クロップ、今夏の大型補強を否定2019.07.12 16:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が今夏の大型補強の可能性を否定している。イギリス『スカイ・スポーツ』がドイツ人指揮官のコメントを伝えている。昨夏、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーや同MFファビーニョ、スイス代表FWジェルダン・シャキリなど積極補強に動いたリバプール。その補強のかいもあって昨季はチャンピオンズリーグ(CL)制覇と、プレミアリーグ史上最多勝ち点での2位フィニッシュと充実した1年を過ごした。

更なる飛躍を期待される新シーズンに向けてはリールのコートジボワール代表FWニコラ・ペペやスポルティング・リスボンのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス、アヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト、レアル・マドリーのスペイン代表FWマルコ・アセンシオらの獲得の噂が出ているが、ここまで獲得した選手はズウォレのU-19オランダ代表DFゼップ・ファン・デン・ベルグのみとなっている。

その中でプレシーズン最初のトランメア戦を6-0で快勝した試合後に補強に関する質問を受けたクロップ監督は、今夏の大型補強の可能性を否定している。

「我々はすでに補強しているよ。オクスレイド=チェンバレン、リアン・ブリュースター。彼らは昨年プレーしていなかった。また、今日の試合でプレーした多くの若手は我々にとって全員が新戦力みたいなものだよ」

「もちろん、我々はチームの現状、今後を見守っていく必要がある。しかし、我々にとって史上最大の移籍市場になるとは考えていないよ」

CL連覇や異次元のマンチェスター・シティ相手の覇権奪還に向けては、昨季同様に積極補強の必要性を問う声も出ているが、若手の育成に長けたクロップ監督は、若手選手たちの成長こそが最高の補強だと考えているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

スタリッジに移籍賭博でFAから処分! 今月末でサッカー活動禁止

昨季限りでリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)は18日、イングランドサッカー協会(FA)の賭博規制違反の疑いで7万5000ポンド(約1000万円)の罰金と、2週間のサッカー活動禁止処分を科された。 イギリス『スカイ・スポーツ』の伝えるところによれば、規制委員会はスタリッジが自身の移籍に関する賭博に関して弟のレオン氏に内部情報を提供したことを問題視し、今回の処分を下したという。 当初の処分では7万5000ポンドの罰金と6週間のサッカー活動の禁止が言い渡されたが、そのうちの4週間分に関しては2020年8月31日までの期間で執行猶予が与えられた。そのため、スタリッジは7月31日までの2週間のサッカー活動禁止処分にとどまっている。 規制委員会の調査によると、スタリッジは2018年1月に自身がリバプールからスペインのセビージャに移籍する可能性があるとの内部情報をレオン氏に流し、移籍賭博を行わせたという。 ただ、規制委員会はFAが訴えた違反行為の11件の内、2件のみ証拠が確認されたとして、残りの9件は棄却している。 そのため、FAは今回の規制委員会の調査結果、処分内容に不満を示しており、控訴を行う構えだ。 2019.07.18 22:23 Thu
twitterfacebook
thumb

インテル、フリーのスタリッジに関心か

インテルがリバプールを退団したイングランド代表FWダニエル・スタリッジ(29)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』の情報をもとにイタリア『tuttomercatoweb』が報じている 2013年冬にチェルシーからリバプールに加入したスタリッジは、加入当初こそ活躍したが、次第にケガによる離脱が散見され、チーム内の序列が低下。最終的にセネガル代表FWサディオ・マネ、ブラジル代表FWロベルト・フィルミノ、エジプト代表FWモハメド・サラーの控えが定位置となり、契約満了の今シーズン限りでリバプールを退団していた。 そのスタリッジに対してボローニャも関心を示しているというが、アントニオ・コンテ監督が就任したインテルも注視。[3-5-2]のフォーメーションを採用する同監督は、攻撃のオプションを増やしたいと考えており、同選手の獲得に関心を示している模様だ。 2019.07.16 18:30 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール若手GKがハダースフィールドへレンタル移籍

チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドは15日、リバプールのU-21ポーランド代表GKカミル・グラバラ(20)を獲得したことを発表した。1年間のレンタル移籍となる。 グラバラは、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティなど多くのクラブからの関心が寄せられる中、2016年1月にリバプールのU-18チームへと入団。その後U-23チームに昇格すると、2019年1月からはデンマークのオーフスへとレンタル移籍する。 2018-19シーズンのデンマーク・スーペルリーガでは6試合に出場。リバプールへと復帰が決定していたが、ハダースフィールドへのレンタル移籍が決定した。 2019.07.16 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

コウチーニョ、リバプールの2年レンタルオファーを承諾か

バルセロナに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)に対して、リバプール復帰の可能性が高まっているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じた。 2018年1月にリバプールから高額移籍金でバルセロナに加入したコウチーニョ。だが、活躍ぶりが移籍金に見合っていないとして批判が絶えず、今夏の移籍が有力とする報道が相次いでいる。 そのなかで、バルセロナが先日、アトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の獲得を発表。これにより、コウチーニョの立場がより危うくなった感がある。 そのコウチーニョに対して、古巣リバプールが9800万ユーロ(約119億1000万円)の買取オプションが付随した2年間のレンタルを条件とするオファーをバルセロナに提示したという。 そうなれば、気になるのが本人の反応だ。伝えられるところによれば、コウチーニョ自身も古巣から届いた復帰の申し出に対して、受け入れる姿勢を示している模様だ。 ただ、バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)を連れ戻すための一手として、コウチーニョの譲渡案を画策しているとみられる。 今夏のコパ・アメリカ2019参戦中にもバルセロナでの将来が不透明であることを口にしたコウチーニョ。新シーズンをどこで迎えることになるのだろうか。 2019.07.16 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

セネガルサッカー連盟会長がマネの移籍を促す 「マドリーからのオファーを考えるべき」

セネガルサッカー連盟(FSF)のサエー・セック会長が、リバプールに所属する同国代表FWサディオ・マネ(27)にレアル・マドリー移籍を勧めた。イギリス『ミラー』が報じた。 2016年夏にサウサンプトンからリバプールに加入したマネは、加入初年度からレギュラーとして活躍。背番号「10」を継承した昨シーズンもプレミアリーグ36試合22ゴールの活躍を見せ、得点王を初受賞するなど、チームに欠かせない存在の1人だ。 そのマネに関して、ジネディーヌ・ジダン監督が熱視線を送っているとして、レアル・マドリー移籍の可能性が長らく取り沙汰されている。セック会長は、エル・ブランコ入りを検討すべきだと促した。 「世界中の誰もが知っている。リバプールで大きな成功を収めているマネが世界のトップ10に入るフットボーラーだということをね」 「彼は、(モハメド・)サラーや(ロベルト・)フィルミノに並ぶ驚異的な選手だ。昨シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)を優勝した彼にレアル・マドリー移籍のチャンスがある」 「私自身はバルセロナのファンだが、レアルは世界最高のクラブだと思う。だから、マネはオファーを真面目に考えるべきだ」 「フットボーラーのキャリアはとても短く、あまりチャンスがない。ジダンはマネを気に入っている。そう思うよ」 2019.07.14 16:00 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース