アルテタ監督が噂されるノルウェー代表MFの獲得を否定「興味を示していない」、ウィルシャー復帰も一蹴

2020.11.27 20:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督が、獲得が噂されるシェフィールド・ユナイテッドのノルウェー代表MFサンデル・ベルゲ(21)について言及した。イギリス『メトロ』が伝えた。今夏の移籍市場でガーナ代表MFトーマス・パルティやU-23ブラジル代表DFガブリエウを獲得するなど積極補強を敢行したアーセナル。ヨーロッパリーグ(EL)では決勝トーナメント進出を決めた一方でプレミアリーグでは4勝1分4敗と苦戦が続いている。


この状況に来年1月の移籍市場で中盤強化を目論んでいるとも報じられており、その候補として、シェフィールドのベルゲが浮上。

その理由として2017年にヘンクで共闘したアシスタントコーチのアルベルト・スタイフェンベルク氏がベルゲを高く評価しているからだとされている。

この現状についてアルテタ監督は噂が浮上した理由に理解を示したものの、獲得の噂について「ない」と一蹴した。

「おそらくリンクした理由について、アルベルトが彼を本当によく知っているからだと思う」

「アルベルトが彼のことを好きな選手としているが、我々はその選手に興味を示していない。彼はシェフィールド・ユナイテッドの選手であり、我々は何もしていない」

また、10月にウェストハム退団以降、フリーの状態が続く元イングランド代表MFジャック・ウィルシャー(28)についても言及。アーセナル復帰の可能性も取り沙汰されているが、こちらも獲得の噂を否定している。

「その状況を調査していない。ジャックについて私から話せるのは過去に選手として、チームメイトとして、人として、本当に高く評価しているということだ」

「残念ながら現時点でそれはないと思う。我々は自分たちが保有している選手に焦点を合わせていて、できる限りのことをしようとしている」
関連ニュース
thumb

「伝説だ」リバプール相手に4発のアルシャビンに12年経った今も脚光

今から12年前の2009年4月21日、アーセナルのクラブOBである元ロシア代表FWのアンドレイ・アルシャビンがプレミアリーグで伝説を残した。 2009年2月にゼニトからアーセナルに移籍したアルシャビン。タイトルこそ獲得できなかったが、在籍5シーズンで公式戦144試合31ゴールの記録を残している。 アーセナル加入から2カ月が過ぎたころにアンフィールドで行われたプレミアリーグのリバプール戦は、自身のキャリアにおけるハイライトの1つとなった。 先発出場したアルシャビンは、36分に先制点を奪取。その後、逆転を許した67分にはボックス手前からの強烈なミドルシュートを突き刺し同点ゴールを奪う。 直後の70分にはボックス内で相手のクリアミスを拾って冷静にシュートを流し込み、ハットトリックを達成すると、3-3の同点で迎えた90分には高速カウンターから4点目を奪う圧巻のパフォーマンスを披露した。 最終的にチームは追い付かれて勝利を逃したものの、ロシアの小皇帝は一躍世界中にその名を知られることになった。 アルシャビン氏は引退後、イギリス『888 Sport』のインタビューで伝説のリバプール戦を回想している。 「試合後にへとへとに疲れ切っていたことをよく覚えているよ。もう身体にはこれっぽっちもエネルギーは残っていなかった。1試合で4ゴールも決めたのだから、もちろん嬉しかったよ」 「これまでアンフィールドで1試合4ゴールを記録したプレーヤーはいなかった。だからこそ、それをやってのけたことが誇らしかったよ。その4ゴールすべてが特別なものに感じているよ。それでも、いつの日か誰かが自分と同じことを成し遂げるんじゃないかと思っているよ」 12年が経った今もその活躍は色褪せず、『ESPN』もアルシャビンの4ゴール動画を公開。ファンからも「伝説だ」「これだからアーセナルサポーターはやめられない」「12年経ったのは本当?」など様々な声が寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】4点目のスプリントは圧巻…!アルシャビン伝説の4ゴール!!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">&quot;Look at Arshavin, here comes Arshavin!&quot;<br><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/OnThisDay?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnThisDay</a> in 2009<br><br>The night <a href="https://twitter.com/AndrArshavin23?ref_src=twsrc%5Etfw">@AndrArshavin23</a> ran riot at Anfield <a href="https://t.co/sqIxx80HHe">pic.twitter.com/sqIxx80HHe</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1252505679761420289?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.22 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

「取り残されたくなかった」発表から2日、アーセナルもESL参加辞退を発表「正しい決定を下せなかった」

アーセナルは20日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)参戦撤回を表明した。クラブ公式サイトが伝えた。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になるとされていた。 しかし、UEFAをはじめ、国際サッカー連盟(FIFA)や各クラブの監督、選手、そしてファン・サポーターから想像以上の反発が出ることに。各クラブのサポーターは、「チームが死んだ」としてスタジアムにバナーを掲げるなど、悲しみに溢れた2日間となった。 そんな中、アーセナルはこの構想に参加しようとしていたことが間違っていたと声明を発表。参加を撤退するとした。 「ここ数日は、世界中のサポーターがこの素晴らしいクラブと我々が愛する試合に対し、抱いている気持ちの深さを改めて示しくれました」 「これを思い出す必要はありませんでしたが、最近のサポーターの反応は、さらに反省し、深く考える時間を与えてくれました」 「そのような苦痛を引き起こすことは決して我々の意図ではありませんでしたが、スーパーリーグへの招待が来た時、保証がないことは理解していましたが、アーセナルとその将来を確実に守るために取り残されたくありませんでした」 「みなさんとより広いサッカーコミュニティの話を聞いた結果、提案されているスーパーリーグから撤退することを決めました。間違えたことをお詫びいたします」 「ここでアーセナルが成し遂げようとしていることへの信頼を取り戻すには、時間がかかることは承知していますが、スーパーリーグに参加するという決定は、みなさんが愛するクラブであるアーセナルを守りたいという我々の願いによって勧められたことを明確にしておきます。より大きな連帯と財政の安定を通して、みなさんが愛するゲームをサポートするためです」 「試合の繁栄には安定性が不可欠であり、試合が前進するために必要な安全性をもたらすために努力を続けます」 「システムは修正する必要があります。我々は、サッカーの未来を守り、我々を興奮させてくれるサッカーの並外れた力を活用するための解決策を、協力して見つけなければいけません」 「最後になりますが、我々にとって信じられないほど困難な年の終わりに、このような事態が発生し、非常に不安な気持ちになっていることは理解しています」 「我々の目的は、この素晴らしいサッカークラブのために、正しい決断を下し、将来のためにそれを守り、我々を前進させることでした。ここでは正しい決定を下せませんでした。それは完全に受け入れます」 「我々は、あなた方の声を聞きました」 2021.04.21 09:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ラカゼットの負傷についてアルテタ監督「みんな落胆している」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、試合中に負傷したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットについて言及した。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは18日にプレミアリーグ第32節でフルアムと対戦。試合は微妙なオフサイドをVARで取られゴールが認められない苦しい展開となる中、後半アディショナルタイムに追いつき、1-1で引き分けていた。 痛いドローとなったアーセナルだが、それ以上にチームにとっての痛手が。69分に攻撃に出ていたアーセナルは、突如ラカゼットが左ハムストリングを抑え、すぐにベンチに交代を要求。自力で歩いてピッチを後にしたが、長期離脱も見込まれることとなり、大きな痛手となった。 試合後、アルテタ監督はラカゼットについてコメント。現時点では程度がわからないとした。 「我々は様子を見なければいけない。おそらく火曜日に検査を行い、ケガの程度と予定を確認する。どうなのか、わからない」 ピッチを去る際にはラカゼットが悲痛な表情を見せており、ケガが軽いものではないことを感じさせたが、アルテタ監督は検査結果を待ちたいとした。 「でも1週間なのか、2週間なのか、5週間なのか、6週間なのかはわからない。彼はハムストリングに何かを感じたが、その程度はわからない。ラカがいた時のことを理解しているので、我々はみんな落胆している」 アーセナルはガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがマラリアに感染して現在離脱中。ラカゼットも長期離脱となると、リーグ戦はおろか、ヨーロッパリーグ(EL)経由でのチャンピオンズリーグ出場にも暗雲が立ち込めている。 この試合では、そのラカゼットの代わりに出場したFWエディ・エンケティアが貴重な同点ゴールを奪ったが、前線に人材難が訪れる窮地に立たされることとなった。 ラカゼットは今シーズンのプレミアリーグで28試合に出場し13ゴール2アシストを記録していた。 2021.04.19 12:35 Mon
twitterfacebook
thumb

VARに振り回されたアーセナル、アルテタ監督は「彼らを信頼しなければ」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、フルアム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは18日、プレミアリーグ第32節でホームにフルアムを迎えての一戦。トップ5入りを目指すアーセナルと、残留を目指すフルアムのバトルとなった。 立ち上がりから主導権を握り攻勢に出るアーセナルと、ゴール前にバスを止めて守備を固めるフルアムの構図。アーセナルは序盤に攻め込んでいたタイミングで先制できないと徐々に攻撃が停滞していく。 前半はゴールレスで終えると、後半にフルアムが微妙な判定でPKを獲得。これをマジャが決めて先制。その後は、バスを2台に増やすフルアムの守備の前にアーセナルは攻めあぐねる。このままフルアムが貴重な勝ち点3を獲得するかと思われたが、アディショナルタイムにエディ・エンケティアがネットを揺らし、土壇場で追いつき、1-1の引き分けに終わった。 試合後、勝ち点1に終わったアルテタ監督は勝ち点3に値したとコメント。ゴールが認められなかったことを悔やんだ。 「アーセナルは間違いなく勝ち点3に値した。全ての意見を尊重しなければいけないが、私に意見を尋ねている、そして、私は我々が勝利に値すると言う」 「我々が作ったチャンスを振り返らなければならない。2つのゴールが認められなかった。そして、我々は1つのシュートでゴールを許した」 この試合では、40分にボックス内でボールをつなぎ、最後はダニ・セバージョスがヘディングでネットを揺らすも、VARが介入。パスを繋いでいる中でブカヨ・サカのつま先がわずかに出ていたことでオフサイドとなった。 さらに56分にフルアムがPKを獲得。マリオ・レミナとガブリエウがルーズボールを奪いに行くと、レミナが倒れる。このシーンではガブリエウはチャレンジに行くのを途中でやめていたが、わずかにレミナに触れておりPKとなった。 最後の同点ゴールも、オフサイドポジションにいたロブ・ホールディングがプレーに関与しているかどうかでVARの細かいチェックが入ったが今度はゴールに。VARに左右されたアルテタ監督だが「我々は彼らを信頼しなければいけない。それが唯一できることだ」とし、信じるしかないと語った。 この引き分けで再びトップ5入りが難しい状況となったアーセナル。アルテタ監督は勝利が必要だったとし、残り試合全部に肩なけれ日開けないと語った。 「今日は勝利が必要だった。可能な限り最高のチャンスを得るために、全ての試合で勝利する必要がある。我々はそれが自分たちに依存していないことは理解しているが、数字的にはそれも可能だ」 2021.04.19 10:30 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナルが格下フルアムに劇的ドローも主砲ラカゼットがハムストリング負傷…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、アーセナルvsフルアムが18日にエミレーツ・スタジアムで行われ、1-1のドローに終わった。 前節、シェフィールド・ユナイテッドに3-0で快勝した9位のアーセナル(勝ち点45)が降格圏の18位フルアム(勝ち点26)をホームで迎え撃ったロンドン・ダービー。 直近のヨーロッパリーグ(EL)でスラビア・プラハに4-0の快勝を収め、EL準決勝進出を果たした好調のチームは、その一戦から先発5人を変更。守護神レノに休養を与えGKライアンを加入後2度目の先発で起用したほか、ペペ、パブロ・マリ、トーマス、ペペに代えてベジェリン、ガブリエウ、エルネニー、マルティネッリを起用した。 立ち上がりにマルティネッリが2度のフィニッシュシーンを作り出すなど、ホームチームが押し込む入りを見せる。だが、時間の経過と共に守り慣れたフルアムの守備が整備されたことで、以降はボールを握りながらも攻め切れない状況が続く。 一方、逆転での残留に向けて勝ち点3がほしいフルアムはスピードとアジリティに長けた前線4枚を起点に虎視眈々とカウンターから一発を狙う。21分にはボックス中央で一瞬浮いたデコルドバ=リードが右足を振り抜くが、DFにディフレクトしたボールはわずかに枠の左に外れ、絶好のチャンスで仕留めきれない。 以降は睨み合いが続き互いにフィニッシュの数が増えていかないクローズな展開に。それでも、前半終盤にかけて攻勢を強めたアーセナルは40分にゴールネットを揺らす。 左サイドで仕掛けたマルティネッリからのクロスをラカゼットが頭でフリック。これを中央で拾ったサカの短い落としをベジェリンがワンタッチで上げると、ゴール左のセバージョスが頭で流し込んだ。しかし、VARのレビューの結果、ラカゼットからサカにボールが繋がったタイミングで非常に微妙ながらもオフサイドを取られてゴールは取り消しに。その後、前半ラストプレーでもラカゼットのクロスが相手オウンゴールを誘発も、ここも直前のスミス・ロウの抜け出しがオフサイドとなった。 微妙なVAR判定の影響もあって0-0での折り返しとなった試合は、後半も立ち上がりにラカゼットのシュート、サカの右ポスト直撃のシュートなどでゴールに迫るアーセナルペースとなる。 しかし、早い時間帯に先制点を挙げることができなかったアーセナルは再び微妙な判定に遭う。 56分、ボックス内に侵入してきたレミナの対応にあたったDFガブリエウが足を一度引っ込めるも微妙に接触してしまうと、このプレーでフルアムにPKが与えられる。その後、直前のアイナの抜け出しに関してオフサイドかどうかの確認が入るも、これもオンサイドとなって正式にPKが認められる。これをキッカーのマジャが豪快に上隅に決め、劣勢のアウェイチームが先制に成功した。 2度の微妙な判定でビハインドを背負うことになったアーセナルはすぐさま反撃を開始。67分にはマルティネッリからの正確なクロスをベジェリンが頭で合わすが、これを枠に飛ばせない。 早い時間帯に追いつき、逆転と持ち込みたい中でアルテタ監督はベジェリンとエルネニーを下げて切り札のペペとトーマスを同時投入。だが、この直後にはスプリントした際に左ハムストリングを痛めたラカゼットがプレー続行不可能となり、急遽エンケティアの投入を余儀なくされる。71分にはボックス右でのマルティネッリの粘りからゴール前のペペに絶好機も、枠を捉えたヘディングシュートはGKアレオラのビッグセーブに阻まれた。 その後、前線の攻撃的なタレントを続けて下げて中盤に守備強度をもたらす守備的な交代策で逃げ切りを図るアウェイチームに対して、アーセナルが決死の猛攻を見せる。 7分が与えられた後半アディショナルタイムではサカ、マルティネッリ、エンケティアと続けての決定機が相手の好守に阻まれて万事休すかに思われた。だが、ホームで29戦無敗(24勝5分け)と圧倒的な戦績を残すお得意様相手に最後の最後に追いつく。 97分、左CKの場面でキッカーのサカが上げたボールを攻撃参加していたGKライアンがニアで頭で合せると、ファーに流れたボールをセバージョスが右足のダイレクトシュート。これはGKアレオラに弾かれるが、詰めたエンケティアが押し込んだ。オフサイドラインにいたホールディングのプレー関与の可能性もあり、VARのレビューが入ったものの今度は判定が優位に働き劇的ゴールが認められた。 この結果、格下相手の敗戦こそ免れたアーセナルだが、逆転でのトップ4フィニッシュが絶望的となると共に重要なEL準決勝のビジャレアル戦を控える中、好調のラカゼットの負傷離脱という懸念材料が新たに出てきた。 2021.04.18 23:37 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly