「ラブラブだな」「美男美女」磐田の守護神・川島永嗣が妻と夜桜デートの2ショットが話題に「最も美しいカップル」

2024.04.11 22:25 Thu
磐田のGK川島永嗣
©超ワールドサッカー
磐田のGK川島永嗣
ジュビロ磐田のGK川島永嗣のオフショットが話題だ。大宮アルディージャ、名古屋グランパス、川崎フロンターレでプレーした川島。2010年7月にベルギーのリールセに完全移籍しヨーロッパでのキャリアをスタートした。
リールセの他、スタンダール・リエージュ、ダンディー・ユナイテッド、メス、ストラスブールと3カ国でプレー。しかし、2022-23シーズン限りでストラスブールを退団すると、今シーズンからJリーグに復帰。J1に昇格した磐田の正守護神を務めている。

その川島は自身のインスタグラムを更新。「夜桜デート」とし、桜をバックにデートを楽しんだ妻との様子の2ショットをアップした。

これにファンは「最も美しいカップル」、「素敵すぎる」、「美男美女だ」、「なんと美しい」、「ラブラブだな」、「素敵な夫婦」、「美しすぎる」と称賛のコメントを寄せている。
1 2
関連ニュース

伊東純也&中村敬斗のスタッド・ランスがJ1首位の町田、磐田、J2首位の清水とも対戦! 日本で4試合開催

今夏来日するスタッド・ランスは、新たに3試合を日本で開催することとなる。 「スタッド・ランス JAPAN TOUR 2024」として来日するスタッド・ランスには、日本代表MF伊東純也、MF中村敬斗らが所属。すでに8月3日(土)にノエビアスタジアム神戸で行われることが発表されていた。 そんな中、27日に新たに3試合を開催することが発表。ジュビロ磐田、清水エスパルス、FC町田ゼルビアと対戦することが決定した。 磐田との試合は7月24日(水)の19時30分からヤマハスタジアムで開催。清水との試合は7月27日(土)の18時30分からIAIスタジアム日本平にて行われる。また、町田とは『MACHIDA City Cup 2024(町田シティカップ2024)』として開催され、7月31日(水)の19時から町田GIONスタジアムで開催される。 清水は今シーズンは明治安田J2リーグを戦っており、現在首位。昨シーズン逃したJ1昇格に向けて好スタートを切っている。 対する町田もクラブ史上初となるJ1での戦いとなる中、16節を終えて単独首位に立っており、J1とJ2の首位クラブ(5/27時点)がスタッド・ランスを迎える。なお、チケット情報などはあらためて後日発表されることとなる。 磐田戦の日には、国立競技場で鹿島アントラーズvsブライトン&ホーヴ・アルビオン、ヤンマースタジアム長居でセレッソ大阪vsドルトムント、清水戦の日には、国立競技場でヴィッセル神戸vsトッテナム、町田戦の日には、埼玉スタジアム2002で浦和レッズvsニューカッスルも開催されることがすでに決定している。 2024.05.27 19:11 Mon

見事な逆転劇で6試合ぶり白星の磐田、横内昭展監督は選手の頑張り称賛 「よくひっくり返してくれた」

ジュビロ磐田の横内昭展監督が逆転勝利を振り返った。 今季の明治安田J1リーグで得点ランクトップを走っていたジャーメイン良の離脱もあり、5試合で白星から遠ざかる16位磐田。前節の浦和レッズ戦でようやく連敗を「3」で止めたなか、25日の第16節では残留を争う18位湘南ベルマーレをホームに迎えた。 キックオフ直後にルキアンに先制点を許すと、29分に追加点も許した磐田だったが、前半アディショナルタイムの山田大記のゴールで反撃。後半に入ると、マテウス・ペイショットの同点弾で試合を振り出しに戻し、86分にはレオ・ゴメスのミドルシュートがディフレクトしながらゴールに吸い込まれて逆転に成功した。 シックスポインターを制して6試合ぶりに白星を掴み、暫定12位とした横内監督は試合後の『DAZN』のフラッシュインタビューでこの逆転劇についてコメント。2点ビハインドでも諦めず、試合をひっくり返した選手たちを労った。 「失点の部分は本当にやらせてはいけない失点。本当に苦しかったですけど、前半、(山田)大記が1点返して終われたというのは我々にとって本当に大きかったです」 「少しずつ自分たちがやろうとすることが前半の終盤はやれていたので、後半に入ってからはそのまま続けていくっていうところと、少し選手交代をしながらパワーアップして、本当によくひっくり返してくれたなと思います」 また、久々の白星で、5月に入ってからの初勝利という点にも言及。この試合をきっかけに上昇していきたいと語っている。 「サポーター、そして応援していただいている沢山の方に対しては、長いこと勝利から遠ざかってしまって申し訳ない気持ちで選手たちも戦っていました。今日こういう形で選手たちが魂を見せて、サポーターの本当に熱い声援を最後まで受けて逆転できたこと。これに満足することなく、次のゲームに繋げていきたいと思います」 <span class="paragraph-title">【動画】レオ・ゴメスの強烈ミドルが逆転弾に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ヤマハスタジアムが沸いた<br>\<br><br>2点差を追いついたジュビロが<br>ついにレオ・ゴメスのゴールで逆転!<br><br>明治安田J1第16節<br>磐田×湘南<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A3%90%E7%94%B0%E6%B9%98%E5%8D%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#磐田湘南</a> <a href="https://t.co/Qxe9YRSIan">pic.twitter.com/Qxe9YRSIan</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1794262238468919325?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.25 19:58 Sat

磐田が3発逆転! レオ・ゴメスの決勝弾で下位同士のシックスポインター制す【明治安田J1第16節】

25日、明治安田J1リーグ第16節のジュビロ磐田vs湘南ベルマーレがヤマハスタジアムで行われ、ホームの磐田が3-2で勝利した。 前節の浦和レッズ戦を1-1のドローで終え、連敗を「3」で止めた16位磐田。ジャーメイン良の不在が響くなか、6試合ぶりの白星を目指して、残留を争う湘南とのシックスポインターに臨んだ。浦和戦からはスタメン変更なしとなった。 対するは、磐田を勝ち点「1」差で追う18位湘南。前節のアルビレックス新潟戦はルキアンの2ゴールで逆転し、3試合ぶりの勝利を収めていた。今シーズン初の連勝が懸かる今節は、キム・ミンテがメンバー外となったほか、阿部浩之と大野和成がベンチスタートに。出場停止明けの福田翔生が先発し、杉岡大暉と高橋直也が最終ラインに入った。 キックオフ直後、いきなり試合が動く。湘南が右サイドから攻め込むと、池田昌生のクロスに頭で合わせたのは古巣対戦のルキアン。ゴール左隅に流し込み、2試合連続得点を記録した。 その後も主導権を握るのはアウェイチーム。25分にはボックス内で仕掛けた福田が倒されてPKを獲得。福田自らキッカーを務めると、一度はGK川島永嗣の横っ飛びセーブに防がれたが、川島がゴールラインを踏んでいなかったとしてやり直しに。今度は福田が右隅に決め、湘南がリードを広げた。 一方の磐田は前半のうちにまず1点を返すべく、徐々に前に出始める。36分には松原后が左サイドからクロスを上げ、競り合いのこぼれ球に平川怜が反応。ハーフボレーが枠を捉えたが、ゴール前の湘南DFにブロックされた。 0-2のままハーフタイム突入かに思われたが、前半アディショナルタイムに磐田が反撃に成功する。右ポケットで細かく繋ぐと、最後はワンツーを受けた山田大記が左足を一閃。ニアサイドを射抜き、1点差で試合を折り返した。 後半は両チーム共にゴールに迫りながら、なかなか決定機を作れず。先に動いたのは磐田ベンチで、前節途中出場から同点ゴールを決めた金子翔太、古川陽介を61分にピッチに送り出す。 するとその4分後、右からの松本昌也のクロスに古川が頭から飛び込んだが、GKソン・ボムグンがファインセーブ。同点ゴールにあと一歩まで迫る。 湘南も交代カードを切りながら追加点を狙うなか、82分には磐田にチャンス。右ポケットで落としを受けた上原力也が左足でカーブシュートを狙うも、これはわずかにゴール左に外れてしまう。 しかし、直後に磐田が同点ゴールを奪う。速攻から金子が中央をドリブルで仕掛けると、相手を引きつけてから左ポケットのマテウス・ペイショットにスルーパス。落ち着いて右足で流し込み、2-2のイーブンに戻した。 勢いに乗るホームチームは86分に逆転。畳み掛けるなか、レオ・ゴメスが敵陣中央付近でクリアボールを拾うと、胸トラップから思い切ってミドルシュート。これがディフレクトしてゴールに吸い込まれ、磐田が2点差をひっくり返した。 後半アディショナルタイム直前には古川も決定機を迎えたが、追加点はGKソン・ボムグンが許さない。守護神の頑張りに応えたい湘南だったが、結局追いつくことはできないまま試合終了。ホームの磐田が6試合ぶりの勝利を掴んだ。 ジュビロ磐田 3-2 湘南ベルマーレ 【磐田】 山田大記(前45+5) マテウス・ペイショット(後37) レオ・ゴメス(後41) 【湘南】 ルキアン(前1) 福田翔生(前29) <span class="paragraph-title">【動画】レオ・ゴメスの強烈ミドルが逆転弾に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>ヤマハスタジアムが沸いた<br>\<br><br>2点差を追いついたジュビロが<br>ついにレオ・ゴメスのゴールで逆転!<br><br>明治安田J1第16節<br>磐田×湘南<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> ライブ配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%A3%90%E7%94%B0%E6%B9%98%E5%8D%97?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#磐田湘南</a> <a href="https://t.co/Qxe9YRSIan">pic.twitter.com/Qxe9YRSIan</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1794262238468919325?ref_src=twsrc%5Etfw">May 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.05.25 16:22 Sat

【J1注目プレビュー|第16節:磐田vs湘南】残留を争う“シックスポインター”、ホームの磐田に分があり?

【明治安田J1リーグ第16節】 2024年5月25日(土) 14:00キックオフ ジュビロ磐田(16位/15pt) vs 湘南ベルマーレ(18位/14pt) [ヤマハスタジアム(磐田)] <span class="paragraph-subtitle">◆連敗ストップも攻撃が課題【ジュビロ磐田】</span> 前節はホームに浦和レッズを迎えて1-1のドロー。連敗を3でストップさせることに成功した。 守護神のGK川島永嗣が復帰し、守備も安定。1失点で終えることに成功したものの、得点力が不足。なんとか勝ち点を獲得するに留まった。 やはり11ゴールを記録しているジャーメイン良が不在なことは大きな影響を与えている。攻撃はどうしても迫力を欠いてしまい、離脱後は3試合でわずか1ゴール。いかにして攻撃の形を作っていくかが浮上のカギとなるだろう。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:川島永嗣 DF:植村洋斗、鈴木海音、リカルド・グラッサ、松原后 MF:レオ・ゴメス、上原力也 MF:松本昌也、山田大記、平川怜 FW:マテウス・ペイショット 監督:横内昭展 <span class="paragraph-subtitle">◆逆転勝利を自信にできるか【湘南ベルマーレ】</span> 前節はホームにアルビレックス新潟を迎え、2-1で勝利。3試合ぶりの勝利を記録した。 チームは降格圏に位置しているものの、前節は粘りを見せた結果の逆転勝利。浮上のキッカケにしたい勝利だ。 前節はルキアンが結果を残したが、やはり攻撃陣の奮起無くして上昇はない。ミスもまだまだ散見され、決して良い内容とはいえなかった。 アウェイでの磐田戦は大の苦手。5勝1分け12敗という状況だが、残留を争う“シックスポインター”では負けられない。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:ソン・ボムグン DF:大岩一貴、キム・ミンテ、大野和成 MF:鈴木雄斗、田中聡、畑大雅 MF:池田昌生、平岡大陽 FW:福田翔生、阿部浩之 監督:山口智 2024.05.25 11:30 Sat

清水が磐田との“静岡ダービー”でのチケット不正転売者の2名逮捕を報告…改めて注意喚起

清水エスパルスは24日、チケット不正転売に関する報告を行った。 事件は2023年10月7日に行われたジュビロ磐田戦で発生。チケットの不正転売問題があり、クラブは清水警察署に相談していた。 クラブは捜査に協力する中、「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律違反事件」に発展。被疑者2名が、「興行主であるエスパルスの同意なく、主管試合の電子入場券を高額で販売し、興行主等の特定興行入場券の販売価格を超える価格で不正転売したもの」として逮捕されたという。 清水は改めてファン・サポーターへ注意喚起。転売することはもちろん、正規販売ルート以外でのチケット購入をしないように呼びかけている。 「エスパルスは、試合運営規定、Jリーグチケット サービス利用規約において、主催者の許可なくチケットを転売する行為を禁止しております。また、エスパルスのホームゲームチケットは、購入者または入場資格者の氏名・連絡先を確認した上で販売し、チケット不正転売禁止法の対象となる「特定興行入場券」として販売を行っております」 「エスパルスファン・サポーターファミリーの皆さまにおかれましては、チケットのご購入は正規販売ルートをご利用いただき、このような転売サイトでのご購入は絶対におやめくださいますよう、あらためてお願いいたします」 なお、チケット不正転売禁止法では「1年以下の懲役もしくは百万円以下の罰金、またはその両方が科せられるという罰則」が設けられている。違反行為と判断した場合、チケット取得・購入者の照会を行い、必要な措置を講じるとのことだ。 2024.05.24 16:45 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly