日本初の1試合予想くじ『WINNER』が発売開始、アンバサダーの木村拓哉さん「1試合単位で選べるというのは面白そう」

2022.09.26 15:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
26日、日本初の1試合予想くじ『WINNER』の販売が開始されることとなった。独立行政法人日本スポーツ振興センター(JSC)が販売。『WINNER』はJリーグとBリーグのリーグ戦、カップ戦の試合の中から、好きな1試合を選んで結果を予想することができるスポーツくじとなっている。

従来の「toto」は、決まった試合全てを予想するか、全てを運任せにする「BIG」があったが、『WINNER』は1試合を予想するだけで良いもの。自身の好きなクラブや、勝敗の予想がしやすい1試合などを選んで購入できるスポーツくじとなる。
いずれも1口200円からで、気軽に楽しめるものに。サッカーの試合は、「何対何でどちらが勝つ(引き分ける)か」を18択から予想。バスケットボールは「何点差でどちらが勝つか」を16択から予想するものとなっている。なお、購入は試合開始10分前まで可能となっている。

そのほかにも、大会予想も行え、優勝チームや特定チームの成績を予想することも可能となっている。

なお、Jリーグは10月1日、2日開催の明治安田生命J1リーグ第31節、J2リーグ第39節、J3リーグ第27節から。Bリーグは9月29日開催の2022-23シーズン開幕戦の名古屋ダイヤモンドドルフィンズvsシーホース三河以降のB1、B2の各試合で購入が可能となる。

そのほか、Bリーグ2022-23シーズンの優勝予想くじ、B2プレーオフの優勝予想くじも販売される。

この『WINNER』発足にあたり、26日には発表会が行われ、Jリーグの野々村芳和チェアマンやBリーグの島田慎二チェアマン。卓球オリンピックの金メダリストである水谷隼さんやパラリンピックのスキーで金メダリストの村上桃佳さんが登壇。さらに、『WINNER』アンバサダーに就任した木村拓哉さんも登壇。スポーツや『WINNER』についてコメントした。

アンバサダー就任の木村さんは「『WINNER』というスポーツくじの宣伝大使と言いますか、今ファッションだったりとか、色々な分野でアンバサダー非常に使われまくっていますが、今回も自分はその役割を担わせていただけるということなので、こうした形で参加させていただいております」とコメント。今回就任を決めた理由については「自分は『toto』というスポーツくじの存在は知っていたんですが、自分自身がジャンルを問わずスポーツ全般の大ファンなので、何らかの形で自分がスポーツに携わりたい、できるのであれば是非やらせていただきたいと直感的に面白そうだと感じて引き受けました」とスポーツ好きから関わりたいと思ったと明かした。

CMも26日から放送が開始されるが、撮影の裏側については「こういう状況下でたくさんの方に客席に座っていただいて、本番に行くにつれて全員の方がマスクを外して歓声を上げるという、ナイーブな現場ではありましたが、みなさんが本番に向けて集中してくださり、スタッフの皆さんが段取り良く現場を進行してくださったので、共通の心配事はありましたが、スムーズに撮影できました」とコメント。CM中の木村さんの表情にも注目だ。

また、そのCM内では普段の応援するような姿が見られるとのことで、「監督もフリーな方で、応援する時の掛け声だったり、言葉は、脚本には一切ないので、自身の普段見ている時に言う言葉だったり、実際の試合が行われている時に投げかけられている感情を本番でやってくださいと言われてやりました」とコメント。「限りなく(プライベートに)近いですし、1つだけ台本上『見ない方が決まるんだよな』というワンフレーズがあるんですが、プライベートな観戦状況だと、ソファーにふんぞり返って見ている時よりは、なぜかうつ伏せで画面に向かって見ている方が決まるというジンクスがあります」と、スポーツ観戦時の貴重なジンクスについても語ってくれた。

この『WINNER』の特徴は、1試合から予想できるというもの。その点については「自分が贔屓にしている、応援したいと思っているチームを、本当に1試合単位で選べるというのは面白そうだなと思いました」と語り、「ベットした金額が外れた場合でもクラブチームに反映されることはなかったので、新しいコミュニケーションの1つかなと思いました」と、購入金額がクラブへと渡ることも新しくて良いと語った。


関連ニュース
thumb

福岡、残留に貢献の守護神・村上昌謙と来季の契約を更新!

アビスパ福岡は6日、GK村上昌謙(30)と2023シーズンの契約を更新したと発表した。 村上は大阪体育大学から2015年に当時J3のレノファ山口FCへ加入。水戸ホーリーホックへの期限付き移籍を経て、福岡には2020年から加わり、J1昇格を経験した。 自身初のJ1となった2021年は37試合でゴールを守り、"神セーブ"でチームを救った。今季もリーグ戦27試合に出場し、2年連続の残留へ貢献。ルヴァンカップでも6試合に出場し、クラブ史上初のベスト4入りを支えていた。 2022.12.06 14:10 Tue
twitterfacebook
thumb

「2023シーズンも清水エスパルスで」…今夏復帰の北川航也が残留決断の契約更新! 愛するクラブで1年でのJ1復帰期す

清水エスパルスは6日、元日本代表FW北川航也(26)との契約更新を発表した。 清水の育成出身エースとして活躍後、2019年7月にオーストリアのラピド・ウィーンに移籍した北川。その欧州挑戦から今夏に復帰した。 清水は明治安田生命J1リーグ17位でJ2降格の憂き目となり、個人も10試合で1得点と振るわずだった北川だが、来季もチーム残留を決めた。 チームとともに1年でのJ1復帰を目指す道を選択した北川はクラブ公式ウェブサイトで決意を新たにしている。 「2023シーズンも清水エスパルスでプレーします。私にとってこのクラブは特別であり、いつもこのエンブレムを背負うことに誇りと責任を感じています。皆様と多くの喜びをわかちあい、チームの目標を達成できるように全力で闘います。応援よろしくお願いします」 2022.12.06 13:20 Tue
twitterfacebook
thumb

京都DF長井一真が完全移籍で水戸へ 「昇格に向けて全力で熱くプレー」

水戸ホーリーホックは6日、京都サンガF.C.からDF長井一真(24)の完全移籍加入を発表した。 長井は関西大学から特別指定選手も経験して、2021年に京都入り。今季はセンターバックだけでなく、サイドバックもこなして、公式戦17試合に出場したが、来季から水戸に活躍の場を求める運びとなった。 水戸を通じて「京都サンガF.C.から来ました、長井一真です」と挨拶の言葉とともに意気込みを語っている。 「1年でJ1に昇格させるという強い覚悟を持って水戸ホーリーホックに加入しました。自分の良さを最大限に発揮し、チームを勝たせる選手になって、水戸ホーリーホックのJ1リーグ昇格に向けて全力で熱くプレーします! 宜しくお願いします!」 一方の京都を通じては「京都サンガF.C.に来て、多くのことを学び成長することができました」と別れの言葉を綴った。 「プロサッカー選手とは何かと教えてくれたスタッフ、選手、ファン・サポーターの方々には感謝しかありません。今年は何度も悔しい苦しい思いをしましたが、その経験も今後の自分の財産とし成長していきます。強化指定の期間を合わせ3年間、本当にお世話になりました」 2022.12.06 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

京都、徳島FW一美和成が完全移籍で再加入! 「また一緒に闘えることを楽しみにしています」

京都サンガF.C.は6日、徳島ヴォルティスからFW一美和成(25)の完全移籍加入を発表した。 一美は大津高校卒のストライカーで、2016年にガンバ大阪でプロ入り。2019年から京都、横浜FCに貸し出され、2021年からG大阪に復帰したが、ポジションを掴めず、同年夏から徳島に完全移籍加入した。 その徳島入りから2年目の今季は明治安田生命J2リーグ25試合に出場して7得点を記録。来季からは育成型期限付き移籍加入の2019年にJ2リーグで17ゴールのインパクトを残した京都で再びプレーする運びとなった。 京都を通じて「この度、徳島ヴォルティスより完全移籍することになりました一美和成です」と挨拶の言葉とともに、意気込みを語っている。 「再び京都サンガF.C.でプレーする機会をいただき、本当に嬉しく思います。チームに貢献できるように全力でプレーします。そしてサポーターの皆さんとまた一緒に闘えることを楽しみにしています」 一方、徳島を通じては「1年半という短い時間でしたが、とても充実した濃い日々を過ごさせてもらいました」と別れの挨拶をした。 「1年でのJ1復帰という目標がある中、今年は怪我が原因で前半戦出場ができずにチームに迷惑をかけてしまいました。その中でもスタッフ、選手の皆さんのおかげで後半戦は復帰することができ、そしてサポーターの皆様のご声援が力となりプレーオフへの可能性を残しながら最後まで戦うことができました」 「しかし、自分の力不足でJ1昇格という目標を達成することができず本当に申し訳なく思っています。今回移籍をすることになりましたが、徳島でプレーできたことを糧にして、これからも成長していきたいと思います。今まで本当にありがとうございました。来年徳島ヴォルティスのJ1昇格を心より願っています」 2022.12.06 11:20 Tue
twitterfacebook
thumb

J1昇格の横浜FC、東京VのDFンドカ・ボニフェイスを完全移籍で獲得「精一杯プレーします」

横浜FCは6日、東京ヴェルディのDFンドカ・ボニフェイス(26)を完全移籍で獲得することを発表した。 ンドカ・ボニフェイスは埼玉県出身で、大宮アルディージャの下部組織育ち。浦和東高高校から日本体育大学を経て、2018年に水戸ホーリーホックへと入団した。 水戸で3シーズンを過ごした後、2021年に東京Vに完全移籍で加入。センターバックの主軸としてプレーし、2シーズンでJ2通算66試合5得点を記録。天皇杯でも3試合1得点を記録していた。 ンドカ・ボニフェイスは、自身初のJ1挑戦となる中、両クラブを通じてコメントしている。 ◆横浜FC 「横浜FCファン・サポーターのみなさん。この度、東京ヴェルディより移籍してきました」 「横浜FCで自分の価値を証明すると共に、J1の舞台で戦わせてもらうことに感謝しています」 「チームの目標を達成できるように、精一杯プレーします。これから応援のほどよろしくお願いいたします」 ◆東京ヴェルディ 「特別な2年間でした。ここで成長し自分への評価をまた一つ変えることができたと思います。なによりチームメイトに感謝したいですピッチ内外で刺激があり居心地がいい場所でした。ここに呼んでくれた江尻強化部長にも感謝しています」 「そしてヴェルディのファン・サポーターの声援の中でプレーできて幸せでしたし、今年は特に愛を感じることができました。チームは自分に対し最大級の評価をしてくれましたが、次のチャレンジをします。ありがとうございました」 2022.12.06 10:22 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly