FC東京のFW前田遼一が負傷、全治4週間

2018.06.29 17:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
▽FC東京は29日、FW前田遼一の負傷離脱を発表した。

▽前田は、23日のトレーニング中に負傷。左腹斜筋筋損傷、肋軟骨損傷で全治4週間の見込みだ。

▽36歳の前田はここまで明治安田生命J1リーグ13試合に出場。7月11日に行われる次戦、天皇杯3回戦のアルビレックス新潟と対戦する。

関連ニュース
thumb

琉球の2選手が新型コロナ陽性判定

FC琉球は30日、選手2名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 選手はクラブが実施した25日のPCR検査、26日のJリーグ公式検査で陽性疑いの判定となり、その後医療機関で陽性と診断された。 なお、28日に選手、スタッフ全員に対してPCR検査を実施。2選手を除く全員の院生が確認された。 また、濃厚接触者に関してはいないと判断されているとのことだ。 陽性となった2選手は、発熱や味覚異常などはないとのことだ。 2021.07.30 19:18 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCの選手1名が新型コロナ陽性…8月1日に予定されていた練習見学は中止

横浜FCは29日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は29日の早朝に発熱。抗原定性検査を受けたところ陽性であり、その後医師の診断により陽性判定となった。 なお、そのほかの選手、スタッフ全員は抗原検査により陰性となった。 また、体調不良や発熱などの症状を訴えている者はいないとのこと。濃厚接触者の特定を急いでいるという。なお、選手1名が濃厚接触者疑いとして、自主隔離を行っている。 当該選手はこれまで発熱もなく、28日までチーム活動に参加。しかし、29日に39.2℃の発熱があったとのことだ。 なお、8月1日(日)に予定されていた練習見学に関しては中止となった。 2021.07.29 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島DF広瀬陸斗が全治2カ月の離脱…練習中に左ハムストリング筋損傷

鹿島アントラーズは29日、DF広瀬陸斗の負傷離脱を報告した。 広瀬は25日の練習中に負傷。チームドクターによる検査結果、左ハムストリング筋損傷で治療期間として2カ月を要する見込みだ。 昨年に横浜F・マリノスから加入して、今季で鹿島在籍2年目の広瀬。ここまで明治安田生命J1リーグ6試合に出場している。 2021.07.29 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

横浜FCのDF前嶋洋太がトレーニング中に負傷、全治6週間

横浜FCは28日、DF前嶋洋太の負傷を発表した。 クラブの発表によると、前嶋は21日のトレーニング中に負傷したとのこと。23日に検査を行い、右足大腿四頭筋肉離れと診断されたとのことだ。 なお、全治は検査日より約6週間とのことだ。 前嶋は水戸ホーリーホックから今シーズン復帰。明治安田生命J1リーグで18試合に出場し1得点を記録していた。 2021.07.28 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

J1昇格目指す琉球に痛手、主力選手含む4名の負傷を発表

FC琉球は26日、DF岡﨑亮平、DF沼田圭悟、MF上里一将、DF上原牧人の4選手の負傷を発表した。 岡﨑は12日に行われたJエリートリーグの鹿児島ユナイテッドFC戦で負傷。左大腿二頭筋肉離れと診断され、復帰までは約6週間とのことだ。 沼田は3日に行われた明治安田生命J2リーグ第21節のツエーゲン金沢戦で負傷。古巣戦で右遠位脛腓じん帯損傷、距骨軟骨損傷と診断され、復帰まで約8週間とのことだ。 上里は18日に行われた明治安田生命J2リーグ第23節の大宮アルディージャ戦で負傷。左ヒザ内側側副じん帯損傷と診断され、復帰までは約4週間〜6週間とのことだ。 上原は16日のトレーニング中に負傷。顔面骨折の重傷だが、復帰までは約4週間とのことだ。 岡﨑は今季の明治安田J2で15試合、沼田は21試合1得点、上里は23試合2得点、上原は3試合に出場していた。 2021.07.26 11:27 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly