チェルシー、今季トップデビュー期待される若手SBジェームズが足首を手術2019.07.12 16:23 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するU-20イングランド代表DFリース・ジェームズが11日に足首の手術を受けた。同選手が自身の公式『インスタグラム』で手術の成功を伝えた。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、ジェームズは先月に行われたトゥーロン国際大会にU-20イングランド代表として参戦した際に、チリ代表戦で足首のじん帯を損傷していたという。

その後、最近に入って自身のSNSを通じてランニングしている姿を公開していたが、それから約1週間後に手術を受けることになったようだ。

チェルシーのアカデミー出身のジェームズは、トップチームデビューは果たしていないものの同クラブ期待の若手右サイドバック。

昨シーズンはチャンピオンシップ(イングランド2部)のウィガンに1年間のレンタル移籍で加わると、本職の右サイドバックを主戦場にセンターバックや守備的MFでもプレーし、公式戦46試合で3ゴール3アシストを記録。クラブの年間最優秀選手賞に輝くなど、圧巻のパフォーマンスを披露した。

若手登用に積極的なフランク・ランパード新監督の存在に加え、クラブが補強禁止処分を科されている影響もあって新シーズンのトップチームデビューも期待される中、無念の出遅れとなった。
コメント
関連ニュース
thumb

カンテ、大観衆の中での川崎F戦を心待ち「美しいフットボールを魅せることできれば」

チェルシーは18日、翌19日に行われるJリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ戦に向けた前日練習をニッパツ三ッ沢球技場で行った。 ロンドやフォーメーションワーク、8対8のミニゲームなど、およそ1時間半の公開練習で汗を流した後、フランス代表MFエンゴロ・カンテがメディア陣の取材に応対。川崎F戦に向けて「美しいフットボールを魅せることできれば」と意気込みを語った。 ──多くの日本人サポーターの前での練習となったが、日本への印象は? 「とても良い印象を持っています。来日は初めてです。でも、たくさんの人がホテルやトレーニング会場に来てくれて、みんな感じも良く、とても良い印象を受けました」 ──日本に来る前には2試合を行い、プレミアリーグ開幕まで1カ月と迫っているが、このタイミングでの明日の試合の重要性をどのように考えているか 「とても重要です。というのも、今の段階でしっかりと次のシーズンに向けて準備を整えていくことが大事だからです。また、ここ日本で、日本のチームと、それからバルセロナとプレーできることは、ファンの皆さんにとっても、僕たちにとっても極めて大きなことです。各々の国を代表するチームとの試合が観れることは、誰にとっても良いことだと思います」 ──川崎Fの守備的MFの位置には20歳のMF田中碧という選手もいるが、日本の将来を担うかもしれない選手との対戦について 「とても面白いと思います。やはり新しいプレーヤーがプロとして、この試合に関わってくることはとても良いことだと思いますし、特に若い選手が入ってくることは良いことだと思います。自分たちにとっても川崎Fに上手い選手がいるということは、(新シーズンへの)準備にとても役に立ちます。良いプレーヤー同士が試合をできたらそれは素晴らしいことです。また、その田中(碧)選手にとっても、イングランドのチェルシーと試合をすることによって、田中選手の今後のキャリアにとっても役に立つような試合になったら良いと思います」 ──チェルシーとして明日はどのような戦い方をするのか 「やはり非常に大事なのは、この前の試合よりもさらに良い試合をするということです。試合ごとに改善していくことが大事です。そして、明日はホテルやこのトレーニング会場に来てくれたようなたくさんのファンがスタジアムを訪れてくれた中で、自分たちが美しいフットボールを魅せることできれば良いと思います。そして、ファンの皆さんに楽しんでもらいたいです」 ──(フランク・)ランパード監督の指導を受けた印象は 「新しいスタイルでのプレーや、新しいスタイルでのトレーニングをやっているので、とても良いなと思っています。それからフィジカル面でも最初からハードなことをしていますけど、今日は戦術的なこともトレーニングしました。ですので、こうしたことを全て生かして、明日の試合が良い試合になれば良いと思います。それに最終的にはトレーニング、ランパード監督が選手たちのことを熟知しているということが、上手くかみ合って来シーズンが良いシーズンになることを期待しています」 2019.07.19 00:38 Fri
twitterfacebook
thumb

自分ができるベストのプレーを…プリシッチ「アザールと比べようとは思っていない」

チェルシーは18日、翌19日に行われるJリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ戦に向けた前日練習をニッパツ三ッ沢球技場で行った。 ロンドやフォーメーションワーク、8対8のミニゲームなど、およそ1時間半の公開練習で汗を流した後、アメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチがメディア陣の取材に応対。この日、左サイドでプレーしたことで、今夏に退団したベルギー代表MFエデン・アザールの穴埋めについて問われると、「アザールと比べようとは思っていない」と自分らしさを出していくことを主張した。 ──2年前にはドルトムント時代に来日し、浦和レッズと対戦しているが、日本の雰囲気をどのように感じているか 「とても素晴らしい。また、日本に戻ってくることができて、嬉しいよ。ただ、今回は新しいチームなので、難しい試合になると思うが、しっかりとチャレンジしたいと思う」 ──明日の対戦相手はJリーグ2連覇中。かなり激しい試合になることも予想されるが 「やはり強いと思うし、自分たちにとってもチャレンジだと思う。真剣な試合をしたいね。そして、チームのみんなと息を合わせて、勝てれば良いと思う」 ──日本に来て、何か日本食を食べたか 「あまり食べていない。自分がいつも食べている食生活をキープしようとしているんだ」 ──フランク・ランパード監督の印象 「素晴らしいよ。そして、ランパード監督が現役時代にプレーしていたのを自分が観ていたのも、そんなに昔のことではない。やはりピッチで自分たちと気持ちが通じ合うような関連性が強い監督と、プレーできるのは嬉しいことだと思う」 ──今日の練習では左サイドでプレー。レアル・マドリーに移籍したベルギー代表MFエデン・アザールの穴をどのように埋めていきたいか 「前から両サイドでプレーしたことがあるので、攻撃的なポジションであればどちらでも大丈夫だよ。それにアザールは素晴らしい選手だし、自分はアザールと比べようとは思っていない。自分ができるベストのプレーをしたいと思う」 2019.07.19 00:36 Fri
twitterfacebook
thumb

ペドロ、新指揮官ランパードの印象語る「たくさんのアイデアがある」

チェルシーは18日、翌19日に行われるJリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ戦に向けた前日練習をニッパツ三ッ沢球技場で行った。 ロンドやフォーメーションワーク、8対8のミニゲームなど、およそ1時間半の公開練習で汗を流した後、スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスがメディア陣の取材に応対。今夏に就任したフランク・ランパードの監督について「たくさんのアイデアがある」と語っており、好印象を抱いているようだ。 ──今日のトレーニングには多くの日本人サポーターが駆けつけていたが 「とても嬉しいよ。そして、皆さんにありがとうと言いたい。サポーターの皆さんにもチームメイトにも感謝したい。このようにもてなしてくれて、応援をしてくれて、このツアーでちゃんとしたシーズンに向けての準備ができると思うよ」 ──プレシーズンが始まってハードな練習が続いていると思うが、試合に向けた準備は 「調子はとてもいい。ランパード監督はハードなトレーニングをするが、それは自分たちにとってとても良いことだと思う。しっかりと明日の試合に向けての準備もできるし、シーズンは長いので、それに備えてしっかりとトレーニングすることが大事だね」 ──川崎フロンターレとの明日の試合への意気込みを 「川崎フロンターレは非常に強いチームだと知っている。日本で最も強いチームの1つで、Jリーグでも非常に良いチームの1つだ。自分たちにとって難しい試合になると思うが、それが自分たちのためになると思っている。今、何ができるか、自分たちのプレーができるかのテストになると思う。この段階で強いチームと試合をすることが大事になる」 ──新監督となったランパード監督の印象は 「とても良い監督だ。1週間しか一緒にトレーニングしていないが、トレーニングはとてもハードだ。監督としての性格、キャラクターもとても良いし、たくさんのアイデアがある。チームのためになる監督だと思う」 2019.07.19 00:35 Fri
twitterfacebook
thumb

「監督交代はポジティブなことかもしれない」マルコス・アロンソ、本音を語る

チェルシーは18日、Jリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ戦に向けた前日練習をニッパツ三ツ沢球技場で行った。 ロンドやフォーメーションワーク、8対8のミニゲームなどおよそ1時間半の公開練習で汗を流した後、数人の選手がメディアの取材に応じた。 取材に応じてくれたスペイン代表DFマルコス・アロンソは、1週間半が経過した今夏のプレシーズンのここまでの感触を語った。 「今は新シーズンのスタートに向けてハードワークするときだね。良いスタートを切るためにやる気に満ちている。ワクワクしてるよ」 また、昨シーズンは前任のマウリツィオ・サッリ監督の下で不遇のシーズンを過ごしたことに触れた鋭い質問には以下のように答えた。 「そうだね。(キャリアの中で)最悪だった。でもその時期はもう過ぎた。今はただプレーできることを楽しみたいよ。監督の交代は僕にとってはポジティブかもしれない」 2019.07.18 23:43 Thu
twitterfacebook
thumb

ニッパツで一際大きな声援…ダビド・ルイス、元同僚ランパード監督を語る

チェルシーは18日、Jリーグワールドチャレンジ2019の川崎フロンターレ戦に向けた前日練習をニッパツ三ツ沢球技場で行った。 ロンドやフォーメーションワーク、8対8のミニゲームなどおよそ1時間半の公開練習で汗を流した後、数人の選手がメディアの取材に応じた。 ピッチに登場した際、一際大きな声援が上がったブラジル代表DFダビド・ルイスは、1週間半前に始動したツアーキャンプについて良い感触を得ていると話し、新シーズンのタイトル争いに向けて以下のように語った。 「もちろん狙っていくよ。ビッグクラブでプレーするには野心が必要だ。チェルシーでプレーするなら考えないとダメだね。チームとしてプレー出来ればチャンスはあると思う」 また、選手としてもともに戦ったフランク・ランパード監督については二つの観点から話した。 「とても良いよ。選手として素晴らしかったけど、監督としての才能を持っている。チェルシーの監督として最も適した人物だよ」 2019.07.18 23:00 Thu
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース