ラベル・モリソンがルーニー率いるDCユナイテッド加入! 昨季ダービーに続く共闘に

2022.07.22 14:33 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
D.C.ユナイテッドは21日、ダービー・カウンティを退団したジャマイカ代表FWラベル・モリソン(29)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2023年12月末までとなるが、さらに1年の延長オプションが付随している。

DCユナイテッドでは前ダービーの指揮官であるウェイン・ルーニー監督が、新指揮官に就任しており、モリソンは同胞指揮官に続く形でメジャーリーグ・サッカー(MLS)入りを決めた形だ。

モリソンはマンチェスター・ユナイテッドの下部組織出身で、2010年にトップチームに昇格。各年代のイングランド代表にも名を連ねる逸材だったが、そのキャリアは移籍の連続で、2012年1月に当時チャンピオンシップのウェストハム移籍でユナイテッドを離れると、その後はレンタル移籍も含めて通算11クラブを転々とした。
渡り歩いた国々も多岐にわたり、イタリアのラツィオをはじめ、メキシコのアトラス、スウェーデンのエステルスンド、そして最近だとオランダのADOに移籍。ADOとは2020年9月に1年契約を結び、同年11月にルーツを持つジャマイカのフル代表デビューも遂げたが、昨年1月に契約を解除となり、以降はフリーの状態が続いていた。

そういった中、ユナイテッド時代に短期間ながらチームメイトでもあったルーニー氏は自身の指揮するダービーに後輩を誘い、プレシーズン期間のトライアルを経て、昨年8月にダービーに正式加入。

昨シーズンのチャンピオンシップ(イングランド2部)では36試合4ゴール4アシストの数字を残すなど、主力としてプレーしていた。

関連ニュース
thumb

「3歳差には見えないな」元ユナイテッド2人がアメリカで再会!今はMLSの選手と監督「最高の写真」

マンチェスター・ユナイテッドとメジャーリーグ・サッカー(MLS)のファンが喜ぶ1枚だ。 ロサンゼルス・ギャラクシーのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが25日に自身のSNSを更新。「久しぶりに再会できてうれしい。ピッチの中や外で共有したすべての思い出に感謝したい。あなたの成功を祈っています」と元チームメイトとの2ショットを投稿。その人物とは、元イングランド代表FWのウェイン・ルーニー氏だった。 チチャリートことハビエル・エルナンデスは、2010年夏にユナイテッドへと完全移籍。主力だったルーニーともに二度のプレミアリーグ優勝にも貢献。その後はレアル・マドリーへのレンタル移籍やレバークーゼン、セビージャなどを経て、2020年からMLSの看板選手として活躍している。 一方のルーニー氏は、2017年までユナイテッドでプレーした後、古巣のエバートンを経て2018年から2年間MLSのDCユナイテッドでプレー。2022年夏からは同クラブの監督を務めている。 2023シーズンの開幕を目前に控えた中、別々のチームの選手と監督という立場で2人は再会。そんな2人の2ショットにはファンも喜んでおり、「3歳差には見えないな」、「いい時代だった」、「最高の写真」とコメントを寄せている。 <span class="paragraph-title">【写真】ルーニーとチチャリートがアメリカで再会!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">It&#39;s great to see you again after all this time. Thanks for all the memories we shared on and off the field. Wish you nothing but the best! <a href="https://twitter.com/WayneRooney?ref_src=twsrc%5Etfw">@waynerooney</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/OnceARedAlwaysARed?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#OnceARedAlwaysARed</a> <a href="https://t.co/3oVXLjwsKs">pic.twitter.com/3oVXLjwsKs</a></p>&mdash; Javier “Chicharito” Hernandez (@CH14_) <a href="https://twitter.com/CH14_/status/1618022837889150976?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 17:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ポーランド代表MFクリヒ、ルーニー監督のDCユナイテッド入りが決定!

DCユナイテッドは12日、リーズ・ユナイテッドからポーランド代表MFマテウシュ・クリヒ(32)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年末までで、1年間の延長オプションが付随している。 これまでズヴォレやカイザースラウテルン、トゥベンテなどでプレーしていたクリヒは、2017年の夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属していたリーズに加入。 リーズでは加入初年度こそ出場機会に恵まれなかったが、2年目からレギュラーとして活躍。これまで在籍5年半で公式戦195試合に出場し24ゴール21アシストをマーク。今季もここまでプレミアリーグ14試合に出場していたが、先発出場はなかった。 DCユナイテッドを率いるウェイン・ルーニー監督は、公式サイトでクリヒについて以下のように語っている 「マテウシュは一流のミッドフィルダーであり、我々のチームにトップレベルの経験を加えてくれるだろう。リーズをプレミアリーグ昇格に導いた時から彼を見てきたが、彼のビジョン、パスの幅、得点力は今シーズン、我々にとって大きな財産となるだろう」 2023.01.13 01:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーニーとヴァーディの妻同士の名誉毀損問題、ルーニー夫人側の裁判費用約2.5億をヴァーディ夫人が支払いへ…総額約5億円

元イングランド代表FWウェイン・ルーニーと元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの妻同士が揉めた問題で、弁護士費用に関して決着がついたようだ。イギリス『BBC』が伝えた。 この問題はかつてイングランド代表で共に戦った2人ではなく、その妻。ルーニーの妻であるコリーンさん[写真右]とヴァーディの妻であるレベッカさん[写真左]の間に起きた。 コリーンさんは、過去数年にわたって、自身のプライベートに関わる情報が、ことごとくイギリス『サン』に掲載。コリーンさんのインスタグラムからの情報がほとんどだったが、そのアカウントは一部のフォロワーにしか知られないものであり、特にストーリーズの内容が掲載されていた。 そこでコリーンさんは囮捜査を敢行。5カ月間にわたり、ストーリーズの公開範囲をフォロワー1人1人に限定し、誰に公開した情報が『サン』に掲載されるのかを待っていた。そして突き止めた犯人が、ヴァーディの妻のレベッカさんだった。 その囮捜査は2019年に行われ、犯人を突き止めたコリーンさんはツイッターを通じてレベッカさんが犯人だを糾弾。しかし、当然ながらレベッカさんは否定。情報を流したことはないとし、ハッカーによって抜き取られたというなんとも苦しい言い訳を続けていた。 イングランド代表のストライカーの妻同士のいざこざ。収拾がつかなくなり、最終的には裁判に発展。結果、今年7月にコリーンさんの告発は「実質的に真実」との判決を下し、レベッカさんが「事実を知り、容認し、積極的に関わっていた」可能性が高いこととなっていた。 裁判も無事に終わった中、今度はその費用が問題に。被害者であるコリーンさんは100%レベッカさんが支払うべきだと主張。一方のレベッカさんは80%だと主張していた。 そんな中、裁判所から文書が届き、レベッカさんは弁護士費用の90%の支払いが命じられたとのこと。11月15日までにまずは80万ポンド(約1億3000万円)の支払いが必要になったとのことだ。 コリーンさんの弁護士チームは最終的な費用を提出していないようだが、裁判所が最後に受け取ったものだと166万7860ポンドとのこと。90%はおよそ150万ポンド(約2億4700万円)になる。 ちなみに、これはコリーンさんの弁護士費用であり、自身のものも含めれば300万ポンド(約4億9500万円)は超えることになると見られている。 2022.10.05 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ベルギー代表ベンテケ、ルーニー監督のDCユナイテッド入りが決定!

DCユナイテッドは5日、クリスタル・パレスからベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケ(31)の獲得を発表した。契約は2024年までの2年半で、2025シーズンの延長オプションも付帯している。 2012年夏のアストン・ビラ入りからイングランドを主戦場としてきたベンテケ。かつてリバプールでもプレーして、プレミアリーグ通算280試合で86得点を誇るストライカーは2016年夏からC・パレスに活躍の場を移した。 C・パレス在籍6年目の昨季も公式戦31試合に出場したが、先発機会が11回にまで減り、ゴール数もプレミアリーグでの4得点のみに。C・パレスとの契約は来季までだったが、DCユナイテッド行きの噂が浮上していた。 メジャーリーグサッカー(MLS)のイースタン・カンファレンスで14チーム中最下位に沈むDCユナイテッドのウェイン・ルーニー監督は「クリスティアンは長らく最高峰でプレーしてきたトッププレーヤー」と評し、期待した。 「彼の経験とゴールを決める能力、そしてチームを助ける力は非常に貴重なものになる。彼がプレーするのはチームにとっても、私にとってもエキサイティング。大きな違いになってくれるはずだ」 なお、アメリカ上陸となるベンテケはビザと国際移籍証明書の受領を待ち、サラリーキャップの制限が適用外となるスタープレーヤーの証、特別指定選手としてDCユナイテッド入りを果たすという。 2022.08.06 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ルーニー監督がC・ベンテケの獲得を要求か、最下位脱出の救世主に?

DCユナイテッドが、クリスタル・パレスのベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケ(31)の獲得を狙っているようだ。アメリカ『ワシントン・ポスト』が伝えている。 7月にウェイン・ルーニー監督が就任し話題となったDCユナイテッド。ただ、現状はMLSイースタン・カンファレンス最下位で、ルーニー監督の初陣となった現地時間7月31日のオーランド・シティ戦の勝利で、ようやく6勝目とした。 そんなリーグ戦も残り3分の1となった中で、ラストスパートに向けて指揮官はベンテケ獲得を希望。同選手はプレミアリーグ在籍10年を数え、リーグ通算では280試合86ゴール23アシストを記録するベテランストライカーだが、昨季は新加入選手にポジションを奪われていた。 また、契約が残り1年となっていることからも、DCユナイテッドに獲得のチャンスがあるように思われるが、MLSの移籍市場が残り数日であることから、交渉を急ぐ必要がある。同クラブはまた、南米と欧州からそれぞれ1人ずつアタッカーの獲得に動いているようだ。 2022.08.03 16:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly