ラ・リーガ会長がRFEF会長を過激批判! 「会長をやる資格はない」2018.11.09 13:40 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペインサッカー界のトップ同士が、依然として火花を散らしている。スペイン『マルカ』が報じた。▽主にリーガエスパニョーラのアメリカ開催を巡り激しく対立している、スペインサッカー協会(RFEF)のルイス・マヌエル・ルビアレス会長と、ラ・リーガのハビエル・テバス会長。先日にはルビアレス会長が「彼のやり方は不快だ」とテバス会長を批判したことが話題を呼んだ。

▽今回は、テバス会長がルビアレス会長が批判。ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕直前にフレン・ロペテギ前監督を解任したことに関し、責任を追及した。

「私は(ルイス・マヌエル・)ルビアレスと良いプロフェッショナルな関係でいたい」

「良し悪しにかかわらず、様々な話題に関する考えを共有できる関係になりたいと思う」

「私は、彼があの役職(会長)に就く資格はないと考えている」

「第一に、彼は(フレン・ロペテギ)監督といざこざを起こした。大会(ワールドカップ)のために彼は変化を望んだし、それはRFEFの構造や形式に関しても同様だ」
コメント
関連ニュース
thumb

シティ、マドリーでくすぶるM・ジョレンテ獲得へ約81億円を準備!?

マンチェスター・シティが、レアル・マドリーに所属するスペイン人MFマルコス・ジョレンテ(24)の獲得に動く可能性があるようだ。『フットボール・エスパーニャ』がスペイン『El Chiringuito TV』での情報をもとに伝えている。 2017年7月にアラベスからマドリーに復帰したM・ジョレンテ。しかし、今シーズンはブラジル代表MFカゼミロの存在や負傷にも悩まされ、ここまで公式戦14試合の出場、リーガエスパニョーラでは先発回数がわずか5試合に留まっている。 そんな中、今回伝えられるところによると、M・ジョレンテにシティが注目。『transfermarkt』では、市場価格が1500万ユーロ(約18億8000万円)と推定されている同選手に対して、6500万ユーロ(約81億5000万円)を支払う準備もできているという。 同メディアによれば、先月、マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、「マルコス(・ジョレンテ)は、トップチームでのより多くの出場時間が必要。彼はアラベスにローンで加入したシーズンは素晴らしいプレ―をした。同じような状況が彼にとっても最高のシナリオだろう」とレンタルでの放出を希望。果たして、シティはマドリーでくすぶっているスペイン人MFの獲得に動くのだろうか。 2019.04.24 15:10 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトSD、ヨビッチの今夏マドリー移籍の可能性を認める

フランクフルトのスポーツディレクターを務めるフレディ・ボビッチ氏は、セルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)にレアル・マドリー行きの可能性があることを認めている。スペイン『マルカ』が伝えた。 セルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズタで育ったヨビッチは、2016年2月にベンフィカに移籍し、2017年夏以降から現在までフランクフルトに武者修行。すると今シーズン、ここまで公式戦40試合に出場し、25ゴールとブレイクした。 そんなヨビッチをフランクフルトは17日に買取オプションを行使して移籍金700万ユーロ(約8億8000万円)で確保。さらに契約も2023年まで結んだ。しかし、同選手にはかねてよりマドリーを筆頭に欧州ビッグクラブが関心を示している状況が続いており、最近ではマドリーがヨビッチ獲得を今夏の最優先事項として定めたことも伝えられている。 そうした中、フランクフルトのボビッチSDは、今夏にヨビッチを手放す可能性があることを明言している。 「ヨビッチがマドリーと契約するということは、現実的な可能性としてある」 「私はフランクフルトにいて欲しいと思っている。しかし、私も現実主義な人間。マドリーのようなビッグクラブが彼を望むのなら、我々に彼をキープするチャンスがないことは理解しているよ」 ヨビッチ獲得には6000万ユーロ(約75億3000万円)から7000万ユーロ(約87億8000万円)の移籍金がかかると見られている。果たしてマドリーは獲得に動くのだろうか。 2019.04.24 09:56 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバ、同僚に今夏退団希望を伝達?

マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(26)は、今夏にクラブを離れることを決意したのかもしれない。イギリス『デイリー・メール』がフランス『レキップ』を引用して伝えた。 2016年夏にユベントスから復帰したポグバ。昨年末からユナイテッドの指揮を執るオーレ・グンナー・スールシャール監督の立て直しを語る上で欠かせない選手の1人だが、シーズンが進むに連れて、スペインメディアを中心にレアル・マドリー移籍説が沸騰している。ポグバ本人もマドリー行き示唆し、マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督も「ポグバが大好き」とコメントを残すなど、相思相愛を匂わせている。 そんな中、今回の報道によると、ポグバが今夏での退団希望を一部のチームメイトに伝達。依然として、マドリーでのジダン監督との共闘、毎シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場を望んでいるという。 同メディアは、ユナイテッドが来シーズンのCL出場権を逃した場合、ポグバの退団は一気に加速すると主張。ユナイテッドもマドリーから現実的なオファーが届いた場合には、移籍を容認するだろうと見解を示している。 現在、他のメディアでは、サラリー面やミノ・ライオラ代理人とマドリーの関係性がネックになっていることが伝えられているが、どうなるのだろうか。 2019.04.24 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴィニシウスがヘタフェ戦で実戦復帰か!?アウェイ戦の遠征メンバー入りが濃厚

負傷により戦線を離脱していたFWヴィニシウスだが、次節にも実戦復帰の可能性があるようだ。スペイン『アス』が伝えている。 ヴィニシウスは3月5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのアヤックス戦に先発出場したが、35分に単騎突破からシュートに持ち込んだプレーで右足を負傷。その後、右足脛腓骨関節の靭帯断裂と診断され、今シーズン中の復帰は絶望かと思われていた。 初選出となったブラジル代表の活動を欠場し治療に専念していたヴィニシウスは、今月初めからトレーニング場に姿を現し、ボールを使ったトレーニングを実施。『アス』によれば、25日にアウェイで行われるヘタフェ戦の遠征メンバー入りが濃厚だという。 昨夏にフラメンゴから移籍金4500万ユーロ(約56億3000万円)で加入したヴィニシウスは、今季ここまで公式戦28試合に出場し3ゴールをマークしている 2019.04.24 00:10 Wed
twitterfacebook
thumb

クルトワが練習復帰! 再びナバスとスタメン争いへ

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワがトレーニングに復帰したようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ベルギー代表として3月の親善試合に出場したクルトワは、チーム合流後にフィジカル面に問題が見つかり、リーガエスパニョーラ第29節のウエスカ戦以降戦列を離れていた。また、右足内転筋腱炎で直近2試合を欠場していたFWマリアーノ・ディアスも復帰したようだ。 今シーズンは公式戦32試合に出場し、8度のクリーンシートを達成しているクルトワだが、3月中旬に復任したジネディーヌ・ジダン監督体制では未だ出場ゼロ。復帰戦となる25日のリーガエスパニョーラ第34節のヘタフェ戦、守護神の座を争うGKケイロル・ナバスとどちらがゴールマウスを守ることになるのだろうか。 2019.04.23 22:30 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース