「アッレグリかサッリを代表監督に? 悪くない」。コスタクルタの選択肢に2018.02.13 23:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽イタリアサッカー連盟(FIGC)のサブコミッショナーを務めるアレッサンドロ・コスタクルタ氏が、同国の代表監督選びについて話した。

▽現役時代にミランで活躍したコスタクルタ氏は、ロシア・ワールドカップ出場を逃して解任されたジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督の後任を探している。

▽イタリア代表は大きな失望のあとで実績のある監督を招へいするつもりだ。同氏は最近、候補者が「6、7人」と話していたが、「新しいことは何もない」と語り、まだ進展はないと述べた。

▽それでも、セリエAで結果を残す2チームの指揮官に興味があるようで、「(ナポリのマウリツィオ・)サッリと(ユベントスのマッシミリアーノ・)アッレグリ? そうなったら悪くないね。私はイタリア人監督というのが、世界で最も準備のできたものだと考えている」と語った。

▽3月の代表戦ではU-21代表を指揮するルイジ・ディ・ビアージョ氏が監督を務めることが決まったアッズーリ。正式な監督は誰になるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

トリノの元イタリア代表DFモレッティが今季限りで引退…

トリノに所属する元イタリア代表DFエミリアーノ・モレッティ(37)が今シーズン限りでの現役引退を発表した。 モレッティは22日、自身の家族、ウルバノ・カイロ会長、ワルテル・マッツァーリ監督を始め、チームメートやスタッフが同席したクラブハウス内での公式会見の場で26日に行われるセリエA最終節のラツィオ戦が自身にとって現役最後の一戦になることを明かした。 「日曜のラツィオ戦が僕にとって最後の試合になる。今はとても幸せな気持ちでいるし、自分の人生における重要な章を締めくくることに満足している。また、僕の残留を望んでくれた会長と監督に感謝を伝えたい」 「6年前にトロに加入し、キャリアにおける新たな章を始めることができた。ウルバノ・カイロ会長と(スポーツ・ディレクターの)ジャンルカ・ペトラーキに感謝したい」 「同様にここに初めて来た日からいつでも僕を支えてくれたすべてのファンたちに感謝したい」 セリエCのロディジャーニでプロキャリアをスタートしたモレッティは、フィオレンティーナ、ユベントス、ボローニャなど国内のクラブで活躍。また、2004年には自身最初で最後の国外クラブとなったバレンシアで5年に渡って活躍。その後、ジェノアを経て2013年からトリノでプレー。左サイドバックや3バックの左のポジションでイタリア人DFらしい堅実な守備や気の利いたカバーリングでチームを支え、今季もリーグ戦23試合に出場していた。 また、イタリア代表ではU-23イタリア代表として2004年のアテネ五輪で銅メダル獲得に貢献。フル代表には長らく縁がなかったが、2014年にはアントニオ・コンテ率いるチームでイタリア代表最年長記録となる33歳でのデビューを飾り、通算2キャップを刻んでいた。 2019.05.22 23:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニトのマルキジオがヒザの手術で今季終了

ゼニトの元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(33)が24日、自身のインスタグラムでヒザの手術を行ったことを明かした。イタリア『トゥットスポルト』によれば全治は3カ月とのことで、今季中の復帰は不可能となった。 ユベントスで長年活躍し、今季よりゼニトでプレーしていたマルキジオは右ヒザの痛みを抱え、2月のヨーロッパリーグ・フェネルバフチェ戦で5分程プレーして以降、膝蓋骨軟骨症に苦しみ戦列を離れていた。 2016年に左ヒザの前十字じん帯を痛めた経験を持つマルキジオは今季、ロシア・プレミアリーグで9試合に出場して2ゴール、ヨーロッパリーグでは5試合に出場するにとどまっていた。 マルキジオは自身のインスタグラムで「まだ試合に出場したい。這い上がるよ」と復帰への意欲を示した。 24試合を消化し、残り6試合となったリーグ戦で首位に立つゼニトは、2位ロコモティフ・モスクワに8ポイント差を付けている。 2019.04.25 00:50 Thu
twitterfacebook
thumb

イタリア代表のスタッツが凄い! 支配率78%、シュート総数41本

イタリア代表のリヒテンシュタイン代表戦でのスタッツが話題となっている。イギリス『BBC』が報じた。 イタリア代表は26日、ユーロ2020予選グループJ第2節でリヒテンシュタイン代表をホームに迎え、6-0と圧勝。MFセンシの代表初得点で先制し、MFヴェッラッティが加点、36歳のFWクアリアレッラがPK2つを沈めて差を広げ、FWケアン、FWパヴォレッティが止めを刺した。 そして、イタリアはこの試合で支配率78%を記録。また、シュート総数41本、枠内シュート12本、CK11本とまさに圧倒的な内容でリヒテンシュタインを粉砕している。 4度のワールドカップ制覇を成し遂げているものの、昨年のロシア大会では60年ぶりに本大会出場を逃したイタリア。長らくチームを支えたGKジャンルイジ・ブッフォンやMFダニエレ・デ・ロッシ、DFアンドレア・バルザーリも代表引退を表明し、崩壊が叫ばれたが、ロベルト・マンチーニ監督の下で再び強豪としての誇りを取り戻しつつある。 2019.03.27 13:20 Wed
twitterfacebook
thumb

クアリアレッラがアズーリの最年長得点者に!

サンプドリアに所属するイタリア代表FWファビオ・クアリアレッラ(36)が、同国史上最年長得点者に躍り出ている。様々なデータを扱う『Opta(@OptaPaolo)』が紹介した。 イタリア代表は26日、ユーロ2020予選グループJ第2節でリヒテンシュタイン代表をホームに迎え、6-0で勝利。試合の中では、クアリアレッラが1本のアシストと2本のPKを決め、快勝に貢献した。 『Opta』によると、36歳54日で得点を決めたクアリアレッラは、イタリア代表史上最年長得点者に。2008年にクリスティアン・パヌッチ氏が決めた35歳62日という記録を、1年近く上回った。 なお、イタリア代表の年長得点者ランキングは、以下の通り。 ◆イタリア代表年長得点者 1.ファビオ・クアリアレッラ 36歳54日 2.クリスティアン・パヌッチ 35歳62日 3.アントニオ・ディ・ナターレ 34歳241日 4.ファビオ・カンナバーロ 34歳146日 5.アンドレア・ピルロ 34歳28日 2019.03.27 09:55 Wed
twitterfacebook
thumb

中傷に苦悩するバロテッリ「俺はロボットじゃない」

マルセイユに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、度重なる誹謗中傷への不快感を露わにした。スペイン『マルカ』が報じている。 これまでインテルやマンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩き、そのポテンシャルの高さで大きな期待を集めてきたバロテッリ。しかし、ピッチ内外で様々なトラブルを起こすなど、素行が問題視され、安定した活躍は披露できなかった。 それでも、2016年夏に加入したニースで完全復活を果たし、今冬の移籍市場では日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユに加入。ここまでのリーグ・アン8試合で5ゴールと活躍している。 しかし、以前から派手な行動の多かったバロテッリに対しては、一部の否定的な人々が根強く批判や誹謗中傷を繰り返しており、それは同選手がやや落ち着いた振る舞いを学んだかに思われる現在でも変わらず。自身SNSを更新したバロテッリは、以下のように苦しい心の内を伝えた。 「聞け。俺を侮辱、軽蔑し、何年も過小評価している奴らよ。俺だって精神的に疲れることもあるんだ」 「俺はロボットでもなければ、流行り病でも、馬鹿野郎でもない。問題を起こしたくないし、必要のない緊張を招きたくないから何回もは反応しない。だが、全てを見ているし、感じているんだ」 「それ(批判)に気付いているし、もう凄く疲れた」 「俺がイタリアをリスペクトするのと同じくらい、俺のことをリスペクトしてくれ」 2019.03.27 09:05 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース