた。 11月22日からオランダ遠征を行ったなでしこジャパン。遠征中に池田太監督体制となってから初の実戦を2試合行った。 キャプテンに任命された熊谷はバイエルンでの連戦の疲労を考慮されてか、11月25日のアイスランド女子代表戦ではベンチ入りも出場せず。同29日のオランダ女子代表戦で先発フル出場を果たした。 試合後には「勝たなければならない試合だった」と厳しい言葉を残した熊谷。インスタグラムでは関係者への謝辞を述べ、さらなるレベルアップに努めるとコメント。欧州の最前線で結果を残し続けている彼女だからこそ感じる日本と世界の差は、まだまだ大きいようだ。 「なでしこジャパンのオランダ遠征を終えました。まず、このような状況の中たくさんの方々のご尽力をいただき、オランダ遠征を実現出来たことに本当に感謝しています」 「結果は全く満足のいくものではありませんでしたが、前を向いてまた自チームで自分に出来ることに全力で取り組んでいきたいと思います」 「個の成長を、チームの成長に繋げる。1人1人が自覚を持って、次に向かいます」 なでしこジャパンは来年1月20日から、2023オーストラリア&ニュージーランド・ワールドカップ(W杯)の予選を兼ねたAFC女子アジアカップインド2022に参加。W杯出場権獲得とともに3連覇も懸かっている。熊谷に寄せされる期待も大きなものとなるだろう。 <span class="paragraph-title">【写真】なでしこジャパンでの活動を振り返る熊谷紗希</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW6ltelsk7Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW6ltelsk7Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW6ltelsk7Z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Saki Kumagai(@kumagai1017)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.01 19:25 Wed
twitterfacebook
thumb

今週末のWEリーグ全試合が延期に…なでしこジャパン選手ら隔離による公平性の担保が理由

WEリーグは1日、4日、5日に行われる予定だった 2021-22 Yogibo WE リーグ第11節の5試合に関して、延期することを発表した。 1日、日本サッカー協会(JFA)はなでしこジャパンのオランダ遠征に参加した選手とスタッフが、日本政府が定める新型コロナウイルスのオミクロン株への対応の一環として、帰国後14日間の待機(空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅<又は事前に手配した宿泊施設>にて14日目まで待機)が求められることになり、今週末に開催を予定していたYogibo WE リーグへ出場できないことが決定したと発表していた。 WEリーグはこの決定を受け、1日午前に開催したWEリーグ実行委員会にて全クラブ出席のもと審議を行い、WEリーグ規約第46条第3項に従って、チェアの最終決定により全5試合を延期することとしたとのことだ。 今回の代表活動においては、WEリーグからなでしこジャパンへ18名、フィリピン女子代表へ2名の選手たちが選出されており、クラブ単位では最大5名の選手が出場不可となる状況に鑑み、全クラブの公平性を担保する観点を重視したとのことだ。 ◆延期となる試合 【2021-22 Yogibo WE リーグ 第 11 節】 ▽12/4(土) 《13:00》 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース vs. 大宮アルディージャVENTUS [ゼットエーオリプリスタジアム] ノジマステラ神奈川相模原 vs. 日テレ・東京ヴェルディベレーザ [相模原ギオンスタジアム] サンフレッチェ広島レジーナ vs. INAC神戸レオネッサ [広島広域公園第一球技場] 《14:00》 アルビレックス新潟レディース vs. 三菱重工浦和レッズレディース [新潟市陸上競技場] AC長野パルセイロ・レディース vs. マイナビ仙台レディース [長野Uスタジアム] ※ちふれASエルフェン埼玉の WE ACTION DAY は実施予定 ◆出場不可となった選手 ・マイナビ仙台レディース 3名 FP 隅田凜 FP 長野風花 FP 宮澤ひなた ・三菱重工浦和レッズレディース 5名 GK 池田咲紀子 FP 南萌華 FP 高橋はな FP 猶本光 FP 菅澤優衣香 ・大宮アルディージャVENTUS 2名 GK スタンボー華 FP 乗松瑠華 ・日テレ・東京ヴェルディベレーザ 5名 GK 田中桃子 FP 清水梨紗 FP 宮川麻都 FP 小林里歌子 FP 植木理子 ・INAC神戸レオネッサ 3名 FP 三宅 史織 FP 成宮唯 FP 田中美南 ・ちふれASエルフェン埼玉 FP サリナ・ボールデン (フィリピン女子代表) ・ジェフユナイテッド市原・千葉レディース FP クインリー・クエザダ (フィリピン女子代表) 2021.12.01 16:30 Wed
twitterfacebook
thumb

オランダ遠征から帰国のなでしこジャパン、「オミクロン株」対策で14日間の隔離生活…WEリーグは欠場へ

日本サッカー協会(JFA)は1日、オランダ遠征中のなでしこジャパンの選手たちに関しての対応を発表した。 11月23日からオランダ遠征を行っていたなでしこジャパン。池田太監督が率いる新チームにとっての初の国際試合となった。 25日に対戦したアイスランド女子代表戦は0-2で敗戦、29日に行われたオランダ女子代表戦は0-0のゴールレスドローに終わり、帰国の途についた。 しかし、現在新型コロナウイルス(COVID-19)の新たに発見された変異株である「オミクロン株」が出現。日本にも海外からの渡航者から感染が確認されたことを受け、日本政府は海外からの新規入国者を禁止するという措置を11月30日から実施。新規ではないものの、帰国するなでしこジャパンの選手たちも影響を受けることとなった。 JFAによると、オランダ遠征から帰国するなでしこジャパンのスタッフ・選手は、帰国後は14日間の待機が求められることになったとのこと。空港検疫所定のホテルにて6日間の隔離、7日目以降は自宅(又は事前に手配した宿泊施設)にて14日目まで待機する必要があるとのことだ。 なお、これによりなでしこジャパンに招集されていた選手たちは、12月4日に予定されている2021-22 Yogibo WEリーグ 第11節には出場できないこととなった。 2021.12.01 09:30 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly