ランパード監督、アーセナル戦で負傷の3選手について「バイエルン戦は起用できない」

2020.08.02 10:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのフランク・ランパード監督が1日に行われたFAカップ決勝のアーセナル戦で負傷した選手たちについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

5分にMFクリスチャン・プリシッチが先制点を挙げて、幸先の良い入りを見せたチェルシーだったが、35分に主将のDFセサル・アスピリクエタが右太もも裏を痛めて負傷交代。後半立ち上がりの48分にもプリシッチが左足を負傷すると、その交代で49分から出場したFWペドロ・ロドリゲスも試合終盤にピッチを後にした。

負傷者の影響も響いて、最終的に1-2で逆転負けを喫し、タイトルを逃したチェルシー。ランパード監督は試合後のインタビューで負傷した3選手を8日に控えるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバイエルン戦で起用できないと述べた。

「ケガの全容はわからないが、アスピとクリスチャンはハムストリングを痛めた。数日中に検査を受け、診断する必要がある。明らかに、来週は起用できないだろう。ペドロは肩を脱臼したと思うが、急いで判断すべきではない」

「ペドロが退場してから、まだ彼に会っていない。おそらく彼にとって、チェルシーで最後の試合だったと思う。残念な結末だ。彼は信じられない選手だった。残念に思っているよ」

なお、チェルシーは2月下旬に行われたCLラウンド16・1stレグではバイエルンに0-3の完敗を喫している。
コメント
関連ニュース
thumb

呪縛からの解放…!フェルナンド・トーレスがチェルシーデビューから903分後にようやく決めたクラブ初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回は元スペイン代表FWのフェルナンド・トーレス氏がチェルシーで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆呪縛からの解放…トーレスのチェルシー初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSdmZxSGdkbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2001年にアトレティコ・マドリーでデビューしたトーレスは、若きエースとしてブレイクすると、2007年にリバプールへ移籍。加入初シーズンから得点を量産し、一気にリバプールサポーターの心を掴み、爆発的な人気を誇った。 しかし、2011年1月、ライバルクラブのチェルシーへ移籍すると、2012年のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、多くのタイトルを獲得した。そんなトーレスは2015年にミランに移籍するまで、公式戦172試合で45ゴールをマークした。 その記念すべき初ゴールは、2011年4月23日に行われた、プレミアリーグ第34節のウェストハム戦で決めたゴールだった。 チェルシー加入後、中々得点を決められず、苦しんだトーレスだったが、1-0とリードして迎えた84分、ついに呪縛が解ける。 カウンターで中央を突破したFWニコラス・アネルカのパスをボックス内で受けたトーレスは、雨を含んだ芝により急に失速したボールに対応し、鋭いターンで相手DFを振りきる。そのままゴール前で反転しながらシュートを放ち、GKの届かないサイドネットに決めてみせた。 ようやくチェルシー初ゴールを決めたトーレス。移籍後初ゴールまで実に903分を要したものの、ようやく呪縛から解放されている。 2020.08.12 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ライスに対するチェルシーからの高額入札を一蹴? ウェストハムは非売品と主張!

ウェストハムはイングランド代表MFデクラン・ライス(21)に対するチェルシーからのオファーを拒否したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 センターバックを探すチェルシーが最優先で獲得に動いているというライス。元々同クラブの下部組織出身で、14歳の頃に移籍したウェストハムでボランチとして才能を開花させた。 今シーズンのプレミアリーグでは全38試合にフル出場。チーム内においてパス本数、タックル数、インターセプト数でトップの数字を収め、多くのビッグクラブが関心を寄せるようになった。 先日、チェルシーが5000万ポンド(約69億5000万円)の入札を行ったと報じられたが、『スカイ・スポーツ』によるとウェストハムがそのオファーを一蹴。1年の延長オプションが付いた2024年までの契約を結ぶライスは非売品であることを強調した。 それでもチェルシーからの関心はまだまだ続きそうだが、ライスは17日からプレシーズントレーニングを開始する予定とのことだ。 2020.08.12 15:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ヘラクレス、チェルシーが狙うMFハフェルツの加入を発表? 元指揮官の期待に応える

チェルシーが獲得を目指しているレバークーゼンのドイツ代表MFカイ・ハフェルツ(21)の新天地が決定したと話題だ。 移籍金9000万ポンド(約125億円)とも言われ、高額な取引となることが予想されているハフェルツだが、チェルシーとレバークーゼンの間での交渉はあまり進んでいない。 そんな中、エールディビジのヘラクレス・アルメロがユニフォームを着用したハフェルツの写真を公式ツイッターに投稿。「ようこそ、カイ」と添えられていた。 チェルシー行きが急転、ヘラクレスへと思われたが、これはヘラクレスがジョークに応えたもの。レバークーゼンのピーター・ボス監督のコメントを受けたアンサーだった。 レバークーゼンは、10日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝のインテル戦で2-1と敗戦。これでEL敗退となり、シーズンを終えていた。 その試合後、ボス監督がハフェルツの将来について質問を受けた際に「ヘラクレス・アルメロでプレーすることを独占的に発表する」とジョーク。自身がかつて指揮を執ったヘラクレス行きを口にしていた。 その発言を受け、ヘラクレスが応えたもの。実際に移籍するわけではなく、冗談に乗っかったというわけだ。 ハフェルツは敗れたインテル戦でもゴールを記録。これがレバークーゼンでの最後の試合になってしまうのだろうか。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">Welkom Kai<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/AnnounceHavertz?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AnnounceHavertz</a> <a href="https://t.co/NcCQIKqJhk">pic.twitter.com/NcCQIKqJhk</a></p>&mdash; Heracles Almelo (@HeraclesAlmelo) <a href="https://twitter.com/HeraclesAlmelo/status/1293080474907271171?ref_src=twsrc%5Etfw">August 11, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.12 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがウィリアンとペドロの退団を公式発表

チェルシーは10日、ブラジル代表FWウィリアン(32)と、元スペイン代表ペドロ・ロドリゲス(33)の退団を公式に発表した。 先だってそれぞれの公式SNSで退団を発表していた両選手。ウィリアンは2013年にアンジ・マハチカラから加わり、在籍7季で公式戦通算339試合63得点62アシストをマークした。2度のプレミアリーグ制覇に、ヨーロッパリーグやFAカップ、EFLカップ優勝に多大な貢献をしたが、とりわけ2015-16シーズンは、チームがリーグ戦10位に終わるなど大不振に陥った中で、公式戦49試合に出場し11ゴール10アシストと孤軍奮闘。圧巻だったのはFKの精度で、6つの直接FKを叩き込み、チェルシーの年間最優秀選手賞とプレーヤーズ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーをダブル受賞した。 一方、ペドロは2015年にバルセロナから加入。バルセロナ仕込みの技術でチームに創造性をもたらし、FWエデン・アザールやFWウィリアンとは違ったタイプのウインガーとして攻撃のバリエーションに厚みを与えた。 初年度から公式戦40試合に出場し、年間平均でも40試合以上に出場。5年間で通算206試合43ゴール28アシストを記録した。今シーズンは多くの若手が台頭したチームにおいてバックアッパーとしてサポート。昨年9月に行われたFAカップのグリムズビー・タウン戦ではキャプテンマークも巻いた。 クラブ公式サイトで、チェルシーは多大な貢献を残してくれた両選手に感謝と別れ、そして激励のメッセージを綴っている。 ◆ウィリアン 「ピッチを離れたウィリアンは極めてフレンドリーで穏やかでした。彼のニコッとした笑顔を見れなくなるのはとても寂しいです」 「練習や試合では、ブラジル人としての才能と勤勉なメンタリティーを兼ね備えたウィリアンは、チェルシーの各監督から高く評価され、激しい競争にもかかわらず、長期離脱することはほとんどありませんでした」 「並外れた能力を持ち、5つのトロフィー獲得に大きく貢献しました。ピッチの外でも中でも鑑となるような存在でした。2013年にウィリアンがここにやって来た当初は、次の7年間がこれほど包括的な決断の証明になることを期待することはできなかったでしょう」 「彼は未来に向けた私たちの想いと、私たちの記憶に刻まれた多くの素晴らしい瞬間を胸にチェルシーを後にします」 ◆ペドロ・ロドリゲス 「ペドロが試合を欠場することは珍しく、多くのゴールとアシストをもたらしました。その多くが重要な瞬間に生まれたもので、エリートとしての質の高いものでした」 「2015年8月にこのサイトで初めて行ったインタビューで、ペドロはバルセロナで何年も成功を収めた後、新しいリーグで自分自身を試してみたい、そして『チェルシーのタイトル獲得に貢献したい』と語っていました」 「それは、彼がの忠実な5年間の中で強調していた挑戦でした。我々チェルシーの誰もが感謝しています」 「頑張れ、ペドロ!」 2020.08.10 21:38 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、在籍7年のチェルシー退団を明らかに ファン宛てのオープンレター

ブラジル代表MFウィリアン(32)がチェルシーからの退団決定を報告した。 ウィリアンは2013年にアンジ・マハチカラから加わり、チェルシー在籍7季で公式戦通算339試合63得点62アシストをマーク。フランク・ランパード監督の下で若返りが進む今季も公式戦47試合11得点9アシストを記録したが、今季限りの契約を巡る交渉が行き詰まり、退団の可能性が高まっている状況だった。 そんなブラジル人名手はチームが8日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバイエルン戦で1stレグに続く黒星を喫して敗退が決定した翌日、自身のインスタグラム(willianborges88)を更新。「チェルシーファンに向けたオープンレター」と記して、感謝の思いを綴っている。 「素晴らしい7年間だった。2013年8月にチェルシーからオファーをもらったとき、ここでプレーしなければならないと確信した。今日の決断(チェルシー退団)も最高なものだったも確信している。嬉しいことがあれば、悲しいこともあった。トロフィーも手にして、いつだって常に濃密な時間だった」 「でも、トロフィーの獲得以上に多くを学ばせてもらった。そのおかげでより良い選手になり、より良い人間になれた。トレーニングや試合、そしてドレッシングルームで過ごした時間は常に学ぶことばかりだった」 「チェルシーのファンに対してはスタンフォード・ブリッジに愛情をもって迎え入れてくれ、日頃からサポートしてくれ、本当に感謝している。批判もあったが、それは当然。愛情と批判は全てのトレー二ングや試合で常にベストを尽くす励みとなり、チェルシーのシャツを着る最後の瞬間まで常に向上し続ける姿勢を駆り立ててくれるものだった!」 「先に進む時間がきた。間違いなくチームメイトのことを恋しく思う。常に息子のように接してくれたクラブのスタッフや、ファンの全員のこともね。でも、僕は顔を上げて、ここを去る。常にチェルシーのシャツを着て、ベストを尽くした自負がある! みんなに対して、心から感謝するとともに、神のご加護がありますように」 なお、ウィリアンの移籍先を巡っては最近、アーセナルが有力候補に浮上。イギリス『BBC』も先日、まだ合意に至っていないものの、昨季の元ブラジル代表DFダビド・ルイスに続いて、チェルシーからアーセナルに移る可能性が高まっていると主張している。 2020.08.10 08:45 Mon
twitterfacebook