予選3回戦が終了! 守田英正のサンタ・クララ、香川真司のPAOKは予選プレーオフ進出《ECL》

2021.08.13 12:13 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
12日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の予選3回戦2ndレグが行われた。

2021-22シーズンから新たに設立されたECLは、チャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐ欧州サッカー連盟(UEFA)の第3階層レベルの大会。レギュレーション的には従来のELを分割する形式となっている。

その予選3回戦が12日に終了。予選プレーオフに進む32チームが決まった。

日本人選手が所属するクラブも予選3回戦に参加している。

MF齊藤未月が所属するルビン・カザン(ロシア)は、ポーランドのラクフ・チェンストホヴァと対戦。外国人枠の問題で去就が騒がれている齊藤はベンチ入り。試合は延長戦にまでもつれ込むと、106分に齊藤が途中出場した。

直前に味方が退場し、数的不利だったルビン・カザンだったが、齊藤は投入直後にファウルでイエローカードを受ける。さらにチームは111分に失点。そのまま0-1で敗れ、2戦合計0-1で予選3回戦敗退となった。

香川真司が所属するPAOKテッサロニキ(ギリシャ)はアイルランドのボヘミアンズと対戦。香川はベンチ入りも出番は訪れず。それでもチームは2-0で勝利し、2戦合計3-2で予選プレーオフ進出を決めた。

守田英正が所属するサンタ・クララ(ポルトガル)はスロベニアのオリンピア・リュブリャナと対戦。守田は先発フル出場を果たした。1stレグで0-2で勝利していたサンタ・クララは2ndレグもしっかりと0-1で勝利し、2戦合計0-3で予選プレーオフに勝ち進んだ。

また、ガンバ大阪から先日加入が発表されたFW中村敬斗が所属するLSKリンツ(オーストリア)は、セルビアのヴォイボディナと対戦。1stレグは1-0で勝利していたが、2ndレグは6-1と圧勝。2戦合計7-1で予選プレーオフに勝ち進んだ。

この結果、PAOKはプレーオフでクロアチアのリエカと、サンタ・クララはセルビアのパルチザン・ベオグラードと対戦。LASKはスコットランドのセント・ジョンストンと対戦する。

また、プレーオフには原口元気遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリン(ドイツ)が参加し、フィンランドのクオピオン・パロセウラと対戦。そのほか、トッテナムはポルトガルのパソス・デ・フェレイラ、ローマはトルコのトラブゾンスポルと対戦する。

なお、ECLプレーオフの1sレグは8月19日、2ndレグは8月26日に開催される。

【予選3回戦結果】
▽8/9(月)
シャフチョール(カザフスタン) 0-0 コロス・コヴァリフカ(ウクライナ)
※AGG:0-0(3 PK 1)でシャフチョールが勝利

▽8/10(火)
ドムジャレ(スロベニア) 1-2 ローゼンボリ(ノルウェー)
※AGG:2-8 でローゼンボリが勝利

▽8/11(水)
アスタナ(カザフスタン) 3-4 クオピオン・パロセウラ(フィンランド)
※AGG:4-5 でクオピオン・パロセウラが勝利

▽8/12(木)
カラバフ(アゼルバイジャン) 1-0 AELリマソール(キプロス)
※AGG:2-1 でカラバフが勝利

ルビン・カザン(ロシア) 0-1 ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド)
※AGG:0-1 でラクフ・チェンストホヴァが勝利

モルデ(ノルウェー) 1-1 トラブゾンスポル(トルコ)
※AGG:4-4(3 PK 4)でトラブゾンスポルが勝利

ボデ/グリムト(ノルウェー) 2-0 プリシュティナ(コソボ)
※AGG:3-2 でボデ/グリムトが勝利

ジリナ(スロバキア) 5-0 トボル(カザフスタン)
※AGG:6-0 でジリナが勝利

ハンマルビー(スウェーデン) 5-1 チュカリチュキ(セルビア)
※AGG:6-4 でハンマルビーが勝利

ビクトリア・プルゼニ(チェコ) 3-1 TNSor(ウェールズ)
※AGG:5-5(4 PK 1)でビクトリア・プルゼニが勝利

PAOKテッサロニキ(ギリシャ) 2-0 ボヘミアンズ(アイルランド)
※AGG:3-2 でPAOKが勝利

RFS(ラトビア) 0-1 ヘント(ベルギー)
※AGG:2-3 でヘントが勝利

ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 4-0 シロンスク・ヴロツワフ(ポーランド)
※AGG:5-2 でハポエル・ベエルシェバが勝利

マッカビ・テルアビブ(イスラエル) 1-0 スパルタク・トルナヴァ(スロバキア)
※AGG:1-0 でマッカビ・テルアビブが勝利

バーゼル(スイス) 4-0 ウーイペシュト(ハンガリー)
※AGG:6-1 でバーゼルが勝利

フォラ・エシュ(ルクセンブルク) 2-1 リンフィールド(北アイルランド)
※AGG:4-2 でフォラ・エシュが勝利

アンデルレヒト(ベルギー) 2-1 ラチ(アルバニア)
※AGG:5-1 でアンデルレヒトが勝利

コペンハーゲン(デンマーク) 4-2 ロコモティフ・プロヴディフ(ブルガリア)
※AGG:5-3 でコペンハーゲンが勝利

リエカ(クロアチア) 4-1 ハイバーニアン(スコットランド)
※AGG:5-2 でリエカが勝利

フェイエノールト(オランダ) 3-0 ルツェルン(スイス)
※AGG:6-0 でフェイエノールトが勝利

ヴェレジュ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 1-4 エルフスボリ(スウェーデン)
※AGG:2-5 でエルフスボリが勝利

オリンピア・リュブリャナ(スロベニア) 0-1 サンタ・クララ(ポルトガル)
※AGG:0-3 でサンタ・クララが勝利

スィヴァススポル(トルコ) 1-1 ディナモ・バトゥミ(ジョージア)
※AGG:延長戦の末3-2 でスィヴァススポルが勝利

ハイバーニアンズ(マルタ) 1-4 リガ(ラトビア)
※AGG:3-4 でリガが勝利

テウタ(アルバニア) 0-2 シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド)
※AGG:0-3 でシャムロック・ローヴァーズが勝利

ラーン(北アイルランド) 1-0 パソス・デ・フェレイラ(ポルトガル)
※AGG:1-4 でパソス・デ・フェレイラが勝利

アバディーン(スコットランド) 2-1 ブレイザブリク(アイスランド)
※AGG:5-3 でアバディーンが勝利

HBトースハウン(フェロー諸島) 1-0 マッカビ・ハイファ(イスラエル)
※AGG:3-7 でマッカビ・ハイファが勝利

ダンドーク(アイルランド) 1-2 フィテッセ(オランダ)
※AGG:3-4 でフィテッセが勝利

LASKリンツ(オーストリア) 6-1 ヴォイボディナ(セルビア)
※AGG:7-1 でLASKが勝利

パルチザン・ベオグラード(セルビア) 2-2 ソチ(ロシア)
※AGG:3-3(4 PK 2)でパルチザンが勝利

オシエク(クロアチア) 1-1 CSKAソフィア(ブルガリア)
※AGG:3-5 でCSKAソフィアが勝利

【予選プレーオフ】
◆チャンピオンズパス
ジャルギリス(リトアニア) vs ボデ/グリムト(ノルウェー)
ネフチ・バクー(アゼルバイジャン) vs マッカビ・ハイファ(イスラエル)
フローラ(エストニア) vs シャムロック・ローヴァーズ(アイルランド)
リガ(ラトビア) vs リンカーン(ジブラルタル)
フォラ・エシュ(ルクセンブルク) vs カイラト(カザフスタン)

◆メインパス
カラバフ(アゼルバイジャン) vs アバディーン(スコットランド)
バーゼル(スイス) vs ハンマルビー(スウェーデン)
ビクトリア・プルゼニ(チェコ) vs CSKAソフィア(ブルガリア)
パソス・デ・フェレイラ(ポルトガル) vs トッテナム(イングランド)

スタッド・レンヌ(フランス) vs ローゼンボリ(ノルウェー)
アンデルレヒト(ベルギー) vs フィテッセ(オランダ)
LASKリンツ(オーストリア) vs セント・ジョンストン(スコットランド)
シャフチョール(カザフスタン) vs マッカビ・テルアビブ(イスラエル)

PAOKテッサロニキ(ギリシャ) vs リエカ(クロアチア)
クオピオン・パロセウラ(フィンランド) vs ウニオン・ベルリン(ドイツ)
フェイエノールト(オランダ) vs エルフスボリ(スウェーデン)
ラクフ・チェンストホヴァ(ポーランド) vs ヘント(ベルギー)

スィヴァススポル(トルコ) vs コペンハーゲン(デンマーク)
サンタ・クララ(ポルトガル) vs パルチザン・ベオグラード(セルビア)
トラブゾンスポル(トルコ) vs ローマ(イタリア)
ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) vs アノルトシス(キプロス)
ヤブロネツ(チェコ) vs ジリナ(スロバキア)


関連ニュース
thumb

浅野先発ボーフム、PK失敗響いて連勝ならず《ブンデスリーガ》

ボーフムは15日、ブンデスリーガ第19節でマインツとのアウェイ戦に臨み、0-1で敗れた。ボーフムのFW浅野拓磨は61分までプレーしている。 後半戦スタートとなった前節、浅野が先発に復帰してヴォルフスブルクに勝利した11位ボーフム(勝ち点23)は、浅野が2試合連続スタメンとなった。 10位マインツ(勝ち点24)に対し、[4-3-3]で臨んだボーフムは浅野が右ウイングでスタート。守勢の入りとなった中、19分にCKからコチャプのヘディングシュートが枠に向かったが、威力を欠いてGKにセーブされる。 引き続き劣勢のボーフムは26分、バレイロにGKリエマン強襲のシュートを浴びせられるも、31分にPKを獲得する。浅野のパスを受けたボックス右のポルターがベルに倒された。しかし、キッカーのポルターが枠の右を狙ったシュートはGKゼントナーにセーブされてしまう。 ハーフタイムにかけては互角の攻防で推移した中、ゴールレスで迎えた後半、開始3分にボーフムは失点する。CKの流れからブルクハルトの右クロスをユステに蹴り込まれた。 失点を受けて前がかったボーフムだったが、シュートに持ち込めずにいると61分に浅野がピッチを後に。 しかし、その後も好機を作るには至らず0-1のまま敗戦。PK失敗も響き、連勝はならなかった。 2022.01.16 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

遠藤&伊藤フル出場のシュツットガルト、ライプツィヒにシャットアウト負けで4戦ゴールなし《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは15日、ブンデスリーガ第19節でライプツィヒをホームに迎え、0-2で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航とDF伊藤洋輝はフル出場している。 後半戦スタートとなった前節、最下位のグロイター・フュルトにゴールレスドローに終わった15位シュツットガルト(勝ち点18)は、遠藤と伊藤が引き続きスタメンとなった。 9位ライプツィヒ(勝ち点25)に対し、[3-4-2-1]で臨んだシュツットガルトは遠藤がボランチで、伊藤が左センターバックでスタート。そのシュツットガルトは10分、PKを献上してしまう。 左サイドからのエンクンクのクロスがボックス内のマヴロパノスの手に当たってしまった。このPKをアンドレ・シウバに決められ、先制を許したシュツットガルトはその後も攻めあぐねる状況が続く。 前半終盤の40分、伊藤のミドルシュートが枠を捉えたが、GKにセーブされ、シュツットガルトは1点ビハインドのまま前半を終えた。 迎えた後半開始6分、遠藤のミドルシュートでゴールに迫ったシュツットガルトは56分にFKからカライジッチのヘディングシュートが枠を捉えたが、GKの正面を突いた。 さらに63分、マンガラがミドルシュートで、68分にもアントンがミドルシュートでライプツィヒに圧力をかけるも、70分に追加点を奪われてしまう。 ヘンリクスのロングスルーパスに抜け出したエンクンクにボックス内で伊藤がかわされ、そのままシュートを決められた。 終盤にかけては反撃に転じられなかったシュツットガルトは0-2で敗戦。4試合連続無得点での黒星となった。 2022.01.16 02:22 Sun
twitterfacebook
thumb

久保建英が圧巻の直接FK弾で今季公式戦2点目! エスパニョール撃破のマジョルカがベスト8進出!《コパ・デル・レイ》

コパ・デル・レイ4回戦、マジョルカvsエスパニョールが15日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われ、2-1で勝利したホームのマジョルカが準々決勝進出を決めた。なお、マジョルカのMF久保建英は83分までプレーし、先制点を記録した。   共に昨シーズンまで在籍していたセグンダ勢との3回戦を競り勝ってベスト16進出を決めたプリメーラ昇格組による、準々決勝進出を懸けた一戦。   直近のレバンテ戦で0-2の敗戦を喫するなど、リーグ戦3連敗中と苦境のマジョルカは、今後の戦いに弾みを付けるため昨季セグンダ王者相手の勝利を目指した。   久保が[4-4-2]の右サイドハーフで先発出場となったマジョルカは、立ち上がりから押し気味に試合を進めていくが、なかなかフィニッシュの数が増えていかない。逆に、エスパニョールの効率の良い攻めに晒されてラウール・デ・トーマスらにシュートまで持ち込まれるシーンが散見される。   以降は睨み合いの状況がしばらく続いたが、久保の左足が均衡を破った。32分、ボックス手前右の好位置で得たFKの場面でキッカーの久保が左足を振り抜くと、3枚の壁の上をギリギリで越えた鋭いシュートがゴール右隅の完璧なコースに決まった。   久保のアトレティコ・マドリー戦以来となる今季公式戦2点目で先手を奪ったホームチームは、以降も優勢に試合を運び1点リードで前半を終えた。後半はデ・トーマスやケイディ・バレに際どいシーンを作られる一方、久保の仕掛けやセットプレーを起点に2点目に迫るマジョルカ。   すると60分、左CKの場面でセビージャが右足インスウィングで入れたクロスをゴール前のアブドンが後ろに戻りながらの見事なヘディングシュートをゴール右隅へ流し込み、貴重な追加点を奪った。   これで一気にベスト8進出が近づいたマジョルカだったが、直後の62分には相手のFKの場面でペドロサが浮き球でゴール前に入れたボールをハビ・プアドにワントラップから冷静に流し込まれる。この場面ではリスタートが主審のホイッスルの前か後かという部分、張ピ・プアドの抜け出しがオフサイドかどうかという2点の確認にVARの介入が入ったが、数分間の確認後にゴールが支持された。   この失点によって再び試合の緊迫感が戻ってきた中、エスパニョールは攻撃的な交代策で同点を目指す。これに対してマジョルカはセビージャを下げてバッタリア、83分には久保、アブドンのスコアラー2人を含め一気に3枚の交代カードを切り、イ・ガンインやホッペの投入で逃げ切り態勢に入った。   その後、エスパニョールの決死のパワープレーを最後まで集中した守備で撥ね返し続けたマジョルカが2-1の勝利を収め、準々決勝進出を決めた。 2022.01.16 01:56 Sun
twitterfacebook
thumb

原口途中出場のウニオン・ベルリンが好調ホッフェンハイムに逆転勝利!《ブンデスリーガ》

ウニオン・ベルリンは15日、ブンデスリーガ第19節でホッフェンハイムと対戦し2-1で勝利した。ウニオン・ベルリンのMF原口元気は79分からプレー、MF遠藤渓太はベンチ入りも出場機会はなかった。 リーグ戦3試合負けなしの7位ウニオン・ベルリン(勝ち点28)が、7試合負けなしと好調の3位ホッフェンハイム(勝ち点31)をホームに迎えた。ウニオン・ベルリンの原口と遠藤は共にベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ホッフェンハイムが先に決定機を迎える。11分、セットプレーの二次攻撃から右サイドでボールを拾ったベブが縦への仕掛けからクロスを供給すると、クリス・リチャーズの折り返しを最後はポッシュがダイビングヘッドで合わせたが、これはGKルセのファインセーブに阻まれた。 先制の好機を逃したホッフェンハイムだったが、16分に再びチャンスを迎える。自陣からのロングパスを受けたベブがクノッヘとうまく入れ替わると、ボックス右深くまで切り込みクロス。これがブロックに入ったアクポグマに当たると、そのままゴールに吸い込まれた。 先制を許したウニオン・ベルリンは、すぐに反撃に出る。すると直後の17分にプロメルがホッフェンハイムゴールに迫ると、22分にはクルーゼのパスで左サイドを抜け出したオチプカのクロスをボグルサマーが頭で叩き込んだ。 1-1で迎えた後半、先に決定機を作ったのはアウェイチーム。52分、ラウムのループパスでボックス左に抜け出したクラマリッチがシュートを放ったが、これは枠の上に外れた。 膠着状態が続く中、ウニオン・ベルリンは65分にエツナリを下げてベッカーを投入。すると71分、相手CKのこぼれ球からロングカウンターを仕掛けるとのオチプカの左クロスにベッカーがダイビングヘッドで合わせたが、これはわずかに枠の右にそれた。 さらに73分には、GKルセからのロングフィードをクルーゼがつなぐと、ボックス左から侵入したベッカーの折り返しをボックス内まで上がったクルーゼがシュート。これは相手DFに当たりクロスバーを叩いたが、こぼれ球をプロメルがダイビングヘッドで流し込んだ。 逆転に成功したウニオン・ベルリンは、79分にボグルサマーとハインツを下げて原口とイェッケルを投入。その後、ホッフェンハイムの反撃を受けたが、集中した守りでこれを凌ぎ試合終了。 プロメルの2戦連続弾で逆転したウニオン・ベルリンが好調ホッフェンハイムから貴重な勝ち点3を獲得した。 2022.01.16 01:50 Sun
twitterfacebook
thumb

ドイツで挑戦中の元Jリーガー、ベルギーでの鈴木武蔵との思い出綴る「もがいてる真っ只中だと思った」

JリーグでもプレーしたMF幸野志有人が自身のnoteを更新。2021年末に訪れたベルギーでの、日本代表FW鈴木武蔵(ベールスホット)との思い出を振り返った。 JFAアカデミー福島出身の幸野は、16歳という若さで2010年にFC東京へ入団するも出場機会に恵まれず、複数クラブへレンタル。2017年にV・ファーレン長崎に完全移籍した後、オーストラリアのシドニー・オリンピックFC、南葛SCに加入。2021年11月にシーズン途中ながらドイツ4部のチームの練習に参加するために退団することが発表されていた。 幸野は、現在は別のチームで練習参加していることを明かしながら、2021年末に長崎時代のチームメイトでもある鈴木のもとを訪れたときのことを綴っている。 その鈴木は、2020年8月に北海道コンサドーレ札幌から完全移籍でベールスホットに加入。海外挑戦1年目のシーズンでジュピラー・プロ・リーグ26試合に出場し6ゴール1アシストを記録したものの、今シーズンはここまで16試合ノーゴールと苦しんでいる状況だ。 幸野は、鈴木の試合を観戦したことを報告。しかし、「試合を見る限り今もまだ、もがいてる真っ只中だと思ったし、上手くいってるとは言えない状況ではあったと思います」と鈴木の現状について見解を示した。 ただ、「多分武蔵はいろんな選択肢があるなかで毎日自分と葛藤してると思うけど、その葛藤こそが素晴らしい経験だと思うし、どんな選択をしようが変わらず親友として心から応援してます。それだけはどこにいても変わりません」と変わらぬサポートを誓っている。 2021年12月にもそれぞれのSNSでベルギー旅行の時のオシャレな写真の数々を投稿していた2人。幸野は「またいつかどこかで一緒にプレーできたら最高ですね」とも綴っており、海を渡った今も固い絆で結ばれているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】鈴木武蔵と幸野志有人、お洒落好きな2人のベルギーでの上級者コーデ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">出会って10年くらい経つけど、まさか10年後にベルギーで武蔵の家に泊まって一緒にスクーターのって遊んでるとは思わなかったし人生って面白い。<br>10年後はお互いどんな人間になってるか楽しみ。 <a href="https://t.co/PynpfUIsOd">pic.twitter.com/PynpfUIsOd</a></p>&mdash; 幸野 志有人 (@shootkohno) <a href="https://twitter.com/shootkohno/status/1473254169024811010?ref_src=twsrc%5Etfw">December 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.15 12:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly