トッテナム、モウリーニョ招へいか…すでに交渉、合意の可能性も

2019.11.20 08:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは19日、マウリシオ・ポチェッティーノ監督(47)の解任を発表した。ポチェッティーノ氏は2014年5月からトッテナムの指揮を執り、2016-17シーズンにプレミアリーグ最高位となる2位フィニッシュに先導すると、昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)でクラブ史上初のファイナル進出に貢献。近年におけるチームの躍進に大きく寄与する働きぶりを受け、2018年5月に2023年まで契約を延長したが、今シーズンはここまでプレミアリーグ14位に沈み、進退問題が取り沙汰され、19日に解任が決まった。

こうなると注目されるのが後任だ。イギリス『BBC』によると、候補として、ボーンマスのエディ・ハウ監督(41)や、RBライプツィヒのユリアン・ナーゲルスマン監督(32)、昨シーズンまでユベントスを率いたフリーのマッシミリアーノ・アッレグリ氏(52)が浮上しているが、2018年末にマンチェスター・ユナイテッドを去り、ロンドンに家を持つ無所属のジョゼ・モウリーニョ氏(56)が現時点の有力人物だという。

また、イギリス『スカイ・スポーツ』もポチェッティーノ氏に代わる有力候補として、モウリーニョ氏の名を挙げており、すでに就任に向けて交渉に入っている模様。しかも、双方合意に近く、20日のうちに成立に至る可能性もあるという。そのモウリーニョ氏は先月、プレミアリーグで3つ目となるクラブで主要トロフィーを獲得したいという願望から、イングランドのフットボール界復帰に意欲を示していたとのことだ。

そのほか、ポチェッティーノ氏の後任として、ナーゲルスマン監督に関心を示しているというトッテナムだが、引き抜きの勝算は低く、ホッフェンハイムから招聘するのに1年を要したライプツィヒとの交渉は至難だという。
コメント
関連ニュース
thumb

復帰のベイルにモウリーニョ「すでに万全の状態」ELアントワープ戦の先発を示唆

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ロイヤル・アントワープ戦でのウェールズ代表MFガレス・ベイルの活躍に期待している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 レアル・マドリーからレンタル移籍で古巣へ帰還しているベイル。ケガで出場が遅れたものの、18日に行われたプレミアリーグ第5節のウェストハム戦で復帰を果たしていた。 モウリーニョ監督は29日に行われるヨーロッパリーグ(EL)・グループJのアントワープ戦前の記者会見の席で、直近のバーンリー戦で出場のなかったベイルの先発起用を示唆。さらに、負傷明けもベストコンディションで挑めると述べ、「飛躍」に期待した。 「ベイルは準備万端だ。それは我々が感じているだけでなく、データにも表れている」 「彼は懸命に努力しており、皆の良い手本になっている。彼のような偉大な選手がバーンリー遠征では90分間ベンチに座ったまま、1分もプレーしなかった」 「チームの一員として彼の振る舞い信じられないほどだ。私の目で見てもわかるが、科学的なデータも出てきている。彼は非常に上手く機能しているよ」 「彼は向上し続けている。かなりね。明日には万全の状態のガレスを見ることができると思う。飛躍することを願っているよ」 2020.10.29 21:44 Thu
twitterfacebook
thumb

「年をとりすぎて戻れない」ベイルとの再タッグに期待もモドリッチは否定的

レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(35)が、古巣トッテナム復帰についてイギリス『FourFourTwo』のインタビューで言及した。 2012年にトッテナムから加入して以降、数々のチームタイトルとともに中盤の主軸に君臨するモドリッチだが、マドリーとの契約は今季終了までとなっている。その去就に注目が集まっている中、古巣復帰も含めた現時点での考えを明かしている。 <div id="cws_ad">◆ルカ・モドリッチ、トッテナム時代のスーパーゴールTOP5<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJsbFVYdk9rMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 「僕は年を取りすぎてトッテナムに戻ることはできないよ。マドリーとの契約はまだ1年残っているから、どうなるか見ていくつもりだ」 「コンディションも良く、あと数年はサッカーを続けたいと思っている。僕はマドリーで今シーズンできることに焦点を当てている」 「シーズンの後、僕は経営陣と話をし、すべての人に適した解決策を探すつもりだ。僕はクラブのすべての人々と良好な関係を築いてきたし、何が起こっても問題はない」 今夏にマドリーからウェールズ代表FWガレス・ベイルをレンタルで獲得し、元エースの7年ぶりの復帰に沸き立ったトッテナムファンだが、もう一人のスターであるモドリッチについては、残念ながら復帰の可能性は低いようだ。 2020.10.27 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

トッテナムの黄金コンビ? バーンリー戦のゴールで得点ランクトップに立ったソン・フンミンの8ゴール中7ゴールはもう一人のエースから

トッテナムのエース2人の強力パートナーシップが話題になっている。 トッテナムは26日、プレミアリーグ第6節でバーンリーと対戦。両者無得点のまま迎えた76分、CKからイングランド代表FWハリー・ケインが頭で逸らしたボールに、韓国代表FWソン・フンミンが再び頭で合わせ、先制に成功すると、このゴールが決勝点となり、1-0でトッテナムが勝利した。 <div id="cws_ad">◆黄金コンビは練習から!?ケイン&ソンがサッカー卓球でペアを組む!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCYlVmcUkzWSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ソン・フンミンはこれで今季リーグ戦8得点目を記録。7得点を記録しているエバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンを抜き、得点ランキングで単独首位に立っている。 さらに驚くことにこのソンの8得点中、7点をアシストしているのが、バーンリー戦でもアシストを記録したケインだ。この試合でのアシストが今季リーグ戦8個目のアシストとなったケインは、2位につけるアストン・ビラのスコットランド代表MFジョン・マッギンの4アシストに大差を付け、アシストランキングを独走している。 ちなみに、ケインからのアシストではない1得点は、6-1で大勝を収めたプレミアリーグ第4節のマンチェスター・ユナイテッド戦で、コートジボワール代表DFセルジュ・オーリエがアシストしたゴールとなっている。 バーンリー戦後には、チームを率いるジョゼ・モウリーニョ監督も「彼らは2人のトッププレーヤーではなく、親しい友人同士」だと2人の信頼関係について語っており、その良好な関係は指揮官にも伝わっているようだ。 プレミアリーグではここ数シーズン、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーとセネガル代表FWサディオ・マネの攻撃力抜群のコンビがリーグを席巻してきたが、今シーズンはトッテナムの黄金コンビが、更なる躍動を遂げることになりそうだ。 2020.10.27 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

奇抜なヘアスタイルで注目を浴びたアスー=エコトがリバプール相手に決めたロケット砲シュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元カメルーン代表DFのブノワ・アスー=エコト氏がトッテナム時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アスー=エコトが決めた弾丸ロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJCNlJzbExqUiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ランスでプロデビューしたアスー=エコト氏は、2006年夏にトッテナムに加入。2015年に退団するまで、公式戦205試合に出場し、主力としてチームを支えた。 攻撃的なサイドバックとして守備だけでなく攻撃面でもチームに貢献したアスー=エコト氏だが、2009年8月16日に行われた、プレミアリーグ開幕節のリバプール戦では、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた43分、ボックス手前でトッテナムがFKのチャンスを得る。キッカーのMFトム・ハドルストンが蹴ったボールは壁に跳ね返るも、これを拾ったアスー=エコトがすぐさまシュートを放つ。コンパクトな振りからは想像もつかないような豪快なシュートがゴール左上へ一直線に飛んでいき、そのままゴールネットに突き刺さった。 このゴールで先制したトッテナム。その後追いつかれるも勝ち越しに成功し、開幕戦で白星を飾っている。 2020.10.27 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがソンとケインの関係性を明かす「親しい友人同士、彼らの間に嫉妬はない」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が、韓国代表FWソン・フンミンとイングランド代表FWハリー・ケインの2人の関係性について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは26日、プレミアリーグ第6節でバーンリーと対戦。76分にCKからケインが頭で逸らしたボールにソンが再び頭で合わせ、先制に成功すると、このまま試合は終了し、1-0でトッテナムが勝利した。 ソン・フンミンはこのゴールが今季リーグ戦8点目。7得点を記録しているエバートン所属のイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィンを抑え、得点ランキング単独トップに躍り出た。一方ケインはこれで今シーズンリーグ戦8アシスト目。2位と4アシストもの大きな差をつけて、アシストランキングトップを独走している。 “プレミアリーグ最強デュオ”との評価もあるこの2人の活躍に関して、モウリーニョ監督はトッテナムの前監督、マウリシオ・ポチェッティーノ氏の功績でもあると語った。 「それはマウリシオの時代から築いた関係性だと思う」 「私は自分のために全ての手柄を欲しているわけではない。マウリシオと分け合いたいね。なぜなら彼らはおそらく私とは別のやり方で長い間一緒に過ごしてきた」 またモウリーニョ監督は、ソン・フンミンとケインの関係性についても言及。プレーヤーとしても、友人としても良好な関係を築けていると語った。 「今のハリーは常に9番の動きをしているわけではない。ハリーがあるエリアでプレーすることで、ソンが別のエリアに入ることができるからだ」 「最も喜ばしいことは、彼らは2人のトッププレーヤーではなく、親しい友人同士であるということだ。そこに嫉妬などはない」 「『僕は君のためにプレーし、君は僕のためにプレーする。僕らはチームのためにプレーし、僕らはトッテナムのためにプレーする』。彼らはそんな関係だ」 2020.10.27 16:40 Tue
twitterfacebook