バルサOBのチャビ氏がネイマール復帰に言及「難しいと思う」2019.07.12 16:24 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのレジェンドでアル・サッドのチャビ・エルナンデス監督が、古巣の補強について言及した。スペイン『マルカ』が報じた。今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表ネイマール(27)の連れ戻しが囁かれているバルセロナ。同クラブで黄金期を築いたチャビがブラジル代表FW復帰の可能性について見解を述べた。

「彼は素晴らしい補強になるだろう。だけど、正直に言って、難しいと思うよ。かなりね」

「PSGが2億2200万ユーロを支払うなんて、考えてもいなかったが、起きてしまった。だから、待ってみる必要がある」

「彼が世界一の選手であることに変わりはないが、バルセロナのどう動いてくるのか見てみようじゃないか」

また、バルセロナ移籍が目前と噂されるアトレティコ・マドリーのフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)についてもコメントした。

「彼は世界的なスターで素晴らしい選手だ。アトレティコ・マドリーとフランス代表で違いを生み出しているしね」

「まだ公式発表はないけど、彼はバルセロナに加入するだろう。素晴らしい補強になると思うよ」
コメント
関連ニュース
thumb

グリーズマン、F・デ・ヨング、ネト…バルベルデが新顔たちへの期待語る

バルセロナを率いるエルネスト・バルベルデ監督が、新顔たちについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズン、リーガエスパニョーラを制覇するも、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4敗退に終わったバルセロナ。新シーズンに向けてはアトレティコ・マドリーからフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、アヤックスからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、バレンシアからブラジル代表GKネトを獲得した。 そんな新戦力3選手について指揮官のバルベルデ監督は、バルセロナ公式チャンネルで印象や期待について語っている。 「(デ・ヨングについて)彼は昨シーズン、アヤックスで素晴らしいレベルでプレーした。彼はミッドフィルダーに新鮮さを加えてくれる選手でもあり、将来を担う選手だ。すでに経験豊富なクオリティを持っており、我々のようなスタイルを兼ね備えているからだ」 「(グリーズマンについて)リーガエスパニョーラでのプレー経験がある選手だ。その面では、デ・ヨングより安定しているだろう。彼は速く、そしてうまくスペースに入っていくことができる素晴らしいフィニッシャーだ」 「大いに信頼している。我々はこのようなタイプの選手にどれだけの価値があるのかを理解しているし、即座にパフォーマンスを発揮してくれることを期待しているよ」 「(ネトについて)ゴールの前で安全をもたらしてくれる。経験豊富なGKで、テア・シュテーゲンと共に働くのに理想的な選手だ」 2019.07.18 11:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサ、ネイマール連れ戻しへオファーもPSGが即刻拒否?

バルセロナが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の連れ戻しに向けてオファーを提示したようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約269億1000万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマール。新天地でもこれまで公式戦通算58試合51得点29アシストの数字を残し、攻撃性能の高さを披露しているが、度々、移籍話が浮上し、今夏を含め長らくバルセロナが同選手の復帰を画策していることが伝えられている。 そのバルセロナが今回、PSGにオファー。その内容は、移籍金4000万ユーロ(約48億5000万円)+ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)とフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)の譲渡だという。 しかし、PSGはネイマールの獲得に費やした2億2200万ユーロを可能な限り回収したいと望んでいることから、このオファーに対しては、「馬鹿げている」と即刻、拒否したようだ。また、PSGの会長を務めるナセル・アル・ケラフィ会長は、3億ユーロ(約364億円)未満のオファーに対して、耳を傾ける気はないとも伝えられている。 ネイマールは最近、スポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏と会談し、希望する行き先こそ明らかにしなかったものの、移籍の意思を示したことが報道。同氏は以前にも「適切なオファーが届けば」移籍を容認する姿勢を示していたが、バルセロナはPSGを納得させるだけのオファーを用意することはできるだろうか。 2019.07.17 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、エイバルが購入したDFククレジャを倍額で買い戻し

バルセロナは16日、エイバルのU-21スペイン代表DFマルク・ククレジャ(20)を買い戻したことを発表した。 ククレジャは、エスパニョールのユースから2012年7月にバルセロナの下部組織に入団。2018年7月にトップチームへと昇格すると、同年8月にエイバルへとレンタル移籍する。 2018-19シーズンはエイバルでレギュラーとしてプレー。リーガエスパニョーラで31試合に出場し1ゴール2アシストを記録。左サイドバックや左サイドハーフなどでプレーすると、エイバルが200万ユーロ(約2億4300万円)の買い取りオプションを行使していた。 しかし、この度バルセロナが400万ユーロ(約4億8500万円)に設定された買い戻し条項を発動させ、エイバルから買い戻すことに成功している。 ククレジャは2017-18シーズンのコパ・デル・レイ、レアル・ムルシア戦でバルセロナのトップチームデビュー。しかし、それ以降は出場せず、Bチームでは2シーズンで公式戦54試合に出場し1ゴール8アシストを記録していた。 2019.07.16 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、J・アルバ後継者はフィルポに一本化か

バルセロナが、ベティスに所属するU-21スペイン代表DFジュニオール・フィルポ(22)の獲得に本腰を入れるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ベティスの下部組織出身のフィルポは2017年にトップチーム昇格。卓越した身体能力やスピードで高い評価を受けている攻撃的左サイドバックは、昨シーズンの公式戦29試合で3ゴール5アシストを記録した。 バルセロナは現在、不動の左サイドバックであるスペイン代表DFジョルディ・アルバの後継者探しに奔走。アトレティコ・マドリーとの契約が満了になったブラジル代表DFフィリペ・ルイス(33)の獲得も検討していたが、年齢面を考慮し、フィルポに狙いを絞ったようだ。しかし、5000万ユーロ(約60億6000万円)に設定されている契約解除金がネックになる可能性があるという。 そこでバルセロナは、左サイドバックを主戦場としているU-19スペイン代表DFフアン・ミランダ(19)や、今夏にエイバルへ完全移籍したスペイン人DFマルク・ククレジャ(20)を買い戻し、移籍金の一部にすることを考慮。だがそこはバルセロナと良好な関係を築くベティスの要求次第とのことだ。 一方、ベティスはフィルポの流出に備え、ビジャレアルのスペイン人MFアルフォンソ・ペドラサ(22)の獲得が決定的となっている模様だ。 2019.07.16 22:22 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ関心のリンデロフ、答えを出す! 「ユナイテッドですごく幸せ」

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(24)がバルセロナの関心報道に言及した。イギリス『ミラー』が報じた。 昨シーズンのユナイテッドで主力センターバックの座を射止めたリンデロフ。加入初年度の2017-18シーズンこそ適応に苦戦したが、公式戦40試合に出場した昨シーズンが示すとおり、貧弱さを露呈する守備陣のなかで最も計算の立つセンターバックとして台頭を遂げた。 ユナイテッド在籍3年目の新シーズンも最終ラインの主軸として活躍が期待されるリンデロフだが、最近の報道でアヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトを逃したバルセロナの代替候補に挙がり、去就に注目が集まりつつある。 だが、リンデロフは現時点でユナイテッドからの移籍を考えていないという。まことしやかに浮上したバルセロナ移籍の噂について、次のようにコメントした。 「マンチェスター・ユナイテッドの選手であることがすごく、すごくハッピーだ。新シーズンが楽しみだし、ここですごく幸せだよ。それこそが僕のアンサーだ」 「昨シーズンは初年度と比べてもかなりうまくプレーができた良いシーズンだった。周囲の人々がクラブで最も優れたDFとして評価してくれていることが本当に嬉しいよ」 「僕は日々、ベストを尽くそうとしている。チームを助けるためにね」 2019.07.16 17:00 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース