ネイマール退団も? 会長の発言に注目、チームはオファー次第で容認か2019.06.17 10:55 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レオナルド氏がスポーツディレクター(SD)に復帰したパリ・サンジェルマン(PSG)だが、チームの改革がスタートしそうだ。その中で、ブラジル代表FWネイマール(27)も名前が挙がっているようだ。フランス『レキップ』が報じた。ネイマールは、ここ数カ月間にわたって様々な理由で難しい時期を過ごしている。今年1月には右足の負傷が再発。4月には、クープ・ドゥ・フランス決勝で敗れた後、スタンドで観客を平手打ちしてしまった。

また、SNSでの問題発言もある中で、最近はレイプ疑惑も浮上。さらに、コパ・アメリカに臨むためにブラジル代表に合流していたが、キャプテンを剥奪。加えて、開幕前に行われたカタール代表戦との国際親善試合で負傷し、母国開催の大会欠場を余儀なくされていた。

そんな中、ナセル・アル・ケライフィ会長がチームの方向性に関して注目発言を残している。

「選手はこれまで以上に責任を負うことになるだろう。彼らはもっとやらなければならない。もっと働かなければならない」

「彼らは自身を喜ばせるためにそこにいるわけではない。彼らが同意しなければ、ドアは開いている。私はもうスターの振る舞いをしたくはない」

この発言は選手個人のことを名指ししているわけではないが、ネイマールのことであると推測されている。PSGとして進んで選手を売りに出すことはないものの、適正なオファーがあれば応じる可能性はあるとのことだ。

また、ネイマールの代理人であるピニ・ザハビ氏が水面下で動いているとのこと。バルセロナ復帰の話も浮上しているネイマールだが、スペイン行きに向けて準備を進めているとも見られている。

ネイマールが仮に退団となれば、他の選手の移籍にも影響を与えるだろう。レアル・マドリーが獲得を目指しているフランス代表FWキリアン・ムバッペもその1人。そのほかにも、ブラジル代表DFマルキーニョスやイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティらも移籍の噂が挙がっており、今夏のPSGの動きは注視する必要がありそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

PSG、ラ・マシア退団の逸材MFシャビ・シモンズとプロ契約を締結!

パリ・サンジェルマン(PSG)は23日、バルセロナの下部組織を退団したU-16オランダ代表MFシャビ・シモンズ(16)とプロ契約を結んだことを発表した。契約期間は2022年6月30日までとなる。 かつて京都パープルサンガ(京都サンガF.C.)に在籍した“レジ”の登録名で知られる、FWレジリオ・シモンズが父親のシャビは、幼少期からバルセロナの下部組織ラ・マシアに在籍しU-16オランダ代表としてもプレーする逸材。 その圧倒的なドリブル、攻撃センスと共にブロンドのカーリーヘアーという特徴的な見た目もあって、バルセロナも将来のスター候補と見込んでいた。しかし、シャビ・シモンズの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏との交渉が難航していることが伝えられると、 23日に同選手がツイッターでバルセロナ退団を伝えていた。 2019.07.24 04:25 Wed
twitterfacebook
thumb

PSG、ユナイテッド行き濃厚のブルーノ・フェルナンデスに関心?

パリ・サンジェルマン(PSG)が、スポルティング・リスボンに所属するポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデス(24)に関心を寄せているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨シーズンのリーグ戦33試合で20ゴール13アシストとセンセーショナルな活躍を見せたB・フェルナンデス。この活躍もあり、マンチェスター・ユナイテッド移籍が頻繁に報じられているが、スポルティングが5500万ポンド(約74億円)を要求していることもありクラブ間での交渉は停滞している模様だ。 そのポルトガル代表MFに対して、PSGも目を光らせているという。だが、ユナイテッド同様に高額な移籍金に難色を示しており、その他のオプションを考慮している模様。現時点ではあくまで獲得候補の1人という位置付けだ。 ただ、多額の負債を抱えているスポルティングは、今夏のタイミングでの同選手の売却を計画しており、移籍市場が閉幕に近づくに連れて移籍金の額が下がっていく中でどこかで折り合いを付ける考えのようだ。 そのため、適正価格での獲得が可能となった場合、ユナイテッドやその他の競合クラブと共に獲得に動きだすかもしれない。 2019.07.21 18:20 Sun
twitterfacebook
thumb

PSGのレオナルドSD、ネイマールに「具体的なオファーなし」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏がブラジル代表FWネイマール(27)に対して、他クラブからのオファーがないことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。レオナルドSDに続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたなか、先日に古巣バルセロナが9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを出したとする報道が浮上した。だが、レオナルド氏はそうしたオファーの存在を次のように否定したという。 「何も変わらない。全くね。ネイマールに具体的なオファーはない。我々との契約がある彼は我々の選手だ。繰り返すが、具体的な申し出はない。10日前と同じ状況だよ」 ネイマール本人はすでにPSGに対して移籍を直訴したともいわれているが、どのような形で決着を迎えることになるのだろうか。 2019.07.21 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

ネイマールが挙げる“これまで対戦してきた中で最高だと思う選手”は?

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが“これまで対戦した最高の選手”を挙げた。スペイン『マルカ』が伝えている。 これまでサントス、バルセロナ、PSGでプレーし、ブラジル代表でもエースに君臨するネイマール。ここ2シーズンはケガに悩まされているものの、卓越したテクニックと優れた得点感覚で、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシや、ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと並ぶ世界最高峰の選手として活躍し続けている。 そのネイマールは、『レッドブル』のイベントに出席した際、これまで対戦してきた中で最高だと思う選手に、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの名前を挙げている。 「僕が対戦した最高の選手は、セルヒオ・ラモスだ」 「彼は優れたセンターバック。そして、さらにすごいのは、ゴールも決めれるところだよ」 2019.07.20 15:45 Sat
twitterfacebook
thumb

マルセロ「比較することはできないけど、僕的にはアザールよりネイマールが良い」

レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属する同胞のFWネイマールと、新たにマドリーに加わったベルギー代表MFエデン・アザールについて語った。スペイン『マルカ』が伝えている。 昨シーズンに無冠という屈辱を味わい、新シーズンでの復権を睨むマドリー。今夏では、アザールやセルビア代表FWルカ・ヨビッチらを獲得し大型補強を敢行しているが、一時はネイマールの獲得も噂されていた。 そんな中、マルセロがネイマールとアザールについて言及。どちらも優れたアタッカーであることを認めるも、個人的には同胞のネイマールを好んでいることを明かした。 「ネイマールは予測不可能な選手だ」 「ディフェンス側が何をしてくるか予想した時、彼はすでに違うことを考えている。守ることは不可能だ」 「ネイマールがマドリーに加入すれば、それはとても嬉しいことだよ。マドリーは世界で最高の選手にサインするためにあらゆることをしなくてはならない。バルセロナでの過去は、問題にならないよ」 「エデンはトッププレーヤーだよ。クオリティの高い選手で、ネイマールのようにトップ5に入るクオリティがあるね。彼は印象的な選手。彼らを比較することはできないけど、僕的にはネイマールのほうが良いね」 2019.07.20 14:40 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第28号 J1全18クラブ前半戦総括
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース