彼女もうんざり?アグエロが自宅でもゴルフに熱中

2022.07.29 05:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ氏と交際しているソフィア・カルゼッティさんが夫の趣味に悩んでいる。アグエロ氏は2021年10月の試合中に心臓の違和感を覚えて途中交代すると不整脈と診断。12月に33歳で現役を引退した。

そんなアグエロ氏は引退後はゴルフにハマっているようで、自身のインスタグラムでも度々ラウンドしている姿を披露している。
しかし、あまりの熱中ぶりにソフィアさんもやや愛想を尽かしている模様。ソフィアさんは28日にインスタグラムを更新すると、自宅の中でもゴルフバックを持ち出し、素振りを繰り返すアグエロ氏を隠し撮り。「Help!!!」とうんざりした顔の絵文字を添えて投稿している。

もちろん趣味があることに問題はないが、ソフィアさんが注意してくれるうちに、ほどほどにしておいた方が良いかもしれない...。


関連ニュース
thumb

「年取ってもかっこいい」「フランス戦に出ますか?」ベッカムがイングランド代表を直接激励!20年前の日韓W杯では“ベッカム・フィーバー”巻き起こす

元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏が後輩たちを激励した。 現役時代、イングランドの一員として通算115試合に出場したベッカム氏。3度のワールドカップ(W杯)にも出場し、2002年の日韓W杯では“ベッカム・フィーバー”を巻き起こした。 カタールW杯ではアンバサダーを務めているベッカム氏だが、ベスト8へと進出した後輩たちのもとへ訪れた。 イングランド代表の公式SNSはその様子を公開しており、ファンからは「ありがとうレジェンド」、「土曜日のフランス戦には出られますか?」、「彼はまだプレーできそうだ」、「年取ってもかっこいい」といった反応が寄せられている。 ベッカム氏でもW杯の最高成績はベスト8止まり。偉大な先輩のエールを受けたイングランド代表は前回ロシア大会の覇者フランス代表を破り、その先へ進めるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ベッカムと現役イングランド代表の選手たちが笑顔で2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cl1UpZVNLgs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cl1UpZVNLgs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cl1UpZVNLgs/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">England football team(@england)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.12.07 19:45 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン撃破のモロッコ、試合後にはイスラム教ならではの光景がピッチに広がる 試合中にも観客からの大歓声

モロッコ代表の選手たちがアッラーに感謝した。 モロッコは6日、カタール・ワールドカップ(W杯)のラウンド16でスペイン代表と対戦。0-0のまま120分の戦いを終えると、PK戦を3-0で制し、史上初のベスト8進出を決めた。 前半はほぼスペインの攻撃を封じ、後半以降も粘り強く耐えたモロッコだが、試合後には同国ならではの光景がピッチに広がることに。選手やスタッフたちはゴールライン際に並んで跪くと、手と顔も地面につけて平伏し、神に感謝していた。 モロッコでは国民の多くがイスラム教徒。この祈りはスジュードと呼ばれるもので、イスラム教の礼拝姿勢の1つだ。 同じくイスラム教徒がほとんどであるカタールで行われている今大会。スペイン戦でもモロッコサポーターの大声援があったが、“アトラスの獅子”の躍進はどこまで続くだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】スペイン戦後のピッチに広がっていたイスラム教ならではのシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/IKbX8phYjS">pic.twitter.com/IKbX8phYjS</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1600187881208807435?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

「現役の誰よりも上手い」イタリアの名手ピルロ氏の錆びつかないドライブFKに驚愕の声「これだけの助走で」「この軌道はえぐい」

元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロ氏が現役時代さながらのFKを見せた。 イタリア代表の名手として現役時代はインテル、ミラン、ユベントスなどでプレーしたピルロ氏。引退後は、古巣のユベントスU-23の監督に就任するとクラブ事情ですぐにファーストチームの監督になった。 しかし、監督未経験ということが影響したのか、思うように結果は出ず1年で解任されると、7月からはトルコのファティ・カラギュムリュクの監督に就任している。 ワールドカップが行われているカタールから比較的近いトルコで指揮しているピルロ氏だが、SNS上では1本の動画が話題に。それは練習中に何気なく披露されたピルロ氏のFKだった。 ペナルティーアーク手前にボールを置いたピルロ氏は、何他助走を取るとすぐにキック。本当に何気なく蹴ったように見えたが、ドライブのかかったボールは急激に落ち、GKが反応できないままゴール右上へと吸い込まれていった。 凄まじいFKにはファンも驚愕。「現役の誰よりも上手い」、「この軌道はえぐい」、「なんでこんな弾道になるんだ」、「これだけの助走ですごすぎる」と絶賛している。 2017年に引退して5年が経つピルロ氏だが、その技術は全く衰えていないようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ハイレベルなFKを簡単にやってしまうピルロ監督</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Andrea Pirlo <a href="https://t.co/jBfZCpoxnO">pic.twitter.com/jBfZCpoxnO</a></p>&mdash; VavaCars Fatih Karagümrük SK (@karagumruk_sk) <a href="https://twitter.com/karagumruk_sk/status/1599785290222010368?ref_src=twsrc%5Etfw">December 5, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「鼻のゴミ取ってあげたのかと」カゼミロが試合中にネイマールの鼻を凝視して触った理由をブラジルメディアが解説

ブラジル『UOL』がブラジル代表の試合中に注目を集めたシーンを解説している。 5日、カタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16で韓国代表と対戦したブラジル。開始早々の7分に先制に成功すると、そこからゴールラッシュ。前半の内に4ゴールを量産し、後半には控えGKを投入する余裕も見せて4-1で勝利した。 ブラジルの圧倒的な強さは大きな話題となったが、プレーとは別に注目を集めたシーンがあった。 ブラジルがFKを獲得した場面。キッカーを務めたネイマールの顔をカゼミロが凝視していると、その鼻先を右手で触っていたのだ。ファンも「鼻のゴミを取ってあげたのか?」、「何してんの」、「カゼミロ優しい」、「何かついてたんかな」と興味を示していたが、実は別の理由があったようだ。 『UOL』によると、カゼミロはネイマールの鼻に軟膏を塗り直していたとのことだ。ハーフタイム中にも鼻に塗る姿が確認されていたという。 軟膏を塗ることで鼻の通りが良くなるとともに呼吸の改善が期待でき、FWハフィーニャも同様に鼻にクリームを塗っているようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】「鼻のゴミを取ってあげたのかと」ネイマールの鼻をまじまじと見つめて触るカゼミロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">El momento se dio en la goleada de Brasil a Corea del Sur <br><br> Desde el medio UOL explicaron que es una pomada que usan algunos jugadores para ablandar la congestión, mejorar la respiración y ayudar a la recuperación del esfuerzo físico. <a href="https://twitter.com/hashtag/Neymar?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Neymar</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Casemiro?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Casemiro</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Qatar2022?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Qatar2022</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/rosario3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#rosario3</a> <a href="https://t.co/kBKc6Ay2cm">pic.twitter.com/kBKc6Ay2cm</a></p>&mdash; Rosario3.com (@Rosariotres) <a href="https://twitter.com/Rosariotres/status/1600110119856939008?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

「プライドが高すぎる」「またやった」1人早くロッカールームへと下がったC・ロナウドが物議!一方で擁護の声も「チームメイトより1分早く戻っただけだ」

6日、ポルトガル代表はカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16でスイス代表と対戦。6-1で大勝しベスト8へと駒を進めた。 この試合のポルトガルは最前線にFWゴンサロ・ラモスを起用。エースのFWクリスティアーノ・ロナウドは今大会初のベンチスタートとなり、73分からの途中出場に。G・ラモスが起用に応えるハットトリックの大活躍を見せた一方、C・ロナウドはノーゴールに終わった。 そして注目を集めたのは試合後の一幕だ。C・ロナウドはスタンドの観客たちに拍手で応えた後、他の選手たちがまだピッチに残っている中で早々に1人ロッカールームへと戻っていった。 その様子をスタンドから捉えた動画は話題を呼んでおり、「がっかりだよ」、「またやった」、「プライドが高すぎる」、「チームの負担でしかない」という批判の声が多く向けられている。 ただ、「彼はチームメイトよりも1分早くロッカールームに戻っただけだ」、「何も問題ない」、「ちゃんとサポーターに感謝している」、「一緒にいなきゃいけないわけじゃないだろ」と擁護する声もある。 <span class="paragraph-title">【動画】早々に1人だけロッカールームへと戻るC・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo (left of picture) walks straight off while his teammates celebrate with fans. <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/W7jB6iGQOO">pic.twitter.com/W7jB6iGQOO</a></p>&mdash; Adriano Del Monte (@adriandelmonte) <a href="https://twitter.com/adriandelmonte/status/1600232837801979904?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.12.07 12:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly